「茅乃舎」タグアーカイブ

栗の炊き込みおこわ02

「栗の炊き込みおこわ」は10/3に記事にしているが、もう少し改良できたので備忘録として記しておきたい

栗の剥き方

湯がく方法やら、直火で焼く方法やら、電子レンジを利用したり、冷凍する方法まで

ネットには、さまざまな方法が紹介されているが、今まで「これ!」と思うものに出会えなかった

そんなとき、圧力釜を使った方法を見つけたので試してみることにした

包丁で切り込みを入れた栗を圧力鍋で圧がかかってから1〜5分くらい加熱し、その後急速に冷ますというもの

今回は、鍋の中で栗が浸かるくらいの水の量で3分加熱してみた

結果

すっげえ簡単に剥ける

びっくり

だが、栗が加熱によって柔らかくなってくずれやすくなっている

もっと水を少ない目にして加熱も1分くらいでいいかも知れない

ほとんど生でいいんだな

周りだけ加熱したいんだな

よし、次回は1分でやってみよう

今日も、うるち米1.5合、もち米1.5合を合わせてとぎ、炊飯器にセットして30分ほど浸水させた

もち米を多くすることで栗の食感が良くなる気がする

水は多すぎると失敗する

材料

しめじ   1パック
栗     300g程度
うす揚げ  1枚
塩昆布   ふたつまみ(必須)
薄口醤油  大さじ1.5
みりん   大さじ1
酒     大さじ1
茅乃舎だし 1パック中身のみ

薄口醤油で仕上げることにした

うす揚げは湯通して細く切る(水切りしっかり)

ジプロックに材料、調味料を全部合わせてなじませて20分程度寝かせた後、具材を米の上に乗せて炊く

ご飯が炊きあがったら、すぐに返さずに、コゲを作るために再加熱3分程度

出来上がり

img_0962

栗はなるべくでかいまま

薄口醤油でうす色に炊き上げてみた

大成功!

醤油が押さえられることで、だしの風味が引き立ち、薄味にすることでご飯も栗もさらに美味しくなったように思う

よし、私の「栗おこわ」は、このレシピを基本としよう

でも、やっぱし「茅乃舎だし」やなあ(前回はちがうだしを使った)

美味くて食べ過ぎる

あ、昨日の記事は洋風の「茅乃舎の野菜だし」

今日のは和風の「茅乃舎だし」だからね

IMG_0474

蛇足ながら、宣伝したいんぢゃないよ

 

野菜だしで焼き飯

先日、しゃべくり007にバイオリニストの葉加瀬太郎氏がゲスト出演していた

本人曰く、料理は「音楽より少し上手い」とのこと

「奥様と比べて?」の問いには迷わず「レベルが違う」とオカダカズチカ風?

「オレのチャーハンはうまい」と、葉加瀬氏はスタジオでチャーハンを作った

葉加瀬氏の方法

チャーシューでも、ハムでもよいので刻む、長ネギはみじん切り

フライパンを熱くして、サラダ油とラードを半々に入れ、油を熱したら、溶いた卵を入れる

すぐにご飯を入れる

卵に油を吸わせたものとご飯を混ぜる

煽らずに、混ぜながら返す

茅乃舎の野菜だしを粉末のまま入れる

チャーシュー、長ネギを加える

長ネギは水分が出るので、できるだけ後ろの方がよい

しょう油を香りづけ程度に加える

お酒を回し入れる

葉加瀬氏によると「日焼けした肌にアロエを塗るように」お酒を加えるのだそう

コショウで調味

f:id:ipo_beginner:20161017224419p:plain

TVでは編集かも知れないけど、手際も素晴らしく、美味しそうでした

茅乃舎の野菜だし

IMG_6283

原材料:野菜チップ(玉ねぎ、にんにく、人参)、食 塩、酵母エキス、でん粉分解物、野菜エキスパウダー(セロリ、キャベツ)

この「野菜だし」で「オムライス」は作ったことがあるが、チャーハン(焼き飯)はいつも創味シャンタンだった

やってみよう

でも、作り方はいつものやり方(というか、最近はもっと簡便な方法にしている)

作り方

いつもは具材のすべてを先ず炒めるのだが

最近はそれもすっ飛ばすことが多い

タマネギのみじん切り、油を切ったシーチキン、ご飯、卵をボールなどで混ぜてしまう

隠し味にきゅうりのキューちゃんを細かく切って加え、「茅乃舎の野菜だし」で調味

フライパンで丁寧に炒め、いつも通り隠し味に砂糖をほーんの少しパラパラパラ

そして醤油で焦がすように味付け

フライパンのどこかにスペースを作って醤油をたらしてじゅわーんてしておいて

そこにご飯にからめて、味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

出来上がり

img_1186

うん、これも美味い

茅乃舎のだしは値段も張るが、美味いんだよなあ

バクバクいってしまう!

