「エレアコ」タグアーカイブ

エレアコプリアンプ製作編08

2ch仕様のエレアコプリアンプの製作

第8話

困った困った

困ったのだ

入力のコンデンサーを一つ変えるだけで音が変わる

In Cap

「In Cap」と書かれた「縦線2本マーク」の入力コンデンサーであるが、回路図に数値が書いていない

それは、ヒアリングした上で種類や数値をセレクトするつもりだった

このコンデンサーとその後ろの1Mオームの抵抗でHPF(ハイパスフィルター)が形成され

結果としてLow Cutされることになる

計算上は、0.01uF(マイクロファラッド)と1MΩ(メガオーム)で16Hz以下がLow Cutされる

コンデンサーを10倍の値、0.1uFにすると1.6Hz以下のLow Cutになる

人間の可聴範囲は20Hz〜20000Hzだと習ったから、0.1uF程度のちょっと良さげなフィルムコンデンサーで大丈夫だろう

ひょっとして?逆に!もう少し小さい0.033uFくらいを入れて、5Hz以下あたりをLow Cutした方がいいかも?

などと、タカをくくっていた?のかな?

ところがところが・・・

0.1uFと、10倍でかい1uFを聴き比べると、1uFの方が音の芯が太く聞こえる

1uFと1MΩだと、0.16Hz以下のLow Cut

1Hz以下なんて聞こえてるわけないのに・・・

場所的にそれ以上大型のフィルムコンデンサーを採用するわけにはいかない?ので

フィルムコンデンサーより音質で劣ると言われる電解コンデンサーを試してみた

(電解コンデンサーだと小型で大容量のものがあるので)

2.2uや4.7uを試すと・・・

おお、さらに音の芯が出てくる

本当にこれでいいのかな?

何度もなんども聴き比べた結果!結局10uという、でかい値の電解コンデンサーを採用することにした

Low Cutは0.016Hz!!??

聞こえてないはずなんだけどなあ

モニターヘッドホンでヒアリングテストをしているが、0.016Hzなんて再生していないと思うのだが・・

再生周波数帯域:5~30,000Hzと書いてある

不思議だ

パーツテスター

前にも紹介しているが、

こういう自作の「パーツテスター」に部品を挟んで、スイッチをパチパチ切り替えて、何度も音を比べる

めっちゃ地道!

でも、聞こえないはずの0.1Hz以下!の違いが分かるのだから、

人の耳はある意味、そんじょそこらの測定器以上の解像度を持っているのかも知れない

これまでの経験から、電解コンデンサーにフィルムコンデンサーを並列でつなぐことで

さらに良い結果が望めることが分かっていたので

先のパーツテスターで試した結果、

10uFの電解+0.0047uFのフィルム!ということにした

専門用語でなぜか?「電解コンにフィルムコンを抱き合わせる」という

上から見ると普通だが

裏面にもパーツが

入力インピーダンス

回路図をよく見ると、入力インピーダンスを1MΩに設定したつもりでいたが、

一番頭の抵抗、1MΩとの並列合成値、500kΩなのかも知れない

2本の1MΩの抵抗を2MΩに変更すべきなのか

ああ、困ったなあ

そして困ったのが出力のコンデンサーである

Out Capとその後ろの100kΩで、入力と同じ0.016Hzを望むなら

もっともっとでかい「100uのコンデンサー」が必要だということになる

その後の「受けのインピーダンス」も含めて、回路定数の変更が必要であると思われる

ヒアリングテストするにもパーツが足りない

また、アキバに行かなくてはならないのか?

ああ、大変で楽しい

 

エレアコプリアンプ製作編07

2ch仕様のエレアコプリアンプの製作

第7話

本日はアルミケースの金属加工

つまみの配置などを決めて

ケースに方眼紙を巻いて

製図する

後で改造や仕様変更をしたくなった時とか

(例えば調節つまみやスイッチを増設したくなるかもしれない)

発展性も考えてデザインしなくちゃいけないので

ものすごく慎重になる

つまり、

時間がかかる

センターポンチを打って

穴あけ

右上、キャノンのでかい穴は加工がたいへん

また、選んだのが、Neutrik(ノイトリック社・リヒテンシュタイン候国製)のキャノン出力ジャックで

穴あけが正円ではなくて・・・

小さな穴をいくつか、ドリルで開けておいて

最後は金属やすりで、ゴリゴリゴリと地道に削った

ふう・・・

でもね・・・

こうなります

かっちょいい!

