「炊き込みご飯」タグアーカイブ

栗の炊き込みおこわ02

「栗の炊き込みおこわ」は10/3に記事にしているが、もう少し改良できたので備忘録として記しておきたい

栗の剥き方

湯がく方法やら、直火で焼く方法やら、電子レンジを利用したり、冷凍する方法まで

ネットには、さまざまな方法が紹介されているが、今まで「これ!」と思うものに出会えなかった

そんなとき、圧力釜を使った方法を見つけたので試してみることにした

包丁で切り込みを入れた栗を圧力鍋で圧がかかってから1〜5分くらい加熱し、その後急速に冷ますというもの

今回は、鍋の中で栗が浸かるくらいの水の量で3分加熱してみた

結果

すっげえ簡単に剥ける

びっくり

だが、栗が加熱によって柔らかくなってくずれやすくなっている

もっと水を少ない目にして加熱も1分くらいでいいかも知れない

ほとんど生でいいんだな

周りだけ加熱したいんだな

よし、次回は1分でやってみよう

今日も、うるち米1.5合、もち米1.5合を合わせてとぎ、炊飯器にセットして30分ほど浸水させた

もち米を多くすることで栗の食感が良くなる気がする

水は多すぎると失敗する

材料

しめじ   1パック
栗     300g程度
うす揚げ  1枚
塩昆布   ふたつまみ(必須)
薄口醤油  大さじ1.5
みりん   大さじ1
酒     大さじ1
茅乃舎だし 1パック中身のみ

薄口醤油で仕上げることにした

うす揚げは湯通して細く切る(水切りしっかり)

ジプロックに材料、調味料を全部合わせてなじませて20分程度寝かせた後、具材を米の上に乗せて炊く

ご飯が炊きあがったら、すぐに返さずに、コゲを作るために再加熱3分程度

出来上がり

img_0962

栗はなるべくでかいまま

薄口醤油でうす色に炊き上げてみた

大成功!

醤油が押さえられることで、だしの風味が引き立ち、薄味にすることでご飯も栗もさらに美味しくなったように思う

よし、私の「栗おこわ」は、このレシピを基本としよう

でも、やっぱし「茅乃舎だし」やなあ(前回はちがうだしを使った)

美味くて食べ過ぎる

あ、昨日の記事は洋風の「茅乃舎の野菜だし」

今日のは和風の「茅乃舎だし」だからね

IMG_0474

蛇足ながら、宣伝したいんぢゃないよ

 

おべんとう「秋」

今日は良いネタが見つからなかった

昨日のRizinの結果などについては、ネットニュース等を見てもらった方がいいと思うし

なので先日のイベントで出たお弁当

崎陽軒のおべんとう「秋」

img_0753

きのこご飯を中心に秋を感じさせる食材?

崎陽軒の焼売も入ってた

img_0756

私、炊き込みご飯が好きなもので・・・

へへへ

ちょっとテンション上がって、イベントも上手くいったように思う

ご飯、大事だよね!

 

迷ったらタコ飯だ

冷蔵庫にタコが残っていた

宮城県産柳タコと書いてあり、適正な価格であったので買ったが、なぜか食べずに残ってしまった

生食用の茹でタコだったので消費期限を過ぎている

加熱して食べることにしよう

さて、どうやってたべよう??

そうだ、迷ったらタコ飯だ

CMみたいにたくさんタコは無いしね

枝豆も無いし、新ショウガもストックしてません

ほんだしもありません

だから自分勝手に作った

作り方

以前紹介した「かやくごはん」の作り方に準じている

今日は2合で炊いた(餅米を30%ほど混ぜた)

うす揚げ  1枚(油抜きは必須)
しょうゆ  大さじ1.5杯
みりん   大さじ1杯
酒     大さじ1杯
塩昆布   ひとつまみ(重要)
かやのやあごだし  1パック中身のみ
タコ    残り物
しょうが  細切りにして適宜

ポリ袋等に材料と調味料を全部合わせてなじませて20分ほど置いた

具材がなじんだら米の上に乗せて普通に炊飯器で炊いた

出来上がり

IMG_0188

今日はすごく上手くコゲが出来た!!

うんまーい

こういうのってついつい食べ過ぎるから気をつけなくちゃ

と、思いながら、また食べ過ぎるのだ

 

かやくごはん

我が家での呼び名は「かやくごはん」であった

関東では「炊き込みごはん」と呼ばれることが多いかも知れない

この場合は状態を示すのではなく「炊き込む」という調理方法を示している

五目ごはん」と呼ぶ家も多いかな

味ごはん」「色ごはん」「変わりごはん

これらはすべてご飯の状態を示しているように思う

豆ごはん」「栗ごはん」といった具材を示す呼び名もある

松茸ご飯」は具材指定の王様

鶏ごはん」「キノコご飯」は分るが、「醤油ごはん」という呼び方はちょっと・・・

混ぜごはん」は炊きあがってから具材を混ぜる場合をいうのかも知れない

炊き込みごはん」と同じく、調理方法を示している呼び名だ

かやくごはん

うるち米に、もち米を20%〜30%混ぜて作るのが好きだ

3合炊くなら、うるち米2.25合、もち米0.75合目安

うるち米ともち米を合わせてとぎ、炊飯器にセットして水に30分以上浸しておく

鶏もも肉は脂部分を丁寧に取って筋切りしておくこと

もし時間があるなら、鶏もも肉を霜降りにする方法もある

鶏もも肉を1cm角に切り、熱湯に数秒くぐらせ、冷水に落として水気を取る

すごくあっさりした料亭風に仕上げることができるが省略してもうまくできる

ごぼう、人参、うす揚げは必須

しめじ、ちくわなどもベストマッチ

しめじは洗わずにほぐす。うす揚げは湯通しして薄切りにする。

調味料(3合目安)

しょうゆ  大さじ2杯
みりん   大さじ1〜2杯
酒     大さじ1杯
塩昆布   ひとつまみ(重要)
かやのやあごだし  1パック中身のみ

(出汁で本格的に作る場合は、洗った米の水気を切っておく必要があると思う。塩も少し)

ポリ袋等に材料と調味料を全部合わせてなじませて20分ほど置く

具材がなじんで色が変わったら、米の上に乗せて普通の水加減で炊く

炊きあがったらすぐに返さずに、こげを作るために再加熱3分程度

IMG_7135

かやくごはん」って時々強烈に食べたくなる

コゲが美味いんだよなあ

そして必ず食べ過ぎるのだ