proco ratの製作05

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratを自作改造する

その第5話

完成編

こんな感じにしよう

 最近はデザイン優先か?

IMG_9948

レイアウトを考えて何度もケースに合わせてみる

RatのコピーmodでCatって単純すぎるよな(×_×;)

ケース加工

IMG_9951

アルミケースに穴を空ける

センターポンチを打って、ドリルで穴を空けて、リーマーで大きくする

ステッカー

IMG_9955

表面に貼るステッカーを印刷して

IMG_9960

張り付けて穴のところをカット

IMG_9977

先ずは入出力ジャックとフットスイッチを取り付けて、スイッチ回りから配線し、ハンダづけをする

次回はLEDを一番先に配線すること(自分に言ってます)

今回学んだこと

IMG_0002

長年、電源回りって配線しにくいなあ、って思っていた

先にケーブルをハンダ付けしてから入れればいいんや!

次回は熱圧縮チューブを先に入れること(自分に言ってます)

IMG_0080

どんどん配線して

IMG_0084

基板の裏が他の金属部分と接触したりしないように、グルーガンを使ってアクリルなどの絶縁物を貼付ける

何かの電化製品を買ったときの包装物でも充分

出来上がり

IMG_0087

試行錯誤を繰り返し、オペアンプの帰還にもLEDを入れた

Gain下のスイッチでそのLEDのOn/Offができる

めちゃめちゃ歪ませたいときに、このLEDをONにするとコンプ感が増してそれっぽい?感じになる

LEDは演奏に合わせて光る

Cat-Led

なかなかいい感じ

表面はブルーのLEDだが内部にはクリアウオーターのLEDを接続してある

備忘録

deji-Dist

C3はソケットにしたが、現状100Pのまま

C6とR9はLandgraff-Modにならって逆につけた

D1,D2は1N4148にした

RV2は100KΩCカーブを逆につけてToneとした

R11はアースに落とさず、ジャンパーでBiasにつないだ

Q1はソケットにした、とりあえず2N5458

前述のように、オペアンプの帰還、2番と6番の間にLEDを入れてスイッチでOn/Offができるようにした

これ!予想を遥かに上回ってすごくいい!

ボリュームのつまみはもうちょっとカッコいいのに交換しましょうね

最後までありがとうございました