砂肝のやわらか炒め

先月、「砂肝のやわらか煮」を作って、うまくいったので、もう少し研究してみたくなった

圧力鍋

圧力鍋で水から煮たらいいんじゃないか?と考えた

作り方

砂肝は銀皮を外して食べやすい半分にカットした

銀皮は外したが、実験的に一緒に煮ることにした

圧力鍋に砂肝と、ひたひたの水を入れて加熱

圧力がかかってから15分加熱し、その後放置

すっかり圧力が抜けてから開けてみると

めっちゃ柔らかーーーい

銀皮も柔らかーーい

次回は銀皮つけたまま作ろう

やった、めっちゃ手間がはぶけるぜい!

味付け

フライパンに少量の胡麻油を入れ、よく水を切った砂肝、ニンニク、細かく切った長ネギと共に炒め

コショウ、オイスターソース、創味シャンタンDXで調味した

出来上がり

IMG_8830

めっちゃ中華

柔らかくて美味い

これはビールですわあ

 

鶏レバーのパテ

以前に「レバーペースト」という題名で記事にしている

その時は、某国営TVで放送された内容で作ったのだが、失礼ながら「こんなものか」という感想であった

メニュー名を変えてちゃんと作ることにした

鶏レバーのパテ

スーパーで「良さげな鶏レバー」を見つけた

パックの約半分がいわゆる「白レバー」で占められている

美味そうだ

よし「正しいレバーのパテ」を作ろう

作り方

ポイントはひとつ

茹でる温度を70〜80度くらいに保つ!

である

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

水につけて血抜きをする(5分くらいか)

長く水につけておくと栄養分までもが失われると思われる

塩水につけておくと良いとする意見もあり、試行錯誤されたし

蓋のできる保温性のある鍋に湯を沸かし、火を止めて

そこに切ったレバーを入れてグルグルッと回したら蓋をして、できればバスタオルなどにくるんで保温する

数分〜10分くらいででき上がる

本日はこの鍋にすり下ろすためのニンニクも塊で放り込んだ

レバーを触ってみてプリン!と弾力があればでき上がっている

分らなければ、切ってみればよい

温度が足りなければ少し加熱する(30秒くらい?)

レバーの中心温度が60度くらいになっていればOK

中心が少し赤いくらいの方が美味いので、新鮮なレバーで調理すること

固くなってしまうと美味くないし、高温にすると匂いが強くなるので充分に注意する

ざるに上げ、キッチンペーパーで水気を切ったらすり鉢ですりつぶす

おろしニンニク、粒マスタード、塩、コショウで調味すればよい

今日はあえてフードプロセッサーを使わなかった

次回は使ってみて比べるつもり

出来上がり

IMG_8825

今日のスペシャル

粒マスタードがほとんどなかったので・・・

風味付けにクリームチーズのKiriを少し加え、最後に牛乳で固さを調節した

これが大成功!

スペシャルな一品となった

美味い

ワイン

これはまちがいなくワインでしょう

ワインを切らしていて・・・

思わず赤ワインを買いに走りましたとさ

めっちゃうまーーい

 

Re-ampの製作02

大塚明著、ハンドメイド・プロジェクトver.3の「REVERSE DI」を製作する その2

IMG_8740

ステッカーを貼ったケースに

IMG_8756

調節用のボリュームを付けたり

IMG_8757

入出力のジャックを付けたりするための

IMG_8759

穴を空けたりするわけ

IMG_8762

ボリュームを取り付けて

IMG_8761

裏はこんな感じで

IMG_8763

配線する

IMG_8767

基板四隅についているのは、本来はケースにネジで固定するためのスペーサーであるが

今回は見た目重視なので(上面にネジを出したくない)

2液性のエポキシ樹脂で接着した

固まるまで大きめの洗濯バサミで固定した

完成

あっという間ではないが

比較的容易に完成した

reamp

いろいろ試して、作例に載っているグランドリフトスイッチは、必要ないと判断したので省略

入力もキャノンではなく絶縁型ステレオPhoneのみとした

Volumeは50kAカーブ
Impedanceは500kBカーブを採用した

Impedanceのボリュームは本の作例とは逆に付けた
フルにすると0Ω、絞ると500kΩ

その方が直感的に使いやすいと思ったので

これ、めっちゃ使える

次にギターを録音する時は実際に使用して、その効果も公表しようかと思う

マニアな話、最後までご覧頂き、ありがとうございました

Re-ampの製作01

ハンドメイド・プロジェクトver.3

HMP3

昨年11月に購入したこの本に収録されている「REVERSE DI」

すごく作ってみたかったんだ

Reamp

reamp

売っている製品だと3万5千円

一度録音してしまったエレキギターの音を、もう一度アンプに戻すことの出来る機材

素の音で録音しておけば、どんなサウンドにも変化させることが可能になる

これと同等の機材を製作するのだ

試作

IMG_8716

トランスはサンスイのST−59

めっちゃ簡単な回路で解る人だったら写真だけで解るのかも?