すんげえ時間がかかる

ここまで穴あけした時点で

表面に貼る「ステッカー」のデザインを始めた

その「ステッカー」のデザインは・・・

今の所、ちょっと内緒にしておきたい

めっちゃ時間がかかるが・・・

楽しんでいきます

 

エレアコプリアンプ製作編06

2ch仕様のエレアコプリアンプの製作

第6話

本日はD.I.部分を作る

D.I.ボックス

「D.I.」とか「ダイレクトボックス」と呼ばれることが多いが

正式には「Direct Injection Box」

ライブやレコーディングの現場で使われる

楽器信号をプロ規格の「バランス転送」に変換してミキサー卓に直接送るための機材

バランス伝送

ほとんどの楽器出力や家庭のオーディオの信号はアンバランス伝送である

(今の若者はCDプレーヤーなどのオーディオを持っていないらしい)

芯線=+が1本、外側がアース=−が1本の普通のシールド線で送られる

が、プロの現場では芯線2本、HotとColdが1本ずつと外側がアースの3極で

キャノンタイプの金属製のコネクターで「バランス伝送」される

「D.I.」は、ハイインピーダンス、アンバランス信号をローインピーダンスのバランスに変換して送り出す機材である

そうすることによって、ノイズに強く、より良い安定したサウンドを提供できるだけでなく、

うっかり混入したノイズもキャンセルされて伝送される

すごいな「D.I.」

全体回路図

回路図から、右側「D.I.」部分のパターンを起こす

ICの足のピッチ(2.54mm)に合わせて縮小して・・

センターポンチで基板に転写?

前回の基板製作の経験から・・

IC部分だけは先に穴あけした

2.54mmユニバーサル基板を当てて、正確に!

大成功だと思う

パターンはなるべく太く

余った部分もアースべた塗り?に近い感じで「Zebra マッキーの青」を塗った

エッチング

すんごくうまくいった

だんだん上手になっていく

嬉しい

穴あけ

前回ドリル刃を2本も折ったから・・

慎重に

今回は0.9mmのドリルにした

いい感じ

今時、こんな面倒な作業を楽しんでいる人も少ないだろう

パソコンでパターン作って、海外の企業に発注するのが流行り?らしい

はんだ付け

ああ、楽しい

ちょっとご質問を頂いたので・・・

この「しましま」のビーズ、「抵抗」と言います

簡単に言うと、電気を「通しにくく」するパーツ

「しましま」の「カラーコード」で抵抗の大きさ「Ω(オーム)」が分かるようになっている

ベースの色も製品よって様々で、ブルーのやらピンクの色のやら、すごく可愛いのがある

独り言

パーツによって音は変わる

でも・・

ほとんどオカルトの世界に感じる

値段の高いパーツや、古く希少なパーツはビンテージ!などと呼ばれて、「いい音」と評価され

安いパーツは「ダメだ」とされることがほとんどだ

経験を積むうち「本当かなあ」と疑うようになった

ブラインドテストしたら、多分「違う結果」になるだろう

外国製の高価なパーツも使ってみたが、大して効果が無いばかりか

たいていの場合、日本製のパーツ方が安定した製品であると感じた

そして、もう、オカルトの世界からは卒業することにしたら、

すごく楽になったし

パーツ代が半額以下になった

だって・・・

1本60円のUSA製抵抗を使っていたこともあったが

先日買ってきたのは100本入りで300円の日本製

わっ、20分の1や!

全部日本製

きれいねーー

 

エレアコプリアンプ製作編05

昨日の記事の後、

基板の穴あけ作業をしたのだが・・・

8mmのドリル刃を2本も折ってしまった

トホホ、である

この「トホホ」は原田宗典氏がよく使っていて・・・

なんとなく真似ている

ドリル刃を2本も折ってしまったショックで写真を撮り忘れたが、

作業は半田付けに進み

ちょっと機嫌が良くなった

特に高価な部品は使っていない

上部、左右のIC(ソケット)がプリアンプ部

下部、左のIC(ソケット)がミキシング部でチューナーアウトになっている

ここまできて・・

パーツが不足してきた

入出力のコンデンサーについて、神の啓示があって・・

秋葉原に買い出しに行こうかなあ

楽しいぞお

 

エレアコプリアンプ製作編04

3話目からどんどん回路の変更があって・・

まだまだ変更がありそうだが・・

回路図

D.I部は大幅に回路を変更した

まだまだ変わりそうなのだが・・

ほぼ決まった、プリアンプ部から作り始めることにした

基板をカットする

アクリルカッターを新調したい

パキン

製作したパターンを貼り付けて

穴の位置にセンターポンチを打って

パターンを「Zebra マッキーの青」で描いた

エッチング

エッチング液をジップロックに入れて、そこに基板を入れる

ちょっと温めてやると

エッチング液(塩化第二鉄水溶液)で銅が溶けてしまう

除光液でマッキーを拭き取ると

パターンの出来上がり

次が穴あけの作業なのだが・・・

これが一番苦手かもしれない

下手な力が加わると0.8mmのドリル刃は、すぐに折れちゃうんだよなあ

今日はここまでにしておきます。

 

エレアコプリアンプ製作編03

プリント基板で作ることにしたので

回路図から

パターン図を作る

このパターン図は 回路図右のD.I.部分

ウーーン、InputとOutputの信号がちょっと近すぎる気がする

ウーン、これでもいいけど、何か気になるなあ

やり直し

すごくスッキリした!

もっと小さくもできるが、余裕を持って太いパターンで組みたいのだ

でもね、

今時、こんなことしてる人も少ないと思う

パソコンでパターン作って、ネットで業者にお願いするのが普通だと思う

でもね、これもDIYみたいで楽しいのだよ

閑話休題

先日の「うにのパスタ」がすごく美味かったので

また作った

うん、美味いけど・・

前の方がずっと美味かったなあ

何が違ってたんだろ??

