Klon Centaurの製作03

Klon Centaur(クロンケンタウルス)の製作

その第3話

旧ガックラの機材ページから再構成しています

一気に組み上げた

kibanhaisen

一気に配線完了

基板への配線などはBeidenの撚り線を使用した

8502 8503 9919など

色を変えてなるべく分かりやすいように

もうちょっと柔らかいケーブルだといいんだけどなあ

kibanhaisen2

ケーブルが固いので、基板が宙に浮く・・

実は音のチェックは既に済んでいる

めっちゃいい感じ!!

基板ウラを絶縁

kibangrue

基板の裏が他の金属部分と接触したりしないように、ゴムやアクリルなどの絶縁物を貼付ける

今回はグルーガンを使って適当な薄いアクリル板を貼った

これは何かの電化製品を買ったときの包装?

こんな物でも充分

やってもうた

kumiageta

 完成!

と、思いきや、GainとLevelを逆にプリントしてしまっていたようだ

やり直し

relabel

ラベルを製作し直して貼り直した

完成

kansei

出来上がり!!

サウンドは・・・

思ったよりは歪むが、これ単体の歪みだけではちょっと足りないか?

クランチ気味にセッティングしたチューブアンプのブースターとして使うといいみたい

Trebleのノブが、いい感じの中高域を持ち上げてくれる

めっちゃいい感じ!

人気があるのがうなずける!

編集編あとがき

昇圧用のIC、MAX1044の耐圧は10V

BOSSの9Vのアダプターでさえ、9.6Vくらいは出ている

一般に販売されているの9Vのアダプターで、10V以上出ているものがたくさんある

ちょっと間違って、10Vを超えた電圧をかけてしまうと・・・

あっという間にMAX1044は昇天する

私も一度MAX1044を壊してしまった

皆さん、お気をつけあそばせ!

 

プレモル:初摘みホップヌーヴォー2016

「限定」とかいう言葉にめっぽう弱い

6本パックでしか売られていなかったが、思わず買ってしまった

SUNTRY The PREMIUM MALT’S
初摘みホップヌーヴォー2016限定出荷

img_1393

「ダイヤモンド麦芽」「天然水100%仕込」といった「ザ・プレミアム・モルツ」の特長はそのままに、

2016年に収穫されたばかりのチェコ・ザーツ産ファインアロマホップを空輸し、仕込みました。

みずみずしい“初摘みホップ”の香りをお楽しみいただけます。

パッケージは、高い評価をいただいている「ザ・プレミアム・モルツ」の高級感あるデザインを踏襲しながら、

ホップのイラストとともに切手と消印をイメージ したアイコンを配することで、いち早くお届けする贈り物を表現しました。

また、「2016」と今年の年号を缶正面に大きく表記することで、“限定感”を いっそう感じられるデザインに仕上げました。

「限定感」ですかあ・・・

みごとにはめられてますなあ・・・

img_1398

食レポ

さすがにプレモルなので?美味い

プレモルはちょっぴりお高めのビールなのでちょっと特別感もある

キリンの一番搾りと比べると、明らかに濃くて苦い

だからといってキレが悪いわけではなく、ホップの香りも良く、「しっかりとしたビール」という印象

プラシーボ効果で「美味い」と感じているかも知れない

新鮮感は「とれたてホップ」の方が上だが、高級感は「初摘みホップヌーヴォー」が上か?

そりゃこっちの方が値段が高いもんね

img_1399

アルコール分もちょっと高い

食レポになってないなあ

2016の「1」のぼっこり

img_1400

この2016の「1」の文字に「ぼっこり」があるのは、何か意味があるのかなあ?

なんやろ?

 

西利のしば漬

ハーゲンの次は漬け物なのだ!

ははははは

西利のしば漬

img_1378

昔からの手順(かたち)そのままに、なすを主体に京都大原特産のしそと塩で漬けこみ、風味よく醗酵させました。

伝統の技が光る京つけものです。そのままで、又はこまかくきざんで西利ならではの伝統の味をじっくりご賞味ください。

これこれ、これですよ

最近、村上重本店の漬け物が多かったかな

現代的に調味された漬け物だったが・・・

今日は「西利」でいってみた

img_1381

原材料

・原材料 :茄子、胡瓜、しそ、漬け原材料(食塩)

塩だけで漬け、熟成させた自然乳酸発酵の漬物なのだ

img_1385

再び言います

これこれ、これですよ

すっぱい!!美味い!

