せせり(ネック)

12/2に、「ぼんじり」の記事を書いた

今日は、「せせり(ネック)」である

せせりは、首の後ろ側にある細い筋肉で、

ぼんじりなどと同じく希少部位とされている

鶏はしょっちゅう首を動かしているので、運動量が多く

プリッとしていながらジューシーで濃厚な味わいとなっている

1羽の鶏から少量しかとれない部位なので希少価値が高く(?)、スーパーなどではほとんど見られない

見つけた

そんな「せせり」をまたまたスーパーで見つけてしまった

ぼんじりの時と同じく「解凍品」と表示されているが、ハリがあって、旨そう

だからまた、勇気を出して!買ってしまった

下処理

ぼんじりの時みたいな面倒な下処理はないが、

余分な脂だけは取り除いた

塩をしたフライパンにせせり肉を並べ

上からも軽く塩をして

上から水を入れた鍋をプレスをするように置いて

ゆっくりと焼いた

出来上がり

ゆっくり焼くと、結構な油が出る

ペーパーでふき取ってからB面をこんがり焼いた

うんまーーい

さっぱりしているのにほどよい脂もあり

軟骨にも似たプリプリ感があり

そして噛めば噛むほど旨みを感じる

これはお酒がすすみます

ああ、楽しい