「焼酎」タグアーカイブ

そば焼酎雲海

焼酎は芋を選択することが多い

黒霧島や黒伊佐錦など、最近人気のある芋焼酎はすっきりとしていて「臭い」というイメージを完全に払拭している

でも今日はこれを選択

そば焼酎雲海

吉田羊さんにすすめられたら断れないなあ

IMG_3346

SobaSodaでしょう

IMG_3345

ソーダ割りも美味いなあ

さざえの刺身

IMG_3404

スーパーでの閉店間際の安売り品を購入

生きている貝を自分で捌いたら格別!

捌き方はこんなやり方もあるよ

手前のワタの部分は少し湯をした

白いのはオス、みどりはメス

ペアだったようだ

ワタもめっちゃ美味いーー

呑み過ぎるなあ

 

今日は小ネタで

今日は寒い

いい天気だけど、昨日暖かかったから、すごく寒く感じる

暖かいうどんが食べたくなった

けいらんうどん

冬になると、オカンがよく「あんかけうどん」を作ってくれた

あんかけうどんを卵でとじたものを「けいらん」と呼んでいた

IMG_1999

写真では分らないが、つゆの中にもたっぶりの長ネギが入れてある

「おろししょうが」を薬味にいただく

うんまーーい

茜霧島(あかねきりしま)

レアな焼酎

IMG_0901

先日の呑みでのワンショット

すごく手に入りにくい焼酎なんだとか

すごくいい香りの芋焼酎だった

IMG_0906-2

柑橘系のかおりの芋なんだね

エビちゃんへの??

その呑み会で頂いた

エビちゃんに・・・・

何を頂いたのだろう

IMG_2003

この時、すでに私の血中アルコール濃度は閾値(いきち)に達していて

正直、何を頂いたのかよく分っていなかった

ポッケにねじ込んだのでポチ袋が折れてる

中身

調子の悪いエビちゃんへの「お守り」的なものだと思っていたけど

IMG_2004

これは感謝状なのだろうか?

でも、おかげさまで「エビ連続死亡事件」は3匹で止まりました

ありがとうございました

ニュースター

年末頃に生まれたうちの1匹だと思う

IMG_1987

すごくカッコ良くない?

エビは色や模様が個体によって違いがあって

こういうのも生まれて来るんだなあ

楽しいぞお

 

さつま白波

以前の記事で書いたが、いろんな美味しい焼酎がある

で、今回は芋焼酎の代表選手?さつま白波を買ってみた

さつま白波は以前にも飲んだことがあるが、その時はすごく芋芋しい匂いがした

今回の「さつま白波」は昨年リニューアルした商品であると言う

期待して買ってみたということだな

さつま白波

平成28年熊本国税局種類鑑評会優秀賞受賞

IMG_1738

「平成28年熊本国税局種類鑑評会優秀賞受賞」というシールも貼ってある

食レポ?

正直な感想!

この焼酎は上級者向きだなあ

すごく芋の味のする本格?伝統的芋焼酎です

私のようなお子ちゃまには・・ちょっとお・・重すぎるというかあ・・

正直な個人的な感想なので・・

参考にされることなく、呑んでみていただきたい

 

小鶴3種

正月は酒を飲んで格闘技を(録画で何度も)観て過ごしている

はははは

小正醸造株式会社の焼酎を3種類買ってみた

img_1571

赤小鶴

香ばしい香りが特徴の赤芋にふくよかな香りの黄金千貫をブレンドし、スッキリとした甘みと、コクのある味わいを引き出しました

芋焼酎初心者から愛飲者の幅広い皆様にちょっと贅沢な芋焼酎をお届けします

小鶴くろ

「横型常圧蒸留器」を 使用

米は100%安心安全の国産米を使用。うち10% が鹿児島産の米を使用

その米を黒麹で仕込みました。

さつまいもは契約農家 総勢104名が丹精込めて生産した黄金千貫を使用しています。

小鶴 黄麹

鹿児島県内の契約農家の方々によって丹念に育てられた新鮮なさつま芋「黄金千貫」と

通常日本酒づくりに使われる黄麹を使用し、

そして大地が磨いた天然地下水で仕込みさらに当社独自の単式蒸留器で蒸留することにより

ほんのりやさしい香りとほのかな甘さのある本格芋焼酎です。

小正醸造株式会社の焼酎

3種類とも、初めて飲んだのだが

小正醸造の焼酎は、どれも美味いと感じた

赤小鶴=ふんわり

小鶴くろ=しっかり

小鶴黄麹=すっきり

って感じかな?

最近、バカ高い焼酎がもてはやされ、さらにネットなどではプレミア化していることがある

こういう適正な価格の真面目な焼酎を見つけて行こう

いろいろ呑んでみるのも楽しいな

 

焼酎-割り水

ビールも好きだし、ワインも大好きだ

そして焼酎も!

焼酎はお湯割を好んでいる

が、こう暑いとお湯割りというわけにはいかなくなる

冷たくして飲む焼酎はロックより、少し水で割った方が美味いと思うが、夏場はこんな飲み方で頂いている

割り水

焼酎をあらかじめ水で割った「割り水」を作って、それを寝かしておくという方法だ

1日以上寝かしておくと、焼酎と水がどんな化学変化をしているのかは分らないが、確実に美味くなっている

焼酎のおいしさをさらに引き出す飲み方として、本場・鹿児島でもこの飲み方は愛されていると聞く

割合

焼酎と水の割合は好みだが、私は焼酎5:水5で割ってペットボトルに入れて冷蔵庫の野菜室に入れている

常温で保存し、飲む時に氷を入れるなら焼酎6:水4くらいが良いだろう

割る「水」はやはり水道水よりも、市販のミネラルウォーターがいいと思う

寝かす時間

寝かす時間は諸説あるのだが、「1日~1週間」くらいが諸兄の論ずるところであるようだ

また、割り水した焼酎は、冷蔵庫に入れるよりも常温で保存する方が、より味がまろやかだとする説もある

化学変化であるから、冷蔵庫より常温の方が進むだろうことは容易に想像できる

本場・鹿児島の上級者は、この割り水した焼酎を「黒ジョカ」という燗酒専用の器に入れ、燗(かん)をしてたしなむという

酒の世界、奥が深く、修行が必要だ

黒伊佐錦(くろいさにしき)

IMG_7159

「黒伊佐錦」は水割りがぴったりくる焼酎だ

お湯割りには「黒霧島」が好きだ

欠点

この呑み方には欠点がある

美味すぎることだ

口当たりがまろやかで、つるつるっと呑める

呑み過ぎてしまうのである

つまり、作業がちょっとめんどくさいけど

すげえ美味いんだよなあ

謝辞

昨日はアイス、今日は焼酎

すごい振り幅にお付き合いいただき、ありがとうございました。