「オーディオ」タグアーカイブ

ACアダプターの修理再び

4月にケーブル交換をしたACアダプター

またちょこっと調子が良くない?

12V300mAのトランス式であるが、小型でノイズもないのでアコギのプリアンプ用として使って来た

4月にケーブル交換をしたときに根本的にやっつけとけば良かったのか?・・・

先日、プリアンプのLEDが付かない瞬間があった

我がファクトリーのエレクトロニクス技術班が調査したところ、

どうやらアダプターの出力、根っこのあたりがちょっと怪しいということになった

10月のライブで使用する予定!

もし、ライブの途中で調子が悪くなったりしたら・・

想像したくない

完璧に修理しておこう!

断線?

前回のケーブル交換ではA部分あたりから先のケーブルを交換した

どうやら今度は、根元のBあたりが怪しい

ぶった切るしかない

IMG_2710-2

経年変化?

金属疲労で断線しかけてた

ケーブル台座部分はカッターで四角く切って引っぱり出した

けっこう苦労したかも?

IMG_4052

こういうことです

IMG_4056

修理

台座部分も取り去って

プラスとマイナスを注意して別々にハンダ付け

あらかじめ通しておいた熱収縮チューブで保護

IMG_4057

ホットボンド

IMG_4059

ホットボンドで固定

ケーブルを横向きに出すことで、ケーブルにかかるストレスを軽減する

いいアイデアだと思う

完了

IMG_4060

完璧に修理できた

これで、安心してライブで使用できる

やったね!

Wonder Rainbow Factory Live

2017.10.15.SUN.

@THUMBS UP(横浜駅西口から歩3分)

12:30 OPEN 13:00 START

チケット残りわずか?!

 

ミュートスイッチの製作

少し先のことであるが、

10月15日に久々のライブを行うことはガックラでもお伝えした

Wonder Rainbow Factory

という新しいアコースティックユニット

10/15(SUN)
at THUMBS UP
(横浜駅西口から歩3分)
12:30 OPEN 13:00 START
TICKET ¥2500(当日 ¥3000)

発表直後にチケット予約して頂いた方もおられる模様

すでにたくさんのご予約を頂いております

ありがとうございます

完売!満員札止め!とはなかなかならないとは思うけど

ご希望の方は早めにご予約ください

 チケットご予約はこちら

(私から直接のチケット購入もできます)

画策

新しいユニットということ、そして久々だということもあって

いろんなアイデアやら、やりたいことも出て来る

せっかくやるんだから、良い演奏で良いライブがしたい!

そして何より皆さんに楽しんで頂きたい!

そして、自分も?楽しくライブがしたい

演奏に集中するために「こんな機能があったらなあ」と思った

ミュートスイッチの製作

音声信号をミュートするだけの簡単なものであるが、

P.A.送りの信号をミュートしたいから、切り換えのときに大きなスイチングノイズが出ると困る

本格的な機材となると、かなり大げさになる

簡単なものが作れないかな?

試行錯誤、実験を繰り返した

ものすごく試行錯誤して、なんとか行けそう

ミニケースで

なるべく機材は少なくしたい、軽量化を図る

普通のエフェクターと比べたらすっげえ小さいケース

IMG_3934

こんな小さいケースで大丈夫?

On/OffのLEDも付けたいから電池も必要

IMG_3939

スイッチと006P電池入れたら無理ですね

でも大丈夫なんだよ

ふふふ

電池はLEDを光らせるだけでいいから2〜3V程度あれば大丈夫だし

電流も少なくて大丈夫

音声信号には関係ないから適当でよい

木工班登場

我が社は木材加工もやります!

帽子掛け作った時の角材?で小さな箱を作って

IMG_3881

電極を付けて

IMG_3899

ボタン電池LR44を3個収納

IMG_3905

蓋も作ったよ

IMG_3903

あはははは

めっちゃ楽しい

金工班

ケースを穴あけ加工

IMG_3941

電工班

LEDを先に加工しておく

電工班も少しずつ腕上げて来たな

IMG_3944

いろいろ試してみた結果、青色LEDで抵抗は1KΩ

計算上はLEDに1.5mAしか流れていないことになるが、充分に明るく光る

少し前の知識なら赤いLEDでさえ5〜10mA程度流すのが常識だったと思うが

新型の青色LEDの性能はすごい!

