一番搾りスタウト

キリンビールのキャンペーン

IMG_6107

シールを集めて絶対もらえる!ってやつ

嵐がCMしてたアレ!だ。

一番搾り製法こだわり体験キット、48枚でもらえる!特別醸造 一番搾り3本セット

もらえる

「一番搾り」「一番搾りプレミアム」「一番搾りスタウト」
の3本

ちゃんとすべてを写真を撮っておくべきだった。残念!

最後の1本「一番搾りスタウト」

IMG_6110

こんなのも付いてきたよ

ホップ

IMG_6156

食べてもいいヤツと、香りを楽しむヤツ

非売品

IMG_6111

2015年初絞りの麦汁で作った、特別醸造の一番搾りスタウト。と、書いてある。非売品というのが偉いっぽい

IMG_6104

頑張って足付きのビアグラスについだ。

いわゆる黒ビールだが、もちょっと爽やかな感じ。美味かった。

しかし、ビールを写真に撮るのは難しいね

鶏なんば

関東では「鶏南蛮」とか「鴨南蛮」という料理ならあると思う。

それを、関西では「鶏なんば」「鴨なんば」と呼ぶ。

この「なんば」の由来は大阪の難波(なんば)で、難波が葱の産地がだったからということだ。

つまりは

鴨がネギ背負って(しょって)やって来た!

っていう料理なんだな。

すばらしいネーミングではないか!

「南蛮」という名前は私にはしっくり来ない。

あと、「鶏なんばうどん」が存在するらしく、「鶏なんばそば」というメニューもあるようだ。

しかし、私の見解では「鶏なんば」は「そば」しか考えられない。

鶏肉の旨味の出汁でいただく蕎麦はすごく美味い。

うどんとそば

関西で「きつね」と言えば、甘く煮たお揚げの乗った「うどん」

「たぬき」は同じく、甘く煮たお揚げの乗った「そば」

じゃあ、天玉の入ったうどんは・・・

関西では天玉は「天かす」と呼ぶ

なので天かすの入ったうどんは、ストレートに「天かすうどん」、ちょっとオシャレには「はいからうどん」と呼ぶ。

関西のうどん店 では、天かすは各テーブルなどに置かれている無料のトッピングとなっていることが多い。

なので、メニューにその名前は見あたらないかも知れない。

あんかけそば

昔、京都で「たぬき」を頼んだら、刻んだ揚げの入った、とろみの付いた「あんかけそば」が供されて驚いたことがある。

このあたりは東西の文化の違いだけではなく「秘密のケンミンSHOW」でも明らかなように、その地方地方で食べるものは細かく違うから仕方がない。

つけ汁で

フツーに鴨や鶏肉が入った暖かい「つゆ」の鶏なんばもあるが、写真のようにつけ汁で食べる方が好きだ。

鶏肉を煮て作った濃いめのつけ汁でいただく。

長ネギもたっぷり入れて加熱した。器に注いでから薬味ネギを加えた。

IMG_6116

今日は乾麺の蕎麦を固めに湯がき、流水でしっかりとよく洗い、もう一度湯で温めた。一手間かけると違うぜ。

自己満足でいいんだ。

 

ハンバーグのサンドイッチ

実は一昨日の記事からの3部作

今日はハンバーグでサンドイッチを作った。

6枚切りの食パンしか売っておらず(お気に入りのメーカーのパンでないとヤなんだよな、めんどくさいヤツなんだよな)仕方なく購入。

その6枚切りの1枚を薄くスライスして作った。

粒マスタードとスライスチーズ

IMG_6139

いつものようにかるくトースト

昨日に引き続き、今日も粒マスタードを少し

ハンバーグとケチャップ

IMG_6142

トマト

IMG_6145

スライスしたトマト、たっぷりとね

レタス

IMG_6147

レタスたっぷり、マヨネーズ

出来上がり

IMG_6149

めっちゃ、美味そう。いっただきまーす。

 実は一昨日からの3部作

昨日の記事と比べてみるとよく分ると思う。

昨日のサンドイッチより今日のサンドの方が格段に美味しそうに感じたはずだ。

「料理の写真を撮るということ」という、違うことを考えていては食欲はそそられないのだな。

面白いなあ。

料理の写真を撮るということ

二元中継

今日はソーセージのサンドイッチを食べた。が、それは本題ではない。今日は二元中継で行きたい。

同僚にこんなことを言われた。

「久々にガックラ見たら、料理のブログになっててびっくりした、何か心境の変化とかあったんですか?」

「サンドイッチ、サンドイッチ、アンプ、サンドイッチ、サンドイッチ、アンプっていうのが面白かったです」

「あのサンドイッチは何ご飯ですか?お昼ご飯ですか?お昼からステーキとか食べてるんですか?」

「ケチャップとマヨネーズが多かったですけど、マスタードはステーキのとき以外はつけないんですか?」

IMG_6120

リクエストに応えたわけではないが、粒マスタードを塗った

今日の本題

料理の写真を撮るということ

昨日の日記ぢゃの続きの話かも知れない

人間の五感の中で「味覚」は最下位。一番鈍い

食事の前に料理の写真などを何枚も撮ると視覚が刺激されることになり、これも味を損ねることにつながる可能性がある

IMG_6121

そんなことを言いながら、写真をとっているではないか!ソーセージたっぷりだぞ。

レストランでの撮影

最近(でもないが)、レストランなどで料理の写真を撮っている人(特に女性)をよく見る。

撮っては確認して、また撮って、もう一度確認してまた撮って、そんなことしていては完全に味を損ねる。

ネット上でも「レストランで写真を撮るのはマナー違反だ」とか言って論争になっていたりするが、どうだろう?