回路図どおりに手配線

電池も要らないパッシブ、トランスって偉いね

抵抗はTakmanやらDaleやら秋月の金属皮膜などいろいろ

やっぱピンクのTakmanがきれいね

クオリティは充分だと思う

PCに録音したエレキギターの音を試してみた

めっちゃ面白い

Distortionも自由にかけられる

本に書かれている通りに出力インピーダンス調整用のボリュームを増設してみると、高音成分が変化する

インピーダンスを高く設定すると、その後に接続されたケーブルの性質にもすごく影響される

すごい!

めっちゃ面白い

というか、理論どうりなんだな

本格製作決定!

ケース

IMG_8719

ちょっと余裕をもってTakachiのTM-130を選択

先にデザイン

今回は回路も簡単だし見た目を重視しよう

あれやこれやとすごく悩んだぞ

作例は本物に近いデザインになっているが、上面にボリュームがあった方が使いやすいんじゃないかな?

IMG_8733

先にステッカーを作った

これを使っている

Ef-Stick

エレコムのこんな製品を使っているが、特にはこだわっていない

IMG_8737

上手くカットして

IMG_8740

貼った

今日はここまでということで

 

 

シーチキンの焼き飯

焼き飯

これまで焼き飯は

「パラッパラ焼き飯」

「きゅうりのキューちゃんの焼き飯」

「レタスチャーハン」

「梅の実ひじきの焼き飯」

などを記事にしてきた

今日はシーチキンで作る

やり方を少し変えた

いつもは具材のすべてを先ず炒めるのだが

今回はタマネギのみじん切りのみを少量の塩で炒めた

上手く炒めたら、炒めたタマネギとご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

最近隠し味に使っていたきゅうりのキューちゃんは欠品、残念

冷蔵庫に残っていた賞味期限の切れた「シラス」をぶち込み、「創味シャンタン」で調味した

万能ねぎも少し、刻んで加えた

シーチキンやシラスの塩分を考え、調味料は控えた

シーチキンの油は絞るように良く切り、先にフライパンで少し加熱してからボールの卵ご飯を加え、丁寧に炒めた

いつも通り、隠し味に砂糖をほーんの少し加える

そして醤油で焦がすように味付け

フライパンのどこかにスペースを作って醤油をたらしてじゅわーんてしておいて

そこにご飯にからめて、味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

出来上がり

IMG_8809

うふふふ

今日は具材が地味だが・・

しっとりチャーハンの感じで

優しーい味

紅ショウガと一緒に食べるとめっちゃ美味い

シーチキンの油をよく切っておいて良かった

ペロリ!

 

パンプキン

久しぶりのアイスだ

昨年の暮れ、友人からこんなメッセージが届いた

waguri

友人:セブンイレブンで、こんなの見つけました

もう知ってたかな?

私:おお、

友人:をを、まだご存知なかったですか 是非!

私:食べたの?

友人:今、出かける途中で見つけたので買えませんでした 

Kさん、レポートお願いしまーす!

\(^o^)/

メッセージ

「これ、美味しいよー」というメッセージぢゃなくて

「食べてレポートして!」というメッセージだったのね

なるほど!

責務を感じて買いに行ったが・・・

売ってない

どこのセブンイレブンにも置いていなかった

それから、セブンイレブン見つけるたびに入店して探したのだが、売っていない

たいへんな人気で、すぐに売り切れるらしい

無いとなると、さらに食べてみたくなるが

仕方がない

パンプキン

仕方がないから?今回は「パンプキン」を買ってみた

IMG_8780

メーカーより

味わい豊かでなめらかな食感のパンプキンアイスクリームに、

風味が凝縮されたパンプキンソースを加えました。

素材のおいしさを生かした味わいと、

目にも鮮やかな色合いをお楽しみいただけます。

めっちゃ正直な食レポ

ファーストインプレッション=甘い!

