手羽先とさつまいものやわらか炒め

大好きなレシピ

「手羽先のやわらか炒め」から新しいレシピが生まれた

手羽先とさつまいものやわらか炒め

作り方は「手羽先のやわらか炒め」に準ずるが・・

記しておく

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割

さつまいもはよく洗って3〜4cmに切っておく

圧力鍋に手羽先(切り落とした羽根部分も)と、さつまいもに、ひたひたの水を加えて

手羽先は鍋の底に、さつまいもは上部になるように配置

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置

酒2、みりん1、豆豉醤1、
オイスターソース0.5、塩麹0.5、砂糖0.5くらいの調味液に

茹で上った手羽先とサツマイモを浸して10分ほど放置

途中で少し返すなり、調味液を上からかけるとかすると効果大

その後、フライパンで調味液が半量になるくらいまで煮詰める

味を見て、醤油、みりん、唐辛子調味料少量で調整、照りをつけて

出来上がり

手羽先のしっとり感と、さつまいものほっこり感がいけてる

ご飯にもお酒にもピッタリ!

美味い!

白髪葱とカイワレを薬味にしたが、

今日のカイワレは辛かったな

季節にもよるが、品種によってとても辛い場合がある

10〜20秒ほどレンチンしてから水にさらすと良いと思う

蛇足ながら

10秒チンする場合は「ボクシングのレフェリー風」にきっちり10秒カウントしてストップをかければいいし

20秒の場合は「プロレスのレッドシューズ海野レフェリー風」にゆっくりと数え・・・

「No, No, No!」と一度止めてからもう一度「ワン、ツー」と数え直しても良い

もっと蛇足ながら

アイスクリームが固すぎて食べにくい時もレンチンは使える

が、数秒と心得るべきだ

そういう時は

「総合格闘技のレフェリー風」に「カウントを入れ始めるがすぐに試合を止める」感じで

急いでレンジのドアを開く!とうまくいく

あはははは