「SuperKowloon」タグアーカイブ

Super Kowloonの製作04

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3からの製作3作目

Super Kowloonの製作第4話 完結編

Fuzzブーム?

最近、ギタリスト達のあいだで、Fuzzがちょっとしたブームになっているかも知れない

楽器店には古典的なFuzzのレプリカをはじめ、多くのFuzzエフェクターが並んでいる

数年前に、Fuzz Factoryというエフェクターの人気が急上昇したことがある

希少価値のあるゲルマニウムトランジスタを使用した高価なエフェクター

Fuzz Factory

Zvexfuzzfactory

発振系といわれるFuzzでエフェクターで発振させることが出来る

発振するので、ギターを弾いていなくてもギュイーンと音を出し続けることが出来たりする

いろんなことができて面白い

私は偶然にも?そんな希少なゲルマニウムトランジスタを所有していた?ので作ってみたことがある

偶然にも?だなんて嘘っぽいね

IMG_0320

ボリュームが5つもあって、その組み合わせは無限大!

めっちゃ発振してとんでもない音が出て面白いのだが

音楽ジャンルを選び過ぎるというか、使う場面が想像できなくて写真の状態で断念した

うーーん、また試してみようかな

今回のSuper Kowloon

IMG_0311

ほとんど大塚氏の作例どおりだが、

すべてのバイパスコンデンサーは以前にSuper Edgeの時に試して好印象ののルビコン、ポリエステルフィルム0.1μ←まちがひ

東信工業ポリプロピレンフィルムコンデンサ 2AUPZ 0.1μ

初段のFETは2SK117-BL

2段目、3段目のMOS-FETは2SK1132

SuperEdge2の時と同じにした

あとは本の作例どおりかな(後述あり)

伝統的なFuzzの発展系だと思う めっちゃ唸る!

発振はしないが、かなりむちゃくちゃな音も出せる

が、倍音がたっぷりでぶっとい!楽しい

ノイズ対策?

昨日の記事でも書いたノイズ問題

いろいろチェックしたが、エフェクター内部でノイズが出ている

配線の問題などでもなさそうだったので、そういう回路なのだろう

むちゃくちゃに増幅しているから仕方ないのかも?

「Fuzzはこんなもんだ」とも思うが、やはりちょっと対策してみた

クリッピングのダイオードを取っ払うと音量が上がるのでノイズも少なくなる、が歪み感も少なくなる

Fuzzなので、思いっきり歪ませたい

色々試した結果、ダイオードをシリコンからクリアーグラス?の青色LEDに変更することで適度な音量と歪み感を確保できた

IMG_0317

Gainを上げ過ぎなければ許容できるレベルのノイズになった

一応、これで完成とする

ミレニアムバイパスについて

動作に大きな問題があるわけではないので、深く考えず、良しとする

9本足のフットスイッチが安価に手に入るようになったので、こういうややこしいことはもうしないと思う

御免!

 

Super Kowloonの製作03

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3からの製作3作目

Super Kowloonの製作第3話

第1話第2話から時間が経ったが

一気に組み上げた

IMG_0314

IMG_0318

前にも書いたが、Super Kowloonは、SuperEdge2にハニーファズをプラスした様な回路

右上がSuperEdge2部分、左がハニーファズ部分

スイッチ上の白い熱圧縮チューブ内にはミレニアムバイパス回路が入っている

ミレニアムバイパスは、6本足スイッチでバイパスとLED点灯を実現できる

飛び道具

IMG_0311

古典的、伝統的?なFuzzの進化系と云えるんじゃないかな

めっちゃヤバい音が出せる

ただ、ノイズも多い

ミレニアムバイパスは設計のミスかな?プラグを差すとOn/Offにかかわらず、必ず点灯

その後はすぐに安定するが・・

もうちょっと試して報告する

今日はここまで

 

Super Kowloonの製作02

凶器系Fuzz

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3

HMP3

この本の作例からのエフェクター製作3作目

Super Edge2の発展系?

同じFuzz研川崎出張所さん設計のFuzz(凶器系らしい)Super Kowloonを作ってみたくなった

そんなときに発見した100円の基板

エレキジャックの基板

IMG_0042

大塚明氏が監修した雑誌の付録だったらしい

この基板でSuperEdge2が作れる

IMG_0046

SuperEdge2は、以前には基板から作ったから、今回はめっちゃ簡単

あっという間

Super Kowloonは、SuperEdge2にハニーファズをプラスした様な回路なので、これにプラスアルファーすれば良い

基板製作

IMG_0146

左側が新たに作った基板

まだまだヘタクソだなあ

作りながら基板の穴が大きすぎることが判明

基板用には0.8mmのドリルが適するようだ

今まで1.1mmぐらいのものを使用していた

0.8mmのドリルを発注、次回からはこれで!

ケース

IMG_0144

以前に、Sound & Recording Magazineのセミナー記事から「Sakura 1966 Fuzz」を製作したが

どうやっても良いと思うサウンドにならなかった

その残骸を利用して製作することにした

いつもは9本足の3PDTスイッチを使ってトゥルーバイパスにしているが

今回初めて6本足DPDTスイッチ(残骸)を使ってミレニアムバイオパスも試してみることにした

今日はここまでにしておきます

 

Super Kowloonの製作

うわあ、また製作?

歪み

ご存知のようにロックギターの音はギュイーンと歪んでいる

これまで、個人的にはナチュラルに甘く歪んだオーバードライブサウンドを好んできた

それが最近になって、もっと歪んだディストーションが好きになった

BossのDS-1Xを買ったり

IMG_7806

Proco Ratを作ったり

IMG_0087

さらにはもっと過激に音をつぶしてしまったFUZZ(ファズ)にまで手を出すようになった

きっかけはこれ!

Super Edge2

IMG_9476

閑話休題

故人、忌野清志郎氏はタイマーズの頃「今まであんまり歪んでない方が好きだったんだけど、今は思いっきり歪ませたい」とか

「いままで、エフェクターは無い方が好きだったんだけど、最近はなるべく多くつなげたい」とか発言していた

故人、プリンス氏の最後の(←まちがひ)1996年の日本公演を観に行ったが、彼はその時、足下にめちゃめちゃ多くのエフェクターを並べ

自分で!足を伸ばして!踏み替えてプレイしていた

(彼ぐらいのビッグネームになると、エフェクター切り換えは自動でするか、スタッフがするのが普通)

短い足を(失礼!)一生賢明伸ばして(それもすげえハイヒール!)踏み替える姿が可愛かった

私もめっちゃ歪ませたい、エフェクターめっちゃ並べたい!のかも?

話を戻して

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3

HMP3

この本の作例からこれまで

Re-ampSuper Edge2を作った

Super Edge2が予想以上に好みだったので、その発展系?

同じFuzz研川崎出張所さん設計のSuper Kowloonも作ってみたくなった

ところが

Super Kowloonは部品数も極端に多く、基板上も密集している

うーーん、と悩んでいたら

こんなものを発見!

IMG_0042

大塚明氏が監修した雑誌の付録だったらしい

ネットの電子部品屋さんで100円!(ジャンク扱い?)

この基板でSuperEdge2が作れる

Super Kowloonは、SuperEdge2にハニーファズをプラスした様な回路なので、これにプラスアルファーすれば良い

ゆっくり行きますね