「糸巻き」タグアーカイブ

ティンカーベルモデル続・復活編

約1年間放ったらかしになっていたティンカーベルモデル

ティンカーベルモデル

Bill Lawrenceという日本製のテレキャスター

とある画家さんにお願いしてティンカーベルを描いてもらった

東京に出てきてから買ったギターだが、一時活躍していた

IMG_7739

テレキャスターにシンクロナイズド・トレモロのついたちょっと珍しいギター

ピックアップをフロントはG&L(めっちゃレア)に、リアはDuncanのTele Little59に交換してある

フレットのすり合せをして

部分的にすり減ったフレットを真っすぐに研磨して整形し直した

私、包丁研いだり、研磨が好きなのかな?

IMG_0359

ペグ(糸巻き)を磨き

トーカイのストラトについていたペグを磨いて移植

ビフォア、アフターで全然違うでしょ?めっちゃ磨いたよ

あっ、これも研磨だ

IMG_0278

でも、このペグが気に入らない

オークションで何度かチャレンジして、やっとこさクロコダイルペグを落札

ペグ交換

スタンダードなペグを

IMG_3508

クロコダイルロックペグに交換

IMG_3515

今回、ブッシュも銀色に交換して見た目も良くなったかも?

フロントピックアップのキャビティーの底にスポンジを敷いて高さを調整

IMG_3509

こりゃ完全に邪道だな

本来はボディ、又はピックガードにネジで固定すべきだが

ピックアップの高さとか、ピックガードの形状とか、色々の要素が絡み合ってこの方法しかない

良い子はマネをしないでね

IMG_3511

リアピックアップの高さ調節用のネジのムシゴム?もへたっていたので交換

普通はバネが使用されるが、大昔はゴムだったとか

音は分らないが、使用感はバネよりムシゴムが好み

今回は電気関係もいじることにした

その話はまた明日!

 

ティンカーベルモデル復活編

以前にも紹介したことのあるティンカーベルモデル

ティンカーベルモデル

IMG_7739

Bill Lawrenceという日本製のテレキャスター

とある画家さんにお願いしてティンカーベルを描いてもらった

東京に出てきてから買ったギターだが、一時活躍しまくっていたなあ

このこには「クロコダイルペグ」というお気に入りのロック式ペグが付いていた

それを「トーカイストラト復活」の際に供出してしまって

糸巻きがなくなって弦が張られていない状態だった

かわいそうだ

ネットでいろんなペグを物色するも、なかなか気に入ったのが見つからず・・・

実は一度、オークションで「クロコダイルペグ」を見つけて入札したが、めっちゃ高価になってしまって断念!

トーカイストラトに付いていたペグ

トーカイについてたペグを付けよう

ビフォア(左)・アフター(右)

IMG_0278

スチールウール(00番手と呼ばれるたいへん細かいもの)で研磨して

その後、

研磨つや出し布ポリマールで磨き上げた

時間はかかるけど、このぐらいピカピカになるとすごくうれしい

この際なのでメンテ

IMG_0355

フレット磨くために、指板に保護テープが貼られた状態の写真

フレットも磨いておこうと思ったら、

ところどころ弦で削れて、でこぼこになっている

これを機会にちょっと修正しておこう

フレットファイリング

X-ファイリングみたいな名前だけど

こちらは「やすりがけ」の意味、要するにフレットを平に削ること

filingというスペリングは同じ!不思議ね

IMG_0359

ファイリングブロック(底辺がまっすぐな木片で良いでしょう)にサンディングペーパーを巻き付けてこする

今回は600番くらいでやってみた

素人がこんなことしていいのかなあ?

良い子はマネをしないでね

結果

IMG_0365

削ってまっすぐになった

でも、削り傷もついているし、

フレットのてっぺんが台形になっていることになる

これをまた丸く削り直さなければいけない

専用の工具もあるようだが・・・

私は手作業で丸く削ります

時間がかかる作業なんだ

今日はここまでにしておきます