ボーカル・マイク

昨日の記事、フレットファイリングであるが、

削ったフレットの上部を台形から山形に整形する作業が難航中

なので、今日はこんな話題で・・・

ボーカル・マイク

以前にレコーディング用のコンデンサーマイクを紹介したことがある

IMG_6258

これはあくまでレコーディング用

で、今日はライブ用のマイクを紹介

AKG(アーカーゲー)D5 Vocal

IMG_0429

新しいダイナミックマイクを入手!

AKG D5(オーストリア製)

ダイナミックマイクの世界標準と言われているshure SM58と比較するとパワーがある

SM58は意図的にLowが切ってあるが、こちらはもっと素直な感じ

ついでに他のマイクも紹介しておくね

Electro-Voice ( エレクトロボイス )  N/D757

IMG_0432

米国製 生産終了品、後継機種はN/D767

もう20年以上も前も入手したボーカルマイク

力強くて大のお気に入りであるが、もうぼろぼろ

手に持つグリップ部分のゴムがぼろぼろになって、一度交換した

その時も8000円位して・・・

またまたぼろぼろになってきているが、次は交換するなら新しいものを購入した方が良さそう

マイクヘッドの周辺も崩壊し始めている

すごく軽いのも大きな特徴だが、ハンドヘルドノイズが大きいので、ハンドマイクには向かないかもしれない

Shure(シュアー)SM57 Beta

IMG_0428

米国製 このマイクは守備範囲が広い

エレキギターなどを録音してもうまくいく

ちょっと吹かれに弱い気がするので、今度ウインドスクリーンを手に入れてボーカルに使ってみたいと思っている

強靭なマイク本体もこのマイクの魅力かもしれない

落としたくらいならびくともしないだろう

IMG_0435

AKG D5 総括

手持ちの3本を比べるとヘッド部がでかい分、効率が良いのだと思う

吹かれにも比較的強い印象

音質的には57Betaに似ているようにも感じたが、こちらの方がちょい繊細か

単一指向性が強い感じがするが、マイクヘッドの形状がフラットになっているので、問題ないだろう

マイクに極端に近づくと、ラジオボイスっぽい感じになる(どのマイクも大なり小なり近接効果はある)

パワーも充分、Low成分もちょうど良くあるし、中高域も抜ける感じがする

マイクをなめるように口を近づけて歌う人には不向き

でかい音のハードロックなバンドより、大人の音楽向きかな?

男性女性問わず使えると思う

ハンドヘルドノイズもなく、ハンドマイクにもいいが、ちょっと重いか?

ヘッド部が大きく、ヘッドを手で覆い尽くすような持ち方は出来ない

逆にそんな悪い持ち方の癖を直すのに?いいのかな?

 

ティンカーベルモデル復活編

以前にも紹介したことのあるティンカーベルモデル

ティンカーベルモデル

IMG_7739

Bill Lawrenceという日本製のテレキャスター

とある画家さんにお願いしてティンカーベルを描いてもらった

東京に出てきてから買ったギターだが、一時活躍しまくっていたなあ

このこには「クロコダイルペグ」というお気に入りのロック式ペグが付いていた

それを「トーカイストラト復活」の際に供出してしまって

糸巻きがなくなって弦が張られていない状態だった

かわいそうだ

ネットでいろんなペグを物色するも、なかなか気に入ったのが見つからず・・・

実は一度、オークションで「クロコダイルペグ」を見つけて入札したが、めっちゃ高価になってしまって断念!

トーカイストラトに付いていたペグ

トーカイについてたペグを付けよう

ビフォア(左)・アフター(右)

IMG_0278

スチールウール(00番手と呼ばれるたいへん細かいもの)で研磨して

その後、

研磨つや出し布ポリマールで磨き上げた

時間はかかるけど、このぐらいピカピカになるとすごくうれしい

この際なのでメンテ

IMG_0355

フレット磨くために、指板に保護テープが貼られた状態の写真

フレットも磨いておこうと思ったら、

ところどころ弦で削れて、でこぼこになっている

これを機会にちょっと修正しておこう

フレットファイリング

X-ファイリングみたいな名前だけど

こちらは「やすりがけ」の意味、要するにフレットを平に削ること

filingというスペリングは同じ!不思議ね

IMG_0359

ファイリングブロック(底辺がまっすぐな木片で良いでしょう)にサンディングペーパーを巻き付けてこする

今回は600番くらいでやってみた

素人がこんなことしていいのかなあ?

