「自作」タグアーカイブ

Love Pedal Cot50を試す02

昨日の続き

Love Pedal Cot50をブレッドボードで試した

なかなかいい感じなのだが・・・

もうちょっと使いやすく!と出力にボリュームを増設してみた

サウンド

昨日も書いたが、「ギターのボリュームの追随性」がたいへん良く

ピッキングによる音のニュアンスも出しやすい

出力にボリュームを増設することで、エフェクトOn/Off の音量差を調節できる

ので、実践的になったと思う

が、私の耳にはすごく高音寄りに感じる

低音がバッサリとカットされている印象

改造・工夫

C3

入力直後のC3のコンデンサー0.0047μFで低音を大幅にカットしているからだと考えられる

これを2倍の0.01にすると、音量も上がり、音が太くなる

さらに0.047とか0.1にすると、音圧が増して行く、が「ギターのボリュームの追随性」がどんどん失われ

アンプライクではなくなる

どうやらこのペダルは「ある時期の優秀なマーシャルアンプ」をイメージしてデザインされたとのことだが

そのマーシャル感が失われていく

0.01μFあたりが限界か?と思われた

C2

今度はアウト側のC2で調節してみる

こちらも0.1μFを少しずつ大きくしていくと、音量も上がり、めっちゃ音圧が上がるが・・・

こちらも同様

1μFなどにすると「ギターのボリュームの追随性」は無くなり、

そのマーシャルっぽくなくなる

0.22μFあたりが限界か・・・

D1/D2

出力のクリッピングダイオードによっても音は変わると思われたが

トランジスタが歪んでいるので、そこまでサウンドは変わらず

それより高音寄りなのが気になるので

回路図にも書き入れたが

500pFあたりのセラミックコンデンサーを並列にすることで、嫌なチリチリ音対策になる

でも、このチリチリした感じも、マーシャル感といえば、そうなのかもしれない

ここまででの結論

Cot50を2N5088で組んでみたが、以前に国産のトランジスターで組んだ時とほぼ?同じ印象

ものすごく高音寄りで低音が足りない

低音を補正しようとすると、この回路の良さが失われる

Super Hard On(SHO)

以前にも実験しているが、よく似た回路構造のSuper Hard Onと比較してみることにした

NPNのトランジスタのような記号で書かれているが、

BS170はNchのMosFET

左にCot50、右にSHO

スイッチでパチパチ切り替えて音を比較する

Cot50は高音寄り、SHOはフルレンジ

増幅率もSHOの方がわずかに大きい

歪み感のタイプが違う

Cot50はアンプっぽい

SHOはすごく音が太い

SHOの方が好きだなあ

備忘録として

手持ちのNchのMosFETで2N7000と2SK1132でも音出ししてみたが

BS170が一番しゃっきりしていて良い

Cot50とSHOを回路で比べてみて、入出力のコンデンサーが

Cot50:0.0047&0.1
SHO    :0.1&10

と、違いすぎる(入力21倍、出力100倍)ので、比較できない

SHO の入出力のコンデンサー0.01&0.1に交換してみたが、良さが失われてしまう

この辺はやはりエフェクタービルダーが考えに考え、試したあげくの定数なのだと思う

つまりは、全く用途が違うものと思われる

試しに実験してみると

アンプシミュレーターを歪んだ状態にして

その前にブースターとしてCot50とSHO接続して比べてみた

激変

歪みの前にCot50をOnにすると、ものすごくいい感じにBoost

される

すごく気持ちいい

歪みの前のSHOはすごくブーミー

ブーブーいうばかりで気持ちよくない

サスティーンもCot50の方が良い

SHOの出力にCot50みたいなクリッピングダイオードを取り付けても状況は変わらず

Cot50は歪みの前のブースターとして秀悦

使い方によってここまで激変するとは・・・

ものすごく勉強になったねえー

 

Line Level Adjuster 完全完成編

土曜日、突然、またまたやって来やがった

背中の右側の一部がボッコリと腫れ上がっている

痛い!!

