サッポロラガー2018

秋はいろんなビールが発売される

いろいろ飲めて楽しい

そしてこのビールも?すごくうまい

サッポロラガー2018

『サッポロラガービール』は生ビールではなく、“熱処理”ビールです。

熱処理というのは酵母と醸造工程で混入した雑菌の活動を止めるためのものであり、

昔はビールづくりに欠かせない工程でした。

現在は醸造技術が発達して熱処理を行う必要がなくなり、

一般的に出回るビールは、熱処理を行わない「生ビール」が大半を占めています。

レポ

パッケージからも想像できると思うが、

昔ながらのビール!といった感じ

しっかり苦くて、

美味い

キリンラガーより、こっちの方が好き

サッポロラガー2016の記事

サッポロラガー2017の記事

瓶ビールと生ビール

私は生ビールよりも瓶ビールが好きなのだが、

上に書いてある通り、現在、日本で売られているビールのほとんどが生ビールである

非熱処理のビール=生ビール=ドラフトビール、で

限定発売などを除くと熱処理ビールは次の製品だけである

キリン  キリンクラシックラガー
サッポロ サッポロラガービール
アサヒ  アサヒスタウト

熱処理ビールは一瞬加熱することで、酵母の働きを止めているのだが、

生ビールはフィルターを通すことで、酵母を取り除いているのだそうだ

ふーん、へー、なのだが

・・・驚きなのが・・・

「キリン一番搾りは生ビール」であるが、

「キリン47都道府県の一番搾りは熱処理ビール」なのだ

過去のビールの記事の写真を見ても

レギュラーの「一番搾り」には「生」という表示があるのに対し

「47都道府県のづくり」は、ただ「ビール」と書いてある

ふーん、へー、だな