スパークルハンダ

電子工作をするときのハンダ

はんだ(半田、英語: solder)

ハンダ付けに利用される主に鉛とスズを主成分とした合金

電子回路で、専用の半田ごてで加熱して溶かし

電子部品などをプリント基板や端子などに固定するために使う

2003年のRoHSなど環境保全の取り組みにおいて、鉛を含まない鉛フリーハンダ(無鉛ハンダ)が使われることも増えた

これまで使ってたハンダ

KESTER 44

15年くらい前かな

楽器関係の機材の自作でもすごくハイファイ思考になって・・・

「ハンダで音は変わる」とされ、

オーディオ用のハンダを購入した

それがこのKESTER 44

太さ1mm・1ポンドで

当時でも、4000円くらいしたと思う

(人気が出て、今は5000円を超えていると思う)

高かったけれど、長く使ったし、

ハンダ付けも、難しい方ではないと思うが

それでも使いにくい感?があった(細かい回路?とか)

で、

この度、買ったハンダ

スパークルハンダ

0.8mm・150g

850円くらい

レポ

ちょっと使ってみたら

むちゃくちゃ使い易い

すっと溶けて、すっと固まる

半田付けがやり易いことこの上ない

やっぱ日本製が一番だわ

まっちがいない!

安いし、Very Goodだと思う

ちょっと使ってみただけだが

音も悪くないと思う

音を比べるにはどうするのが一番いいかな?

考えてみるね