電池、長持ちしそうでうれしい

偉い先生方の研究のおかげです<(_ _*)>

加工したLEDをグルーガンで固定

IMG_3947

配線

IMG_3951

電池を入れて

IMG_3953

ラップで止めることにした

ラップは絶縁体だし、何度か包み直したりできると思うし、丁度良いと思って選んだ

IMG_3959

完成

IMG_3958

ほんの少しだがクリックノイズが出る

機械式のスイッチだから少しは仕方ないのだろう

行けるかどうか?

スタジオで大きな音で試してみないとな

備忘録

mute

訂正:スイッチはフジソクの8Y-3011Zが正しい型番のようである

さらに改良

ホットボンドで止めたLEDであったが、エポキシ系のボンドで止め直した

好みだ

9本足のスイッチ、空いている足も隣の端子とハンダ付けした

さらにクリックが少なくなったが、

もっといいスイッチがないか調査しよう

ミニエフェクター風に遊んでみた

IMG_3967

最後までお付き合い

ありがとうございました

何に使うか?って?

ライブで実際に見てくださいませ!

 

バッファー・ブースター04 混沌

昨日の悪い予感?が当ったかも知れない

入力インピーダンス

一般的に入力インピーダンスは低いより高い方がいい

逆に出力インピーダンスは低い方が有利とされる

ギターなどの楽器の入力インピーダンスは1MΩであるものが多い

この回路では入力からアースに落ちている1MΩの抵抗で入力インピーダンスが(ほぼ)決定されているので簡単だ

Buf201705

昨日の記事で書いたように大昔に作ったエレアコのバッファーでは実験の結果5MΩにした

通常、入力インピーダンスは低くするとHigh成分が減る

つまり高くする程、高音成分が強調されるがノイズをくらいやすくなる

ところが・・・

試しに入力インピーダンスを5MΩにすると、

Highだけでなく・・

Lowの感じが全然違う!

どうしよう?

想定外のうれしい事態!であるが・・・

しかしながら、振り出しに戻ってしまった

すべての(パーツの)定数を見直さないといけないのか?

正に混沌として来たぞ

パーツを取っ替え引っ替え、

永遠に終わらないぞ!

 

そして、こんなTOOLを作った

パーツ交換テストスイッチ

IMG_3128

6本足のスイッチに配線してその先にスズメッキ線を付けた

これでブレッドボードに直にアクセスできる

このスイッチをパチパチして聴き比べよう

これで少しは作業がはかどるかな?

以前に紹介したパーツテスター

IMG_6789

結局はこれと同じものだ

長い旅はつづくのだなあ

 

バッファー・ブースター03 実験

3月末に古いバッファー回路を発見し

バッファー・ブースターの実験をした

そしてこんな回路を妄想した

Buf201705

ブレッドボードで実験する

最初全く音が出なかった

どこが間違っているんだろう?

IMG_3103

どこをどうしても音が出ない

仕切り直し

ブレッドボードでの実体配線図を作製

28

やっと音が出たときの感動!

やったーー!

FETは2SK30ATM-GR

ICは4580で音出しし、その後、目的の8920に交換

これ、行けます!

めっちゃいい!

狙ったとおりに動く!

余計なHighを取り除くC1は500pぐらいまでは私の耳にはほとんど分らず

1000p(0.001μF)にすると、「ちょっと変わったかな?」

2200p(0.0022μF)ぐらいにすると「お、カットされた」と感じる

計算上のHigh Cutの周波数は、1000p(0.001μF)で15.9kHz
2200p(0.0022μF)で7.2kHz

理論どおりってことかな?

エレキだけならもっと周波数を下げてもいいと思う

が、アコースティック楽器使用の場合を考えると500pぐらいにしておいた方がいいんかもしれない

入力インピーダンスは1MΩにしたが、もっとでかい方が良いかも知れない

大昔の記事によると、エレアコのバッファーの入力インピーダンスは5MΩに設定している

さらなる検討事項が出現した

とりあえず、ウクレレのピックアップで試してみないといけない

今日はここまで、ということで

長い旅だなあ

ふう

 

