「ランドグラフ」タグアーカイブ

Landgraff DODの自作モディファイ03

2013に自作したLandgraff Dynamic Overdrive

モディファイその3

前回までのモディファイでクリッパーの切り替えを

1.  LED対称 Marshal Mode

2.  2N7000とBAT41の対称 Zendrive Mode

3.  1N4001-2本と4148-1本の非対称 TS Mode

に改造した

「Zendriveのクリッパ実験」で吟味したクリッパ回路だけに、好みのサウンドにぐっと近づいた

Zendriveの記事はこちら

さらに欲が出てくる

どんどん好みに近づいていくと、さらに欲が出てくる

すごく高いHigh成分、きらりとした超高音がもうちょっと欲しい。かといって耳にうるさいのは困る

もう少しLowの太い感じがあってもいい

回路図

Landgraff_DOD

松美庵さんから拝借しました

改造-先ずは高音部

R9(1k)とC7(0.22u)でLPF(ローパスフィルター)が形成されていて、ここで信号はハイカットされている

カットオフ周波数は723Hz

もうちょっと周波数を上げればHigh成分が上がって来る

C7(0.22u)を0.1uあたりに変更するモディファイは例があるようだ

0.1uにするとカットオフ周波数は1591Hz

試しにC7を0.1uに変更するとめっちゃHighが強調される

いろいろ試したところ、0.1+0.047の0.147あたりが、私の好み的にちょうどいい感じがした

IMG_7123

AVXのコンデンサー(生産終了)0.1uとEROの0.047uを抱き合わせてハンダ付け

これはフォルムもいい感じ

ちなみにこの定数でカットオフ周波数は1082Hz

次は低音部の調節

R6(1k)とC4(0.22u)でHPF(ハイパスフィルター)が形成されていて、つまりは、ローカットされている

ここでのカットオフ周波数は723Hz

ちなみに

この増幅部でのカットオフ周波数は、720Hzあたりというのが伝統の様で、元祖BOSS SD-1やIbanez TS9、後発のBOSS SD-1、Maxonの808もすべて同じく720Hzあたり

超元祖MXRのDistortion+ でも(帰還にクリッパが入っていないが)このフィルターのローカット定数を720Hzに設定している

この720Hzのポイントの禁を侵すと、どこか他の部分で修正しないといけないのか?

C4(0.22u)を0.33 や0.47にするとLowが上がって来る

上げ過ぎるとブーミーになってしまう

とりあえずは0.33 あたりでよしとした

パーツも厳選した。PanasonicのECQE2

PanasonicのECQE2は図体がでかいので、小さくまとめたいエフェクターなどには向かない

が、音の傾向として、減らない感じ?がして好きだ

R6(1k)とC4(0.33u)でカットオフ周波数は482Hzあたりになった

C7を少し上げたせいか、C4で増えたLow成分もそんなブーミーには感じない

ICの隣のあずき色

IMG_7127

あずき色のでかいコンデンサーがECQE2

IMG_7128

もう少し微調整はできないか?と、Tone周りの定数もいろいろ試してみたが、あんまり有用なアイデアはなかった

この回路

オペアンプの増幅段で720Hz以下をローカットして、その後720Hz以上をハイカットしているという、オーディオ的にはむちゃくちゃな回路なんだということが分る

そのむちゃくちゃな回路?でいい音が出るなんて、エレキギターってつくづく不思議な楽器だと思う

今回の改造によって、ほんの少しだけレンジが広くなった事になるが、結果はどうなのだろう

オペアンプICも4558に戻した。この回路は4558を前提でデザインされている感じがする

IMG_7131

でかい音でアンサンブルで鳴らさないと結論は出ないが、いい感じではないか?と思う

当分このセッティングで試してみよう

いつものように、基板は適当なアクリル板にグルーガンで絶縁処理

マニアックな話、最後までお付き合いありがとうございました。

Landgraff DODの自作モディファイ02

2013に自作したLandgraff Dynamic Overdriveをモディファイした。

これまで、スイッチでクリッパーを

1. Marshal Mode LED2個

2. Dumble Mode クリッパ無し

3. Zendrive Mode  MosFET +シリコンダイオード
(初回製作時はTS Modeでシリコンダイオードのみ)

の3通りが切り替えできるようになっていた。

しかし、2.のDumble Mode クリッパ無しは好みではなく、絶対使わない。

先月の記事にある「Zendrive」のクリッパ実験から、このLandgraffにもZendriveと同様の歪み回路を入れたくなった。

Zendriveの記事はこちら

一般的なon-off-onスイッチでは、3回路の切り替えは実現できない。

前回の記事に少しあるように、GarretAudioの「on-on-on」の特殊スイッチを見つけて、この改造を考えた。

スイッチとクリッパ基板

IMG_6303

スイッチと基板をつなげた状態

基板を固定

IMG_6305

写真の位置に森泉氏も得意なグルーガンで基板を固定

いい感じ

IMG_6306

クリッパ回路とスイッチが変わったが、外見は全く変わらず、モディファイが完成

すごくいい感じだぞ。

「Zendriveのクリッパ実験」で吟味したクリッパ回路だけに、好みのサウンドにぐっと近づいた。

ICを5532に

IMG_6301

クリッパが変わったのでIC(オペアンプ)も変えたくなる。

何度もサウンドをチェックして、4558から5532に変えた。

めっちゃ悩むなあ。

さらに欲が出てくる

どんどん好みに近づいていくが、さらに欲が出てくる。

もう少しLowがあってもいいかも知れない。

すごく高いHigh成分、きらりとした超高音がもうちょっと欲しい。かといって耳にうるさいのは困る。

このプロジェクトはもう少し続きそうだ。

自作の道は長くて遠いのだ。

マニアックな話、最後までお付き合いありがとうございました。

Landgraff DODの自作モディファイ

Landgraff Dynamic Overdriveは2013年に製作した。

結構いい感じにできたし、その後もいろいろ手直しして気に入っている。

しかし、先月の記事にある「Zendrive」のクリッパ実験から、このLandgraffにもZendriveと同様の歪み回路を入れたくなった。

自作したLandgraff Dynamic Overdrive

IMG_6295

内部

IMG_6297

右下の黒いチューブの中にクリッパ回路が入っている

スイッチでMarshal Mode と Zendrive Mode が切り替えできるようになっていた。

こちらの記事に詳しい。

新しいクリッパ回路

IMG_6279

Zendrive と同じもの

Zendriveの記事はこちら

1.  LED対称 Marshal Mode?

2.  2N7000とBAT41の対称 Zendrive Mode?

3.  1N4001-2本と4148-1本の非対称 TS Mode?

GarretAudioの特殊スイッチ

S015-switch

話は前後するが、GarretAudioの「on-on-on」できる特殊スイッチを見つけてから、この改造計画が始まった。

今日はここまでということで。