良い子はマネをしないでね

結果

IMG_0365

削ってまっすぐになった

でも、削り傷もついているし、

フレットのてっぺんが台形になっていることになる

これをまた丸く削り直さなければいけない

専用の工具もあるようだが・・・

私は手作業で丸く削ります

時間がかかる作業なんだ

今日はここまでにしておきます

 

 

東京づくり-箱買い

47都道府県の一番搾り

まだ当らない

皆さんにあんなに協力してもらっているのに・・

申し訳ないm(_ _)m

頑張って飲んで

頑張って送っているのだが・・・

東京づくり-箱買い

IMG_0416

この「東京づくり」は思い切り好みだ

麦芽のすごくいい香りがする

いつもの一番搾りより、ちょっぴり苦味も感じる

麦芽のコクが濃厚

それでいてキレ!が抜群!

個人的には「傑作」だと思う

期間限定ではなく、定番にして頂きたいくらい

IMG_0420

ワンケースで24缶

シールも24枚だから・・・

これだけ飲んでも、47都道府県の一番搾り

たった2口の応募なんだよなあ

当りたいなあ

 

たらこパスタ・バジルソース編

たらこパスタは、たらこ、酒、醤油、オリーブオイルのみで作るシンプルなのが好きだ

こちらで記事にしている

バリエーションとしては、バターを加えるものや生クリームを加えるもの、

マヨネーズを加えるものも簡単で美味い(ちょっとずるい)

この度、バジルソースを加えるレシピを見つけてやってみた

すごく豪華な味になったので記事にすることにした

たらこパスタ・バジルソース編

ジャガイモは皮をむいて薄切りにする

パスタを茹でる湯に、茹であがる1分30秒前にジャガイモを放り込んで火を通す

フライパンに少量の牛乳を入れ、クリームチーズKiri1/2個を溶かし、そこに瓶詰めのバジルソースを加えた

バジルソースにニンニクが充分に入っているので加えなかったが、適宜調節するといいと思う

明太子を適当な大きさに切り、ボウルに入れて少量の酒で溶いておく

茹で上ったパスタとジャガイモをフライパンのソースであえ、茹で汁で調整

最後に酒で溶いたたらこを加えて出来上がり

IMG_0401

黒胡椒をちょこっと振って

好みでパルメザンチーズをかけて頂く

めっちゃ豪華な味

簡単すぎる表現だけど

お店みたいな味

お腹、いーーーっぱい

 

山口づくり

またまた頂き物でござる

かたじけない

山口づくり

IMG_0398

山口県ってどこやったっけ?と思う都道府県のひとつかもしれない

おいでませ山口!の山口県

本州の一番西に位置し、下関のふぐが有名かな?

私の勝手な印象は「桃!」

小学生の頃、遠い親戚から送ってもらった白桃が驚異的に美味かった記憶がある

IMG_0403

やると決めたらやる!それが山口の人。

そうなんだね

これまで

東京づくり、横浜づくり、千葉づくり、取手づくり、滋賀づくり、京都づくり、静岡づくり

を飲んだ

どれも個性があって、どれも美味しい

有り難き幸せ

山口づくりも正座にて頂き候

 

鶏もも肉の皮パリパリ焼き02

7月13日に記事にした鶏もも肉の皮パリパリ焼き

予告どおりソースバージョンを紹介する

焼くところまでは前と同じだが

作り方

もも肉は丁寧に脂を取り除いておく

皮は残し、脂は極力除く

筋も切っておくこと

フライパンに少量の油を入れ、ニンニクのスライスを炒める

ニンニクを取り出したら、そのフライパンに!塩を振り、そこに鶏もも肉を皮目から投入

弱火〜中火で焼く

その時、皮がパリパリし仕上がるようにターナーなどで少しもも肉をフライパンに押し付けるようにする

両面上手く焼いたら取り出して

そのフライパンでソースを作るが、余分な油があったらこの時点で少し減らすなり、調整しておく

フライパンを加熱しながら、酒、みりんを投入すると大きな火が上がる(気を付けられたし!)

