砥石面直し

ウクレレのアレンジ、録音もやっとこさ一段落

ふう

ほっとしているところ

よし、包丁を研ごう!

脈略がないように聞こえるかも知れないが私の中では完璧!

ところが・・・

砥石はだんだん減ってくる

砥石の表面がフラットでない

これでは上手く研げない

よし、面直しをしよう

面直し

包丁を研ぐ際の重要なことのひとつ

砥石の面は水平であること

プロの板前さんの砥石は常に水平である

それは常に面直しをしているから

砥石を研ぐ

私は「中砥石」と「荒砥石」のふたつを私有している

この2つを擦り合わせることで水平にするのだ

その前に

ご注意である

「中砥石」も「荒砥石」常に片面しか使わない

両面使うとどんどん変形していく

特に「荒砥石」の片面を水平に保っておくことで、その荒砥石の水平面を使って中砥石の変形面を削り、水平にするのだ

やり方

充分に吸水させた中砥石を台の上に置いて、上から荒砥石を上下左右にこすりつけて研ぐ

どうしても真ん中がくぼんでいる

研いでいくと、端の方の高い部分が削られ真ん中の一番くぼんだ所か最後まで残る

さらに頑張って研いでいくと、真ん中のくぼみも消え、真っ平らになる

仕上げ

最後に角の所を削り、面取りをする

角が尖っていると、手を怪我しそうで危ないから

適当に荒砥で削ればよろしい

真っ平ら

IMG_7493

砥石2挺(ちょう)

IMG_7491

左が荒砥、右が中砥

アフター写真だけで残念

ビフォアー写真撮っとけばよかったなあ

反省!

そして

もちろん包丁を研いだ

何か切りたくなるんだよな

IMG_7573

ふふふふ

 

鬼と鬼嫁篇

AuのCMは大好きで、以前にも何度か取り上げた

今回の「鬼ちゃん」も大好きなキャラクターだ

鬼と鬼嫁篇

桃太郎「こちら、鬼の鬼ちゃん」

鬼ちゃん「うぃっすどうもっす」

かぐや姫「いつもお世話になっています」

鬼「可愛い奥さんじゃないですか」

桃「そーんなことないよぉ」

か「おい」

桃「・・・ええっとぉ、鬼ちゃん家はどう?」

鬼「あ。ウチ5人目生まれたんですよ」

浦島「子供いんの!?」

金太郎「結婚してたんだ!」

鬼「家族一人ひとりを養う的な」

浦「で、どんな奥さん?」

鬼「あ。・・鬼嫁です・・」

一同笑う

桃「あ~一緒~」

か「オイ!」

一同凍りつく

金「てか育児とかしてんの?」

鬼「自分イクメンっすよ~」

浦「今っぽい~」

ラストの

ikumen01

鬼「自分イクメンっすよ~」

ikumen02

ピースサイン

ここがたまらなく好きっす、どうもっす

鬼ちゃん演じる菅田将暉(すだまさき)氏は大阪出身の俳優でありモデルでもある

デビュー作は仮面ライダーシリーズであったらしい

なんか今後をめっちゃ期待してしまうな

 

ところで!

一寸法師

もうご存知の方も多くおられるかと思うが・・・

Auの一連のシリーズには「隠れキャラ」として一寸法師が出演しているとのこと

issunboushi01

鬼ちゃんが座っている座布団の角

何かちっちゃいのが座ってるでしょ?

シリーズで一番新しいCM

お供の秘密でも

issunbousi2

灯籠の上に何かちっちゃいのがいるよね

面白いなあ

お勉強しよっと

忙しいのは間違いないのだが・・・

日記ぢゃの更新を2日も?休んでしまった。

毎日訪問してくれている人もいるみたいだから・・

ごめんね

すんげえバタバタしてます。

 

文化の日

昨日は文化の日だった

11/3は「晴れの特異日」であるらしい

いい天気だったねえ

「文化の日」は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日とされているようだ

秋は運動にも読書や勉強にも、芸術にもいい季節だ

四季を大切にする日本人にはよい祝日だと感じる

よおっし、勉強しよう

最近、電気のお勉強をしていなかったかも知れない

IMG_8191

定本「トランジスタ回路の設計」とその続編

1冊目はトランジスタを、2冊目はFETの回路について解説している

2冊一気に購入した際はめっちゃ頑張って読んでいたが、途中で挫折してしまった

これをきっかけにまた勉強してみようと思う

サウンドクリエーターのための電気実用講座

IMG_8194

大塚明氏著

電気関係の書籍、特にエフェクターに関する本はいくつも持っているが、最も勉強になったのはこれ!

オペアンプ(IC)の使い方はこの本で学んだ

これはリットーミュージックから出版されていた物の再出版もの

リットーミュージック版を持っていたのだが、どこかに紛失してしまったので再購入した

そのくらい大切なmめっちゃ勉強になった1冊!

