「オーディオ」タグアーカイブ

Line Level Adjuster 一応完成編

6月7日(木)の記事の続き

サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座

ハンドメイド・プロジェクトver.3

大塚明著

この本の作例から

Line Level Adjuster

ステレオ仕様で信号レベルを1/11〜11倍まで調整できるというスグレモノ

木曜日の失敗記事はこちら

昨日の旧ONSのケースに組み込んだ

スペースがあるので、電池2個の18V仕様にしてみた

大塚氏も本の中で「コンデンサの耐圧を注意して18Vにするとヘッドルームが大きくなる」と書いている

一応完成

ノイズもなく、いい音で鳴っている

が、もっと音量が上がってもいいんじゃないかなあ?

回路図

実際はこの回路が2つあってステレオ仕様

理論的にはボリューム0(7時)で1/11倍(−20dB)

ボリューム半分(12時)で1倍(原音と同じ0dB)

ボリューム10(5時)で11倍(+20dB)

になるはずなのだが・・・

ボリューム8(3時)程度でやっと原音と同じになる

右チャンネルも左チャンネルも同じ

うーーん・・・

どこか間違っているのかなあ

おかしいなあ

いくら探しても間違いは見つからない

音はすごくいい

まあ、ボリュームを下げたい時の方が多いから、これでもいいんだけど

今の所、オペアンプは汎用の4588

オペアンプの選定も含めて、研究を続けます

うーん、私、まだまだだなあ

Line Level Adjuster 失敗編

サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座

ハンドメイド・プロジェクトver.3

大塚明著

この本の作例から

これまで

Re-ampSuper Edge2Super Kowloonを作った

もう一つ、作りたいのがあった

Line Level Adjuster

ステレオ仕様で信号レベルを1/11〜11倍まで調整できるというスグレモノ

録音の時

録音の時、ちょっとレベル(音量)を上げたかったり、逆に下げたかったり

「ちょっと下げたい」ことの方が多いかな?

ステレオ録音物で左右のバランスが悪くて、それを修正したかったり

そんな場面が時々ある

これをPC上で作業するのは結構面倒だったりする

だから、いつか機会を見て製作しようと考えていた

そんな時

以前に製作した秋月ヘッドホンアンプ

この基板を利用すれば、簡単に作れるような気がする

と、思って

余分に買っておいた

この日の記事で書いているな

この基板、100円!

秋月電子、素晴らしい!

100均で買ったブリキ缶

機材用のアルミケースだが、これがパーツ代の中で一番高い

なのでコストダウンのために「100均」でやってみようと考えた

踏んづけ系の「フットスイッチ」も付けないから、強度も問題ないだろう

金属で、ちゃんとアースと導通させればノイズも問題ないと考えた

ジャック用の穴を開けて

導通するように塗料部分をヤスリで削った

蓋の部分にボリュームをつけて

蓋にも導通するように蓋の内側の塗料を削って

導通も確認!

基板もこちらに

時間はかかったが・・・

音もちゃんと出て

思った以上に高性能

使える!

電池はスポンジで包んで

事故を防ぐために

基板はホットボンド、アクリル板でガード

完成

見た目も可愛いし

大成功!と、思いきや

缶が柔らかいため

数回、ジャックの抜き差しをしているうちに

ベコベコしてきて・・・

缶も変形

ジャック内部も変形してしまった

だんだん、接触が悪く、動作もおかしくなってしまった

とほほ・・

録音に使うなら、こんないい加減なものでは!ダメですね

やり直します

本日は失敗編!でした

とほほ・・

もうひとつ

あれれえ

表題が全部大文字で表記されている

小文字、大文字を区別する設定にしたのになあ

あれえ、メニューの表示も

WONDER RAINBOW FACTORY って全部大文字!!

