づくりづくりづくり

またまた頂き物!

同じ日に、3人の方から別々に3種類の「づくり」を頂いた

すんげえうれしい!!

栃木づくり

img_1356

ありがとーー

img_1359

栃木県産の大麦麦芽ですか

さらにこのビールの原材料は、麦芽・ホップ・米

期待してしまうな

沖縄づくり

img_1347

これはレア!ですぞ!

ありがたき幸せ!

img_1351

沖縄はいちゃりばちょーでー!

「いちゃりば」=「行き会えば」

「ちょーでー」=「兄弟」

「一度出会ったら、もう兄弟なんだよ、仲良くしようよ」

何という素晴らしい精神なんだろう

ちなみに「てぃーだ」は太陽のこと

てぃーだのもとでみんなで楽しもう!ってこと!

ああ、夏が恋しい

熊本づくり

img_1353

サンキューでござる

img_1355

熊本もんは、みんな、がまだしもん!

「がまだしもん」=「頑張り屋さん」

7月から熊本県内限定で販売されていたこのビールであるが、10月12日から全国で発売されたのだそう

「復興支援のために熊本づくりを買いたい」との声を受けたもの

1本売れるごとにキリンビールが10円を積み立て、被災地の復興支援活動に使う予定

発売前の受注数が約20万ケースで7000万円以上

また、熊本以外のご当地一番搾りについても1本につき1円を寄付する予定で、総額は1 億6千万円以上になりそうとのこと

よっしゃー

頑張って飲んで、復興支援するぞ!

づくりづくりづくり

ありがとうございました!

 

自作電源ケーブル

昨日の記事はコンセントボックス、つまりは電源タップとも言われる複数の機材に電源を供給する為のもの

それも単線(平行ケーブル)で作る!という超反則技だった

それに比べると本日の電源ケーブルは正に正統派のストロングスタイルと言えよう

IEC コネクターと呼ばれるコンセントプラグを用いて機材に電気を供給する為の電源ケーブルである

いわゆる高級機材?に使用されている電源ケーブルを自作した

機材と電気と音

機材をつなぐ、実際に音が流れる「ラインケーブル」によって音が変わることは事実である

安物のケーブルだと音質だけでなく、ノイズが出たりすることもある

それは容易に理解できる

が、最近は壁コン セントから100Vを供給する「電源ケーブル」によっても音質が左右されると言われている

そんなことってあるのかなあ?と半信半疑であった、というか信じてなかった

ところが、実際に経験するといろいろと気になってしまう

機材に付属して いる電源ケーブルは、まあまあ「それなり」 なんだろうとは思うが、変によれていたり、すごく硬くて使いにくいことがある

当時、頻繁に使う録音に欠かすことのできない機材(現在は使っていない)「MOTU828」のケーブルが そうであった

そう、音質がどうの、とかいう問題ではなく、使いやすさや安定性?を考えての行動であった

いろいろと物色していたのだが、これまたピンキリでよさげなモノは値段が張る

そこで、オークションで見つけたBELDENのケーブルを用いて自作してみることにした

自作した電源ケーブル

作り方はいたって普通?なので、途中経過は省略する

dgc01b

ケーブル:BELDEN 19364
機材側 IEC コネクター: SCHURTER 4782
電源コンセント: HUBBELL HBL8215CAT

IECコネクター

SCHURTER 4782は比較的低価格で扱いやすいといわれている

音も色づけが少なく、素直であるとの評判からこれを選んだ

sch01b

下の写真で分かると思うが、コネクターの真ん中にネジが貫通する形であるため3芯のケーブルを通すのには工夫が必要になる

初めて自作する、という人にはお勧めできないかも知れない

shuinb

ホスピタルグレード

コンセントプラグは「ホスピタルグレード」とよばれる3極になっているものである

HUBBELL HBL8215CAT

hub02b

「ホスピタル」というぐらいであるから病院で使う用に開発されたのかも知れない(不詳)

hub03b

写真で判明していると思われるがBELDENのケーブルも3芯構造になっていてプラス、マイナス、アースとなっている

コンセントも3極になっている

当然のことながら日本の普通の壁コンセントにはささりません

はははは

HUBBELL HBL8215CATはプラグに対してケーブルが90度の方向に伸びるL型になっているところが気に入っている

高価であるが、安定感は抜群である

音はどうなんだろう?

デジタル機器に使っていると、劇的に良くなったかどうかはよく分らない

元々より悪くなってはいないことは確信できるが・・・

ただ、ちょっとやそっとじゃびくともしない?断線など絶対しない?安定性や信頼性は抜群である

 

コンセントBOX-02

先日の記事での言い回しが正しくなかったかも?

