さざえのつぼ焼き

生きている貝

生きている貝をさばくには、油断しているスキに一気に攻める

数日前の記事「はまぐりのブロスケッタ」でも

「はまぐりが油断してるスキ?に薄刃のペティーナイフで・・」と書いたら

ご質問を頂いた

「はまぐりが油断しているのはどうしたらわかるのですか?」

答え

「見たら分かります」

今日はサザエだが、右の人は相当油断しています

左の人も少し油断しています

はまぐりも同様に放っておくと油断しています

ご注意====

はまぐりは油断しても、ほとんど開きません

油断して、力を緩める程度です

開いているはまぐりは、もう油断を超えて死んでいるので食べない方がいいでしょう

もう一つ

ホタテは逆で、大きく油断する人が多いみたいです

スーパーなどで購入する場合、閉じているものより、開いているものをちょっと触ってみて

パチンと閉じるものを選ぶと新鮮です

触る場合、指をはさまれないように気をつけましょう

=======

水で洗ったりすると警戒モードに入ります

ので、

油断しているスキに

ステーキナイフなどを使って身を引っ張り出す

躊躇せずに一気にやってしまうのが良い

途中でちぎれてしまっても気にしない

ワタの付け根部分は苦くて美味しくないので「ワタの付け根からグルグル渦マーク」までは捨てる

ワタの先っぽは、すごく美味いぞ!

フタを貝殻の底に詰めて、身が中まで入らないようにして

身、ワタを食べやすい大きさに刻んで貝殻に戻す

酒をかけて、醤油をちょっぴり落として網に乗せて焼く

しばらくすると、ぐつぐつしてくる

生でも食べられるものに少し火を入れるイメージなので加熱しすぎないこと

出来上がり

貝殻はすごく熱くなっているので気をつけて

ビールでも焼酎でも

めっちゃ美味〜い

コリコリ

むしゃむしゃ

ごくり

美味〜い

あっという間

ご造作!