かぼちゃの煮物

巷で出会うほとんどの「かぼちゃの煮物」は甘くて濃い

それも「だだ甘い」と感じる程の場合もある

砂糖を入れないで作る方が「かぼちゃのうまみ」が感じられて好きだ

なるべく少ない水で作ることで柔らかくなり過ぎず、また栄養を逃がさないからか、美味しく感じられる

今日の作り方

かぼちゃの皮は好みによるが、50%くらい取り除いた方が食べやすいと思う

もちろん種は取る

かぼちゃは皮の白く固い部分を中心にまだら模様?に取り去り、適当な大きさに切った

酒   大1
みりん 大1
醤油  大0.5
そばつゆ 大0.5
水   大3

を混ぜた鍋にかぼちゃを皮部分を下にして並べて、(かぼちゃはぎゅうぎゅうに並べていいが、重ならないように)

キッチンシートで包むように落としぶたをして加熱した

ちょっと良さげな美味いかぼちゃであれば、そばつゆなどの出汁はなくても良いと思う(その場合は醤油を大1にする)

沸き上がったら弱火にして5〜6分加熱

水分が少ないので焦げ付かないように充分に注意する

5〜6分加熱後、竹串などを差して加熱度を確かめ、だいたい火が通っていたら、フタをしたまま火を止めて放置

出来上がり

IMG_3150

放置して出来上がったときに「ほとんど水分が残っていない状態」になっていれば大成功

外国製のかぼちゃなれど充分に美味し

この次は国産のかぼちゃで作らむと思ひき