ToneStack研究06

前回のおさらいから

各アンプモデルのToneStackの定数について比較してみた

  1. Fender Bassman 5F6-A
  2. Marshall JTM45
  3. Fender Twin Reverb
  4. 土日で作るエフェクター(リットー)Vintage Tone
  5. YAMAHA F-100
  6. Texas Instruments Tone Stack for Guitar Amplifier
R1 C1 C2 C3 VR1 VR2 VR3
5F6-A 56k 250p   0.02u   0.02u 250k 1M 25K
Marshall  33k  500p  0.022u  0.022u  250k 1M 25K
Twin  100k  250p    0.1u  0.047u   250k   250k  10k
Vin-Tone  10k
3.5k
 1000p
3300P
  0.22u 0.1u   100k  100k  5k
F-100  10k  2700p  1.0u  0.5u  25k  25k  1k
Texas 33K 470p
940P
0.022u 0.022u 250k 1M 25K

周波数を計算

情熱は知識を凌駕する

R1//C3
L.P.F
(Hz)
C1//VR
H.P.F
(Hz)
C2//VR
H.P.F
(Hz)
C3//VR
H.P.F
(Hz)
Minimum
Bass
Cut Off F
Overrall
Attenuation
(dB)
5F6-A 142 2315~2546 8~318 318  49  -10.2
Marshall 219 1157~1273 8~289 289  62  -7.3
Twin 34 2449~2546 6~159 338  10  -20.8
Vin-Tone 159
455
1516~1592
459~482
6~144 318  33
58
 -9.5
-4.6
F-100 32 2267~2357 6~159 318  10  -20.8
Texas 219 1231~1355
617~677
8~289 289  62  -7.3
考察 Bassの
Upper
Trebleの
Lower
 Bass
10〜0
Mid10の時の
LowCut
Bassの
Lower
 減衰量
(計算間違ってるかも)

私は電気は素人なので?ネット上の計算ツールに頼っている

フィルタ計算ツールはこちら

抵抗とコンデンサーの比率で周波数が決定されるので

例えば、抵抗を1/10に、コンデンサーを10倍にしても周波数は同じになる(理論上)

そういう理由で、YAMAHA F-100とFender Twin Reverbはすごく似た特性になっているのがわかる

情熱が知識を完全に凌駕している

自分でもめっちゃ面白い

こんな難しいこと、解るはずがないんだけどなあ