「コンセントBOX」などのワードで検索をして、ガックラにたどりついてもらったものの

旧ガックラのページは表示されずに「見つかりません」のlogが出るようだ

すごく残念な気持ちにさせてしまって申し訳ない

なのでこちらに再投稿することにした

コンセントBOXの第1話はこちら

コンセントボックス2号

tap02b

ケーブル:品川電線単線2mm 2芯
コンセントタップ:松下ホスピタルグレード WN1318×2
コンセントボックス:自作木製
コンセントプレート:ステンレス 3号器:プラスティック

単線の電源タップ

普通電源タップは撚り腺のケーブルで作るのが常識だと思う

使い勝手を考えればしなやかでないといけない

製作した電源タップのケーブルは単線2mmが2本、すごく太い針金が2本であるから軽い力では曲がらない

ボックスは一度固定するとほとんど動かせない状況になる

だから壁コンみたいに使うしかないんだな

私のような「クソ耳」は偉そうに言えないが、一般的なテーブルタップ?よりは絶対に良いと思う

気のせいかも知れないが「元気な感じ」がする

高級品は使ったことがないので比較は出来ない

とりあえずは平行ケーブルを使っているという観点からなら、「壁コンに一番近い」と言えるのではないか?

コンセントボックス3号

tap03b

ケーブル:古河電工製単線2mm 2芯だったような?
コンセントタップ:松下ホスピタルグレード WN1318×2
コンセントボックス:自作木製
コンセントプレート:プラスティック

木製?

板材をコンセントプレートに合わせて切っただけである

そうすることで3号機のようなスリムな躯体が実現できる

音も問題ないと思う

色を塗ったりしたら、もっとカッコいいのかなあ

コンセントのアース

コンセントについている緑のシールはアースを示している

差し込む機材側のコンセントプラグにもアースの印をつけておいて、極性を合わせるようにしている

マニアックで意味分らんよね

カバープレート?

コンセントのカバープレートによっても音は変わると言われているが、私の耳では全く分からない

ボックスの素材(1号機は塩化ビニル、2号機3号機は木材)によっても変わるらしいが、 私にとっては使いやすさやコストの方が大きい

品川電線単線は1mあたり300円程度であるからコス トパフォーマンスでこれ以上のモノはないだろう

怖ろしいことに1m1万円以上のケーブルも存在するのだ

コンセント本体、松下WN1318も比較的安価(1400円くらい)であるが、たいへん気に入っている

コンセントプラグ

hub02b

コンセントプラグはHUBBELL HBL8215CAT (4000円以上)

HUBBELL HBL8215CATはプラグに対してケーブルが90度の方向に伸びるL型になっているところも気に入っている

高価であるが、壁コンセントに吸い付くように密着し、安定感は抜群である

 マニアックな記事に最後までおつきいいただき、ありがとうございました

電源ケーブルシリーズの記事で紹介したいネタも色々あるんよ

また紹介させてね(ほぼ強引)

 

「超」整理手帳:バーティカルタイプ

昨年は10月27日に手帳を新調している

日記ぢゃは私の忘備録なのだとつくづく感じる

私は長年、ベストセラー「超整理法」で有名な、野口悠紀雄氏の考案した「超」整理手帳(ちょうせいりてちょう)を使っている

「超」整理手帳

A4横四つ折というサイズで、8週間が一覧できるジャバラ式のスケジュールシート(予定表)が4本差し込まれた独特の形

2017年度は縦型の「バーティカルタイプ」というのを買ってみた

img_1329

今使ってるのは横型

chou02

縦型に移行して行くのがめんどくさいかなあ?

使い慣れたものを変えるのって難しいよね

でもまあ、気分は変わるよな!(前向き!)

手帳とカレンダー

つい数年前まで、手帳とカレンダーはいろんなところで無料で配っていた

過去には、某Y社からもB6サイズほどもある大型で分厚い手帳と、ポケットサイズの小型の手帳の2冊が配布されていた

カレンダーも複数種類配布されていた

ぜーんぶ、なくなってしまったなあ・・

使い慣れたものがなくなると、ちょっと困ったりする

またまたオカンの思い出

オカンはいつも米を頼んでいる「米屋」のカレンダーを好んで使っていた

台所の壁に吊るしてあるその「○◯米穀店」と書かれたカレンダーに

いろんなスケジュールやら電話番号やら・・何から何まで

使ったお金の金額まで書き入れていたような気がする

ある年に、12月になっても、そのカレンダーが届かなかったことがあって、

○◯米穀に電話をしてカレンダーを催促していたような記憶がある

「これが一番使い安いねん、おかあちゃん、これでないとあかんねん」

そういうのってあるよな

スマホ時代

スマホを常に携帯していれば、スケジュール管理などはスマホで行なった方が効率的な気もするが・・・

手帳とカレンダーには手書きで書き入れないと、なんかしっくり来ないんだよなあ

「おかあちゃん、これでないとあかんねん」

正にそうなんだよ

 