直そう

って、難しいんだよお

とほほ・とほほ

 

安定化電源キットの製作 

3端子可変型レギュレータIC  LM350Tを使用した

安定化電源キットが秋葉原の秋月電子で450円で売っていた

昨年末の「秋月ヘッドホンアンプの製作」の時に

スイッチング電源のノイズでびっくりして、これを試してみたかった

セット内容

回路図中のLM338Tは最大5A出力できる

私が購入したのは最大3AのLM350Tで回路は同じ

入力電源よりも3V以上低い、安定した電圧を取り出せるというもの

高リップル除去率:86dB(思い切り優秀な数値)

何がしたいのか?

この回路に、スイッチング電源(安価で大容量が得られる)の15Vを入力して

ノイズの無いクリーンな9V〜12Vを出力できるのか?

を試してみたい

ちゃちゃっと組んでみる

右側下は2.1mm入力ジャック

出力は手持ちの2.1mmプラグ付のケーブル(2本)にした

使い古しのケース

結果

ヴェーーリィーーグウー

スイッチング電源の機種によっては「ブーー」という大変大きなハムノイズが出ていたが、

綺麗に取り去ってくれる

大変優秀!

基板に取り付けた抵抗を変更したり、半固定抵抗(小さなボリューム)を回せば

好きな電圧を得ることができるが

15Vを入力した場合、12V以上を得ようとすると、やはりノイズが出る(12.4Vあたりから急にノイズる)

説明通りの仕様で、大変素晴らしい

オシロスコープとか持っていないから、耳で判断した結果だけど

トランスで1A以上の安定した電源を得ようと思ったら、思い切り大変だから(でかい、高い、重い、熱い)

これ、すごくいいと思う

 

中華アンプ

先日記事にした

自作のスピーカーを鳴らすためのパワーアンプ

キットなどを購入して自作しようかな?などと考えていたが、

適当なものが見つからない

いろいろ探した結果

中華アンプ?と呼ばれる商品を見つけた

Lepy LP-2024A+

Lepy20LP-2024A2BE69CACE4BD93-52c06

以前にPhilipsのパワーIC、DA1552Qを使ったパワーアンプを作ったが

そのときにTripathのTA2020というデジタルアンプ用のチップがあることを知った

パワーアンプの自作、アナログならDA1552Q、デジタルならTA2020、という位置づけだった

現在は、DA1552QもTA2020もすでに製造終了しているが・・・

このTA2020の後継チップ、TA2024を使った中国製のアンプが売られていて「中華アンプ」と呼ばれているようだ

3000円ちょっとで手に入るにもかかわらず、なかなかの実力であるらしい

3000円ちょっとなら作るより安い!し、それなりに鳴ってくれるのなら、言うこと無いではないか

(TA2020を使用した中華アンプもあったらしい)

評判の良さそうな店を探して注文 !

すぐに届いた

IMG_4256

IMG_4257

パネルを開けるための特殊な工具が付属

最初から改造することが前提?

IMG_4260

オペアンプはNE5532P

テキサスインスツルメンツ社のオーディオ用オペアンプ

実力のある石だが、ちょっと古くて今は100円程度で売られている

IMG_4330

ソケットで容易に交換できる様になっていて、完全に改造前提で作られている

多分、日本の会社がソケット仕様で発注したものだ、と想像できる

パワーアンプチップはTA2024

TRIPATHの刻印とKOREAの文字

TRIPATH社はもう無いはずなんだが

IMG_4334

他のパーツもなかなかしっかりしてる

IMG_4336

 スピーカーにグリルを付ける

パソコンのファンガードを買って来て

IMG_4283

付けた

IMG_4287

えへへへ!

スピーカーケーブル

かなり昔にP.A.の業者さんにわけてもらったもの

MOGAMI製

QUAD 2.5MM⑵ OFC SPEAKER CABLE

IMG_4275

めっちゃぶっとい!

