トーカイストラト

エレキギターはストラトキャスター型が好きだ

メインのあかこちゃんもストラトキャスター

あかこ

ST01

そのあかこちゃんに事故が起きた

詳細は書かないが修理に出ることになった

こんな時のためにサブギターを用意しておきたい

そこで復活させる

学生時代から使って来たギター

トーカイのストラト

tokai

日本製

最近弾いていないので汚れまくっている

絃を外す前に写真を撮ればよかったのだが・・

こいつを使える状態にしよう

80年頃のトーカイのストラトはマニアの間では高値でトレードされたり、

特集のムック本も発売される程の人気

学生時代はこれ1本でやってた頃もあったな

思い出を語るぞ

まだ十代でそろそろ外バン(クラブ活動とかではないプロ思考?のバンド)をやり始めた頃

安物のギターしか持っていない私に「そんなんじゃダメだよ」と上等のギターを貸してくれた超親切?な人が現れた

貸してもらったのは、USA製のFenderのストラトキャスター

当時20万円くらいしたと思う

イメージ

DSCF1844

こんな感じだったと思う

初めての高級ギター

今までのギターとは全く違う!と思った

重厚感があるというか、ボディーも重いし、音もぶっとい

ラージヘッド、ネックは3点留めの時代

そのギターで何度かライブをしたと思う

「やっぱ本物のFenderはすごいや」と思っていて

所有者にお願いして、このギターを売ってもらおうと思っていたのだが

「これは僕のギター、貸してあげただけ」ときっぱり断られた

ラージヘッド、3点留め

この時代のFenderは実は評判が良くない

ネックが3点留めのため、演奏中にネックがずれて「カキーン」と音がして突然チューニングが乱れたりしたこともあった

ちょっと力を入れると「カキーン」と戻った

いろんな意味で「すごい」と思った

フレットの仕上げ処理が雜で、手を怪我したこともあった

今から考えると、アメリカ製だもんなあ

良くも悪くも大雑把?

長くなったので今日はここまで

青春の思い出にお付き合いありがとうございました