砥石面直し

ウクレレのアレンジ、録音もやっとこさ一段落

ふう

ほっとしているところ

よし、包丁を研ごう!

脈略がないように聞こえるかも知れないが私の中では完璧!

ところが・・・

砥石はだんだん減ってくる

砥石の表面がフラットでない

これでは上手く研げない

よし、面直しをしよう

面直し

包丁を研ぐ際の重要なことのひとつ

砥石の面は水平であること

プロの板前さんの砥石は常に水平である

それは常に面直しをしているから

砥石を研ぐ

私は「中砥石」と「荒砥石」のふたつを私有している

この2つを擦り合わせることで水平にするのだ

その前に

ご注意である

「中砥石」も「荒砥石」常に片面しか使わない

両面使うとどんどん変形していく

特に「荒砥石」の片面を水平に保っておくことで、その荒砥石の水平面を使って中砥石の変形面を削り、水平にするのだ

やり方

充分に吸水させた中砥石を台の上に置いて、上から荒砥石を上下左右にこすりつけて研ぐ

どうしても真ん中がくぼんでいる

研いでいくと、端の方の高い部分が削られ真ん中の一番くぼんだ所か最後まで残る

さらに頑張って研いでいくと、真ん中のくぼみも消え、真っ平らになる

仕上げ

最後に角の所を削り、面取りをする

角が尖っていると、手を怪我しそうで危ないから

適当に荒砥で削ればよろしい

真っ平ら

IMG_7493

砥石2挺(ちょう)

IMG_7491

左が荒砥、右が中砥

アフター写真だけで残念

ビフォアー写真撮っとけばよかったなあ

反省!

そして

もちろん包丁を研いだ

何か切りたくなるんだよな

IMG_7573

ふふふふ