皮膜をカッターで切って

IMG_4277

IMG_4280

ばらばらにして

IMG_4281

撚(よ)って

完成

IMG_4329

3000円ちょっとのアンプとは思えない音

すごいクリア

2〜3日経たないと本来の音にはならないと思うが、

DA1552Qに比べると低音が少なく、高音が強い

が、TVにつなぐと、声がはっきりくっきりする

Lepy LP-2024A+は、LOWとHIGHのEQがついているから、その辺りも調整すれば

TVの音をグレードアップするにはすごくいいんじゃないかなあ

今回全部で12000円くらいの出費

スピーカーのセッティングやらオペアンプの交換でもっといい音にも出来ると思う

めんどくさいことしてるでしょ?

それがいいんだよお

所さんも世田谷ベースで言ってるでしょ?

「物を作る過程で楽しさがある」って

 

スピーカー工作02

数日前の記事の続き

スピーカーを作る

前回はここまで行きました

IMG_4231

その続き

吸音材

付属の吸音材のスポンジはショボすぎるので・・

でも悩むところ

適当だが、こんなもんでいいでしょう

IMG_4241

箱を閉めて

一個ずつゆっくり完成させる

IMG_4245

完成

IMG_4247

完成裏側

IMG_4249

バックロードホーンというタイプなのかな?

裏側下の部分が開いていて、ここから低音成分が出るらしい

以前作ったパワーアンプで鳴らしてみる

TDA1552Q(製造終了)で作ったパワーアンプ

img_5350

鳴らしてみたら・・・

すごい輪郭はっきり

いつも使ってるONKYO D-102(めっちゃ古い)に比べると、低音は薄いけど

(ONKYO D-102は12cmのウーファーが付いてる2Wayだから当たり前)

定位が良くてめっちゃはっきり、くっきり!

すごくいいと思う

ズンドコ鳴って欲しい音楽には向かないが

普段使いにはいいんじゃないかなあ

「源ちゃんのCD」聴いてみたけど、すごくいいよお

 

スピーカー工作01

一昨日のONTOMO MOOK

どうしようかなあ?なんて考えながら

IMG_4207

パーツをすべて確認してみた

スピーカーはこんなに小さい

IMG_4216

一気に作ろうと思うから「たいへんそう」なのではないか?

ちょこっとずつ作るのはどうか?

名付けて!

ちょこっとずつ作る作戦

パーツをひとつだけ木工用ボンドで接着したら

クランプで固定

IMG_4220

しばらく(1時間以上)放置

完全に?接着したら次のパーツを接着

IMG_4223

また、しばらく(1時間以上)放置

そしてまた次のパーツを

IMG_4226

他の用事をしながら・・・

楽しい♡

そしてすごく正確に作れる

外側が出来たところで

内部の板を仮に置いてみた

完成が見えて来たぞ

なんだか上手くいってる気配

IMG_4227

そしてまたちょこっとずつ作る作戦

IMG_4231

内部は外から見えないので

ボンドをたっぷり付けても大丈夫

今日はここまで!

グラチャンバレー

昨日は対ブラジル戦

2017.09.08-2-top

セットカウント3-2(25-18、25-27、25-15、16-25、15-6)のフルセットで勝利

フルセットまでもつれると日本は強い!

しびれたな!

本日は対アメリカ戦

現在、1位が中国で、2位が日本とアメリカ

今日勝てばメダルが確定する!

応援しよう!

頑張れニッポン!

 

ONTOMO MOOK

あかん!

何かに血迷って?

こんなの買うてしもた

 ONTOMO MOOK Stereo編

音楽の友社

IMG_4204

スピーカー工作の基本&実例集 2017年版

特別付録:パイオニア製6cmフルレンジ・スピーカーユニット対応
エンクロージュア・キット

と、

これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編

特別付録:イオニア製6cmフルレンジ・スピーカーユニット

スピーカーの箱を作るKit

IMG_4207

スピーカー

IMG_4210

2冊合わせると8000円を超えるが

ちゃんと作れば価格以上のものができるのだそう

購入動機

TVの音が良くない

ヘッドホンをつなぐと、流石のデジタル放送で、すごくいい音で鳴っているのに

TVのスピーカーがしょぼいので、ペラッペラの音しか鳴っていない

量販店に行くと、TV用の増設スピーカーが売られていて、それが欲しくなったのだ

で、そんな商品は数千円から揃っているが

「ちょっといいなあ」と思う商品は1万以上

「いい音だ」と思うのは4万くらい、8万円もする商品もある

そんなときにこのMOOKを見つけてしまったのだ

困ったぞ

そういう購入動機であったのだが、

ちゃんと作れるのか?