上級者向け!

こういうのって、なんだか身体にしみていく気がする

早速、卵ご飯

img_1389

細かく刻んで卵ご飯にしてみた

卵かけご飯3ヶ条

1. 卵の黄身と白身は分ける

2. 熱々のご飯と白身だけを混ぜる

3. 黄身に醤油はかけない

かつお節を少し・・

白身にちらりと!醤油をかけて・・

うわー、めっちゃ美味ーーーい

本格漬け物で卵かけご飯、久しぶり!

すんごい美味い

元気になるぞーーー

御雑作!

 

チーズベリークッキー

急に寒くなったり、

暖かくなったり

体調に気を付けないと・・・

そうだ!新発売のハーゲンなのだ!(脈絡不明)

チーズベリークッキー

img_1369

メーカーのHPより

クリームチーズとカマンベールチーズを使用した濃厚なチーズアイスクリームに

程よい酸味のベリーソースを混ぜ込み、

ストロベリークッキーとラズベリークッ キーの2種類のクッキーをトッピングしました

チーズアイスクリームの奥深い味わい、とろりとしたベリーソース、

見た目にも楽しい2種類のサクサクとした クッキーのハーモニーが楽しめます

食レポ

ふたを開けて、びっくり!

今までのハーゲンとは景色が違う?

ストロベリークッキーとラズベリークッキーが一番上にトッピングされている

それも、アイスクリームが見えないくらいにたっぶりと

うおーー、新世界だ(何か古い言い方だな)

クッキーはザクザク?でけっこう固い

アイスクリームを少し溶かしながら食べるのがいいかも知れない

チーズアイスクリームは濃厚だが、ベリーソースの酸っぱさが絶妙

やっぱし美味いな

img_1372

トッピングの クッキーとアイスを混ぜて食べるというのが前提でアレンジされているのだと思うが・・

混ぜないで、トッピングで攻めて来たあたり

やるな、ハーゲン!

 

スーパームーン

TVでこんなニュースを見た

スーパームーン

11月14日の今夜、「スーパームーン」 と呼ばれ、最も大きく満月が見えるという

moon02

それも48年ぶりだとか

「へえーー、そうなんだ、

そう言えば、昨日の夕方、月が大きく見えたなあ

でも、低いところの月は大きく見えて、高い月は小さく見える、

これは全部、目の錯覚で同じ大きさだと思ってたけど・・

実際に大きな月が見えることもあるのかあ」

でもこれまで何度も「スーパームーン」 という言葉は聞いた気がする

(うがった見方をする私は)また何か騙されてる気がする!

地球との距離

調べなくても、すぐにスーパームーンは1~2年ごとに起きており、それほど珍しい現象ではないことが分った

何が68年ぶりなのかというと、それは「地球と月の距離」と「タイミング」であるらしい

間違っているかも知れないので、信じないでね

月が地球の周囲を回る軌道は楕円形で、地球との距離は約35万6000㎞から約40万6000㎞の間で変動している

スーパームーンは、ちょうど地球に近づいたタイミン グで満月になった月であるらしい

なるほど、そう言うことか

moon

実際に大きく見えるのか?

結論から言うと

「ほぼ、いつもと同じ満月」であるらしい

マスコミの報道は間違っている!

分りやすく言うと、

実際には天頂に見える月の方が微妙に自分には近づいているらしいが、

前述のように、地平線近くの月の方が大きく見える

やはり、これも話題づくりをしたいというマスコミの報道の仕方なんだな

月を眺める

日本人には古くから月を眺めて楽しむ風習があった

特に満月は「縁起が良い」といった象徴かも知れない

スーパームーンを巡る表現や報道にはいろいろ意見もあるが、

たまには「満月で一杯」、秋の月見もいいかも知れない

今日は天気がイマイチだけど・・

明日は夜空を見上げてみよう

 