IMG_6123

そろそろ二元中継の意味が分かってくれただろうか

記念撮影

旅行などでホテルやレストランで記念写真を撮ることもある

特に海外などで珍しい食べ物や美しい料理に出会ったら、是非写真に残しておきたいと思うのは普通の感情だと思う。

そんな「うれしい感情」で味が損なわれるとは思えない。

そう、人間の感覚は複雑なのだ。

食事をする仲間とのコミュニケーションが最も大きなファクターになっているのも事実。

楽しい会話は食事を美味しくする。

料理の写真を残したい気持ち、それが喜びであり、仲間もそれを楽しんでいるなら、その感情で料理が美味しくなるかも知れない。

だから

さっと撮って、すぐに食べるのだ。

何度も撮り直したり、確認したりなどしている場合ではないのだ。

IMG_6126

そうそう、同僚にこんなことも言われた

「どれくらいキャベツ食べてるんですか?」

手ぶれ写真

以前に「釜玉うどん」の記事で、めっちゃ手ぶれの写真を公開した。それもひとつのメッセージだと思っている

IMG_6129

私は料理の写真の確認は、ほとんどしない。

早く食べたい。少しでも美味しく食べたいのである。

粒マスタードがアクセントになって、美味かった。サンキュ!

食に関するうだばなし

五感

人間の感覚は、触覚、嗅覚、視覚、聴覚、味覚の5つで、これを五感と呼ぶ。

この五感は上記の順番で優位があり、触覚が一番強く、味覚が一番弱いとされている。

味覚はいちばん下

特に味覚は最下位なので、人に触られていたら味は分らないし、強い匂いの中では味が不味いし、見て汚らしいと感じる食事も美味しくいただけない。

航空機の機内食はいくら豪華なものが出ても、エンジン音がうるさいので美味しいとは感じないと言われている。

ところが

人間の感覚はやはり単純ではなく、未知の部分も多い。それぞれが複雑に関係していると考えられている。

五感を騙す?

複雑な人間の感覚をうまく利用しているのが高級なレストランである。

restaurant

聞こえるか聞こえないか、ぐらいのBGM、シックな内装、清潔なテーブルクロス、大きめの皿、美しい盛りつけ。

人間の感覚をうまく騙して?「美味しそうに見える演出」をしているのだ。

何か、まじめそうな話だな。大丈夫か。

チューニングメーター

KORG(コルグ)GUITAR TUNER GT-6

IMG_6093

大学時代に使っていたもの

今だにこれを持っている人はそうはいないと思う。もう使わないのだが、何だか捨てられない。断捨離しようぜ。

それまでたいへん高価だったチューニングメーターが1万円を切って発売され、飛びついた覚えがある。

トリオのロックバンドをやってたなあ。若かったなあ。なつかしいなあ。

このような商品は市場になかったため、製品は世界中で反響をよび、コルグの名はチューナー・ブランドとしても知られることになったという。

KORG AUTO TUNER AT-1

こいつもハードに使ったなあ。コルグのチューナーはすごく優れていると思う。針の動きもたいへん見やすい。

IMG_6099

古いけど、現在も使っている現役バリバリ

自ら音が出るのは、こいつだけじゃないかな?この機能は案外便利で使うことが多い。

BOSS CHROMATIC TUNER TU-12

赤い大きな矢印が光って視認性はピカイチ!

IMG_6088

ステージで使うのにはこれが一番だと思う。

これをエフェクターボードに入れているプロミュージシャンもすごく多い。

KORG DIGITAL TUNER METRONOME TM-40

チューナーとメトロノームの一体型

IMG_6085

ステージで「One・ Two・ Three・ Four」と「テンポ出し」をしなければいけない時がある。

正しいテンポでカウント入れるのはたいへん難しい。

そんな時、こいつを足下にでも忍ばせておけば、すごく安心。

チューニングもできるしね。

KORG AW-2

クリップタイプのチューナー

IMG_6087

ピックアップの付いていないアコースティック楽器であっても、こういうクリップ式であればギターやウクレレのヘッド部分にクリップしてチューニングできる。

小型でめっちゃ高性能、めっちゃ便利

こんなすごいものが2千円程度で誰にでも手に入る世の中になった。すごい。

これから買う人にはこういうクリップタイプをおすすめする。

KORGを買っておけばまず安心なんじゃないかな。

IMG_6096

どんどん小さく、どんどん高性能に、そしてどんどん安くなって行く。未来が来ているのだ。

 

