「ボクシング」タグアーカイブ

年末は格だなあ

昨日のボクシングも楽しかったなあ

ミドル級10回戦 村田諒太 VS. ブルーノ・サンドバル

2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太、ブルーノ・サンドバル=メキシコ=にKO勝ち

プロ通算12戦全勝、今年4戦を全戦KOで締めた

img_1584

レフェリーはスリップダウンと判断したが、村田選手は右手拳を振り上げ「入ってるよ、立てないよ」と言わんばかり

やはり相手はしばらく立てなかった

フェザー級8回戦 清水聡 VS. カルロ・デメシーリョ

img_1586

この試合も圧倒的なKO決着

心配そうに見に行く清水選手が印象的だった

img_1587

左フックの前に右も入ってたんだな

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ
八重樫東 VS. サマートレック・ゴーキャットジム

img_1589

八重樫選手のボクシングは危なげなく、12ラウンドすべてに渡って相手を痛めつけた

12R 2分13秒レフェリーストッップ

プロの試合!という印象だった

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
井上尚弥 VS.河野公平

img_1593

これもものすごい試合だった

井上選手の上手さが光ったかな?

実況の前に「天才や!」と叫んでいたよ

この日のお客さんは大満足だろうな

格闘技のブームが静かに戻って来ている気がして・・

こいつは年末、縁起がいいよのお

 

3階級制覇!+

長谷川穂積選手!

バンタム級王者、フェザー級王者

そしてこの度WBC世界スーパーバンタム級王者となり、世界3階級制覇王者となった

やりました、すごい試合だったなあ

35歳9ヶ月の長谷川選手は、日本の男子選手では史上最年長での世界タイトル獲得で、3階級制覇は日本選手では4人目とのこと

9Rの両者一歩も引かない打ち合いは歴史に残るくらいすごいものだった

img_0785

背中を向けてるのが長谷川選手

img_0788

両者、両足を踏ん張って殴り合った

一歩も引かない

すごかったー

次のラウンド、チャンピオン立って来ず

img_0793

打ち疲れたというか、長谷川選手の粘りに「もう無理、負けました」といった表情だった

やったね

img_0797

おめでとう

すんごい感動したよ

もちろん、メインは山中慎介選手

「神の左!」炸裂!

img_0779

WBC世界バンタム級王者の山中慎介が、挑戦者の同級1位アンセルモ・モレノ7R TKO勝ちし、11度目の防衛を果たした

すんげえボクシング2試合だった

痛快!

 

モハメド・アリ氏逝く

先週末、モハメド・アリ氏の訃報を聞いた

大好きなボクサーだった

もちろん彼の全盛期を知っているわけではない

その多くは後にビデオで観た

知るほどに彼の魅力に惹かれていった

ただ強いだけではない

魅せてくれるのだ 楽しませてくれるのだ

ビデオ6巻のドキュメンタリー『アリ、英雄の伝説』(The Whole Story)も観た

もう一度観たいなあ

モハメド・アリ

写真はプロデビュー間もない1962年

試合前、控室の黒板に「4ラウンドでKOする」と宣言している

それまでのボクシングの常識を打ち破っている

Ali

オリンピックで金メダリストになり、その後プロに転向

ヘビー級の最強にして最年少世界王者となる

1967年、WBA・WBC統一世界ヘビー級王座だった彼はベトナム戦争に反対し、徴兵を拒否した

ペナルティーとして彼はタイトルを剥奪され、ボクサーライセンスも剥奪された

その後、3年7か月間のブランクを作ることになる

本格的な復活は皆さんご存知のジョージ・フォアマン戦「キンシャサの奇跡」である

キンシャサの奇跡

世紀の大逆転!などと言われることもあるが、私の見解では「アリの完全なる計画どおり」であったと思う

それまで防戦一方?だったアリが突然反撃に転じ、8ラウンド終了間際にアリのワンツーの速攻がフォアマンの顎をとらえた

フォアマンはゆっくりとリングに崩れていく

その時アリはもう1発パンチを繰り出すのを思いとどまって止めた

アリのスピードならもう2〜3発、こめかみに入れられるほど時間があったかも知れない

そうなのだ、アリはもう一度フォアマンに立ち上がって欲しかったのだ

立ち上がったフォアマンを完膚無きまでにKOするドラマに仕上げようとしていたのだ

グレイト!である

パーキンソン病

引退後に彼はパーキンソン病を患い、長い闘病生活になった

私の勝手な見解であるが、3年7か月間のブランクによる影響が大きかったのではないか?と思う

3年7か月間のブランクによって彼のボクシング人生は大きく後ろにずれ込んだ

そんなことがパーキンソン病発症につながったんじゃないかなあ?と

聖火ランナー

1996年アトランタオリンピックの開会式に最終聖火ランナーとして登場した

もちろん彼はパーキンソン病で走れない

震える手で点火用のトーチに火を点けたシーンは思い切り感動した

前述のビデオ6巻のドキュメンタリー『アリ、英雄の伝説』(The Whole Story)を観て、すべてを知っていたから

30年の年月を経て、アメリカは「ベトナム戦争は間違いだった、アリが正しかった」と、認めたのだ

偉大なボクサーであり、平和を愛した偉人がこの世を去った

猪木 vs アリ

IMG_9926

今日はこれをもう一度観ようかな

「世紀の凡戦」なんて言われたみたいだけど、今観るとなかなかいい試合なんだよなあ

合掌