「手羽先」タグアーカイブ

手羽先の皮パリパリ焼き

新メニュー出来!

皮パリッパリでビールにバッチリ!

「鶏もも肉の皮パリパリ焼き」については、これまで何度か記事にしている

「鳥取に乾杯」では皮をパリパリにするコツについても書いている

同じ焼き方?で手羽先も「パリパリうまうま」にできたので紹介したい

手羽先の皮パリパリ焼き

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそってさらに2分割しておく

フライパンはコールドスタート

フライパンにパラパラと塩を振り、切った手羽先の皮目を下にして並べる

上から、もう一度、塩をほんの少し、パラパラと振っておく

油は要らない、弱火でゆっくりと加熱しながら、手羽から出てくる油分、水分をペーパーでふき取る

蓋はしてはいけない

焼き目がついたら、ひっくり返してB面も焼く

常にペーパーで手羽から出てくる油分、水分をペーパーでふき取ること

出来上がり

パリッパリでめっちゃ美味〜〜い

塩味だけだけど、好みでレモン汁とかコショウとかもいいと思う

そんなことより、これは「とりあえずビール」です

ワインでも焼酎でもバッチリだと思うけど

白いご飯には、タレが欲しいかなあ

上沼さん風に言えば

「これ、生ビールで、バケツ1杯ぐらいいけますよー」

ウンマーーイ

 

手羽先とさつまいものやわらか炒め

大好きなレシピ

「手羽先のやわらか炒め」から新しいレシピが生まれた

手羽先とさつまいものやわらか炒め

作り方は「手羽先のやわらか炒め」に準ずるが・・

記しておく

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割

さつまいもはよく洗って3〜4cmに切っておく

圧力鍋に手羽先(切り落とした羽根部分も)と、さつまいもに、ひたひたの水を加えて

手羽先は鍋の底に、さつまいもは上部になるように配置

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置

酒2、みりん1、豆豉醤1、
オイスターソース0.5、塩麹0.5、砂糖0.5くらいの調味液に

茹で上った手羽先とサツマイモを浸して10分ほど放置

途中で少し返すなり、調味液を上からかけるとかすると効果大

その後、フライパンで調味液が半量になるくらいまで煮詰める

味を見て、醤油、みりん、唐辛子調味料少量で調整、照りをつけて

出来上がり

手羽先のしっとり感と、さつまいものほっこり感がいけてる

ご飯にもお酒にもピッタリ!

美味い!

白髪葱とカイワレを薬味にしたが、

今日のカイワレは辛かったな

季節にもよるが、品種によってとても辛い場合がある

10〜20秒ほどレンチンしてから水にさらすと良いと思う

蛇足ながら

10秒チンする場合は「ボクシングのレフェリー風」にきっちり10秒カウントしてストップをかければいいし

20秒の場合は「プロレスのレッドシューズ海野レフェリー風」にゆっくりと数え・・・

「No, No, No!」と一度止めてからもう一度「ワン、ツー」と数え直しても良い

もっと蛇足ながら

アイスクリームが固すぎて食べにくい時もレンチンは使える

が、数秒と心得るべきだ

そういう時は

「総合格闘技のレフェリー風」に「カウントを入れ始めるがすぐに試合を止める」感じで

急いでレンジのドアを開く!とうまくいく

あはははは

 

徳島に乾杯

四国を巡るシリーズ?

その第2回目

前回の香川から南に下って

中国&四国の詰め合わせセットから

徳島に乾杯

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5.5%

まけまけ/まけまけいっぱい:溢れる寸前

(水などが)いっぱいいっぱい

レポ

うわあ、リンゴジュース!

さわやかーなリンゴの香り

すごく美味い

苦み少なく、軽く感じる

温度が少し上がると、ぶどうっぽい香りも感じる

楽しいなあ、これ!

アルコール度数5.5%のがつん感もなく、

キレだけがすごく良くて、ごくごくいってしまう

香りのいいビールが大好きになって来た

美味い

手羽先のやわらか炒め

大好きなメニューで何度も紹介して来た

圧力鍋があれば、すごく柔らかくできる

なくてもなんとかなるんじゃないかな

作り方はこちらの方から

ビールにぴったり!で

むしゃむしゃ、ごくごくいってしまう

美味ーーい

 

手羽先のやわらか炒め03

ビールにぴったり!

大好きなメニューのひとつ

今回リニューアルというか、新しいバージョンが誕生したので紹介する

先日作った「豚肉の豆豉蒸し」がすごく美味かったのでそのソースを使ってみた

これまでのレシピはこちら!

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割

圧力鍋に手羽先と(切り落とした羽根部分も)ひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置

酒2、みりん1、豆豉醤1、
オイスターソース0.5、塩麹0.5、砂糖0.5くらいの調味液に

茹で上った手羽先を漬け込んで10分放置

その後、フライパンで調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

味を見て、醤油、みりんで調整、照りをつけた

出来上がり

IMG_3048

すっごい柔らかい

豆豉醤やら塩麹の発酵調味料の効果だと思う

ビールにバチコーーン!

美味いです

大好きなメニューのバリエーションが増えた

 

手羽先のやわらか炒め02

先日作った手羽先のやわらか炒め(というか、やわらか煮かな)が美味かったので再びの巻

今日は豆板醤を加えてみた

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割

圧力鍋に手羽先と(切り落とした羽根部分も)ひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置した

(先日は15分加熱で柔らかすぎると感じたので10分加熱にした)

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液に豆板醤を少し加え、そこに茹で上った手羽先を漬け込んで10分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

出来上がり

img_1115

うわーーーー

豆板醤!やるなーーー

ピリッとめっちゃ美味ーい

ビールがめっっちゃすすみまっす!