ググったら

著者の「大塚明」氏でググったら20年ぶりに新作のエフェクターの本を出版されている様子

おお、めっちゃいいタイミング?なのかな?

購入して勉強せんといかん

 

ところで・・・

再び文化の日

元は昭和21年(1946年)11月3日に日本国憲法が公布されたことにある

が、もっと元々は明治天皇の誕生日であったそう

天長節(てんちょうせつ、今でいう天皇誕生日)という祝日であった

その後、昭和2年(1927年)から11月3日は明治節(めいじせつ)という祝日となった

明治天皇の誕生日を上手に残したかったんだな、きっと

そういえばオカンは「昔は明治節っていうたんやで」などと言っていたような・・・曖昧な記憶

バジル収穫

最近、朝晩が寒くなって来たからかな

バジルの元気がなくなってきた

IMG_8170

収穫しよう

IMG_8171

一株は枯れていた 残念

葉っぱをはずして水洗い

IMG_8175

冷凍保存する方法やら、塩漬けにする方法もあるらしいが

やっぱ乾燥が最良と判断

電子レンジでチン

IMG_8179

天日で乾かすののいいかも知れないが、、、

枯れてしまうのは絶対よくない

なので電子レンジで

1分ごとに様子を見て、トータル5分くらいかかったかな?

砕いて瓶などに詰めて、乾燥剤などを入れておけばいいと思う

レバーペーストのサンドイッチ

昨日のレバーペーストでサンドイッチを作った

トーストにパテ

IMG_8160

パンはいつものように軽くトースト

レバーペーストを塗った

反対側はスライスチーズ

これもいつも通り

ベーコン

IMG_8162

ベーコンを焼いて乗せた

 トマト

IMG_0486

スライスしたトマトとケチャップ

ケチャップ、ちょっと多かったかなあ

レタス

IMG_0497

レタスとちょっぴりマヨネーズ

出来上がり

IMG_8164

すごいな、これ

レバー好きには、たまらんぜよ

レバーペースト、こうやって食べると昨日より美味い

よくできました

レバーペースト

「鶏レバーのパテ」と言った方が美味しそうかな?

これまでは鶏レバーを「茹でて」作る方法を採用して来た

茹でる温度を70〜80度くらいに保つ!という難しさはあるものの、上手くできたときは感動する味になる

今日は先日、某国営TVで放送された内容でやってみた

材料
タマネギ(角切り)100g
鶏レバー 200g
ナメコ 100g
バター 15g
塩 3g
コショウ 適量
水 大さじ1
シェリービネガー(お好み) 適量

フライパンを温めバターが溶けたらタマネギを入れてきつね色になるまで炒める

レバーに火が通ったらナメコを入れて加熱し塩、コショウで味を調える

フードプロセッサーに入れて粉砕する

※ お好みでシェリービネガーを入れるとさらにおいしい
※ 冷蔵庫で5日ほど保存可能

というものだ

出来上がり

IMG_8152

フードプロセッサーにかけると、なめこのとろみ?がどんどん出て来て、とろっとろ、ふわふわになる

食べてみると、フワフワ感はたいへん良い

言われなければ「なめこ」が入っていることは絶対気付かないだろう

が、それ以上の感動はなかった

思い起こすと・・・

番組後半の料理実践のコーナーは駆け足だったけど、Y.まみちゃん、ノーコメントだったなあ

良かった点

茹でて作ったレバーパテはすぐに酸化、変色して味が落ちるが、このやり方ではそういった現象はほとんどなかった

レストランでも、美味いレバーパテに出会うことはそう簡単ではない

バターや生クリーム、ニンニクやその他の香辛料を入れ過ぎていて胸にもたれるようなものも経験して来た

そういう点ではこのレシピはさっくり軽くて美味いと思う

機会を見つけて「茹でる方法」も紹介する

乞うご期待!

腕時計の電池交換

古い腕時計

以前に父の形見であるSEIKO Linerを紹介したことがあったが

今日のは古いとはいえ、SEIKOのクオーツ式

長く使っていなかったが,電池交換してみることにした

Seiko7820

ぼろぼろになったベルトを外してクリーニング

IMG_8134

JAPAN 7820-5070 Tとある

IMG_8128

SEIKO

STAINLESS STEEL

7820-5050

811919

表には 7820-5070 T

裏には 7820-5050

この微妙な番号のずれは何だろ?

電池交換

SEIKO7820-2

裏蓋を開けて、電池の番号を確認して,新しい電池を購入

入れ替えると、すぐに元気に動くし、すごく正確!

流石 Japan MadeのSEIKO

裏蓋内側

IMG_6132

手書きで「59.12.16.」と記してある

日付?

1959年ではないだろうから、昭和59年?

