「Rat」タグアーカイブ

proco ratの製作09

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratの自作改造第9話

昨年10月から放ったらかしだった

改造しているうちに、心臓部のオペアンプを壊してしまって立ち往生?

オペアンプのLM308は製造終了品であるらしく、高価で売買されているが

オークションで適価で入手

やったね!

LM308HとLM308AH

IMG_2275

1個1000円とかで売ってるサイトもあるが・・・

今回は運良く?2種類を許せる価格?で入手することができた

比較してみよう

LM308H

古いRatに搭載させているらしいオペアンプ

なるほど良い音、そつのない感じ?

Ratの音だなあと思う(思い込みかも知れないけど)

LM308AH

LM308Hよりゲインが高いのかな?

良く歪む感じ、ちょっぴりハイ上がりかも?

どちらもいい感じです

比べないと分らないくらいに同じ感じ

最初のKitについてきたのがLM308AHだったので、少しづつアレンジした定数にはLM308AHの方が合っているようにも感じる

でも、よりRatっぽいのは308Hか?

そりゃそうだ

IMG_2277

モディファイの目標

もうちょっとLowが欲しい

ギターのボリュームを絞ったときのクリア感をUPさせたい

deji-Dist

信号ラインのコンデンサーをいじろう

OutputのC12-1μFがRatⅡでは10μFに変更されている

その手前のC10-0.022μFも小さすぎてLowが足りないような気がする

C10-0.022μF

実際には出力のC12から手をつけたが、C10で大きく変わったのでこちらから

元々のパーツも決して悪いものではないと思うが

C10-0.022μFをPanasonicのECQE2-0.047μFに変更

Lowが増したのに、逆にすごくすっきり!

すごい!パーツによってこんなにキャラクターが違うんだ!と実感!

PanasonicのECQE2は図体がでかいので、小さくまとめたいエフェクターなどには向かないが

0.047μぐらいならそんなにも極端に大型ではないので強引にねじ込んだ

OutputのC12-1μF

以前の記事でC12をMuse ES(バイポーラ)の10μや4.7μに変更して良い結果を得ている

C10-0.022μFをPanasonicのECQE2-0.047μFに変更したことで充分にLowが増した

ここは1μFのままでもいいかな?または2.2?とも思ったが

ギターのボリュームを絞ったときの感じが4.7の方が気持ち良く感じた

C12は4.7μにした

Lowが出過ぎでうるさいと感じたときは、本体上のLED-ClipperのスイッチをONにすればLow-Cutできる

IMG_0327

今日はここまで

C3-4.7μF、C4-2.2μF、C6-4.7μFもMuse ESなどなどに交換して試してみたいなあ

エフェクターのロングクレイジージャーニーは続くのです

最後までありがとうございました

 

proco ratの製作08

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratの自作改造第8話

トラブルからの脱出

img_1248

トラブルの原因と観られるオペアンプIC (中央銀色丸)を引っこ抜いて

img_1252

そこにソケットを付ける計画

昨日書いたように、缶タイプのLM308は600円前後もする

もっと他のアペアンプICも試してみたいと考えて8pinのソケットを付ける計画をしてみた

8pinDIP用のソケットを工夫して

img_1255

こんなのを作って、挿入しようとしたが・・・

失敗!!スペース的にも作業的にも上手くいかない!Σ(×_×;)

なので・・・

1pinのソケットを8個装着

img_1283

これならいいでしょう?

缶タイプのオペアンプICは手持ちにないけど、DIPタイプのならいくつか持っている

さっきのソケットを利用すれば缶タイプのICだけじゃなくて、DIPタイプのICも試せるかも?

え、ひょっとしてデュアル(2回路入り)のオペアンプICも工夫すれば試せるかも知れない

例えば歪みエフェクターではお馴染みの「4558」などはデュアルで、そのシングル版は存在しない

トラブルシューティングの為だったのに、なんだかまた話がややこしくなってきたぞ

こうゆう作業は慌ててはいけません

またこわれちゃう??

