「修理」タグアーカイブ

MDRヘッドホンのケーブル交換

これまで何度もこのヘッドホンの修理をしてきた

前回はこちら

前回の記事で

「ケーブルがかっこ悪い

機会を見てまたやり直そう」と書いている

Sony MDR-G75

前回の記事からさらにさらに断線の修理をしたが

IMG_2735

ひょろひょろの UEWと呼ばれるポリウレタン皮膜でコーティングされた撚り線は断線しやすいかも知れない

交換前

IMG_2743

新しいケーブル

MOGAMI製の外形約2mmの2芯シールド(型番不明)

秋葉原TOMOCAで購入

100円くらい / m

IMG_2737

ヘッドホンケーブルは2芯シールドぢゃ無い方が良いとする意見もあるが・・・

そんなにシビアではないので使い勝手を優先する

柔らかくしなやかでくせがない

ケーブルを剥いて

IMG_2738

プラグ側から始めよう

プラグは秋月電気で100円程度のものを購入

IMG_2744

熱収縮チューブを付けてきちんとハンダ付けした

IMG_2747

カバーはプラスティック製

IMG_2749

さらに熱収縮チューブ

IMG_2751

ヘッドホン側

IMG_2754

こっち側は何度も修理してるから手慣れたもんだ

やっぱ普通の撚り線の方がUEWより断然!ハンダ付けしやすい

ホットボンドで固定

IMG_2755

出来上がり

IMG_2758

うわっ!

音が良くなった

気のせいではない!確実に音が良くなった

大成功!

このヘッドホンは2007年頃に4〜5千円で購入したらしい

真剣なモニターは無理だが、普段使いにはお手軽で気に入っている

またリニューアル出来た!

うれしい!

 

MDRヘッドホンの修理(何度目?)

これまで何度もヘッドホンの修理をしてきた

こいつは何度目になるだろう?

IMG_8258

Sony MDR-G75

IMG_6386

音が全く出なくなった

前回は内部の接触不良であったが、今回はケーブルの断線と思われる

特殊な糸みたいなケーブルなので交換するしかない

外した部品

IMG_8269

ケーブルと渦巻きの接点が一体化している

今回、これは撤去する

 接点ー本体側

IMG_6372

接点の見極め

IMG_8261

いろいろつないで音を聴いて、接点を見極める

Lチャンネル、Rチャンネル、アース、である

IMG_8263

新しいケーブルを接点に直接ハンダ付け

ケーブルは手持ちのものを利用

グルーガン

IMG_8266

フタを閉めたら、グルーガンで固めた

出来上がり

IMG_8268

あっと言う間に出来上がり!

ケーブルがかっこ悪い

機会を見てまたやり直そう

でもね

前より音が良くなった気がする

気のせいかも知れないが

 

再びイヤホンを修理する

普段使っているカナル型イヤホン

Audio Technica CKM500

IMG_7039

2月末に修理したばかりだが、また断線のため、左からの音が出なくなった

前回は二股になった部分であったが、今回はプラグの付け根あたりで断線している様子

IMG_7041

ぶった切ってやったぜい

IMG_7042

ワイルドだろ?

ケーブルを剥く

IMG_7044

緑と赤と銅線色(そんな色あるのか?)

右のHotと左のHotとアース、だね

この延長ケーブルを利用する

IMG_7046

このケーブルも短く切ってやったぜ

IMG_7049

ワイルドだろ?