またまた肋間神経痛がやって来た

コルセット

巻くと少し楽になる

ロキソニン

慣れているので慌てない

ロキソニンを飲めばいいのだ

そして痛みを紛らせるために、他のことを考えるのだ

Line Level Adjuster

ステレオ仕様で信号レベルを1/11〜11倍まで調整できるというスグレモノ

木曜日の失敗記事はこちら

昨日、一応完成の記事を書いたが

ボリューム半分(12時)で1倍(原音と同じ0dB)になるはずが

ボリューム8(3時)程度でやっと原音と同じになる

右チャンネルも左チャンネルも同じ

資料

昨日はロキソニンを飲んで、インドメタシンの湿布を貼り、

Line Level Adjuster製作時の資料を持って出かけた

移動の車中などで「どこかに間違いがないか?」を考えるのだ

そんな夢中になっている間、痛みはどこかに消える

でも、何度見ても、パーツの接続については間違っていない様子

回路図

どうやら増幅率が足りていない様子だから・・

ボリュームのパーツ100kΩBカーブが間違っているか、

または図中一番上の100kΩの数値が間違っているのではないか?

と当たり?を付けて・・・

帰宅後、テスターを当ててみると

ピンポーン!大正解!

間違って10kΩを付けていた

何を勘違いしていたのだろう、それも左右両チャンネルとも!

そして、完成

完璧!ボリューム12時で原音と同じになった

ボリュームを上げていくとめっちゃでかくなる

やったーヾ(≧∇≦*)/

電池ケースを紙で作って両面テープで固定

オペアンプを選定

1.新日本無線NMJ4558DD(参考価格¥20)

十分に良い音で鳴っている。これをデフォルトとする

2.新日本無線NMJ4580DD(参考価格¥25)

4558よりも迫力を感じる

3.新日本無線NMJ5532DD(参考価格¥100)

古い石だが定評がある。上の2つより低音が増える
迫力も十分

4.新日本無線NMJ2114DD(参考価格¥100)

比較的新しい石だが5532と似ている印象。低音の迫力が良い

5.新日本無線NMJ2043DD(参考価格¥80)

2114よりさらに低音が出るが、高音が硬く、ソースによってはドラムが強調される

6.新日本無線MUSES8820D(参考価格¥400)

すごく迫力があるが、場合によっては迫力がありすぎるかもしれない

7.新日本無線MUSES8920D(参考価格¥480)

上の8820より、さらに迫力があるが、むやみにハイ上がりの印象
大好きな石だが、この機材には向かない気がする

8.バーブラウンOPA2064(参考価格¥500)

たいへんナチュラルでレンジが広い。透き通っている感じ
ボリュームを上げるとちょっと荒れる印象

9.バーブラウンOPA2134(参考価格¥350)

ナチュラルですごく引き締まっている音だが、面白くないかも?

結果

この機材には、3番目の5532か、4番目の2114が合っているように感じた

両者とも入力インピーダンスが2114:100KΩ、5532:300KΩ、とたいへん低い

一般的に入力インピーは高い方が高性能とされる(8番目2604は1000GΩ、9番目2134は10000GΩ、1万ギガだよ)が

この回路は、計算上の入力インピーダンスが一番低い時で110KΩになるので

こういう結果になったのかも知れない

また秋月ヘッドホンアンプの時とある意味、よく似た?結果になったが

それはただ私の好き嫌いだけなので、信じない方がいいと思う

完成

ガックラの修理も完了

数日目から、日記ぢゃの題名の英文字が全て大文字表記になっていたが

修理完了

メニューの英文字も直ってよかった

WONDER RAINBOW FACTORYではなく

正しくWonder Rainbow Factoryと表記されるようになった

めでたしめでたし!

肋間神経痛も早く修復に向かいますように

今日は整体に行こう

 

Line Level Adjuster 一応完成編

6月7日(木)の記事の続き

サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座

ハンドメイド・プロジェクトver.3

大塚明著

この本の作例から

Line Level Adjuster

ステレオ仕様で信号レベルを1/11〜11倍まで調整できるというスグレモノ

木曜日の失敗記事はこちら

昨日の旧ONSのケースに組み込んだ

スペースがあるので、電池2個の18V仕様にしてみた

大塚氏も本の中で「コンデンサの耐圧を注意して18Vにするとヘッドルームが大きくなる」と書いている

一応完成

ノイズもなく、いい音で鳴っている

が、もっと音量が上がってもいいんじゃないかなあ?

