「炒飯」タグアーカイブ

豚肉ソテーのレタス炒飯

これ、やばいです

豚肉

豚肉はステーキ用を使う

サーロインとか?リブロースとか?

ロインよりリブの方が高級とされているらしいが・・

適当な厚みの美味そうなヤツを選んで買った

先ずは豚肉のソテーを作って

それもラードチップで

豚肉の脂の部分を切り取って、コマ切れにする

それをフライパンでゆっくりと加熱し、出て来た油でニンニクのスライスを炒める

ニンニクとラードチップは焦げる前に取り出しておく

香りの移った油で豚肉をソテーする

少しだけ塩コショウした

加熱し過ぎないように充分に気をつけること

こんな感じに出来上がる

 

もちろんこのまま食べても美味い

そしてここから

豚肉ソテーのレタス炒飯

豚肉をソテーしたフライパンの余分な油を捨てて

玉ねぎのみじん切りを炒めて

創味シャンタンをほんの少し

別のボウルに、ご飯と卵を割り入れ、炒めた玉ねぎときゅうりのキューちゃんのみじん切り

冷蔵庫の余り物のコーンも加えた

そして、豚肉のソテーをカットして加え、全てをさっくりと混ぜた

元のフライパンにボウルの中身を全て空けて、

混ぜすぎないように丁寧に炒めた

全体がふわっとしたら、いつものように、隠し味に砂糖をパラパラパラ

そして味付け香り付けに醤油をジュワンと焦がして

そして最後に刻んだレタス

ペーパーで水を十分に切って加えて、しんなりする程度に加熱した

出来上がり

薬味ネギを少し

ラードチップと炒めたニンニクをトッピング

これ、やばいです

ラードの力!すげえ!

写真では分かりにくいかも?

ソテーした豚肉がゴロゴロゴロ

めっちゃ美味い

やばい

大成功!

 

ベーコンレタス炒飯

レタスの炒飯はこれまでに2度ほど記事にしている

レタス炒飯

タコのレタス炒飯

本日はベーコンでレタス炒飯を作った

ベーコンレタス炒飯

玉ねぎのみじん切りとベーコンの細切りをフライパンでゆっくりと炒め

残り物のカニカマも割いて放り込んだ

創味シャンタンを少し入れて

別のボウルに、炒めた具材とご飯、きゅうりのキューちゃんのみじん切り、卵を割り入れ、全てをさっくり混ぜ

元のフライパンにボウルの中身を全て空けて、

混ぜすぎないように丁寧に炒めた

本日はベーコン以外の油は使わなかった

いつものように、隠し味に砂糖をパラパラパラ

そして味付け香り付けに醤油をジュワンと焦がして

そして最後に刻んだレタス

ペーパーで水を十分に切って加えて、しんなりする程度に加熱

出来上がり

うっひょー

ベーコンの油だけで作ったからか?

味が集中している感じがする

美味い

今日は「レタスの分」と思って最後の醤油を少し多い目にした

醤油の焦げたところがすんげー美味い

一昨日の記事で

女子カーリングの3位決定戦、第10エンド

英国の最後の1投にについての疑問を書いた

それについての専門家の解説も聞いたが・・

本日、ご本人達(選手5人)の解説があった

日本チーム8投を終えた状態

日本:黄色  英国:赤

矢印の石が最後に投げられたものであるが

あと、数センチ中に入れたかったのだが、その前にある黄色の石にちょびっと当たってしまって止まった

スキップの藤澤五月選手によると

「ああ、やっちまった、完全に負けたと思った」のだそうだ

英国の作戦

矢印の黄色い石に強い力で、半分くらいかかるようにぶち当て

黄色を全部押し出して!

このような状態にしたかったらしい

2点を勝ち取っての完全勝利にする

これは一流の選手なら90%決められるショットなのだそう

ところが

英国の石が曲がりきらずに矢印の黄色に「薄め」に当たり

日本の赤の石がナンバーワンになって・・

日本の勝利!で終わった

リザーブ本橋麻里選手によると「投げた瞬間から英国側がざわめいていた」そうで

完全なミスショットだったらしい

番組MCが「(日本の最後の石が)ここで止まったのが返ってよかったんじゃないですか?」

と、フォローしようとすると

投げた藤澤選手が「うーん」と言葉に困ってる中

他の選手たちは・・

「それはないない!」と全否定

メンバーたちはたいへん仲が良く、チームワーク抜群であるが

勝負にはたいへん厳しいんだな

納得!

英国は、最後の1投を、まだ時間が残っているのにさっさと投げた

日本の粘り!が英国を勝ち急がせたのだと思います

銅メダル!おめでとうございます

感動をありがとう!

 

パーティーポークの焼き飯

持って帰ったパーティーのポークで今度は焼き飯を作った

南極料理人かあ?