とろっとした甘さ、卵の味も濃厚さをプラスしていると思う

ところが!すごくすっきりしているところがすごい!

なめらかなパンプキンピューレの間にパンプキンソースと思われるつぶつぶ?が入っている

これがスッキリ!を演出してるのかな?

これ、すごいです

想像を完全に超えている

あ、ハロウィーンに合わせた発売だったんだって?

やるな、ハーゲン!

ネットで「不味い」と言ってる人がいたが・・・

うーーん、カボチャが大嫌いな人はダメかもしれないけど・・・

いや、これ、すんごく美味いです

断言します

IMG_8783

 

節分-風習というイベント

数年前の記事を編集して追記した

今日は節分

元々「節分」というのは、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していたようである

が、現在は「節分」といえば春の節分、2月3日を指す

明日は立春

立春が新年と考えられていて、本日、節分は大晦日なのだ

この1年の邪気を祓(はら)うという意味をこめて「豆まき」をするらし い

最近は「衛生上等の観点から」煎った豆をそのまま「まく」のではなく、小さなパッケージ等に入った「商品」を「まく」らしい

あるいはカラ付きのピー ナッツなどをまいたりもするらしい

が、「ピーナッツ」は「南京豆」と書けば日本の節分にはそぐわない感じがする

閑話休題

恵方巻き

ehoumaki

近年「恵方巻き」などと言って、節分の日に「巻き寿司のまるかじり」する風習が世間に浸透してきている

昨日のTVでも「関西(それも大阪)の風習だ」と言っていた

が、大阪のど真ん中で生ま れ育った私も、小さい頃はそんなイベントは経験したことがなかった

諸説あるが、70年代に大阪海苔問屋協同組合が画策した販促キャンペーンから広まった、とする意見もある

ある年の節分の日に、オカンが「だまって北北西?向いて1本丸かぶりするらしいで」

「誰 かに騙されて」巻き寿司を買って来たように思う

そう言えば「今年の恵方は〇〇」「〇〇に向かって黙って丸かぶり・・」等と書いたチラシもあったような気がする

ははーん、海苔問屋協同組合に騙されて来たのか

オカンの感想

「あんな大きな巻き寿司1本も食べたら、他の美味しいもん食べられへんようになる」

次の年「中くらいの巻き寿司」を作ってくれた。すごくうまかったし、うれしかった

私もオニンもすごく喜んだのだと思う

それから以後、節分には毎年のように「中巻き寿司」を作ってくれたように記憶する

そんなオカンを思い出すだけでも風習というイベントっていうのも、いいものだな

 

ハサミ

100均で購入したハサミを使っていた

切れ味が悪かったり、柔らかくてうすいビニールは歯が引っかからなかったり

イライラすることもあった

もうちょっと良いハサミが欲しいなあ、と思っていた

ところが本格的なハサミはたいへん高価で手が出ない

ある日

某Y-カメラの文具コーナーで見つけた商品

コクヨエアロフィットサクサ

kokuyo

刃のカーブに秘密があるらしい

新開発「ハイブリッドアーチ刃」と書いてある

これ、良いかも知れない

IMG_8774

ええ感じやね

PLUSフィットカットカーブ

PLUSからも良く似た商品が出ていて

特徴は同じく刃のカーブにあり、こちらには「ベルヌーイカーブ刃」と書いてあった

ベルヌーイという音の響きにもそそられるな

値段も良く似ていて「どっちにしよう?」と、しばし迷った

ハンドルで決めた

最終的にはハンドルの形で決めた

「左右対称ハンドル」なんてのもあったが、やっぱしハサミは非対称が良いと感じたので

IMG_8771

大きさや用途により、いくつも種類があったが・・

エアークッションのハンドルで指の負担、約40%軽減(当社比)

購入したこちらは、300円くらい

700円出せばチタンのものも買えるようだ

で、この商品

おすすめです

新しいからかも知れないけど、

めっちゃ切れるぜい

ふふふ

 

カラオケボックス

昨年12月の出来事であるが、ちょっと記しておこうと思う

ある音楽製作の方から「最近のカラオケの動向?について調査したいので付き合って欲しい」と依頼があり

カラオケボックスに行くことになった

お仕事なので、ここで話していいかどうか,ちょっと躊躇していたが、2月になったし、そろそろいいでしょう、と言うことで

カラオケボックスに行ったことはあったが、カラオケボックスにカラオケを目的に行くのは初めてであった

カラオケボックス

karaoke02

ハモリのパートを教えてくれたりもするんだね

すごいなあ

karaoke01

音程やリズムなどもチェックされて、得点が付く

これはTVでは観たことがあった

上手く歌うと「キラリん」と星がついたり、ビブラートのマークがついたり

うわあ、TVで観たのといっしょやん!