味をみながら、醤油+焼き肉のタレを少し加えて、フライパンの底についた「うまみ?」を溶かすようにこそげてソースを作る

出来上がり

IMG_0387

皮、パリッパリだぜい!

肉の底辺にソースをつけて、白いご飯にワンバウンドさせて頂く

タレがついたご飯がまた美味いんだ!

これもご飯、わっさわっさいけます

 

くちゃっとした豚の生姜焼き

タモリ氏の「豚の生姜焼き」のレシピが好きで、よく作っていた

豚に粉を振るところがミソなのだが・・・

私なりにアレンジ、工夫してブラッシュアップしてきたつもり

そのひとつのパターン

くちゃっとした豚の生姜焼き

IMG_0382

作り方

豚肉の脂の多いところは一部外して細切りにしておく(省略可)

豚肉は広げて薄く片栗粉を振っておく

タマネギは繊維に直角にスライス

フライパンではじめに外した豚肉の脂のコマ切れを炒めて油を出す(多すぎたら調節)

一旦火を消してそのフライパンにタマネギのスライスを並べ、その上に豚肉を「ちょっと無造作に」乗せる

蓋をして蒸し焼きにする

酒・みりん・醤油、1:1:1ぐらいで混ぜ、ショウガのすりおろしを加えておく

豚肉の色が変わったら、一気に調味液を加え、炒め上げる

くちゃっと固まっている豚肉はあえて崩さない

味をみて、醤油や砂糖で仕上げる

特に白いご飯が相手だったら、砂糖を少し入れた方が合うと思う

IMG_0382

豚肉のくちゃっとしたところ、ソースがからんで美味いんだよなあ

ご飯、わっさわっさいけます

あと、最初に入れた豚の脂が茶色いチップになっていて、アクセントになってすごく美味いぞ!

 

proco ratの製作06

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratの自作改造

5話で終わったはずだったのだが

すごく良かったので、さらに改造することにした

(すごく良かったのに改造ってどゆこと?)

もうちょっとLowが欲しいというのが第一

さらには、もうちょっとボリューム絞ったときのクリア感が欲しい

もう少し奥行き感あればいいのになあ(実際には無理!回路設計のプロでも難しいだろう)

deji-Dist

信号ラインのコンデンサーを見直してみようと思う

OutputのC12-1μFがRatⅡでは10μFに変更されているようだ

先ずはこの辺りから探っていくといいのではないか?

その手前のC10-0.022μFも小さすぎてLowが足りないような気がする(素人の勘だけど)

もう少し大きな値を試してみたい

テスト中

IMG_0327

C10とC12について、外に引っ張り出してワニ口クリップでパーツを取っ替え引っ替え、テストする

OutputのC12-1μF

1μFを10μFにすると、当然だがLowが増す

ここで新発見!

この電解コンデンサーはもともと有極性だが、

それをニチコンMuse ES無極性にすると、めっちゃ好みのクリア感が出てきた

タンタルも試したがMuse ESの方が断然好み!

4.7μ当たりが一番お気に入りかな?

C10-0.022μF

C10-0.022μFも他のパーツに交換すると全く印象が変わる

0.1μF位まで上げてもいいかも知れない

ちょっと重いか?

