「ヘッドホン」タグアーカイブ

SONY MDR-CD900STのプラグ交換

仕事用のモニターヘッドホン

録音やマスタリングの時はコレ!です。

SONY MDR-CD900ST

手前に写っているプラグ

φ6mm 標準ステレオプラグと呼ばれるもの

これはCD900STの標準仕様だから仕方がないんだけど

たまにiPodなどにつなぎたい時がある

その時はφ3.5mmステレオミニプラグに変換しなくてはいけない

変換プラグ

こういう変換プラグが一般的だが

こういうデカイ変換プラグはたいへん危険で

テコの原理?でステレオミニのジャック部分に大きな力がかかり

ジャック部分を壊してしまう

なので・・・

変換ケーブル

こういうのを自作してみたりもした

しかしながら、接続抜き差しも面倒だし、

こういう小物はいざという時に見つからなかったり

あんまり使わないから、接触が悪かったりして

イライラする

なので、

変換プラグ付のミニプラグに交換してしまおう

Classic Proのプラグ

サウンドハウスでこんなのを買ってみた

P35Sと専用アダプターASN221S

両方にネジが切ってあって、ぴったりとはまる

金メッキも施してあるし、理想的なのに

2つで216円!

安すぎてちょっとこわい?

いえいえ、サウンドハウスさんの企業努力だと信じよう

ケーブルを(疲労している?)4〜5cmぶった切って

皮膜を剥く

シールド線が使われているとばっかり思っていたら

紙巻の3芯だった

びっくり!

ヘッドホン出力は十分にインピーダンスが低いから、これでいいんだね

勉強になったねえ

ハンダ付け

Tip       :L 左   白
Ring    :R 右   赤
Sleeve:E アース  黒

細いケーブルに余裕をもたせて

ギュッとかしめる

我ながらうまくできた

出来上がり

完璧!

なんだか音も良くなったように感じる

きっと気のせいだけど・・

いやいや、プラグが新品になったから

接点も新品

それも金メッキ

マジで音、良くなったのかも?

大成功!

 

KOSS Sporta Pro

先日の記事で書いたように

普段使いのヘッドホンがトラブった

MDR-G45LP

音の定位が左に偏っていて、気持ち悪い

いつものように「断線」や「接触不良」を疑ったのだが・・

半田付けをやり直しても、

最終的にはケーブル全体を交換するも

音の定位が左に偏ったままである

あれれ?

完全分解

ドライバーユニットからケーブルを直出しにして

同じ音を入力したが

音の大きさが違う (ノД`)・゜・。

コイルの抵抗値は左右とも25Ω程度で同じだから

コーン部分が壊れたのかもしれない

いろいろいじっているうち・・・

右の音が歪み始めた (´Д`。)

えええっ?

たった3か月で壊れたよお

その前のSony MDR-G75なんて

2007年から2018年まで10年以上使ったのにい

分解したから保障もないだろうし、

並行輸入品で製造完了品で・・・

ネットでポチって買ったからなあ・・・

あ・き・ら・め・よ・う

なので、新しいのを買った

KOSS Sporta Pro

スペックも十分

レポ

すごくいい

オープン型で楽な割に低音も出ていると思う

高域も綺麗

MDR-G45LPよりいい音だと思う

市場価格で4000円弱くらいか?

サウンドハウスで3000円しなかった

音的なコスパは抜群!

デザインは好みの分かれるところ

MDR-G45LPより少し重い

ケーブルがよれていて、絡まる

ケーブルが両耳出しになっているところを嫌がる人がいるかもしれないが

プラグ部分まで並行ケーブルになっていて

入力が1点アースになっていることになり

電気的にはこれが正解!

左右の定位が完璧になる方法だとされる

(オーディオはオカルト的なのが多いから信じないほうがいい)

首掛け式にもできる

音的には大満足

実は7月にMDR-G45LPを買ったときに、一瞬このKOSSと迷ったのだが

こっちを買っとけば良かったのかあ

でもまあ、これも必然だったのだろう

(o´ω`o)

 

首掛け式ヘッドホン03

最近ちょっと性格変わったかも?

欲しいものはためらわずに買う(前からやろ!)

ちょっと前の記事で、MDR-G75を荼毘に付してから探していた

首掛け式のヘッドホン

見つけた

MDR-G45LP

ネットで見つけた海外発送の商品が届いた

ヘッドホンを逆さま?に梱包するあたりはいかにも海外品?