完全に未来が来てるね

IMG_0538

みんなこんな面白いことしてたんだね

初体験の私もすごく楽しかった

とは言いながら・・・

お仕事なので、お店をハシゴして3時間半くらいも歌っただろうか

疲れた

アタマの大盛り

アタマの大盛りをご存知だろうか?

吉野家のメニューである

カラオケの後,お腹が減ったので吉野家に行った

たまーーに行きたくなるんだよな

yoshinoya

「アタマの大盛」とは、「ご飯は並と同じ量で、肉は大盛り」というもの

元は築地の吉野家の「裏メニュー」であったのだそう

アタマの大盛りを食べたのだが・・・あっという間にペロリ

大盛りでもいけた感じ

カラオケって想像以上にカロリー使うんだな

カラオケボックス初体験にして大発見!

 

トーカイストラト06

以前はメインで使っていたこともあるトーカイのストラトキャスター

最近はほとんど弾いてなかったが、今回使えるギターに再生することにした

ヘッド

ロゴなどはもう消えてしまっている

IMG_8741

きれいに磨き上げたクロコダイルロッキングペグを装着

クロコダイルロッキングペグは大好きで、これまでに何セットか購入した

6角レンチで弦を留める仕組みがよくできている

が、専用の6角レンチを忘れると「弦が切れた時にどうしようもなくなる」という欠点から

あっという間に普通のマイナスドライバーで締め付ける形にマイナーチェンジされた

マイナーチェンジ後の製品も購入したが、構造の違いなのか重量の違いなのか何かが気に入らなかった

マニアは困ったものです

ストリングガイド

1弦と2弦のテンションを高めるためのストリングガイドが付いているのだが

これがくせもの

このトーカイは5弦ペグあたりの位置についているが

あかこちゃん(Moonストラト)には

IMG_8754

3弦と4弦の間ぐらいの位置にストリングガイドが付いている

この数センチの差はでかいと思うなあ

トレモロアームを使ったときのチューニングの安定性にも大きく影響する

ちょっと対策を考えないといけない

ピックアップ

IMG_8743

昨日も書いたが

Neck:DiMazio Chopper
Center:DiMazio HS-3
Bridge:DiMazio Fast Track 2

という仕様にしたが・・・

Center:DiMazio HS-3の出力が極端に小さくてバランスが悪い

もうちょっと出力のでかいものに交換したいと思う

電気的に大きくする方法も考えたが、うまくいかない可能性の方が大きいだろう

ボリューム

IMG_8744

ワンボリュームでトーンはない

ボリュームはCTSのものに交換してあるが、なんだか気に入らない

トルクが重すぎるのと、音量のカーブも気に入らない

これも交換したいな

あー、マニアはめんどくさいのだ

蛇足ながらアウトプットのジャックやプレートもぴっかぴかに磨いたぞ

ボディ裏

IMG_8747

トレモロブロックはうすいものを採用

「でかくて重いブロックを付けるとサスティンが伸びる」という説があるが・・

やってみたが、アームの動きが悪くなり、アームの可変域が狭くなり

サスティンが伸びるという印象も特にはなかった

なので、トレモロブロックはうすくて軽いものを採用

トレモロのスプリングは3本ハの字がけ

これもいろいろやってみてこれが一番しっくり来た

あるいはめっちゃぶっといスプリング2本というのもやってみたいな

あまりに錆びているので、これも交換する方向で考えようかな

シム

IMG_8749

ネックポケットの中にシムがはさんであった

かなり前に「自分ではさんだ」ような気もする??

ネックの角度を調整することでプレイヤビリティーもサウンドも大きく変化する

今回、これもいろいろ試してみたが

シムが無い方がサウンドは良い方向に変化した

面倒くさいマニアの話にお付き合いありがとうございました

 

ミュージシャン・かつらけいのすけ・のホームページ