Klon Centaurの製作02

Klon Centaur(クロンケンタウルス)の製作

その第2話

ケース加工

case01

アルミダイキャストケース

秋葉原にて購入

もう少し小さな物でも大丈夫のようだが、このサイズが作業もしやすくて好んでよく使っている(その時代はこれが安かった)

case02

つまみやスイッチ、ジャック位置を決め、マジックでマークする

センターポンチを打つ

case03

つまみやスイッチ、ジャックの穴を空ける中心にセンターポンチをハンマーで打ち込んで傷をつける

その傷を目印にドリルで穴を空ける

case04

電気ドリルで穴を空け、リーマーで必要なだけ広げる

シールを貼った

label

エフェクターのアルミケースはスプレーで塗装をしたり、レタリングを施したりするのが一般的であるが

面倒なのでシールで済ませている

Level やGainといったボリュームなどの効果さえ表示してあれば、実用上全く問題ないのだが、

今回はちょっと凝ってケンタウルスのイラストである

labelup

配線にとりかかる

ura

一番向こうの青色LEDはエポキシ系の接着剤で固めた

スイッチを取り付ける際にIV1.0単線を絞め込んでそれをアースとしている

なるべく1点アースに近いイメージで

ジャックは大好きなCliff製

フットスイッチ、本物は6本足であるが、True Bypass仕様にしたいため9本足を採用、Cliff製

オリジナルはoff時も072のバッファ回路を通る仕様であるが、私の場合は必要ないのでPassにした

電池スナップは20円くらいの安いヤツ

スイッチまわり

swihaisen

スイッチまわりの動かない配線は古河電工ビーメックス単線を使った

単線は配線がしやすいので好きだ

また続きます

 

Klon Centaurの製作01

検索ワード

「スピーカースタンドの製作」のページは多くの人が検索ソフトでガックラにたどりついてもらっているようだ

マニアックさん、いらっしゃいませ!なのだな

あと、エフェクター関係も同様

やはり「マニアックさん」は熱心で、色々検索して訪ねて来て頂いている

しかしながら、ガックラトップからは、旧ガックラのページは表示されず、「見つかりません」のlogが出る

なので古い記事を再投稿することにした

Klon Centaur(クロン ケンタウルス)の製作 その1

初出 11年10月

001-1

写真はケンタウルスの本物

色のついてないモデルやイラストのないものも存在するようだ

「ブティックオーバードライブ」の代名詞的な存在?とも言われているらしい

国内ではChar氏やB’z松本氏などの有名ギタリストが実際に使用していたことで人気が出たそうだ

基本的にオーバードライブペダルであるがブースターとして使用している例が多いらしい

94年発売当時の定価が¥73,500- と、超高かったが、生産中止が公表されてからは中古でも10万円以上とプレミア化している

回路図(出回ってるのが2種類)

centaur%e5%9b%9e%e8%b7%af%e5%9b%b32gif

kloncentaur-5-24-08b

本物のCentaurの内部写真をネット上で見ると、ストンプボックスとしては結構でかい崋体であるが、中身はすかすかである

基板上の部品は樹脂で固めて見えなくして、回路構成をわからないようにしているが、そんなに複雑ではないと思われた

そして最近、その回路を隠している樹脂を突破して回路図を作成、Net上に公開する人が複数現れ、個人で製作してレポートする人も多く出現してきた

PASのキット

PASで、これまでも何度か買い物をして来たが、今回、CentaurをほぼコピーしたCosmicDriveというエフェクターのキットを購入した

001

基盤と部品以外に、回路図やレイアウト図などが届いた。

基板

002

両面プリントされた高級基盤

素人では両面のプリント基板の製作は無理だろう

これなら少し複雑な回路でも小さく製作できる

電解コンデンサー

004

ニチコンのUFGシリーズ

一応オーディオグレード品

中央右の小さな茶色、タンタルコンデンサーは詳細不明

フィルムコンデンサー

005

Panasonic製のフィルム(マイラ)コンデンサー

ECQ-Bシリーズ

使いやすい大きさと低価格で、極性がないコンデンサの定番

抵抗

006

ごく普通の安い炭素皮膜抵抗と思われる

歪みもの(オーバードライブ)には高級抵抗より安い炭素皮膜抵抗がよいとも言われている

抵抗に印刷されているカラーコードが抵抗値を示しているが、カラーコードを読むのがヘタだし、間違ってはいけないのでテスターで計測して分類しておいた

007

背の低い部品から、基盤に半田付けしていく

先ずは抵抗とICのソケットを取り 付けた

写真では分かりにくいが、抵抗は基盤にぴったりくっつけるのではなく、若干浮かせるようにして取り付けている

抵抗の向きは関係ないが、後でカ ラーコードが読みやすいようになるべく方向を守った方が良いかも知れない

ココまでで約1時間かかってます

008

筒型の電解コンデンサーには極性があり、プラスとマイナスを間違ってはいけない

茶色のフィルムコンデンサーには極性はないが、抵抗と同様、製作後にフィルムコンデンサー本体に書かれた数字が読みやすいように取り付けた方が良いかも?

