「手帳」タグアーカイブ

複雑な気分

今年もこの季節がやってきたのだなあ、

と感じる

そう、来年の手帳を買う季節なのだ

昨年は11/4に、

一昨年は10/27に記事にしているな

私は長年、ベストセラー「超整理法」で有名な、野口悠紀雄氏の考案した「超」整理手帳(ちょうせいりてちょう)を使っている

「超」整理手帳

A4横四つ折というサイズで、8週間が一覧できるジャバラ式のスケジュールシート(予定表)が4本差し込まれた独特の形

いつの間にか、これが私のスタンダードになってしまって。

今年から縦型の「バーティカルタイプ」というのして

カレンダーも「月曜始まりのもの」にしたらバッチリはまってしまった

来年もこれにしよう

と、思って・・・

街の本屋さんへ

ネットで買うのもいいけど、送料もかかるし、

「本屋さんで買おう!」と思って・・・

ちょっと大きめの本屋さんに行って・・・

すると、すんごい量の、いろんな種類の手帳が売っている

ちょっと他の手帳も見たけど、私の心は「やっぱ超整理手帳のバーティカル」は変わらず

けど、探すも探すも超整理手帳は見つからず

本屋のお兄さんに「超整理手帳」は置いてますか?と聞いた

「手帳はこちらに出てるだけなんですが・・」

(心)うん、そんなことは分かってるねん、見つからへんから聞いてんねんけど・・・

しばらく探してくれて・・・

「ちょっとお待ちください」と端末で探し始めた

(心)そうそう、在庫してるかどうかを確かめてくれないと

〜〜ここで既に10分以上経過〜〜

端末で在庫が確認できた様子で、手帳の棚を探し始めた

ところが、探しても探しても見つからない

ちょっと先輩か、上司?らしい女性に尋ねている

その女性も一緒になって引き出しを片っ端から開けたりして探してくれる

〜〜ここで20分くらい経過〜〜

(心)疲れてきたなあ

明らかに上司らしい、もう一人の女性が登場してきて・・・

「この辺にあったと思うけどなあ・・」と言いながら探して探して

「あ、あった!」と探し当ててくれたのだが、

私の欲しい「バーティカル」タイプではなく、横型の「スタンダード」と呼ばれるもの

「あの、これの『バーティカル』というタイプのものが欲しいんですが」

すると、上司の女性が端末を叩いて探してくれ、

「えっと、『バーティカル』ですが、2013までは発売されているようなのですが、それ以降は発売されていないようです」

私、(仕事帰りでカバンを持っていたので)カバンから手帳を取り出し、

私「あの、今年使っているんですが」

女性「あ、失礼いたしました」と部下の女性にも指示を出し、二人で端末を使って探してくれる

〜〜ここで既に30分以上経過〜〜

・・アマゾンでは見つかるのですが・・とか言ってるのが聞こえる

(心)もうしんどいなあ、でもここまで我慢したんだから頑張ろう

「ご注文で取り寄せということになります。よろしいでしょうか?」

「はい」と答え、注文書に住所、氏名、連絡電話番号などを書き始めたのだが・・・

「他店舗に在庫があれば、2〜3日で届きますが、なければ2〜3週間のお時間をいただくかもしれません。よろしいでしょうか?」

(心)ぷちん!

「ぢゃあ、結構です」

ふう・・・

40分以上かかって疲れただけの結果

家に帰って、Amazonに注文したら、すぐに届いた

何か複雑な気分

 

「超」整理手帳:バーティカルタイプ

昨年は10月27日に手帳を新調している

日記ぢゃは私の忘備録なのだとつくづく感じる

私は長年、ベストセラー「超整理法」で有名な、野口悠紀雄氏の考案した「超」整理手帳(ちょうせいりてちょう)を使っている

「超」整理手帳

A4横四つ折というサイズで、8週間が一覧できるジャバラ式のスケジュールシート(予定表)が4本差し込まれた独特の形

2017年度は縦型の「バーティカルタイプ」というのを買ってみた

img_1329

今使ってるのは横型

chou02

縦型に移行して行くのがめんどくさいかなあ?

使い慣れたものを変えるのって難しいよね

でもまあ、気分は変わるよな!(前向き!)

手帳とカレンダー

つい数年前まで、手帳とカレンダーはいろんなところで無料で配っていた

過去には、某Y社からもB6サイズほどもある大型で分厚い手帳と、ポケットサイズの小型の手帳の2冊が配布されていた

カレンダーも複数種類配布されていた

ぜーんぶ、なくなってしまったなあ・・

使い慣れたものがなくなると、ちょっと困ったりする

またまたオカンの思い出

オカンはいつも米を頼んでいる「米屋」のカレンダーを好んで使っていた

台所の壁に吊るしてあるその「○◯米穀店」と書かれたカレンダーに

いろんなスケジュールやら電話番号やら・・何から何まで

使ったお金の金額まで書き入れていたような気がする

ある年に、12月になっても、そのカレンダーが届かなかったことがあって、

○◯米穀に電話をしてカレンダーを催促していたような記憶がある

「これが一番使い安いねん、おかあちゃん、これでないとあかんねん」

そういうのってあるよな

スマホ時代

スマホを常に携帯していれば、スケジュール管理などはスマホで行なった方が効率的な気もするが・・・

手帳とカレンダーには手書きで書き入れないと、なんかしっくり来ないんだよなあ

「おかあちゃん、これでないとあかんねん」

正にそうなんだよ

 

「超」整理手帳

手帳を新調する季節が近づいて来た

私は長年、この「超」整理手帳(ちょうせいりてちょう)を使っている

ベストセラー「超整理法」で有名な、野口悠紀雄氏の考案した手帳である

かなり前であるが、その「超整理法」を読んで、それとなく実践してみたら自分の性格に合っていた

で、この「超」整理手帳も購入してみたのが始まり

chou

「超」整理手帳

A4横四つ折というサイズで、8週間が一覧できるジャバラ式のスケジュールシート(予定表)が4本差し込まれた独特の形

IMG_8116

「超」整理手帳が8週間が一覧可能になっている理由は、「時間管理のためには、長期的なスケジュールが一覧できなくてはならない」という野口氏の主張 に基づく

確かにがばっと拡げると、時間の感じは分りやすいかも知れない

「すっげー使いやすーい、接しやすーい(ロバート)」とは思わないのだが

何となく使い続けている

ただ、A4に準拠したサイズというポイントはたいへん面白い

A4の紙がそのまま差し込める

例えば「電話帳」などはいった「よく使う項目が徐々に変化するような事項」について

PCにファイルを用意しておいて、それをプリントアウトしてこの手帳に差し込んでおくことが出来る

たいへん便利な方法があったが、スマホを常に持ち歩く今となっては、あんまり意味ないかな?

chou02

使い続けているのは、いわゆる惰性かな

2016年版も買ってしまった