「DBDelay」タグアーカイブ

Deep Blue Delay 04

エフェクターのディレイについての話

その第4話

Kitを使って製作したディレイ

Deep Blue Delay

音が少しもけることについての考察

DeepBlueDelayの回路図

DeepBlueDelay

よく見ると(よく見なくても)2回路入りのオペアンプの1段目で反転入力

2段目でディレイ音と原音をMIxしているようだ

初段、反転入力なので、入力インピーダンスがR2でほぼ決定されて、つまり180kΩとギター入力を考えると低い

パッシブのピックアップの音は、当然!もける

これを回避するには、この回路の手前に入力インピーダンスを下げるバッファー回路等を入れる これが最善策と思われる

又はR2を500kΩくらいまで上げて、R3も1MΩにすれば増幅率も同じになるはずだが、その他の定数も調整すべきだろう

非反転のハイインピーダンスで受けるという手もあるが、そうすると出力が反転出力になって具合が悪いのかな?

私の場合はギターにバッファーを内蔵している

又はどこかに(多分ギターの直近に)バッファーアンプをかませる

その方が自分には好みのサウンドであるから

そうすると、このディレイのサウンド、いわゆるもけ具合もちょうど良い感じになる

勝手に想像して考察する

この回路の設計者の意図として、デジタルディレイのクリア過ぎる欠点を補うのが目標だったのだろう

その手段として、入力インピーダンスを下げた

その前提として、このディレイより前に何かひとつ、オーバードライブなどのエフェクターがつながれていることを想定して回路設計されたと想像できる

結果、デジタル臭さはすっきり無くなっているが、反面ハイファイではなくなり、パッシブのギターを直接インプットすると.音はもける

それがダメな人は使えないけど、私の様な使い方なら、クリアすぎず、ちょうど良い!

こんなのも見つけた

デジットのキット

2399

デジットのPDFを見ていただくといいと思う

入力のインピーダンスを510kΩに設定している

上で指摘した仕様になっていると思われる

私が作ったDeep Blue Delayに比べると、かなりハイファイに回路設計されている様子

音を聴いてみたい、というか、試してみたいな

これで2304円なんて、激安だと思う

買ってみようかな?

あかんあかん!買わんでええでー、と自分に言い聞かす

でも、回路が読める人だったら、このKitを買っていろいろ好みにモディファイするのもよいかも知れない

 

Deep Blue Delay 03

PASさんから購入したBlue Sky Delayのkitを製作

デザインを考える

見た目重視にするために

Delay001

出来上がりの外観を印刷してみる

イメージは、グラン・ブルー?

IMG_5240

エフェクターのケースにプリントした紙を巻いて穴あけ位置を決める

IMG_5243

穴を空けた

IMG_5244

新たに印刷したシートを張り付けて

穴の部分をカットすれば

IMG_5245

画像上部が光っているなあ××

ハンダ付けした基板、ボリューム、ジャック、フットスイッチなどを組み込めば

完成!

Delay01

かっちょいいー!

大満足!

音は前回書いたけど・・

またいろいろ改造も考えてますね

とりあえずは、おおむね満足してます

 

Deep Blue Delay 02

おっと、ディレイの記事の続きを忘れてた

ディレイー=音を遅らせる機械=エコーをかける機械

前回の記事でその(個人的)歴史を紹介した

今回は自作モノの紹介

と、言ってもkitを組んだだけ

お馴染み?のPASさんから購入

Blue Sky Delay

82715bb6

基板と部品がセットになっていて4千円強

税+送料で4.6千円くらいかな

これが高いか?安いか?は出来次第、使い方次第

 PASのH.P.より

BlueSkyDelay

HOMEMADE FXシリーズに待望のディレイが登場しました

PT2399というデジタルエコーICを使用しています。

デジタルディレイなのですが、アナログのような温かみのある音です。

アナログディレイ特有の発振をさせる事も可能です。

HOMEMADE FXからのコメント

完全にアナログディレイを再現していると評価の高いMAD PROFESSORのDeepBlueDelay。

BlueSkyDelayはDeepBlueDelayを参考にディレイタイムの変更とアウトレベルの追加をしました。

デジタルディレイはクリアーすぎて苦手な方にお勧めです。

あっという間?に完成

IMG_5261

いえいえ、実は3年くらい前にすごい時間をかけてゆっくり楽しんで作ったもの

IMG_5260

コントロールは4つ

Delay Time /遅れる時間を設定する 最大で600msec程度

Repeat / ディレイの回数を設定する 最大で発振する

Delay Level / ディレイ音の音量調整

Volume / 最終的な全体の音量

なかなか調整しやすいと思う

アナログディレイみたい?

マジに正直に評価しよう

パッシブのギターを直で入れると、音がもけます

低音も高音もカットされます

そこがアナログっぽいと言えばそうかも知れないが・・

使い方次第

このエフェクターより前にバッファードされたエフェクターがひとつあるだけで問題ない

あるいはOver Drive的なエフェクターがこれより前にあれば

ほんの少し丸くなったような感じがアナログっぽいのかも知れない

私の場合はメインギターにはバッファーが内蔵されているし、

そうでない場合は外付けのバッファーアンプをかまして使うので問題ない

すごくいい感じに使いやすい

 

長くなったので、今日はここまでにしておくね

 

 

Deep Blue Delay

ディレイマシーン

Delayとは、直訳すると「遅延」で、主に「音を遅らせる」という意味で使われている

以前は「エコーマシーン」などと呼ばれていた

「ヤッホー、ヤッホー、ヤッホー」といった「山びこ」を発生させる機械と考えてほぼ間違いない

テープエコー

ディレイマシンの古くは、「テープエコー」で、1950年代に発明されている

演奏を一度エンドレステープに録音して、それを瞬時に(何度も)再生するという、超画期的な方法だった

私も一時、マニアな友人から譲り受けたRolandのSpaceEchoというテープエコーを使っていたことがある

ROLAND_SPACE_ECHO_01

何しろ図体がでかくて、テープが回っている音がシャーシャーうるさく?て

何度かメンテナンスも試みたが、良い結果は得られず、使うのをあきらめた記憶がある

ちなみに、テープエコーは現在でも根強い人気があり、現行商品も存在する

蛇足ながら、チャーさんもテープエコー愛用者である

アナログディレイ

歴史的には「テープ エコー」の後には、アナログディレイが登場する

私は、アナログディレイがコンパクト化された時代にMaxon(日本製)のアナログディレイを買ったことがあった

アナログディレイなるものがうれしくて買ったのはいいが、使い方もよく分ってなかったのかも知れない

けっこうノイズが気になってあまり使わなかった記憶がある

後にYAMAHAのE-1010というラック式のアナログディレイを中古で購入した

yamaha_eseries_analog_delay

音はすごくいいのだが、最長で0.3秒のディレイしか得られないのに2Uと図体がでかすぎて・・重いし・・

デジタルディレイ

その後、技術の進歩でデジタルディレイが登場した

デジタルなのでノイズがほとんど無く、音を遅らせる長さも飛躍的に伸びた

出始めはスタジオで使用する様な高価な機材ばかりであったが、そのうちに2〜3万円くらいで買えるものが登場した

この時もMaxonのディレイが2基装備した1UラックのDD1000を買った

dd1000

デジタルでノイズは無かったが、今度は音がきれいすぎてギター向きではないと感じたり

外付けのフットスイッチにインジケーターが付いてなくて使いにくかったり

あちらを立てればこちらが立たず、

ディレイはなんでこんなに問題が多いの?

そんなことより・・・・

製作記事のはずなのに

製作の話が始まらないな

とりあえず、今日はここまで!