でも、ちょっと余裕をもって切ったよ

こっちも剥いた

IMG_7053

めっちゃワイルドに剥いた

こちらも緑と赤と銅線色だから、それぞれを結線すればよい

熱圧縮チューブをかぶせておいて

IMG_7055

それからハンダで結線

IMG_7058

熱圧縮チューブで保護する

IMG_7059

ウレタン被膜線は接触しても導通しないが、ハンダ付けした部分は導通する

なので他と接触しないように熱圧縮チューブで保護するのだ

熱圧縮チューブはライターで加熱すると収縮する

ビニールテープなどでもいいが、熱圧縮チューブの方が末永く美しい

さらに熱圧縮チューブ

IMG_7062

さらに、あらかじめ通してあった、もうちょっと太めの熱圧縮チューブで全体を保護

出来上がり

IMG_7063

両耳に音が戻ったぜ。

またもや完璧。

ふふふ。

Sony MDR-G75の修理

Sony製 ネックバンドタイプのヘッドホンMDR-G75の調子が悪くなったので修理することにした。

MDR-G75

これは新品のお姿

G75

2007年頃に買ったと思う。4〜5千円だったと記憶する。

軽くて、お手軽。真剣なモニターは無理だが、普段使いにはたいへん聴きやすい。

ネックバンドタイプなのでお風呂上がりにも使える?って感じで気に入っていた。

コード巻き取り機構

こいつの特徴のひとつ、コード巻き取り機構が付いていて、ボタンを押すと、内蔵されたバネで余ったコードをスルスルッと巻き込んでくれる。

掃除機の電源コードのあの方式といえば理解できるだろう。

ところが、その辺りから故障が起きてくる。

故障

コードを巻き取らなくなったり、

逆に巻き取りっぱなしで伸びてくれなくなったり

そのうちに接触が悪くなって音が途切れるようになった。

分解

故障は修理するのだ。当たり前なのだ。

IMG_5545

無理やりこじ開けた。やはり巻き取り部分に問題があって接触が悪くなっている様子。

バネがはじけた

IMG_5547

さらに開けたら、巻いてあった板ばねがはじけ出て来た。

もう元どうりには直せないね。へへへ。

音の接触部分(ヘッドホン側)

IMG_6372

音の接触部分(ケーブル側)

IMG_6373

なるほどこうなっているのね。何となく理解

ケーブルはもう巻き込む必要ない

バネもむちゃくちゃになって、もう元には戻せない。

接点をCRCでよく磨いて、くっつけてしまえばいいんじゃないか?と、考えた。

接着剤でくっ付けてしまうのはちょっと怖い、そこで

グルーガン

IMG_6375

森泉氏も大好きなグルーガン

こいつでくっ付けようと計画

実行&失敗

IMG_6377

ここにグルーガンを塗ると、音の接触部分に隙間ができて失敗!

やり直し。グルーガンはやり直しができるんだよな。

外側から接着

IMG_6378

外側から接着し、グルーガンが固まるのを待って出っ張った部分などをカッターで削った。

IMG_6386

さらに外側をグルーガンで固めた。

バッチリ、両耳に音が戻って来たぜ。

まだまだ使わせていただきます。

イヤホンを修理する。

IMG_5558

普段使っているカナル型イヤホン Audio Technica CKM500 確か5000円くらいだったと思う。断線のため、左からの音が出なくなった。

IMG_5559

探っていくと、時々聴こえるようにもなる。どうやらこの辺りで断線しているようだ。

IMG_5560

思い切ってカッターで大胆にめくってみる。めっちゃ固い。けっこう力がかかりそうな部分だから強固に作ってあるのだろう。

IMG_5561

大胆にケーブルをカット。

IMG_5562

皮膜の部分を剥いた。みどり同士、赤同士、残りの色がついていないアースを結線すればいいことは分る。ところがこのケーブル、UEWとか呼ばれるウレタン被膜された銅線であると思われるが、ハンダ付けが難しい。うまくいくかなあ。

IMG_5563

ウレタン被膜線は接触しても導通しないがハンダ付けした部分は導通する、なので他と接触しないように熱圧縮チューブで保護。

IMG_5564

さらにエポキシ系のボンドで固めてしまおうと思う。けっこう力がかかると予想されるから。

IMG_5565

IMG_5566

ボンドでかためたケーブルの結線部分をさらに熱圧縮チューブで保護した。途中で何度も音を確認しながら作業をしたが、なんとかうまくいったようだ。両耳に音が戻った。完璧。