Lowがあり過ぎても音が抜けない

0.033μFとか、0.047μFや0.068μFあたりの定数で試してみたいが手持ちのパーツでよいものが無い・・・

本日の発見

ニチコンの無極性コンデンサーMuse ESは以前から好きでよく使っていたが

やっぱり人には好みがあるのだな、と思った

IMG_0327

ニチコンの無極性コンデンサーMuse ESは、緑色の外見も清涼飲料水の缶のミニュチュアみたいでかわいいし

前から「元気な音」といった印象を持っていた

オーディオファンからは「安っぽい」とか言われることもあるようだが・・・

私はすごく好みなのだと実感した

C3-4.7μF、C4-2.2μF、C6-4.7μFもMuse ESに交換して試してみたい

C10の0.033〜0.068μも含めて、ネット注文だな

ポケモンモンスターがうようよしているという、秋葉原に行くというのも手!だが・・・

今日はここまで

 

ポケモンGo

私は基本的にゲーム機などのゲームをすることはない

ただ、スマホにしてからオセロをしていたことはあった

初心者用のアプリから、めっちゃ強いアプリまでたくさん、それも無料で存在した

だんだん自分が強くなってのが面白くて、一時はちょっとハマった

それでも電車に乗った時、それも立っている時限定で1〜2番程度対戦するくらいのもの

そんな感じの私だったのだが・・・

ポケモンGo

TVでさかんに報道されている

そんなにすごいのか?

ちょっと見てみたい気もする

日記ぢゃのネタにもなるかなあ?

で、何となくDLしてみた

IMG_0372

こんな写真しかなくてすまぬ

たいへんシンプルで簡単なゲーム

ゲームをしない私でも普通に出来てしまう

街を歩くといろんなところでいろんなポケモンが現れる

ボールを投げることでポケモンを捕まえる

街のいろんなところにポケスポットとかいうポイントがあって

GPSやGoogleストリートビューを利用したと思われる仕掛けがある

IMG_0374

日が暮れると、画面も夜になる

まあ、面白いけど、報道されているみたいに、事故を起こすほどはハマらない気がするけどなあ

欠点

めっちゃバッテリーを食う

注意されたし

 

もやしのあんかけラーメン

私は汗っかきだ

熱いものとか辛いものを食べると汗だくになる

大食のタレントの多くが「カレーは飲み物だ」と公言するようであるが

私にとって「カレーはスポーツだ」

話がそれた

一昨日、お茶漬けの記事で登場した「手羽先のトロトロ煮」が少し冷蔵庫に残っていた

ぷるんぷるんに固まっていて美味そう

いわゆるコラーゲン?

ラーメンにすると美味いんだけど・・

でも、暑いもんなあ・・・

よおーっし!

暑い日に、熱いものを食って、思い切り汗をかいてやる

もやしのあんかけラーメン

IMG_9916

スープの味付け

酒、みりんを少量加えて沸騰させたもの+トロトロ煮スープ+水

創味シャンタン・ガラスープの素・そばつゆ

砂糖ちょっぴり

手羽先の出汁がめっちゃすごいので、ちょっとずつ適当に加えても、すごく美味くできる。

麺はいつもの

IMG_6467

(株)マルツネ製の干し中華麺「播州中華そば」

もやしのあんかけ

ニンニクとネギ、豆板醤少しを油で熱して香りを出し

豚肉、もやしの順番で炒めて、塩コショウ、今日のスープを加えて最後に溶き片栗粉でとろみをつけた

先ず普通に?ラーメン作って、トッピング的にもやしのあんをかけた

仕上げにちょっとコショウを振って

薬味ネギは必須!

上半身裸で、思いっきりすする

あっつーい、うんまーーい

IMG_9916

禊(みそぎ)

思いっきり汗をかいたら、水風呂で禊(みそぎ)?をするのだ

風呂の湯船に水を張っておくと、最終的には気温と同じになるはずである(実際にはなかなか同じにはならないけどね)

突然だが、国際水泳連盟の規則ではプールの水温は摂氏25~28度に決まっている

そうなのだ、水は丁度いい温度(何に丁度いいのかなあ?)になってるのだ

あんかけラーメンでほてった身体を、競技用プールと同じ温度の湯船に沈める

気持ちいい。チョー気持ちいい。なんも言えん。