「ブレスレット」タグアーカイブ

杉のブレスレット02

昨日の続きの記事

屋久杉のブレスレットを作ろうと試みたが

デザイン?がしっくりこない

IMG_2656

よっし

前に作ったグリーンのタイガーアイのブレスレットから

IMG_2659

大胆にも!

右下の龍が彫られたクリスタルを移植することにした

屋久杉のブレスレット、完成

IMG_2665

小さなクリスタルにも彫刻がされている

白虎

IMG_2672

玄武(亀)

IMG_2671

四神

中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣

東の青龍・南の朱雀・西の白虎・北の玄武

四獣(しじゅう)、四象(ししょう)ともいう

五行説に照らし合わせて中央に黄龍を加えることもある

ということで

黄色の龍を加えて

こうなりましたとさ

IMG_2665

みどりちゃんはこうなりました

IMG_2667

並べてみると

IMG_2668

杉のブレスはすごく軽いし

2本一緒に付けてもいいかも知れない

 

天然石ブレスレット02

天然石ブレスレットについては、以前にも書いている

自分で作ると楽しい

グリーンのブレスレットが欲しくなった話も書いた

買った石がこれ!

グリーンタイガーアイ

IMG_1734

時間ができたので、いよいよ作ることにした

デザイン〜設計

そんなたいしたことぢゃないんだけど・・

いろいろデザイン考えるのは楽しい

IMG_2062

ノートにこんな殴り書きを何度も繰り返して

材料を調達

ホントはグリーンの石と同時に注文、購入した

IMG_2036

一番手前は以前に着けていたことのあるブレスレット

ここからも部品?を取る

シリコン製のゴム

ある程度伸縮した方が付けやすい

テンションの強いシリコン製が好み

IMG_2031

数本の繊維で出来た「オペロンゴム」が一気に切れないので良い、という意見もあるが

透明度が低かったり、ふにゃふにゃしていたりで一長一短

糸通し

これ、ギターの弦です

IMG_2032

ギターの1弦ですな

ゲージは0.011(どーでもええ!)

設計図に従って

茶色っぽいタイガーアイとグリーンのタイガーアイ

金属のスペーサーと黄色のシトリンをアクセントに

どんどんと石を通していくが

IMG_2040

黄色の小さなシトリン、今回は無い方がいい気がして来た

やり直し

この方がすっきりしててよい

IMG_2043

出来上がり

IMG_2067

うふふ、グリーンのブレスが欲しかったんだよお

 抱卵個体が

せっかく緑のブレスレットを作ったのだが

IMG_1970

抱卵個体がいなくなってしまった

これは以前の写真

生まれた気配はないし・・・

死んじゃったのかなあ

または脱卵しちゃったのか

レッドちゃんも見当たりません

あ〜〜あ

悲しいなあ

 

グリーンタイガーアイ

昨日は緑色のハーモニカを紹介した

緑色つながりのお話

いつぞや、天然石のブレスレットの記事を書いたことがあるが・・

なぜか緑色の天然石が欲しくなった

緑色の石といえばエメラルドか?

いやいや、そんな高価なものは要らない

緑色の石で探すと、マラカイトやアベンチュリンといったものが出て来るが・・・

やっぱし、私はタイガーアイが好きだなあ

緑色は染色らしいけど・・・

グリーンタイガーアイ

IMG_1734

こういうものも、ネットで注文するのが一番

種類も多く、価格も適正

ゆっくりデザイン考えてブレスレットを作る予定

作ったら、また記事にするかも?

今年は緑色に惹かれてるかも?なんて思った

えっ?小池グリーンぢゃないよ

これも緑色でしょ?

私の飼ってるミナミヌマエビがグリーンの卵を抱いてます

ツンツン、ツマツマ、シュルシュルシュル

うふふふふ

 

天然石ブレスレット

基本、アクセサリーの類いはしないのだが・・

お守りみたいなものかな

天然石ブレスレット

img_1430

もちろん?自分で作る

これは前から付けていたものの糸が切れたので、作り直す際に飾りのメタルパーツを新調した

材料はすべてネットで調達する

街のお店より安く、さらに品揃えも豊富

色のついた丸い石はすべてタイガーアイ

ブルーのタイガーアイはホークアイと呼ばれる天然の色であるらしいが

ピンクは、多分染色したものだ

黄色い小さい透明の石はシトリン

タイガーアイは仕事運だとか、シトリンは金運だとか効能を謳う人もいるが、私はあんまり信じていない

ただ、何となく、で選ぶ

四神

img_1433

透明の石は水晶(クリスタル)

四神(ししん、しじん)が彫刻されている

四神は、天の四方の方角を司る霊獣

東の青龍・南の朱雀(鳳凰)・西の白虎・北の玄武(亀)

色を合わせて四方に配置してみた

img_1434

写真では分りにくいけれど

上の写真の赤い石にはさまれているのは鳳凰で

下の写真の青い石にはさまれているのは龍ということだ

先ずデザインを考えて、簡単な設計図みたいなものを書いて

それからネットで石などの材料を注文する

結ぶ糸はシリコン製のゴム

テグスで作ったこともあるが、ある程度伸縮した方が付けやすい

数本の繊維で出来た「オペロンゴム」が一気に切れないので良い、という意見もあるが

透明度が低かったり、伸縮性が悪かったり一長一短

どんなものも自分で作ると愛着もわくし、楽しいよお