回路図

実際はこの回路が2つあってステレオ仕様

理論的にはボリューム0(7時)で1/11倍(−20dB)

ボリューム半分(12時)で1倍(原音と同じ0dB)

ボリューム10(5時)で11倍(+20dB)

になるはずなのだが・・・

ボリューム8(3時)程度でやっと原音と同じになる

右チャンネルも左チャンネルも同じ

うーーん・・・

どこか間違っているのかなあ

おかしいなあ

いくら探しても間違いは見つからない

音はすごくいい

まあ、ボリュームを下げたい時の方が多いから、これでもいいんだけど

今の所、オペアンプは汎用の4588

オペアンプの選定も含めて、研究を続けます

うーん、私、まだまだだなあ

Line Level Adjuster 失敗編

サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座

ハンドメイド・プロジェクトver.3

大塚明著

この本の作例から

これまで

Re-ampSuper Edge2Super Kowloonを作った

もう一つ、作りたいのがあった

Line Level Adjuster

ステレオ仕様で信号レベルを1/11〜11倍まで調整できるというスグレモノ

録音の時

録音の時、ちょっとレベル(音量)を上げたかったり、逆に下げたかったり

「ちょっと下げたい」ことの方が多いかな?

ステレオ録音物で左右のバランスが悪くて、それを修正したかったり

そんな場面が時々ある

これをPC上で作業するのは結構面倒だったりする

だから、いつか機会を見て製作しようと考えていた

そんな時

以前に製作した秋月ヘッドホンアンプ

この基板を利用すれば、簡単に作れるような気がする

と、思って

余分に買っておいた

この日の記事で書いているな

この基板、100円!

秋月電子、素晴らしい!

100均で買ったブリキ缶

機材用のアルミケースだが、これがパーツ代の中で一番高い

なのでコストダウンのために「100均」でやってみようと考えた

踏んづけ系の「フットスイッチ」も付けないから、強度も問題ないだろう

金属で、ちゃんとアースと導通させればノイズも問題ないと考えた

ジャック用の穴を開けて

導通するように塗料部分をヤスリで削った

蓋の部分にボリュームをつけて

蓋にも導通するように蓋の内側の塗料を削って

導通も確認!

基板もこちらに

時間はかかったが・・・

音もちゃんと出て

思った以上に高性能

使える!

電池はスポンジで包んで

事故を防ぐために

基板はホットボンド、アクリル板でガード

完成

見た目も可愛いし

大成功!と、思いきや

缶が柔らかいため

数回、ジャックの抜き差しをしているうちに

ベコベコしてきて・・・

缶も変形

ジャック内部も変形してしまった

だんだん、接触が悪く、動作もおかしくなってしまった

とほほ・・

録音に使うなら、こんないい加減なものでは!ダメですね

やり直します

本日は失敗編!でした

とほほ・・

もうひとつ

あれれえ

表題が全部大文字で表記されている

小文字、大文字を区別する設定にしたのになあ

あれえ、メニューの表示も

WONDER RAINBOW FACTORY って全部大文字!!

直そう

って、難しいんだよお

とほほ・とほほ

 

榊原さんの足元

Wonder Rainbow Factoryの技術部

榊原さんの足元には多くの「踏むスイッチ」が並んでいる

まとめてみたい

7つの機材に9個のフットスイッチ

上の写真右から

1:ヘッドセットマイクのミュートスイッチ

もちろん、こんなものは売ってないので作った

歌わない時は、このスイッチで音を切って

鼻息が荒くなっているのがわからないようにする

2:Boss Loop Station RC-30

楽器の演奏、人の声、その他のアナログ音の録音、再生ができる機械

PCからWavデータを取り込むこともできる

BGM効果音はここから出力されている

3:Boss Loop Station RC-30用のフットスイッチ

RC-30内部も改造されていて!フットスイッチも自作

4:iPad用のページターナー

5:エネループを利用して製作したプリアンプ用電源

電気を送るので「雷様」のデザインにした

この電源、一度溶けました⇦その記事もあります

6:アコギ用のプリアンプ

Live用2チャンネル仕様で製作

7:KORG Pitchblack Advance(チューニングメーター)

それぞれをクリックしていただくと記事のページが開きます

Boss Loop Station RC-30のページに載っているフットスイッチを加えると、(5月のライブではお休みでした)

足元に11個ものフットスイッチが並ぶことになる

うわあ、何と楽しいんだろ!