ゆっくり行きましょう

 

proco ratの製作07-トラブル

ギターの音を歪ませるエフェクター、Raitの製作も途中なのだが

またもProco Ratの自作改造に逆戻り

と、言うのも・・・・

Proco Rat6話以後も、ちょこちょこ実験しているうちに

音が出なくなってしまった

IMG_0080

はじめに音が出ないことはあっても、途中で出なくなることはあんまりないからなあ

故障部分を捜索する

どこで音声シグナルが途絶えているのかを探る

deji-Dist

先ずOutのSINのSを短絡させてみる

音が出ればスイッチ周りはOKってこと、つまりは基板内でのトラブル

INのSからオペアンプの3番まで順番に探っていくが・・・

結論

OutのSオペアンプの3番を短絡しても音は出た

逆にINのSオペアンプの6番を短絡しても音は出た

電源電圧やらアース周りもチェックしたが問題なく、ハンダ浮きも無い

つまり

オペアンプICがトラブっている様子

私が試行錯誤中に何か間違ってオペアンプを壊してしまったのだろう

ご注意

デジットのこの回路図、オペアンプの4番と7番が間違ってる、逆です

このLM308というオペアンプ、特に古い缶タイプは製造終了品なのか?ネットでもなかなかの高価、600円前後

600円が高いか安いかの判断は個人的思考であるが、もっとオーバースペックな石でも100円前後で手に入る

ほかの石も試してみる?

缶タイプのオペアンプICは持ってないしなあ

どうしようかなあ?買い直すしかないのかなあ

 

proco ratの製作06

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratの自作改造

5話で終わったはずだったのだが

すごく良かったので、さらに改造することにした

(すごく良かったのに改造ってどゆこと?)

もうちょっとLowが欲しいというのが第一

さらには、もうちょっとボリューム絞ったときのクリア感が欲しい

もう少し奥行き感あればいいのになあ(実際には無理!回路設計のプロでも難しいだろう)

deji-Dist

信号ラインのコンデンサーを見直してみようと思う

OutputのC12-1μFがRatⅡでは10μFに変更されているようだ

先ずはこの辺りから探っていくといいのではないか?

その手前のC10-0.022μFも小さすぎてLowが足りないような気がする(素人の勘だけど)

もう少し大きな値を試してみたい

テスト中

IMG_0327

C10とC12について、外に引っ張り出してワニ口クリップでパーツを取っ替え引っ替え、テストする

OutputのC12-1μF

1μFを10μFにすると、当然だがLowが増す

ここで新発見!

この電解コンデンサーはもともと有極性だが、

それをニチコンMuse ES無極性にすると、めっちゃ好みのクリア感が出てきた

タンタルも試したがMuse ESの方が断然好み!

4.7μ当たりが一番お気に入りかな?

C10-0.022μF

C10-0.022μFも他のパーツに交換すると全く印象が変わる

0.1μF位まで上げてもいいかも知れない

ちょっと重いか?

Lowがあり過ぎても音が抜けない

0.033μFとか、0.047μFや0.068μFあたりの定数で試してみたいが手持ちのパーツでよいものが無い・・・

本日の発見

ニチコンの無極性コンデンサーMuse ESは以前から好きでよく使っていたが

やっぱり人には好みがあるのだな、と思った

IMG_0327

ニチコンの無極性コンデンサーMuse ESは、緑色の外見も清涼飲料水の缶のミニュチュアみたいでかわいいし

前から「元気な音」といった印象を持っていた

オーディオファンからは「安っぽい」とか言われることもあるようだが・・・

私はすごく好みなのだと実感した

C3-4.7μF、C4-2.2μF、C6-4.7μFもMuse ESに交換して試してみたい

C10の0.033〜0.068μも含めて、ネット注文だな

ポケモンモンスターがうようよしているという、秋葉原に行くというのも手!だが・・・

今日はここまで

 

proco ratの製作05

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratを自作改造する

その第5話

完成編

こんな感じにしよう

 最近はデザイン優先か?

IMG_9948

レイアウトを考えて何度もケースに合わせてみる

RatのコピーmodでCatって単純すぎるよな(×_×;)

ケース加工

IMG_9951

アルミケースに穴を空ける

センターポンチを打って、ドリルで穴を空けて、リーマーで大きくする

ステッカー

IMG_9955

表面に貼るステッカーを印刷して

IMG_9960

張り付けて穴のところをカット

IMG_9977

先ずは入出力ジャックとフットスイッチを取り付けて、スイッチ回りから配線し、ハンダづけをする

次回はLEDを一番先に配線すること(自分に言ってます)

今回学んだこと

IMG_0002

長年、電源回りって配線しにくいなあ、って思っていた

先にケーブルをハンダ付けしてから入れればいいんや!