中央の黄色い四角はAVXのフィルムコン

その左側にはガラス管のゲルマニュームダイオード1N34Aが二つ

この部分で主な歪みが作られている様子

一つ前からさらに1時間近く経過したかも知れない

続く

 

じゃがいものガレット02+スーパードライ

以前にもじゃがいものガレットは記事にしている

かにかまぼこミョウガを加えることでめっちゃランクが上がるので、備忘録として残しておきたい

ジャガイモのガレット

じゃがいもを千切りにして、水にさらさない

かにかまぼこはほぐし、みょうがは細切りにする

ボウルにじゃがいも、かにかまぼこ、みょうが、バジル、

コーンスターチを少し加えた方が食感がよくなると感じた

塩、こしょう、オリーブオイル少しを入れて混ぜる

フライパンにオリーブオイル適量を熱し、丸く広げて中火でじっくり焼いた

お好み焼きもガレットも上から押さえたらあかんで!

img_1187

乾燥パセリをパラパラパラ

うふふふ、美味いです

マヨネーズが合うなあ

そしてビールだ!

今日のビール

img_1191

ブリュッセルで金賞を取ったらしい、ということなので・・

スーパードライを買ってみた

めっちゃびっくり

うまいやんけ!

切れ味抜群!!

今まで「アサヒスーパードライは避けて来たかも知れない」

ごめん!

ジャガイモのガレットにバチコーーーン!

いろんなビールを飲んでみないといけませんな

 

メープルカスタードクッキー

秋も深まって・・・

冬が近づいて来た

木枯らしが吹いて・・・

寒いにゃ

でもアイスは食べるぞ!

久しぶりのハーゲンなのだ

メープルカスタードクッキー

img_1360

メーカーのHPより

卵とミルクのコクが感じられる滑らかなカスタードアイスクリームに、

芳醇で風味豊かなとろりとしたメープルソース、香ばしいグラハムクッキーを加えました。

食感や風味の異なる三つの素材を一度に楽しめるぜいたくなアイスクリームです。

食レポ

ファーストインプレッション=甘ーーい、美味ーーい

先ずは香り豊かなメープルシロップが甘ーーい

次にコクのあるカスタードアイスクリームがやって来る感じ

すごい濃厚で甘い!

キャラメルっぽい感じ?やらプリンっぽい感じもあって、すんごい甘いけど、ぐいぐいいけます

しんなり食感のグラハムクッキーはちょっぴり塩味なのかな?

いつものことながら、ハーゲンのコンビネーション秘技は絶妙だ

美味いぞ

img_1364

甘いのが苦手な人は「甘すぎる」と感じるかな?

私は決して甘党ではないのだが・・・

めっちゃ甘いけど、美味い!

「さすがはハーゲン!」

と言っておきましょう

 

米国大統領選挙

民主党ヒラリー・クリントン候補と共和党ドナルド・トランプ候補が争う米大統領選の開票が日本時間9日に始まった

日本時間のお昼頃には結果が出ているに違いないと思っていたが、正に大接戦

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-15-37-17

このままだとトランプ氏が勝ってしまう?などと、きりきり舞いしている人達もいるようだが

私は「どちらかというと」トランプ氏を支持しているかも知れない

というのも、何となくだが・・・

なんだかヒラリー氏のことは好きになれない、トランプ氏とは1回飲んでみたい

という印象だったからかも知れない

ジャーナリストの木村太郎氏によると

「今回の選挙はいやらしいオヤジか、 腐敗した政治家か(の選挙だ)

この政治の腐敗をアメリカ人は許さない

(民衆は)ヒラリーさんを勝たしちゃいけないと思ってる」

とのことであった

「ああ、私もそんな感じかなあ」と思っていた

日本への影響がどうのこうの言ってるけど・・・

どうなんだろ?

沖縄からアメリカ軍撤退してみるのも面白いかも知れないよ

トランプ大統領、面白いかもね

GnKing