最近雨が多い

私は雨が大っ嫌いだ

雨桜

うっとおしい。それも理由のひとつだろうが・・・

 

自転車通学

高校時代、自転車通学をしていた

家から自転車で通えるその高校に行きたくて、頑張って勉強した

自分で言うのも何だが、めっちゃ頑張った

で、見事?合格して、憧れの自転車通学を始めた

自宅から高校まで、自転車で10分から15分くらい

自転車で飛ばせば、あっという間に到着する

が、電車だとすごく遠回りして乗り継いで、40分くらいかかったと思う

雨だと時間がかかる!!!!

雨坊主

小降りの雨だったら、無理して自転車で行けるかも知れないが、

もっと重要な問題があった。

ギターを持って行くことができない

雨が降ると、学校にギターを持って行けないのだ。

そうなのである。そんなんアカンのである。

雨猫

それ以来、雨が大っ嫌いなのだ。

精神が高校生のままだということか。

シャープペンシル

仕事柄、楽譜を書かなければいけないことがある。

以前は2Bの鉛筆を使っていた。

が、このシャーペンに出会ってからは「これでないとダメ」になってしまった。

Pentel TUFF 0.9

0.9mmの芯を入れて使うシャープペンシル

IMG_6071

2Bの芯を入れて使っている。

楽譜を書く

初めは譜面を書く時だけ使っていたが、今は何でもこれで書くのが一番しっくりくる。

IMG_6073

一般の文具店ではあまり見かけない。

東急ハンズで見かけたら買うようにしていて、5〜6本持ってるかな?

こういう商品、突然廃盤になったりすることもよくある。もう少し買いだめしておこうか。

父の時計

1960年製セイコーライナー

父が大切に使っていた時計である。

もちろん手巻き式のゼンマイで動く腕時計

調べてみたが、多分1960年製と思われる。

IMG_6039

SEIKO ライナー Cal.3140  23石  手巻き

TVドラマ「流星ワゴン」を観て、父のことを思い出した、という話は前にも書いた。

流星ワゴンのチュウさんも1960年代に製造されたグランドセイコーをしていた。

そんなこんなで親父の古い時計を引っ張りだしてみたら、これが案外かっこいい。

ゼンマイを巻いてみたら、ちゃんと動くどころか、めっちゃ正確。1日1分程しか狂わない。

製造されてから50年以上も経つ時計が正確に動くなんてすごい。さすがは世界のセイコーだな、と思う。

ベルト交換

IMG_6043

で、放ったらかしにするのはもったいないと思って、ベルトを交換した。

何となくだが、黒にしてみた。

で、そろそろ気が付いたかなあ・・・・

SEIKOのロゴが筆記体

IMG_6045

Seiko Linerと筆記体で書いてある。筆記体のSeikoの文字がおしゃれに感じる

IMG_6058

裏にも筆記体でSeiko Liner 活字体でALL GOLD FILLED

番号は15010

ネットで調べても、これと全く同じ時計は見つからない。

針の太いものはたくさん見つかるが、針が細いものは少ない。さらにこの裏蓋のデザインのものは見つからなかった。

特別なモデルだったのかも知れない。

時代的に、腕時計が大型に、そして薄型に変化していた時期であったらしい。

そういえば、父はこの時計がすごくお気に入りで,、よく「こんなに薄い」と自慢していたなあ、と思い出した。

少しは供養にもなったかも知れないな。

穴子のコント

昨日の穴子を買ったスーパーでの出来事である。

スーパーで数点の買い物をして当然レジで清算をすることになった。

レジの中年女性、その「穴子」のバーコードを「ピッ!」としながら私に?こう話しかけて来た。

「アナタ、コレタベタコトアル?」

この女性は中国人なのか、韓国人なのか?それも定かではないが,日本人ではないようだ。

私に聞いているのかどうかも分らなかったし、何を言っているのかよく分らなかったので、私は「はあ?何?」的なリアクションをしたと思う。

「アナタ、コレ、タベタコト、アル?」

私は日本語は堪能であるので、ゆっくり言ってもらう必要もないのであるが、今度は穴子を食べたことがあるか?と聞いていることが理解できた。

「有りますけど」と答えた。

「コレ、ワサビデタベルトオイシイヨ、シッテル?」

この人は他人の私に、それも急に何を伝えたいのだろう?よく分らない。

勇気を出して聞いてみることにした。

「なんでそんなこと言うんですか?」

「ワサビデタベルトオイシイヨ、ショウユ、イラナーイヨ、シラナーイカナト、オーモッテ」

このダウンタウンのコントのような状況、なんだこれ?

こういうことが、時々、有るんだよなあ。

穴子のひつまぶし

IMG_6032

ひつまぶしは、たいへん美味しくいただいた。

出汁でいただく2膳目には、わさびも使った。

シーッテルヨソノクライ