甘く感じたのは玉ねぎの違いか・・

塩分が少し足りなかったか・・

料理は難しいなあ

 

エレアコプリアンプ製作編02

回路・仕様など、ほぼ決定

回路図

In1〜A1までがプリアンプ部分

B1〜HotとColdとなっているのはD.I.(外来ノイズなどに強いアンバランスアウト)

それぞれ2ch作って、左中の回路でMixしてTuner Outへ

左下は、大好きな「バイアス低インピーダンス化」回路

多分大丈夫だと思う

こんな外観でどうかな

D.I.の「キャノンOut(右上)」はサイドの方がいいかなあ?

悩ましいなあ

楽しいのでござる

悩ましいのでござるのだよ

 

エレアコプリアンプ製作編01

前回までは「Tone Stack研究」という題名であったが

今回から、その続編で「エレアコプリアンプ製作編」とした

エレアコのプリアンプを新たに製作するのだ

ギターを2本つなぎ込めるデュアル仕様!で!

今回の目標はTone Stackの長所を活かせるように最適に使用すること!

なので、これまでの記事のように、Tone Stackを十分に研究して?

ブレッドボードで実験

パーツをとっかえ、ひっかえして音を聴きまくる

ToneStack研究07で試したDuncan Tone Stack Calculatorの波形の印象通りに音が変わって感動!

回路図を書き直す

落書きみたいなものですが

基板のパターンを製作する

これが相当難しい

無駄なく美しく!

機材の外観、レイアウトを考え中のメモ

これは結構楽しい

ふふふ、どんな外観にしてやろうか・・・

まだまだ、妄想、模索中である

めちゃくちゃ面倒であるが、楽しいのは事実だなあ

 

ToneStack研究07

情熱は万象を凌駕する

あははは

11/23の記事で紹介した、Duncan Tone Stack CalculatorというWindowsで動作するフリーのプログラム

Macで動かせたぜい!

Winのソフトが使えるようになるという

PlayOnMacというアプリをインストール

こちらの方法でやりました

するとDuncan Tone Stack Calculatorが使えるようになった

数値を変えると周波数を示すグラフが変わる

左下のスライドボリュームを動かすと、リアルにグラフが動く

すんげえ楽しい

C1を換えてみる

例えばC1を250p、500p、750pに換えてみよう

一番極端になるように

BassとTrebleを10に、Midを0に設定しているが

C1を大きくすることで、High成分がBoostされるというより、

MidCutの中心周波数が低くなっていくのがわかる

C2を換えてみる

あんまり変わらんな

C3を換えてみる

C3を換えると大きくグラフが変化する

ああ、面白い

何時間でも遊んでられる

 

ToneStack研究06

前回のおさらいから

各アンプモデルのToneStackの定数について比較してみた

  1. Fender Bassman 5F6-A
  2. Marshall JTM45
  3. Fender Twin Reverb
  4. 土日で作るエフェクター(リットー)Vintage Tone
  5. YAMAHA F-100
  6. Texas Instruments Tone Stack for Guitar Amplifier
R1 C1 C2 C3 VR1 VR2 VR3
5F6-A 56k 250p   0.02u   0.02u 250k 1M 25K
Marshall  33k  500p  0.022u  0.022u  250k 1M 25K
Twin  100k  250p    0.1u  0.047u   250k   250k  10k
Vin-Tone  10k
3.5k
 1000p
3300P
  0.22u 0.1u   100k  100k  5k
F-100  10k  2700p  1.0u  0.5u  25k  25k  1k
Texas 33K 470p
940P
0.022u 0.022u 250k 1M 25K

周波数を計算

情熱は知識を凌駕する

R1//C3
L.P.F
(Hz)
C1//VR
H.P.F
(Hz)
C2//VR
H.P.F
(Hz)
C3//VR
H.P.F
(Hz)
Minimum
Bass
Cut Off F
Overrall
Attenuation
(dB)
5F6-A 142 2315~2546 8~318 318  49  -10.2
Marshall 219 1157~1273 8~289 289  62  -7.3
Twin 34 2449~2546 6~159 338  10  -20.8
Vin-Tone 159
455
1516~1592
459~482
6~144 318  33
58
 -9.5
-4.6
F-100 32 2267~2357 6~159 318  10  -20.8
Texas 219 1231~1355
617~677
8~289 289  62  -7.3
考察 Bassの
Upper
Trebleの
Lower
 Bass
10〜0
Mid10の時の
LowCut
Bassの
Lower
 減衰量
(計算間違ってるかも)

私は電気は素人なので?ネット上の計算ツールに頼っている

フィルタ計算ツールはこちら

抵抗とコンデンサーの比率で周波数が決定されるので

例えば、抵抗を1/10に、コンデンサーを10倍にしても周波数は同じになる(理論上)

そういう理由で、YAMAHA F-100とFender Twin Reverbはすごく似た特性になっているのがわかる

情熱が知識を完全に凌駕している

自分でもめっちゃ面白い

こんな難しいこと、解るはずがないんだけどなあ