たくさんのフットスイッチに囲まれて・・

幸せ!

Liveの動画「駆け足編」

「じっくり編」

「夏の宿題」のラストに二つ!踏んでいるのが映っている

③を踏んでトラックを切り替えて、②の左ペダルで「スタート」なのだ!

「みんみん」で始まって「ひぐらし」で終わる!のだよ

ふふふふ

Wonder Rainbow Factoryのページはこちら

 

ライブで使うケーブルを作る

Wonder Rainbow Factoryの2nd Liveが近づいてきた

このページでも機材を紹介してきたが、

私的には足元のペダルが増えて嬉しい(n´v`n)

もっといっぱいペダルが並ぶと思う

リハーサルも進んで

今回もいろいろ画策しております!

皆さま、お誘い合わせの上、是非観に来て下さい

楽しみだぞう

そしてその準備の一つとして、

気に入った線材で(さらに)ケーブルを製作した

サウンドハウスからケーブルやプラグが届いた

ネットで注文すれば次の日には届けてくれるので重宝する

ケーブルはMOGAMI 2534(日本製)

作り方はこのページで詳しく説明している

出来上がり

ヘッドセットマイク用?かな?

プラグはNeutrik(ノイトリック)のNP2X

そしてもう一つ(こちらはペアで)

こちらはルーパー用

プラグはサウンドハウスCLASSIC PRO P12

2534は4芯のマイクケーブル

いろんな結線の仕方があるが

私は4芯全部をプラス側に結線している

これだったら4芯なんか必要ないし、1芯の方がトラブルが少ないかも?

でも、いろいろ試してみたけど、2534ではこの方法が一番好みだったから仕方がない

Wonder Rainbow Factory 2nd Live

2018.5.20.SUN
THUMBS UP

12:30 OPEN 13:00 START

TICKET ¥2500(当日 ¥3000)※当日先着順入場

+1Drink & 1Foodのオーダーをお願いいたします

前回のライブのダイジェストは→こちら

<TICKETご予約>
ライブバー&レストラン サムズアップ

横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービルビル3F
TEL 045(314)8705
http://stovesyokohama.com/

さあ、楽しみだ!

皆さま、ぜひぜひ観に来てください

よろしく!

 

エレアコプリアンプ製作編11

2ch仕様のエレアコプリアンプの製作

2月3日の第9話で完成をしていたが、

さらに改良を重ねて・・・

昨日の電池ケースを溶かしてしまう事故が起きてしまったり

紆余曲折があったが、

やっと完成だと思う

事故を未然に防ぐ

基盤の裏をホットボンドとアクリルで絶縁しておく

動くと金属疲労で外れたりする危険があるから

大型のコンデンサーも揺れないようにホットボンドで固定しておく

ケースの底も絶縁しておこう

ウケ狙いではない

一番搾りの何かのセットに入っていたもの

アクリルだったら何でもよかった

つまみを透明なものに変えた

かっちょいいーー

今回の教訓

電池はショートさせると危ない!

こんな道具も作った

電池→DC入力変換

いろいろ回路をいじる時はこういうのを使えばいいんだな

発熱すればすぐにわかると思うし、被害は最小で済む(電池1個分)

サウンドチェックはこれから

今回の作業は何日かかっただろう?

音の経路を順番に探り、やっとこさで探し出すことができた

結局は単純な接触不良だっただけ!だった

ちゃんと音は出るし、レベル調整もすんだ

精密なサウンドチェックはこれからだけど・・

多分完成だと思う

あーー、大変だったけど、苦あれば楽あり?