こんなところに昭和の年号書くかなあ?ちょっと不思議

ベルトも交換

IMG_8125

なんかシンプルで、可愛い感じになったでしょ

「超」整理手帳

手帳を新調する季節が近づいて来た

私は長年、この「超」整理手帳(ちょうせいりてちょう)を使っている

ベストセラー「超整理法」で有名な、野口悠紀雄氏の考案した手帳である

かなり前であるが、その「超整理法」を読んで、それとなく実践してみたら自分の性格に合っていた

で、この「超」整理手帳も購入してみたのが始まり

chou

「超」整理手帳

A4横四つ折というサイズで、8週間が一覧できるジャバラ式のスケジュールシート(予定表)が4本差し込まれた独特の形

IMG_8116

「超」整理手帳が8週間が一覧可能になっている理由は、「時間管理のためには、長期的なスケジュールが一覧できなくてはならない」という野口氏の主張 に基づく

確かにがばっと拡げると、時間の感じは分りやすいかも知れない

「すっげー使いやすーい、接しやすーい(ロバート)」とは思わないのだが

何となく使い続けている

ただ、A4に準拠したサイズというポイントはたいへん面白い

A4の紙がそのまま差し込める

例えば「電話帳」などはいった「よく使う項目が徐々に変化するような事項」について

PCにファイルを用意しておいて、それをプリントアウトしてこの手帳に差し込んでおくことが出来る

たいへん便利な方法があったが、スマホを常に持ち歩く今となっては、あんまり意味ないかな?

chou02

使い続けているのは、いわゆる惰性かな

2016年版も買ってしまった

ウクレレレコーディング

先日の記事で少し紹介したかも知れない

ウクレレソロのアレンジと演奏、録音を依頼された

アレンジ

先ずはアレンジして譜面を製作

inochino

出版されるものだから、ちゃんと書かないといけない

ちゃんとアレンジが決まってから録音する

録音する

IMG_8087

最近出番のなかった、初期型RODE NT-1

最近はMXL990ばかり使っていたが、久しぶりにRODEの登場

RODE NT-1はMXL990よりHigh上がりな特性を持っていると思う

今回試してみて良かったから使ってみよう

後ろに服が掛けてあるのは吸音材の代わり、反射音の調節

ウクレレ

IMG_8092

「楽モデル」にピックアップを取り付けた

ピックアップの取り付け位置によってサウンドは大きく変わる

いつも(Low-Gの場合)は、ブリッジの下(写真で言うと右側)に付けていたが、今回は内側に付けた

写真のピックアップの位置が「ふくよか」なサウンドで、マイクで録った音とミックスすることで良い効果があると判断した

プリアンプ

IMG_8094

ウクレレのピックアップからの信号は、先ず自作のプリアンプで受ける

FET1石で作った簡単な回路であるが、インピーダンスを下げ、ケーブルによる音質劣化を軽減し、ノイズを受けにくくする

ウクレレからは近い方がいいので短いケーブルでつなぎ、このプリアンプはポッケに入れて演奏する

リミッター

IMG_8090

次にこの機材を通す

Sound & Recording Magazineの記事から製作したステレオリミターである

これはたいへん重宝している

また詳しくはいつか紹介することにして・・何しろいい感じに「ちょっと潰して」くれる

もちろん片チャンネルのみを使用する

リミター電源

IMG_8091

これはすんごい意欲作

+15V -15Vをリミターに送る電源

このリミター以外にも+15V -15Vを必要とする機材は多くある(というか作った)ので、それらにクリーンな電気を供給するための機材

安定した電気を送るため、でっかいトランスを導入したから、なかなかの重量がある

うふふふ(ドヤ顔)

電源ケーブル

IMG_8105

その+15V -15Vを機材に送るための専用ケーブル

これも意欲作、めっちゃ考えて作った

秋葉原の「オヤイデ電気」で調達した電線(撚り線)3本を三つ編みにし、熱圧縮チューブでカバーした

手前に見える端子(3つの穴)は、それぞれ+15V、0V(アース)、 -15Vとなっている

すんげえマニアック!

うふふふふ(めっちゃドヤ顔)

PCへ

DAW

そして信号はMOTU Ultra Lite mk3で受けてデジタル化されてPCに送られる

Digital Performer

IMG_8100

PCはMac、DAWソフトはDigital Performer

画面で同じような波形が2つあるのは、マイクで録った音とピックアップで録った音

最終的にうまくミックスして仕上げる予定

ミキサー画面

IMG_8103

MOTU Ultra Lite mk3には、CueMix FXというミキサーソフトが付属している

すごく多機能で、いろんなことができるらしい

が、マイク入力にLow-Cutを入れたり、ちょっぴりコンプをかけたりぐらいにしか使っていない

でもなかなか重宝している

要らないノイズを録らないように、マイク入力のLow-Cutは必須

「さぁ」!

3曲録らなければいけない、頑張って行きましょう

さぁー

ミュージシャン・かつらけいのすけ・のホームページ