いつもの創味シャンタンで味付けするのと比べると、あっさり、上品な感じかなあ

今日はシーチキンで肉系の味がなかったから・・また機会を見つけて焼き豚とかで試してみなくては!

ごちそうさまでした

 

豚しゃぶそば

TVの料理番組で紹介されていて、すごく美味そうだった

食べたくなったら、すぐに作って食べるべきだ

昨日の記事でも書いたが、食べたい時が美味い時だから

豚しゃぶそば

IMG_0471

作り方

いつものように、茅乃舎のだしパックを使って出汁をとり、酒、みりん、砂糖、塩、薄口醤油、濃口醤油で味を整える

茅乃舎(かやのや)だし

IMG_0474

野菜だしは紹介したことがあったが

このだしパックを紹介するのを忘れていたようだ

少し値が張るが、値段の価値は充分にあると思う、美味い

豚肉

豚薄切り肉は広げて少し塩をふり、薄く片栗粉をまぶした

出来上がったつゆを弱火にかけ、豚肉を加えて火を通し、一時上げておく

沸騰したところに豚肉を投入すると固くなる

ゆっくりとピンク色に変化していくくらいの温度が好ましいと思われる

決して加熱し過ぎないように注意すること

そば

そばをゆで、冷水に取ってよく洗い、水気をきった

つゆにそばを投入して(一瞬)温め、器に盛って豚肉を加え、さらに温めたつゆをかけた

出来上がり

IMG_0471

薬味ネギとミョウガを加えて頂く

豚肉がちゅるんとしていて、柔らかくて美味い

フーフーしながら上半身裸で汗だくで頂いた

食べた後は水風呂を楽しませて頂きました

ふふふふ

TVのレシピではすだちを輪切りにして加え、香りを出していた

次回は是非、すだちでやってみたい

ごちそうさまでした

 

鶏肉ミートソースのパスタ

鶏肉でトマトミートソースを作った

鶏胸肉、玉葱をフードプロセッサーで砕いた

玉葱を少量の塩を加えて丁寧に炒めた

鶏胸肉を加えて炒めた後、とまと缶を加えて加熱した

得意の「茅乃舎(かやのや)の野菜だし」の中身を1パックの半分くらい加えた

パルメザンチーズが欠品していたのでクリームチーズKiriをちょっぴり入れ、塩コショウで味付け

Kiriが良かったのかな

すごくいい感じ まろやかあ

IMG_8882

パスタを湯がいて

作ったソースで和えた

ゆで汁で調整しながらフライパンで少々加熱

塩コショウ、昆布茶で味を整えた

昆布茶はパスタにすんばらしいパンチを加えてくれるよ

仕事の外出前だったのでニンニクは加えなかった

残念!

ごちそうさまでした

行って来まーーす

 

 

オムライス

ご飯ものが続いてしまった。

前にも書いたが、パンよりご飯の方が好きだ。

そんなに頻繁に作る料理ではないが、オムライスも好きなメニューのひとつである。

今日はタマネギと鶏肉のみでチキンライスを作り、卵で包んだ。

チキンライスの味付けはケチャップとこれ!

茅乃舎(かやのや)の野菜だし

IMG_6283

福岡県の久原本家という会社の商品

少々高価であるが、化学調味料、保存料無添加である上に、かなり美味い

本来はティーバックタイプの「煮出す」だしの素であるが、今日はパックを破って、パラパラとご飯に混ぜて炒めた。

もちろんご飯は具と共にケチャップで焦がすように炒めた。

そして最後もケチャップなのだ

IMG_6242

オムライスはやっぱりケチャップで食べたい。

美味そうでしょ?

ケチャップでハートマークは書いても良い。

が、オムライスにデミグラスソースは違うと思う。

怒り新党

TV番組の「怒り新党」にこんな投書が

「私はふわふわトロトロオムライスのデミグラスソースがけに腹が立っています。

普通の卵でチキンライスを包み、ケチャップをかけたオムライスを食べたいのにお店に行けば「ふわトロオムライス」ばかり。

普通のオムライスはもう普通じゃないのでしょうか?」

マツコデラックス氏の回答

「素晴らしい!非の打ちどころのないメールが来たわ。
一語一句間違ってない。

中略

だから、あたし、オムライス食べなくなったもん。
「ふわトロ」ばっかりになっちゃったから。
あれ、オムライスじゃないもん。なんか違う料理よ。

あと、デミグラスソースと合ってない!
合ってると思ってる人は誰!?
あの、ご飯と卵とデミグラスソースは合ってない!」

私の気持ちを完全に代弁してくれている

オムライスには断然ケチャップだ。

最近はデミグラスソースの他、ホワイトソースをかけたオムライスも存在すると言う。

いやいや、それはどう考えても間違ってる。

もう一度言う、オムライスはケチャップです。