そもそも、そんな時間はあるのか?

さらには、

スピーカーだけあってもアンプが無ければ音は鳴らない

アンプはどうするんだ?

良いものは高いぞ!

パワーアンプも作るのか?(と、言いながら、こいつ、作るつもりだぞ)

以前に作った20W+20Wのパワーアンプはすごく良くて、使っているが

もう、これらの石もKitも販売されていない

どうするつもりや?

落ち着いて行きや〜

 

ACアダプターの修理再び

4月にケーブル交換をしたACアダプター

またちょこっと調子が良くない?

12V300mAのトランス式であるが、小型でノイズもないのでアコギのプリアンプ用として使って来た

4月にケーブル交換をしたときに根本的にやっつけとけば良かったのか?・・・

先日、プリアンプのLEDが付かない瞬間があった

我がファクトリーのエレクトロニクス技術班が調査したところ、

どうやらアダプターの出力、根っこのあたりがちょっと怪しいということになった

10月のライブで使用する予定!

もし、ライブの途中で調子が悪くなったりしたら・・

想像したくない

完璧に修理しておこう!

断線?

前回のケーブル交換ではA部分あたりから先のケーブルを交換した

どうやら今度は、根元のBあたりが怪しい

ぶった切るしかない

IMG_2710-2

経年変化?

金属疲労で断線しかけてた

ケーブル台座部分はカッターで四角く切って引っぱり出した

けっこう苦労したかも?

IMG_4052

こういうことです

IMG_4056

修理

台座部分も取り去って

プラスとマイナスを注意して別々にハンダ付け

あらかじめ通しておいた熱収縮チューブで保護

IMG_4057

ホットボンド

IMG_4059

ホットボンドで固定

ケーブルを横向きに出すことで、ケーブルにかかるストレスを軽減する

いいアイデアだと思う

完了

IMG_4060

完璧に修理できた

これで、安心してライブで使用できる

やったね!

Wonder Rainbow Factory Live

2017.10.15.SUN.

@THUMBS UP(横浜駅西口から歩3分)

12:30 OPEN 13:00 START

チケット残りわずか?!

 

ミュートスイッチの製作

少し先のことであるが、

10月15日に久々のライブを行うことはガックラでもお伝えした

Wonder Rainbow Factory

という新しいアコースティックユニット

10/15(SUN)
at THUMBS UP
(横浜駅西口から歩3分)
12:30 OPEN 13:00 START
TICKET ¥2500(当日 ¥3000)

発表直後にチケット予約して頂いた方もおられる模様

すでにたくさんのご予約を頂いております

ありがとうございます

完売!満員札止め!とはなかなかならないとは思うけど

ご希望の方は早めにご予約ください

 チケットご予約はこちら

(私から直接のチケット購入もできます)

画策

新しいユニットということ、そして久々だということもあって

いろんなアイデアやら、やりたいことも出て来る

せっかくやるんだから、良い演奏で良いライブがしたい!

そして何より皆さんに楽しんで頂きたい!

そして、自分も?楽しくライブがしたい

演奏に集中するために「こんな機能があったらなあ」と思った

ミュートスイッチの製作

音声信号をミュートするだけの簡単なものであるが、

P.A.送りの信号をミュートしたいから、切り換えのときに大きなスイチングノイズが出ると困る

本格的な機材となると、かなり大げさになる

簡単なものが作れないかな?

