「包丁」タグアーカイブ

ニッパー爪切り

前から欲しかったんだ

「ニッパー型」の爪切り

ちょっとお高いのでなかなか手が出なかったが

とうとう買ったぜい!

これまで、ちょっと大きめの「グリップ型(普通型)」を使っていたが

どこかに見失ってしまって、どうしても見つからない

そんな時に限って、爪がちょっぴり割れたりする

ウクレレ弾いたりするのに「爪」は大変大事なのだよ

ニッパー爪切り

関孫六 ニッパーツメキリ(日本製)

発売元 貝印株式会社

「関孫六」の起源は、鎌倉時代に関で刀剣作りがはじめられたことにあります。

この時代には多くの名刀が生まれ、中でも名匠「関の孫六」は独特の作刀で美しく芸術性の高い、切れ味の抜群な最上の刀として世に送り出されました。

レポぢゃないけど

さすがの刃物屋さんの製品なので切れ味抜群

すんごく良く切れる

まあそれは新品だから当たり前として・・

まだ使い慣れていないので、うまく切るのが難しい

角度とか、刃の当て方とか・・・

でも、すぐに慣れると思う

何しろ良く切れるから、

ほんの少しずつでも爪をカットできる

いや、何といっても「刃物の美しいフォルム」がたまらん

ハーブオオタさん

ハーブオオタさん(ウクレレの神様)もニッパー爪切りを使っているとおっしゃってた

ヤスリは使わないともおっしゃってた

「だって髪の毛だってハサミで切るでしょ、ヤスリで削ったりしないでしょ?」って

お茶目なおじいさん(神様)

 

隠し包丁

昨日の記事のネタ

もうお解りの方も多いと思う

ダイ・ハード

クリスマス・イブ、NY市警の刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、別居中の妻ホリーに会うため、彼女が勤め るロサンゼルスのナカトミ・プラザを訪れる

夫婦久しぶりの再会も束の間、プロの武装強盗集団を率いたハンス・グルーバー(アラン・リックマン)がナカト ミ・プラザを占拠、ホリーを始めとした社員全員を人質にして立て籠もる

偶然拘束を逃れた世界一不運な不死身の男ジョン・マクレーンは、外部唯一の味方であるLA市警のアル・パウエル巡査部長(レジナルド・ヴェルジョンソン)と無線で連絡を取りながら、陸 の孤島と化した超高層ビルで孤独な戦いに挑んでいく

ダイハード

ブルース・ウィリス、まだ髪の毛多い

ラストシーンのひとつ前

人質になったホリーをマクレーンが単身救出しに行くクライマックスシーン

丸腰でハンスの前に両手を上げて出て行ったマクレーンであったが、

実は、クリスマス柄のテープで背中に拳銃を貼り付けて隠し持っていた

やっと見つけたこの映像

Diehard02

そして間一髪のところで、その拳銃を引き抜き、カウボーイの早撃ちよろしくハンスとその手下を倒す

DieHard01

隠し包丁の正しい、かつ典型的な使い方である!

 

隠し包丁の本当の意味は違うからね

野暮だけど

本当の意味も書いておきましょう

料理で、食べやすいように、また、早く火が通るよう、材料に目立たぬように包丁で切れ目を入れること。しのび包丁とも言う

タコに細かい隠し包丁しておけば、もっと柔らかく、ソースも良くからんで美味くなったに違いないと思うのだ

包丁-切っ先三寸

以前に愛用の包丁「MISONO君」を紹介したことがあったと思う

その先っぽのフォルムを修正した

切っ先三寸(きっさきさんずん)

元々和包丁は日本刀と全く同じ作りであったらしい

日本刀の驚くべき切れ味の秘密は、そのカーブしたフォルム「そり」にあるといわれる

特に先っぽの三寸のカーブ、切っ先三寸のフォルムが大切であるらしい

MISONO君は洋包丁であるから、切っ先三寸なんて言葉は当てはまらないかも知れないのだが

私の手入れがダメなんだな

私は包丁を研ぐのが嫌いではない

ひょっとして好きかも知れない

瞑想をするような、座禅を組むような感覚

ランボーになって静かに研ぐのだ

しかしながら、その研ぎ方がヘタクソのようだ

先っぽの形がなんだか平坦になって来たように思う

IMG_7407

写真では分りにくいと思う

荒砥(キメの荒い砥石)で修正して、その後、中砥で研ぎ上げた

完成

実際には1時間くらいかかったかも知れない

IMG_7410

写真ではほとんど分らないね

先っぽのカーブが強くなっているのだが

きっと自己満足なんだな

日本文化

日本刀とか包丁とかは古くからの日本の文化なのだと思う

切っ先三寸なんて言わなくなったけど

「そりが合わない」なんて言うよね

刀とさやが合っていないことを言うんだね

「元のさやに戻った」なんても言うよね

「しのぎをけずる」も良く聞くなあ

刀同士が激しくぶつかっている様子を表現しているようだ

包丁を研ぎ上げたら

何か切りたくて仕方なくなるんだ

危ないね

とまとのサラダ

IMG_6995

めーっちゃ切れる

気ん持ちいーーーー

MISONO君

私の料理愛好家人生(何それ?)を支える1本。

ミソノ君と呼んで、愛用している。

Misono440シリーズ

IMG_6805

「ミソノ440洋包丁」シリーズ、180mm牛刀

ハイクロームモリブデン鋼で造られたステンレス洋包丁

購入時はかなり悩んだが、買って正解だった。めっちゃ切れるし、使いやすいし、手入れも容易。

洋包丁で両刃

ステンレス製の洋包丁で、もちろん「両刃」

しかしながら、私は和包丁の「片刃」みたいな感じ?に研ぐ

と、いうのも・・

両刃の包丁をまっすぐに研ぐのはすごく難しい。

まっすぐに研いでいるつもりでも、どうしてもゆがみが出る。

なので

IMG_6808

先ずMISONOのロゴのある「表側?」を研ぎ

「刃返り」が出てきたら、裏側を研いで・・

両面交互に「刃返り」がなくなるように仕上げる

IMG_6809

B面の方が「研いである面積」が小さい。

表7 対 裏3 ぐらいの感じか?

こうすることで、まっすぐに研げるし、だんだん和包丁のような使いやすさ、が出てくる。

これはある板前さんがこんな感じで研いでいるのを見て、マネしてみたことから始まった。

実はちょっと反則

これは包丁のセオリーからは逸脱した、反則なやり方。

ただし、板前さんはこうやって研いでいる人も多いんだそう。

セオリーを外した実戦的なやり方なんだな。

良い子はマネをしないでね。

IMG_6804

最後までお付き合いありがとうございました。