次回は熱圧縮チューブを先に入れること(自分に言ってます)

IMG_0080

どんどん配線して

IMG_0084

基板の裏が他の金属部分と接触したりしないように、グルーガンを使ってアクリルなどの絶縁物を貼付ける

何かの電化製品を買ったときの包装物でも充分

出来上がり

IMG_0087

試行錯誤を繰り返し、オペアンプの帰還にもLEDを入れた

Gain下のスイッチでそのLEDのOn/Offができる

めちゃめちゃ歪ませたいときに、このLEDをONにするとコンプ感が増してそれっぽい?感じになる

LEDは演奏に合わせて光る

Cat-Led

なかなかいい感じ

表面はブルーのLEDだが内部にはクリアウオーターのLEDを接続してある

備忘録

deji-Dist

C3はソケットにしたが、現状100Pのまま

C6とR9はLandgraff-Modにならって逆につけた

D1,D2は1N4148にした

RV2は100KΩCカーブを逆につけてToneとした

R11はアースに落とさず、ジャンパーでBiasにつないだ

Q1はソケットにした、とりあえず2N5458

前述のように、オペアンプの帰還、2番と6番の間にLEDを入れてスイッチでOn/Offができるようにした

これ!予想を遥かに上回ってすごくいい!

ボリュームのつまみはもうちょっとカッコいいのに交換しましょうね

最後までありがとうございました

 

proco ratの製作04

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratを自作改造する

その第4話

前回、ダイオードクリッパを試して迷宮入りし

その後膨大な実験を繰り返した

途中経過は多すぎて書けない

回路についての実験

deji-Dist

R4−1MΩ

ランドグラフのMo-Dでは外されている

やってみるとパッシブのギターだとトレブルが少し増える感じがする

これはオペアンプの入力インピーダンスの変化によるものと思われる

この回路だと入力インピーダンスはR4−1MΩR5−1MΩの並列合成値500Ω以下になると思われる(C8-1000pFも影響するので)

しかしながら、取っ払うとスイッチングのポップノイズの心配もある

私の場合はどこかにバッファーをはさんで、インピーダンスを下げるに違いないのでR4−1MΩは残すことにした

この2本の抵抗を2MΩにする手もあるが・・

R5−1MΩ

この回路では、R6-1kΩの手前につながっているが、R6-1kΩの向こう、オペアンプの3番に直接つながっている回路図もあった

やってみたが、違いが分らず、このままで行くことにする

C5-100pF

オペアンプの帰還に入っているC5-100pFで歪ませたときの耳障りな高音をカットしている

オリジナルのRatでは51pFか

この部分はソケットにしておいて完成後にも試せるようにした

R11−1MΩ

この回路ではFETのゲートからアースに落ちているが、ネットの回路図によっては1/2Vccの落としてあるものもある

試してみると・・

音の出方が違う!!

1/2Vccの方がすっきりしているように感じる

アースに落とした方がしっかりした音?言葉で表現するのは難しい

先にFETを比べてみよう

2SK30A-Y

キットに付属のパーツ

これをデフォルトとしてモディファイしていこう

2SK117など

2SK117・170・184など、色々試したがいずれも歪み過ぎたり、チーチー細くなっていく

2N5458

オリジナルのRatは2N5458らしい

これでないとダメだという情報もあり、取り寄せた

IMG_0016

国産のFETとは足の順番が違うので、写真のように工夫して取り付けた

なるほど、デフォルトの2SK30A-Yより歪み感が少なく、かつ太くなる傾向で、いい感じ

 2SK30A-GR

大番狂わせ登場

いつも使っている2SK30ATM-GRが、これが番狂わせ

すごくいい

2N5458とどっちにしよう?

何しろ大番狂わせなのだ

・・・つづく・・・

 

proco ratの製作03

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratを自作改造する

その第3話

昨日の記事でダイオードクリッパーを試した

オーバードライブモード

こちらの松美庵さんの記事ではオペアンプの帰還(2番と6番の間)にLEDを入れたオーバードライブモードを追加している

試してみると、当然のことだがオリジナルとは全く別物になる

音量が上がり、音も太いがサスティンは減る傾向

オーバードライブ風に使うなら、これはこれでいいのだが、今回のRAT-Project?のコンセプトからは離れるかな?

ところが!

W-クリップ?

昨日のD1、D2のダイオードでクリップさせ、さらにオペアンプの2番と6番の間にLEDを入れてクリップさせると

deji-Dist

コンプ感が増して、サスティンも伸びる

これ、面白い

実験やり直し

実は出力部のFETも同時に色々交換して試していたが

このW-クリップを採用するなら、昨日のクリッピングダイオードも含めて、実験をやり直さないといけない

LEDの種類によっても印象が違う

IMG_9878

LEDは赤色でないとダメだと思っていたけど・・

ハードに歪ませるなら青色もいける

その他の色も個性が違う

帰還にシリコンやゲルマニウムのダイオードを入れている改造記事も見つけた

D1、D2との組み合わせになると、何通り考えられるだろう

わあ、どんだけ試さなあかんねん!?