バッファー・ブースター02 妄想

3月末に古いバッファー回路を発見し

バッファー・ブースターの実験をした

その回路図

Buf2017-05

IMG_2648

元あったオペアンプの非反転増幅回路の前にFETのバッファーを増設

定数を見直し

オペアンプを8920に変えるとすごくいい感じになった

そして妄想を続け

こんな回路を考えてみた

FETによる反転+オペアンプ反転

Buf201705

先ずFETによる反転増幅回路

ほんの少し増幅をかけることでサウンドが元気になる傾向を経験している

C1を付けることで耳障りな 高音成分を調整出来る

R1でオペアンプの入力インピーダンスを決定して、R2で増幅率調整する

C2、C4 は慎重に選ぼう

ブレッドボードで実験してみよう

IMG_3103

また長い旅だなあ

 

MDRヘッドホンのケーブル交換

これまで何度もこのヘッドホンの修理をしてきた

前回はこちら

前回の記事で

「ケーブルがかっこ悪い

機会を見てまたやり直そう」と書いている

Sony MDR-G75

前回の記事からさらにさらに断線の修理をしたが

IMG_2735

ひょろひょろの UEWと呼ばれるポリウレタン皮膜でコーティングされた撚り線は断線しやすいかも知れない

交換前

IMG_2743

新しいケーブル

MOGAMI製の外形約2mmの2芯シールド(型番不明)

秋葉原TOMOCAで購入

100円くらい / m

IMG_2737

ヘッドホンケーブルは2芯シールドぢゃ無い方が良いとする意見もあるが・・・

そんなにシビアではないので使い勝手を優先する

柔らかくしなやかでくせがない

ケーブルを剥いて

IMG_2738

プラグ側から始めよう

プラグは秋月電気で100円程度のものを購入

IMG_2744

熱収縮チューブを付けてきちんとハンダ付けした

IMG_2747

カバーはプラスティック製

IMG_2749

さらに熱収縮チューブ

IMG_2751

ヘッドホン側

IMG_2754

こっち側は何度も修理してるから手慣れたもんだ

やっぱ普通の撚り線の方がUEWより断然!ハンダ付けしやすい

ホットボンドで固定

IMG_2755

出来上がり

IMG_2758

うわっ!

音が良くなった

気のせいではない!確実に音が良くなった

大成功!

このヘッドホンは2007年頃に4〜5千円で購入したらしい

真剣なモニターは無理だが、普段使いにはお手軽で気に入っている

またリニューアル出来た!

うれしい!

 

電源アダプターのケーブル交換

何かの家電に付属していたDCアダプターである

12V300mAのトランス式であるが、小型でノイズもないのでアコギのプリアンプ用として使って来た

センタープラスをセンターマイナスには改造していたが・・・

へろへろのくせに、変にくせがついたケーブルが気に入らなかった

思い切って交換する

IMG_2694

ケーブルをぶった切って

根元を熱収縮チューブで固定

IMG_2698

新しいケーブルはMOGAMI2330

2330は3mmのシールドケーブルであるが、たいへん弾力があってベストチョイスであると思う

こんなアダプターのケーブルでも「音が変わる」という人もいる

電源はシールドではダメで、撚り線をねじったものが良いという人もいる

まあ、そうかも知れないけど・・・

そんなことよりも「使い勝手」を優先したい

熱収縮チューブをかぶせてから

センターマイナスをハンダ付けして

IMG_2702

 熱収縮チューブで絶縁

IMG_2705

シールド部のプラス側も同様に

IMG_2707

IMG_2708

さらに熱収縮チューブをかぶせて

IMG_2710

出来上がり

IMG_2712

なかなかいい出来だと思う

 

バッファー・ブースター

昨日の続きの記事

忘れそうなので、とりあえず現状を記録しておく

元の回路

IMG_2622

回路図

2017/03/31回路図訂正

Buf2017-04

デュアルアペアンプの単純な非反転増幅であるが、余った(?)アンプでバイアスの低インピーダンス化をしている

ここがどうもミソ?である気がする

私がこの音が好きなんだろうと思う

SuhrのRiotやBossのBD-2などでこの回路が採用されている

両方とも好みのエフェクターだ

パーツを取りさって

IMG_2640

 改造した回路

IMG_2648

回路図

2017/03/31回路図訂正

Buf2017-05

 テストを続けると、キリがないぞう

まだまだ長い旅は続きます

説明なども含めてまた報告する!

