トーカイストラト05

ボディー

IMG_7772

一切の継ぎ目が無く、アルダー1ピースだと思われる

貴重だな

ノイズを軽減するためにザグリ部分にはアルミテープを貼り、さらにピックガードとも導通するための導電テープを貼ってある

ボディーとネック

tokai-neck

ストラトタイプのギターはボディーとネックがネジで取り付けられていて、簡単に分離できる

フェンダーの創業者、レオ・フェンダーが考え出した方法らしい

効率の良い大量生産を目指すためのアイデアだと思われる

ネックはメイプル1ピース

フレットはオリジナルよりほんの少し太めのものに交換してある

もちろん、信頼できるクラフトマンにお願いした

その時に指板のアールも180Rから250R程度に修正してもらった

抜群に弾きやすくなった

ピックアップ交換

IMG_7780

万能選手的に「使えるギター」を目指してピックアップを交換した

Neck:DiMazio Chopper
Center:DiMazio HS-3
Bridge:DiMazio Fast Track 2

すべて手持ちのもの

裏側

IMG_7777

ピックアップの配線ケーブルも交換してある

DiMazioの配線材は極端に細くて心もとないので

Beldenのシールドケーブル8412の内部線をばらして使ったと記憶する

交換前

tokai

交換前は、DiMazioHS-3を3つ搭載していた

真ん中だけ残したことになる

オリジナルはブリッジピックアップが斜めになっているが・・

私はまっすぐが好きである

ピックガードも私が作ったオリジナルのものに交換した

理由は・・・

実際にやってみたら、その方が良かったのだから仕方がない

よくもまあこんなめんどくさいことをしたもんだ

今日はここまでにしておきます