試行錯誤、実験を繰り返した

ものすごく試行錯誤して、なんとか行けそう

ミニケースで

なるべく機材は少なくしたい、軽量化を図る

普通のエフェクターと比べたらすっげえ小さいケース

IMG_3934

こんな小さいケースで大丈夫?

On/OffのLEDも付けたいから電池も必要

IMG_3939

スイッチと006P電池入れたら無理ですね

でも大丈夫なんだよ

ふふふ

電池はLEDを光らせるだけでいいから2〜3V程度あれば大丈夫だし

電流も少なくて大丈夫

音声信号には関係ないから適当でよい

木工班登場

我が社は木材加工もやります!

帽子掛け作った時の角材?で小さな箱を作って

IMG_3881

電極を付けて

IMG_3899

ボタン電池LR44を3個収納

IMG_3905

蓋も作ったよ

IMG_3903

あはははは

めっちゃ楽しい

金工班

ケースを穴あけ加工

IMG_3941

電工班

LEDを先に加工しておく

電工班も少しずつ腕上げて来たな

IMG_3944

いろいろ試してみた結果、青色LEDで抵抗は1KΩ

計算上はLEDに1.5mAしか流れていないことになるが、充分に明るく光る

少し前の知識なら赤いLEDでさえ5〜10mA程度流すのが常識だったと思うが

新型の青色LEDの性能はすごい!

電池、長持ちしそうでうれしい

偉い先生方の研究のおかげです<(_ _*)>

加工したLEDをグルーガンで固定

IMG_3947

配線

IMG_3951

電池を入れて

IMG_3953

ラップで止めることにした

ラップは絶縁体だし、何度か包み直したりできると思うし、丁度良いと思って選んだ

IMG_3959

完成

IMG_3958

ほんの少しだがクリックノイズが出る

機械式のスイッチだから少しは仕方ないのだろう

行けるかどうか?

スタジオで大きな音で試してみないとな

備忘録

mute

訂正:スイッチはフジソクの8Y-3011Zが正しい型番のようである

さらに改良

ホットボンドで止めたLEDであったが、エポキシ系のボンドで止め直した

好みだ

9本足のスイッチ、空いている足も隣の端子とハンダ付けした

さらにクリックが少なくなったが、

もっといいスイッチがないか調査しよう

ミニエフェクター風に遊んでみた

IMG_3967

最後までお付き合い

ありがとうございました

何に使うか?って?

ライブで実際に見てくださいませ!

 

バッファーブースター04 混沌

昨日の悪い予感?が当ったかも知れない

入力インピーダンス

一般的に入力インピーダンスは低いより高い方がいい

逆に出力インピーダンスは低い方が有利とされる

ギターなどの楽器の入力インピーダンスは1MΩであるものが多い

この回路では入力からアースに落ちている1MΩの抵抗で入力インピーダンスが(ほぼ)決定されているので簡単だ

Buf201705

昨日の記事で書いたように大昔に作ったエレアコのバッファーでは実験の結果5MΩにした

通常、入力インピーダンスは低くするとHigh成分が減る

つまり高くする程、高音成分が強調されるがノイズをくらいやすくなる

ところが・・・

試しに入力インピーダンスを5MΩにすると、

Highだけでなく・・

Lowの感じが全然違う!

どうしよう?

想定外のうれしい事態!であるが・・・

しかしながら、振り出しに戻ってしまった

すべての(パーツの)定数を見直さないといけないのか?

正に混沌として来たぞ

パーツを取っ替え引っ替え、

永遠に終わらないぞ!

 

そして、こんなTOOLを作った

パーツ交換テストスイッチ

IMG_3128

6本足のスイッチに配線してその先にスズメッキ線を付けた

これでブレッドボードに直にアクセスできる

このスイッチをパチパチして聴き比べよう

これで少しは作業がはかどるかな?

以前に紹介したパーツテスター

IMG_6789

結局はこれと同じものだ

長い旅はつづくのだなあ