Super Kowloonの製作

うわあ、また製作?

歪み

ご存知のようにロックギターの音はギュイーンと歪んでいる

これまで、個人的にはナチュラルに甘く歪んだオーバードライブサウンドを好んできた

それが最近になって、もっと歪んだディストーションが好きになった

BossのDS-1Xを買ったり

IMG_7806

Proco Ratを作ったり

IMG_0087

さらにはもっと過激に音をつぶしてしまったFUZZ(ファズ)にまで手を出すようになった

きっかけはこれ!

Super Edge2

IMG_9476

閑話休題

故人、忌野清志郎氏はタイマーズの頃「今まであんまり歪んでない方が好きだったんだけど、今は思いっきり歪ませたい」とか

「いままで、エフェクターは無い方が好きだったんだけど、最近はなるべく多くつなげたい」とか発言していた

故人、プリンス氏の最後の(←まちがひ)1996年の日本公演を観に行ったが、彼はその時、足下にめちゃめちゃ多くのエフェクターを並べ

自分で!足を伸ばして!踏み替えてプレイしていた

(彼ぐらいのビッグネームになると、エフェクター切り換えは自動でするか、スタッフがするのが普通)

短い足を(失礼!)一生賢明伸ばして(それもすげえハイヒール!)踏み替える姿が可愛かった

私もめっちゃ歪ませたい、エフェクターめっちゃ並べたい!のかも?

話を戻して

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3

HMP3

この本の作例からこれまで

Re-ampSuper Edge2を作った

Super Edge2が予想以上に好みだったので、その発展系?

同じFuzz研川崎出張所さん設計のSuper Kowloonも作ってみたくなった

ところが

Super Kowloonは部品数も極端に多く、基板上も密集している

うーーん、と悩んでいたら

こんなものを発見!

IMG_0042

大塚明氏が監修した雑誌の付録だったらしい

ネットの電子部品屋さんで100円!(ジャンク扱い?)

この基板でSuperEdge2が作れる

Super Kowloonは、SuperEdge2にハニーファズをプラスした様な回路なので、これにプラスアルファーすれば良い

ゆっくり行きますね