スペックから見ても荼毘に付したMDR-G75の下位モデルだと思われる

ヘッドホン本体の形状はMDR-G75とそっくり

軽くて耳触りが良い

説明書は英語とスペイン語

レポ

ソニーのヘッドホンはどれも優秀だと感じる

モニター用のMDR-CD900も使っているが、値段に合わせて、用途に応じてしっかり仕事をする

今回のMDR-G45も大変軽くて、耳触りが良く、普段使いに素晴らしいと思う

MDR-G45は送料を含めると3000円くらい

値段相応かな

音的にはちょっと軽いか?

音楽用としては、もうちょっと迫力が欲しいかな?

迫力は先日リケーブルした型番不明のあの子の方が断然上

この子もリケーブルしてみる?

 

首掛け式ヘッドホン02

こんなのが出てきた

Sonyの耳掛け式ヘッドホン

型番不明

一時期、一昨日記事にしたSony MDR-G75と、同時に使っていた記憶があるが

かなりの時間、ガラクタ箱で眠っていたと思う

試してみたが、やはり音が出ない

が、(特に汎用の)ヘッドホンやイヤホンの故障は

そのほとんどがケーブルの断線や接触不良

なので、

ケーブル交換

MDR-G75で使っていたケーブルをこちらに移植

すぐに音が鳴った

が・・・

右と左で全然音が違う

プラグ〜左耳=移植したMogami 2芯シールド

左耳〜右耳=元のままのケーブル

ポリウレタン皮膜でコーティングされた撚り線?か?

右と左で音量も違う

ケーブルで音が変わるのは知っていたが

ここまで違うとは知らなかった

やり直そう

リケーブル

赤いケーブルは手持ちのMogmi2520

2520は420円/1mらしい

高級ケーブルだな

出来上がり

赤、黒、白のツートン?が可愛い出来上がり?

そして音、すごくいい

めちゃめちゃいい

一昨日のSANWA SUPPLY MM-HP207Nと比べるのは良くないかも?だが

比べ物にならない

LowもHighも伸びまくっている

さすがに音楽モニター用などには無理であろうが

普段使いには十分すぎる音だと思う

ケーブル交換で蘇ったのかもしれないが

このヘッドホンの型番とスペックが知りたいなあ

大成功の巻!でした

 

首掛け式ヘッドホン

これまで、何度修理しただろう?

何度も修理したり

ケーブルを交換したりして使ってきた

首掛け式ヘッドホン

Sony MDR-G75

とうとう寿命が来たようである

左側の音が鳴らなくなって・・

今回もまた、ケーブルの断線か?と思ったが

違った

左側のコイルの導通がない

過去の記事によると

2007年頃に買ったと思う。4〜5千円だったと記憶する。

とのこと

10年以上使っている

物持ちが良い、というか

修理が趣味なのかも?

今回はコイルが断線してしまったので

修理は断念せざるをえない

荼毘に付すことにした

11年間、ありがとう

お疲れ様でした

新しい首掛け式ヘッドホン

新しい首掛け式のヘッドホンを探したのだが・・

これがなかなか見つからない

今は耳に突っ込む「カナル型」や耳に引っ掛ける「耳掛け式?」が主流なのかな?

できればSonyあたりの日本製がいいのだが・・

無い!

それどころか、選択肢が、ほぼ無い

とりあえず、こんなのを買ってみた

SANWA SUPPLY MM-HP207N

20~20000Hzと、スペック的には問題無い?が

dB(感度=一般的に高いほうがいい)が記載されていない

レポ

軽くて、装着感はよろしい

音はすごく優しい

と、いうか迫力が無い

何だか音が小さく感じる

調べてみると

Sony MDR-G75は

周波数特性:12Hz~24kHz
インピーダンス :24 Ω
音圧感度 :106 db

お値段もまったく違うが、

スペック的にも格が違うんだな

Sanwaは、インピーダンスが32Ωとちょっと大きめなので

音が小さく感じる、というか、実際に音が小さい!