 

オペアンプ比較02

昨日の続きの作業

ガラクタ箱の中から見つけたギター用のバッファーアンプ

オペアンプを換えてみたが、あんまり違いが分らない

うーーん、おっかしいなあ

そんなわけないんだけど・・・

モニター環境を変えた

これまでデジタルレコーディング用?のシュミレーターを通して、ヘッドホンでモニターしていた

ここが分りにくくしているのかも知れない

IMG_2636

その後、アンプで実際に音に出してみたり

ギターを換えたり

ケーブルを換えたり

いろいろ試した後

全部自作の機材になった

IMG_2633

上がヘッドホンアンプ

下がフェンダータイププリアンプ

総力を結集して現場に当ります

今回のテストで分ったこと

ケーブルでものすごく失われる(知ってたんだけどね)

一度失われたものは取り戻すことはできない(だからメインのギターにはFETのバッファーを搭載しているんだけどね)

バッファー搭載のギターの方がオペアンプの違いが分りやすい

今回のオペアンプの前にFETをひとつかませた方が良さそうである

多くのギター用エフェクターの入力はFETやトランジスタで受けていることが多いのはこの辺りに理由がありそうだ

たくさんのオペアンプで試してみた

10個以上のオペアンプを試してみたが主なものだけ

OPA2604 (バーブラウン) 500円?

高価であるがたいへん優秀な石だと思う

上のヘッドホンアンプにも、フェンダータイププリアンプにも2604を使っている

でも今回の用途には適さないようだ

多分9Vの電池では正常な動作が出来ないのだと推察する

OPA2134(バーブラウン) 300〜400円?

これはよろしい

072から交換すると、情報量がぐっと増えたのを実感出来る

MUSES8920(新日本無線) 480円

来ました!これです!こういうのを求めてました

音につや!が出た感じ

すごく気持ちいい

MUSES8820(新日本無線) 400円

上の8920がFET入力なのに対して、こちらはトランジスタ入力

情報量が多く、8920と同じ匂いがするが、いまいち「つや」は感じないかも?

というわけで

結論

今回のテストでは8920を実力を見直した

と、言うか

今まで何で気づかなかったのだろう

今回の状況で、たまたまいい感じになったのかも?

しかし、取っ替え引っ替え、弾きまくって、聴きまくって・・・

疲れました

 

フェンダータイプ・プリアンプ

今日は機材の話

振り幅すごいな

フェンダータイプ・トーン回路

fender_tone_ctrl

上の回路図がフェンダー標準のトーン・コントロール回路

ほとんど全ての(フェンダー以外でも)ギターアンプで同様な回路が使われている

一番上の250kΩのVRで「トレブル(高音域)」,その下の250kΩのVRがで「ベース(低音域)」を調整できる

ミドルコントロールを設ける時はR2(6.8kΩ)の抵抗を10kΩのVRにすればよい

特殊なトーン回路

オーディオ的に見たら「なんじゃこりゃ?」とひっくり返りそうであるが

エレキギターやエレキベースをつなぎ込むと、一気に有用性を感じる

故人、レオ・フェンダーが生み出したと言われるこの回路、60年を経て健在

天才だったんだな

ICで作る

元々、真空管で構成されていたフェンダーの回路であるが

ICで組んでみる試みは多く行なわれているようだ

大塚明氏の本でもIC版フェンダータイププリアンプは紹介されているが、そちらは元の回路と定数が全く同じのモノラル仕様

「土日で作るオリジナルエフェクター」に紹介されているのはトランジスタのステレオ仕様

今回紹介した「これ」はその折衷版?かな?

fenderpre

ステレオ仕様で作ったので、デュアルのオペアンプがひとつとアウトのFETが2個

HighとLowの利き具合を選べるようにしたのがポイント

実体配線図

fendepre02

プリント基板は使わず、すべて手配線で結線した

内部

img_1696

実体配線図は改造前の非反転入力になっているが

その後、反転入力に変更した

この回路は反転入力の方が合うような気がする

 ICは2604

ちょっと値が張るが懐のでかい、信頼できる石だと思う

img_1697

コンデンサーはスイッチに直付け

img_1698

FETは170だな

ヒヤリングで決めた

img_1702

 完成品

img_1690

トーンの両側の小さなスイッチで High/Lowの利き具合を調整できる

思いっきりEQすることも可能だし、ちょっぴり味付けすることもできる

こんな回路でフラットな特性を出すのは無理だと思ってたけど

マスタリングで使うことも可能なくらいハイファイにできた

偶然だと思うけど

img_1691

入出力ともステレオ仕様

右側は電源±15V

今回のベースの録音はこれを通してみようと思っている