チャーシュー炒飯

美味いチャーシューが手に入った

が、私にはちょっぴり塩辛い

これで、焼き飯を作ったらきっと美味いだろうな・・・

で!

実行

作り方はいつも通り

チャーシューを細かく刻んで、玉葱のみじん切りと長ネギを細かく切ったものを炒めた

ほーんの少し、塩を加えた

いつもの創味シャンタンは加えなかった

炒めたものとご飯と卵をボールなどで混ぜる

きゅうりのキューちゃんも細かく刻んで加えた

フライパンに少し油をひいて、ボールのすべてをさっくり丁寧に炒める

味をみて、ほんの少し創味シャンタンを加えた

いつも通り、隠し味に砂糖をちょっぴり

そして香り付けに醤油を少し(ジュワンと焦がす)

出来上がり

img_1374

チャーシューの香辛料?かな?

香りがめっちゃ美味い

すごい勢いで食べてしまった

本日使ったチャーシューは柔らかい「煮た」タイプ

中国語の「叉焼」(チャーシュー)を日本では「焼豚」と言い、本来は同じものを指したらしい

が、日本では、煮て作るほうが保存がきき、柔らかくて口当たりも良いため

煮て味付けした「煮豚」のことを焼豚と称することが多くなったという

ラーメンに乗っているのは明らかに煮て作られているよな

うーーん、よく分らないが、厳密な区別はない、ということかな?

本場の中国では、煮たものは『日式叉焼』(日本式チャーシュー)と呼んでいるという

日式叉焼の炒飯、美味いよお