作り方

パーティーポークは細かく刻んでフライパンで緩やかに加熱し、脂をペーパーで拭き取った

そこに玉葱のみじん切り、冷蔵庫に残っていた(賞味期限の切れた)タコ、長ネギなども細かく切って投入して少し加熱した

タコが塩辛かったので、あえて調味しなかった

炒めたのものと、ご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

隠し味にきゅうりのキューちゃんのみじん切りも加えた

今回は充分な脂があったので、フライパンには油をひかず、ボールのすべてをゆっくりと丁寧に炒めた

かき混ぜ過ぎないようにさっくり炒めること

味をみて、創味シャンタンを少し加えた

いつも通り、隠し味に砂糖をちょっぴり

そして最後に、フライパンのスペースを作って醤油をじゅわーんと焦がすように味付け

出来上がり

IMG_1816

パラッパラにできた

ラードの底力を感じる

パーティーポークの香辛料がうんまーーい

 

タコのレタス炒飯

ちょっと変化球かな

冷蔵庫にタコが残っていて・・・

なぜか?これをしっとり炒飯にしてみたくなった

作り方

炒飯(焼き飯)の作り方は何度も書いたし、私のやり方はいつも同じ

残り物のタコは細かく刻んだ

しっとりにしたいので玉葱のみじん切りはいつもより多め

残りもののしらすも投入

それらを創味シャンタンで加熱調味

上手く炒めたら、それとご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

きゅうりのキューちゃんも隠し味に少し刻んで入れた

フライパンに少し油をひいて、ボールのすべてを丁寧に炒める

混ぜ過ぎないようにさっくり炒めること

隠し味に砂糖をちょっぴし表面に加えて炒める

そして醤油で焦がすように味付け

味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

最後にレタスを投入

しっとり仕上げたぜ

出来上がり

IMG_9326
少し前にタコとキムチで焼き飯作って記事にしているが

タコのうまみがご飯に移って美味いんだよなあ

以前の記事を読み返すと、

「しっとりチャーハン、レタス加えてもよかったかも?」と書いていた

記憶の片隅にそんな感想が残っていたんだな

うふふ、美味かった

 

レタス炒飯

マツコの知らない世界

先日、TV番組「マツコの知らない世界」で「板橋チャーハンの世界」というのをやっていた

そのテーマの主旨

チャーハンと言えばご飯の“パラパラ感”が重視されがちだ

だが、あえて言うなら“パラパラ”よりも“しっとり”が美味い

本格的な中華料店ではなく、「どこにでもあるような町の中華屋さん」のチャーハンがベスト

とのこと

そして?

板橋区限定で中華料理の料理人を集めて「しっとり炒飯」を紹介していた

出て来た5人の料理人がスタジオで実際にチャーハンを調理した

各職人?のそのフライパン使いのすばらしいこと

嬉しくなってしまうほどで、正に「職人芸」であった

そんなこんなで「しっとり炒飯」が食べたくなった

しっとりさせるために

職人さん?は大量のラードを使ったり、特別な焼豚やらその他の具材.スープなどを使ってプロの仕事をされるわけであるが、私がそのまままねることは難しい

そこでタマネギ

いつもは「ご飯がべちゃべちゃしないように」ほんの少ししかタマネギを加えないのが常であるが、今日は1/4個程も加えた

これでかなりしっとりしたはず

焼豚

これは「しっとり」とは関係がないと思われるが、番組で調理した職人のほとんどが焼豚を使っていて(中華だから当然なのだが)食べたくなった

ほんのちょっと上等の焼豚を調達

作り方はいつもと同じ

最後にレタスを投入して一振り

出来上がり

IMG_8350

レタスを入れてさらにしっとり

しっとりもいいなあ

焼豚が美味い

蛇足ながら・・・

番組で紹介されたお店のひとつが元歌舞伎町カリスマホストの城咲仁氏の実家

チャーハンを作ったのは実は城咲氏のお父さんだった

マツコ氏も感激

面白かったな

パラッパラ焼き飯

焼き飯

焼き飯はいろんなバリエーションが考えられるが、今日はウインナーソーセージとタマネギで作った。

先にウインナーソーセージとタマネギのみじん切りを炒める。ほんの少しの塩、これは調味料というより、タマネギの水分を引き出すため。タマネギのみじん切りは多く入れ過ぎるとご飯がべちゃべちゃするから注意。上手く炒めたら、それとご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう。

そしてこいつで調味した。

味覇(ウェイパァー)

IMG_5763

メーカーサイトによると、味覇(ウェイパー)は風味、コク、うまみの三拍子そろった万能スープの素なんだそう。これ、美味いです。くれぐれも入れすぎないように。

炒めた具とご飯と卵を混ぜてウェイパーで調味したルー?をフライパンで丁寧に炒めれば間違いなく出来る。

ちゃんと炒めてから味を決めるのだ。私は醤油味が好きだ。

 

隠し味は・・・

 

ほんの少しの

砂糖

出来上がる直前にほんの少し、おまじない程度にほんの少しの砂糖を振りかけて混ぜる。これはオカンの教え。

 

もうひとつのポイント

 

醤油を焦がす。

これは最終段階。フライパンのど真ん中にスペースを作って醤油をたらしてこがし、これをご飯にからめて、味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける。するとダントツに美味くなる。これもオカンから教わった。「醤油のこげた匂いって、美味しそうやろ?」って。

IMG_5659

サンドイッチばっかり食べていると思われているかも知れない。メシも食う。

どちらかというと、パンより米の方が好きだと思う。

ごちそうさまでした。