頭クラクラする

ふう

自作の道は遠くて険しいなあ

 

proco ratの製作02

ギターの音を歪(ひず)ませるエフェクター

Distortion(ディストーション)の部類に属するProco Ratを自作する

その第2話

デジットで買った基板で手っ取り早く

IMG_9555

ハンダづけした基板

お菓子の空き缶などを利用してインプットとアウトプットのジャック、ボリュームなどを固定

向こうに見えるのはブレッドボード

IMG_9759

パーツや定数を変更したいので

部分部分でソケットにしたり、空中配線して実験をする

ブレッドボードでパーツをとっかえひっかえチェックする

IMG_9756

組み上げて直ぐは音が出なくて焦った

最近、音が出ないなんてことなかったから

空中が多すぎたね

こういう時は頭を冷やす必要がある

2〜3日放置してからいろんなところをチェック

私もミスってたけど、メーカーの回路図もちょっと間違ってる

説明書どおりに作るなら何の問題も無いのだが

音が出た

すごくいい音

低域も高域もちょうどよく出ていて、かつ太い音

中域の鼻のつまった感じもよろしい

思い切り歪ませても太くていい音

Ratってやっぱしいい音だったんだね

昔持ってたヤツはハズレだったのかな?いやいや、何かが違ってたんだと思う

ダイオードクリッパー

先ずはダイオードクリッパーから選び直してみよう

http://www.kyohritsu.jp/eclib/DIGIT/KIT/distortionkit.pdf

deji-Dist

共立のpdfの回路図D1、D2のダイオードでクリップさせて歪みを作っている

このダイオードを色々試してみた

IMG_9879

1S1553

キットに付属のパーツ

これをデフォルトとしてモディファイしていこう

1N914

オリジナルのRatは1N914であるらしい

1S1553とよく似ている 聞き比べないと分らないくらい

1N4001

整流用ダイオード Zendriveの時もそうだったが、上の2つよりも太い音で好み

整流用ダイオードはシリコンより歪み感が少なく感じる

1N4007

整流用ダイオード 上の1N4001が50V1Aに対して、1N4007は、1000V1A

4001とよく似ているがこっちの方が丸い感じ 4001の方がトレブリー

1N4148

お、これだな!と感じた

芯のある音で良く歪むところもいいが、ギターのボリュームを絞った時の感じが好み

914より4148かなあ

LED

音量がぐっと上がる

オペアンプの帰還にクリッパを入れたオーバードライブ系のLEDの歪みは好みだが、この回路には合わない気がする

その他

各ダイオード3本を非対称にしたり、色々なダイオードを組み合わせたりもした

Zendriveで試したMOS-FETの2N7000とダイオードの1N34の組み合わせも試した

が、この回路には4148-2本の対称が良い気がする

LandgraffのMo-dというRatモディファイモデルは1N4148の対称、非対称をスイッチで切り替えられるようになっているようだ

1N4148-3個で非対称にすると、音量が上がるが歪み感は少なくなる

今回のRat改造版はハードに歪ませて使いたいと思っていたので、非対称は必要ないような気もする

どっしょっかなあ

今日はここまで

 

proco ratの製作01

エフェクターでござる

Proco Ratはギターの音を歪ませるDistortion(ディストーション)の部類に属する

歪みものは多数所有しているが、これまでマイルドなOver Drive系を好んで来た

最近、もっと歪んでくれるDistortion系が好きになって来た

BossのDS-1Xも買ったしねえ

IMG_7806

歪み(ひずみ)

有名な歪みものといえば

OverDriveではOD-1とかTS-9とかOD-808とか

DistortionでいえばMXRのDistortion+に始まってBoss Ds-1、そしてこのProco Ratsだろう

Pro Co RAT

1978年にプロトタイプが製造され、79年から量産されるようになったようである

どんどんモデルチェンジされ、RAT2、Turbo RATなども発売された

私は再生産された、でかいケースのVintage Ratを所有していたことがあったが、使いこなせず売却した経緯がある

「当たりのRat」などという言葉もあり、ばらつきのめっちゃ多い製品でもあるらしい(ホントかなあ)

自作して正しいRatを手に入れようと思った

デジットのkit

こういうKitを見つけた

http://www.kyohritsu.jp/eclib/DIGIT/KIT/distortionkit.pdf

DelayのKitを紹介したときに見つけたのかな?

回路的には完全にRat、それも結構忠実に古いタイプ

作ってみよう、そうしよう!

 共立エレショップに注文

IMG_9510

ついでにいろいろ注文したよ

ワクワクする

基板

IMG_9555

両面に印刷された美しい基板だ

ゆっくり楽しんで行きますね