proco ratの製作08

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratの自作改造第8話

トラブルからの脱出

img_1248

トラブルの原因と観られるオペアンプIC (中央銀色丸)を引っこ抜いて

img_1252

そこにソケットを付ける計画

昨日書いたように、缶タイプのLM308は600円前後もする

もっと他のアペアンプICも試してみたいと考えて8pinのソケットを付ける計画をしてみた

8pinDIP用のソケットを工夫して

img_1255

こんなのを作って、挿入しようとしたが・・・

失敗!!スペース的にも作業的にも上手くいかない!Σ(×_×;)

なので・・・

1pinのソケットを8個装着

img_1283

これならいいでしょう?

缶タイプのオペアンプICは手持ちにないけど、DIPタイプのならいくつか持っている

さっきのソケットを利用すれば缶タイプのICだけじゃなくて、DIPタイプのICも試せるかも?

え、ひょっとしてデュアル(2回路入り)のオペアンプICも工夫すれば試せるかも知れない

例えば歪みエフェクターではお馴染みの「4558」などはデュアルで、そのシングル版は存在しない

トラブルシューティングの為だったのに、なんだかまた話がややこしくなってきたぞ

こうゆう作業は慌ててはいけません

またこわれちゃう??

ゆっくり行きましょう