志ば久の赤志ば

先日、村上重のちりめんすぐきを記事にしたが

なんだか漬け物に興味がわいてきた

柴漬け(しばづけ)

柴漬け(しばづけ)は、茄子やきゅうりを刻み、赤紫蘇の葉を加え塩漬けにした、京都の伝統的な漬物

すぐき、千枚漬けと並んで京都の三大漬物と言われている

赤しその赤紫色が鮮やかで、酸味が強い

本来は「紫葉漬け」であり、もちろん「紫葉」とは赤しそのこと

本来の製法では、ナスとしその葉、塩で1年かけて乳酸発酵で熟成させて作られる

山口美江のCM

1990年代初頭、当時バイリンギャルなんて言葉が流行って、その代表が山口美江だったのかも知れない

彼女が「しば漬け食べたい」とつぶやく、フジッコのテレビCMがあった

「懐かしのCM」みたいな番組?だったのかな?偶然観てしまって・・

しば漬けが食べたくなった

志ば久の赤志ば

IMG_9747

どうやら本格的な漬け物で有名なお店らしい

学生時代、京都市左京区に住んでいたことがあって、大原にもよく出かけたが、知らなかった

土産物ぢゃない本物の漬け物かも知れない

IMG_9755

外からの見た目は普通

IMG_9762

しそがいっぱい入っている

香りがもう酸っぱい

食レポ

ファーストインプレッション=酸っぱい

キュウリが入ってないのでふにゃふにゃした感じ

香りが本格的、味もめっちゃ上級

口に入れた瞬間は酸っぱいが、だんだんとうまみが口の中に広がる

甘くないというか、上級者の漬け物

これはご飯のお供というより、お酒のあてだな

白ワインか泡がいいと思う

akashiba

なすとミョウガと塩のみで作っていると書いてある

なるほど

本物なんだな