オームの法則だ

分母が大きくなったから答えは小さくなる

また一つ勉強になったよねえ

 

MDRヘッドホンのケーブル交換

これまで何度もこのヘッドホンの修理をしてきた

前回はこちら

前回の記事で

「ケーブルがかっこ悪い

機会を見てまたやり直そう」と書いている

Sony MDR-G75

前回の記事からさらにさらに断線の修理をしたが

IMG_2735

ひょろひょろの UEWと呼ばれるポリウレタン皮膜でコーティングされた撚り線は断線しやすいかも知れない

交換前

IMG_2743

新しいケーブル

MOGAMI製の外形約2mmの2芯シールド(型番不明)

秋葉原TOMOCAで購入

100円くらい / m

IMG_2737

ヘッドホンケーブルは2芯シールドぢゃ無い方が良いとする意見もあるが・・・

そんなにシビアではないので使い勝手を優先する

柔らかくしなやかでくせがない

ケーブルを剥いて

IMG_2738

プラグ側から始めよう

プラグは秋月電気で100円程度のものを購入

IMG_2744

熱収縮チューブを付けてきちんとハンダ付けした

IMG_2747

カバーはプラスティック製

IMG_2749

さらに熱収縮チューブ

IMG_2751

ヘッドホン側

IMG_2754

こっち側は何度も修理してるから手慣れたもんだ

やっぱ普通の撚り線の方がUEWより断然!ハンダ付けしやすい

ホットボンドで固定

IMG_2755

出来上がり

IMG_2758

うわっ!

音が良くなった

気のせいではない!確実に音が良くなった

大成功!

このヘッドホンは2007年頃に4〜5千円で購入したらしい

真剣なモニターは無理だが、普段使いにはお手軽で気に入っている

またリニューアル出来た!

うれしい!

 

MDRヘッドホンの修理(何度目?)

これまで何度もヘッドホンの修理をしてきた

こいつは何度目になるだろう?

IMG_8258

Sony MDR-G75

IMG_6386

音が全く出なくなった

前回は内部の接触不良であったが、今回はケーブルの断線と思われる

特殊な糸みたいなケーブルなので交換するしかない

外した部品

IMG_8269

ケーブルと渦巻きの接点が一体化している

今回、これは撤去する

接点ー本体側

IMG_6372

接点の見極め

IMG_8261

いろいろつないで音を聴いて、接点を見極める

Lチャンネル、Rチャンネル、アース、である

IMG_8263

新しいケーブルを接点に直接ハンダ付け

ケーブルは手持ちのものを利用

グルーガン

IMG_8266

フタを閉めたら、グルーガンで固めた

出来上がり

IMG_8268

あっと言う間に出来上がり!

ケーブルがかっこ悪い

機会を見てまたやり直そう

でもね

前より音が良くなった気がする

気のせいかも知れないが

 

Sony MDR-G75の修理

Sony製 ネックバンドタイプのヘッドホンMDR-G75の調子が悪くなったので修理することにした。

MDR-G75

これは新品のお姿

G75

2007年頃に買ったと思う。4〜5千円だったと記憶する。

軽くて、お手軽。真剣なモニターは無理だが、普段使いにはたいへん聴きやすい。

ネックバンドタイプなのでお風呂上がりにも使える?って感じで気に入っていた。

コード巻き取り機構

こいつの特徴のひとつ、コード巻き取り機構が付いていて、ボタンを押すと、内蔵されたバネで余ったコードをスルスルッと巻き込んでくれる。

掃除機の電源コードのあの方式といえば理解できるだろう。

ところが、その辺りから故障が起きてくる。

故障

コードを巻き取らなくなったり、

逆に巻き取りっぱなしで伸びてくれなくなったり

そのうちに接触が悪くなって音が途切れるようになった。

分解

故障は修理するのだ。当たり前なのだ。

IMG_5545

無理やりこじ開けた。やはり巻き取り部分に問題があって接触が悪くなっている様子。

バネがはじけた

IMG_5547

さらに開けたら、巻いてあった板ばねがはじけ出て来た。

もう元どうりには直せないね。へへへ。

音の接触部分(ヘッドホン側)

IMG_6372

音の接触部分(ケーブル側)

IMG_6373

なるほどこうなっているのね。何となく理解

ケーブルはもう巻き込む必要ない

バネもむちゃくちゃになって、もう元には戻せない。

接点をCRCでよく磨いて、くっつけてしまえばいいんじゃないか?と、考えた。

接着剤でくっ付けてしまうのはちょっと怖い、そこで

グルーガン

IMG_6375

森泉氏も大好きなグルーガン

こいつでくっ付けようと計画

実行&失敗

IMG_6377

ここにグルーガンを塗ると、音の接触部分に隙間ができて失敗!

やり直し。グルーガンはやり直しができるんだよな。

外側から接着

IMG_6378

外側から接着し、グルーガンが固まるのを待って出っ張った部分などをカッターで削った。

IMG_6386

さらに外側をグルーガンで固めた。

バッチリ、両耳に音が戻って来たぜ。

まだまだ使わせていただきます。