ばくばく食えるし、ごくごく飲んでしまう!

白髪ネギも合う!

次回は切り落とした羽根もいっしょに炒めよおっと

もーーっと食べたいもん

 

手羽先スープのラーメン

昨日の手羽先を煮たスープ

冷蔵庫にしまっておくと表面の脂が真っ白に固まっている

そのあらかたをスプーンですくって捨てたら、湯沸かし器の熱い湯を流しかければ良い

表面の脂がきれいに流される

そのスープストック?を温めると・・・

すげえ、めっちゃガラスープや!

ラーメンにしてやる!!!

ふっふっふ

作り方

スープストック?は水でのばした

砂糖を少し加えてから塩で調味(これでめっちゃ充分)

創味シャンタンとそばつゆを少しずつ加えた

(いずれも少し加えるだけでいい意味でも悪い意味でも劇的に味が変わる〜慎重に加えるべきだと思う)

いつもの乾麺を湯がく

業務スーパーで売っている安い中華麺

IMG_6467

湯がいた麺はそのままでもいいが、私は一度水で良く洗ってから使っている(しゃきっと感が違う)

(出来上がったスープで)一瞬温め直して丼に入れ、その上から熱々にしたスープを入れるイメージ

出来上がり

img_1042

手羽のガラもトッピングで!

ほら見て!透き通ったスープ!めっちゃ美味い!

大成功の巻!

 

手羽先のやわらか炒め

すっかり秋だなあ

ビールがますます美味い

「手羽先のトロトロ煮」も大好きなのだが、今日はビールにバチコン!と合う手羽先を食べたい

そして今日は、さらに手っ取り早く!圧力鍋を使った

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割した

圧力鍋に手羽先と(切り落とした羽根部分も)ひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから15分加熱、その後15分放置した

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液を作り、そこに茹で上った手羽先を漬け込んで5分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

出来上がり

img_0995

かぶりつくとお肉がホロホロとくずれる

めっちゃ柔らかい!

ちょっと柔らかすぎるくらいなので、圧力鍋10分加熱くらいでも丁度いいかも知れない

七味をはらりと散らしたりするとたまらんぜよ

ばくばく食える、ごくごくビールが進む

めっちゃ美味い!

あ、ご飯でも食べたい!

マスター、あとでご飯ちょうだい!

ご飯にこのタレかけて↗

 

手羽先トロトロ煮のお茶漬け

先日放送された「マツコ&有吉の怒り新党」の中で

「アンジャッシュ渡部が選ぶお茶漬けジャパン」

というのがあった

数あるお店(それも名店?)で出されている、お茶漬けベストオーダー9品を

芸能界一の食通?アンジャッシュ渡部が、野球のスタメンのごとく選出するというもの

高級店の1万円以上のコースので出てくるお茶漬けやら

単品で「うん千円」もするお茶漬けもあった

「これ、美味そう!」もあれば「えっ?」もあった

そうだ、お茶漬け食べよう

ちょうどその前の日に手羽先のトロトロ煮を作っていたから

そのスープで作るぞ

専門用語でいうところの「ぷーすー」というやつだ

手羽先トロトロ煮のお茶漬け

IMG_0339

不味いわけがないではないか!

今回の手羽先のトロトロ煮、いつもの方法ではなく、圧力鍋を使って作った

暑い中、1時間半も鍋を煮続けるのは危険?だから

はじめは手羽先を普通に煮て、浮き上がってきたアクや脂を丁寧にすくった

その後、タマネギを加えて

圧力鍋で圧がかかってから15分加熱

その後自然に冷ました

タマネギを少し加熱しすぎて、トロットロ

スープもトロットロ

お茶漬けにぴったし!

夏向きにニンニクを加えたのも功を奏したようだ

うんまーーい

お茶漬けジャパンのスタメンは無理かも知れないけど、代打ぐらいならいけるんぢゃないかな?

蛇足

穴子のひつまぶしのときにお茶漬けを作っているな

ふふふ

 

手羽先のトロトロ煮

時間がかかる料理

すごい美味い料理だが時間がかかる

1時間半コトコト煮ないといけない

その間も脂やアクを取り続ける必要がある

めんどくさいのだ

1.大きな鍋に適当な量の水を沸騰させ、沸点を保ったまま手羽先を投入する

ショウガと長ネギの青いところをつぶして入れた

ちょっと訂正

この日はショウガは入れなかった。

ニンニクを1片つぶして入れてもいいし、ショウガをほんの少し(1片)入れてもいい。入れ過ぎは台無しになる。

さらに味付けとして

茅乃舎(かやのや)の野菜だし

IMG_6283

を1パック入れた

なくてもできる。素材の味を生かしたい。

適当なガラスープを入れてももいいかも知れないが、隠し味程度にした方がいいと思う。

2.数分ごとに浮き上がって来た脂やアクを取り続ける

これがめんどくさいのだが重要と思う

3.決して沸騰させずにふつふつと50分程煮る

鍋のふたは微妙に開けている

次にタマネギを投入

IMG_5629

製造過程の写真はこれしかない。

タマネギは半分に切るが、芯を残しておくこと。

バラバラにならないようにね

4.タマネギを入れてからさらにふつふつ30分煮る

完成

IMG_6414

ほんの少しの塩!だけでいただく

タマネギ。もう少し煮てもいいな

手羽先は軟骨の部分も全部トロトロにいただけるぞ。
めっちゃ美味ーい。

ちなみに1時間半以上煮ると・・・

崩壊します(マリックさんのスプーン曲げ風によろしく)