これも楽しみなんだろうなあ

最後までお付き合い、ありがとうございました

 

MOGAMI 2319に関するご注意

 昨日はLiveで使用するケーブルを3種自作した

その1

ヘッドセットマイク用変換アダプターケーブル

フォン・オス→XLR・オス

前のライブでも同様のものを使っていたけど、

長さやケーブルが気に入らなかったので

新たに製作

XLRはITTキャノン(日本製)

フォンプラグはNeutrik(ノイトリック・リヒテンシュタイン候国製)のNP2X

ケーブルはMOGAMI 2534(日本製)

こんな感じでミュートスイッチに接続する

ミュートスイッチの製作の記事はこちら

その2

プリアンプ用DC電源ケーブル

2.1mmプラグはマル新無線ロック式DCプラグ MP-121A

ケーブルはオヤイデ(日本製)HWS−20(製造終了品)

プラグにギザギザが付いていて

機材のジャックとロックされる仕組み

その3

チューニングメーター用パッチケーブル

この部分はただ、チューニングメーターに音声信号を送ってくれればいいだけで

サウンドには影響のない部分だから

軽くて、かつ安くて取り回ししやすいものが良い

なので

プラグはサウンドハウスCLASSIC PRO P12

ケーブルはMOGAMI 2319

MOGAMI 2319に関するご注意

MOGAMI社のカタログにも載っている

エレキギターを始めとする楽器音のピックアップは電圧で駆動する、すなわち微小な電流で駆動する高インピーダンス回路で引き回される場合が殆どで、その場合マイクロホニックスという、ケーブルが動かされたりたたかれたりする時に発生するノイズが問題になります。

ケーブルとしての音響的な音質の低下は免れませんが、そのマイクロホニックスの防止対策を施したケーブルがいわゆるギターケーブルと呼ばれるもので、通常はシールド導体の下に導電性ビニルの層が入っております

配線時にはこの黒いプラスチック部分をシールド導体と共に取り除いておきませんと、ケーブルがショートしているという妙な問い合わせを戴くことになります。

黒いプラスティック部分とシールド動線の間で抵抗値を図ると

1.5kΩくらいの抵抗値で導通がある

だから黒い部分は剥いておかないといけません(透明ビニールは残す)

MOGAMI 2319は安価で太さもちょうど良く、サウンドも悪くない

柔らかく扱いやすいので、パッチケーブルなどには最適な製品だと思う

なので、これからMOGAMI 2319 でケーブルを自作される方は、上のポイントにご注意ください

こんな感じで接続する

ケーブルの長さバッチリ!

次回ライブで登場します

ご期待ください

Wonder Rainbow Factory 2nd Live

2018.5.20.SUN
THUMBS UP

12:30 OPEN 13:00 START

TICKET ¥2500(当日 ¥3000)※当日先着順入場

+1Drink & 1Foodのオーダーをお願いいたします

前回のライブのダイジェストは→こちら

<TICKETご予約>
ライブバー&レストラン サムズアップ

横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービルビル3F
TEL 045(314)8705
http://stovesyokohama.com/

皆さま、ぜひぜひ観に来てください

よろしく!

 

安定化電源キットの製作 

3端子可変型レギュレータIC  LM350Tを使用した

安定化電源キットが秋葉原の秋月電子で450円で売っていた

昨年末の「秋月ヘッドホンアンプの製作」の時に

スイッチング電源のノイズでびっくりして、これを試してみたかった

セット内容

回路図中のLM338Tは最大5A出力できる

私が購入したのは最大3AのLM350Tで回路は同じ

入力電源よりも3V以上低い、安定した電圧を取り出せるというもの

高リップル除去率:86dB(思い切り優秀な数値)

何がしたいのか?

この回路に、スイッチング電源(安価で大容量が得られる)の15Vを入力して

ノイズの無いクリーンな9V〜12Vを出力できるのか?

を試してみたい

ちゃちゃっと組んでみる

右側下は2.1mm入力ジャック

出力は手持ちの2.1mmプラグ付のケーブル(2本)にした

使い古しのケース

結果

ヴェーーリィーーグウー

スイッチング電源の機種によっては「ブーー」という大変大きなハムノイズが出ていたが、

綺麗に取り去ってくれる

大変優秀!

基板に取り付けた抵抗を変更したり、半固定抵抗(小さなボリューム)を回せば

好きな電圧を得ることができるが

15Vを入力した場合、12V以上を得ようとすると、やはりノイズが出る(12.4Vあたりから急にノイズる)

説明通りの仕様で、大変素晴らしい

オシロスコープとか持っていないから、耳で判断した結果だけど

トランスで1A以上の安定した電源を得ようと思ったら、思い切り大変だから(でかい、高い、重い、熱い)

これ、すごくいいと思う