コンセントBOX

かなり前の機材の記事

旧ガックラの機材のページからこちらにたどりついたものの

「見つかりません」のlogで悲しい思いをさせてしまった方もおられる模様

ありがとうございます

なので再投稿する

コンセントBOX

機材への100V電源供給については、壁のコンセントから直接!というのが理想かも知れない

が、機材が多くなるとそういうわけにもいかない

電源をいくつかに分配するいわゆる「電源タップ」とよばれるアダプター(?)が必要となる

一般的なモノなら数百円で手にはいるだろうし、三口タップなら百均でも売っ ているかも知れない

これもまたマニアックな世界でオーディオショップにはなんと!ン万円もする商品が並んでいる

音質にどれほど影響があるかは分からな いが、電源タップにン万円もかけるワケにはいかない

またまた自作することになった

自作コンセントBOX

製作は2002年頃、あるオーディオ雑誌で「Fケーブル」に関する記事を見つけた

そこで、こんなモノを作ることになった

コンセントボックス1号

tap01b

ケーブル:品川電線Fケーブル単線2mm 2芯
コンセントタップ:松下ホスピタルグレード WN1318×2
コンセントボックス:PVR-16W
コンセントプレート:ステンレス

Fケーブル

Fケーブルとは、主に建物の屋内配線に用いられるもののことをいう

多くの建物の壁の中の電源はこのFケーブルで配線されている

塩化ビニルで被覆された電線2~3条を平行に並べてあることから平行ケーブルともよばれる

コンセプト

壁のコンセントまではこのFケーブルで電気が送られてきているのだから

いっそのこ と、「Fケーブルでコンセントボックスを作ってしまったらいいのではないか?」というのが製作のコンセプト

分りやすく言うと

部屋の壁のコンセントまでの電気はFケーブルを通って来ている

だから壁から機材までのたった1~2mだけとびきりのケーブルにしたところで・・・

それは「新大阪から品川まで自由席に乗っ て品川で乗り換えて東京までグリーン車に乗ってる」みたいな感じなのではないか?

だったら乗り換えないでずっと自由席のFケーブルで、みたいな?ことかな?

かえって分りにくい?

何種類も作ったのでまた紹介するね

 

ブリキのウクレレ:フラッシュバック

突然、ずいぶん昔の記憶がよみがえることがある

先日も強力なフラッシュバックがあった

閑話休題

片付け

私は片付けるのが得意でない

何でも出しっぱなしにしてしまう癖がある

ある時もいろんなもの出しっぱなしにしてしまって・・

ひとつの行動を終えて、次に移る前に、その前のを片付けてからやればいいんだよなあ・・

なんて考えていた

おもちゃ箱

そういえば、ちっちゃい頃からそうだったなあ

ぜーんぶ、出しっ放しで遊んでいた

オカンに「片付けなさい」って言われても、すべてをおもちゃ箱に入れるだけ

正に「おもちゃ箱をひっくり返したような」おもちゃ箱だったなあ、と思い出していた

おもちゃ箱の中にはビー玉やら積み木と一緒に大好きな漫画(絵本)も・・

そうそう、ウクレレもいっしょくたに入っていたなあ・・

イメージ画像

ウクレレはブリキで出来ていたような記憶がある

dscf8310

記憶が曖昧だが・・・違うかなあ?

カラフルなペイントが施されていたような気がする???

曖昧だが、そんな記憶が急にフラッシュバックした

ここからは鮮明に思い出した!

ある日、そのウクレレに弦を張ってもらう為

オカンは私を連れて、楽器屋ではなく(近くに楽器屋がなかったのもあるが)商店街の端っこにある釣具屋に行った

そう、その釣具屋のオヤジに頼んで、ウクレレにテグス(釣り糸)を張ってもらったのだ

テグス

読者の中にはご存知の方もおられるだろう

そう、現在の私、ウクレレににテグス(釣り糸)を張って弾いている

IMG_0257

だって市販の弦より釣り糸の方が自分にはしっくりくるんやもん

えっ?それは幼い頃のその日の記憶から??

いえ、それはないけど

でも、完全に忘れていた記憶が、すんごいフラッシュバックで

自分でもびっくり!!

 

雉焼き丼?

外国人観光客向けの雑誌にこんな記事を見つけた

Kijayaki-Don

img_0715

キジ焼き丼?

そんなん食べたことある?

わたーし、日本にロングタイムLivin’ してますけど、

I have never eaten that beforeですねーー

英語説明文を勝手に和訳

甘いソースで味付けしたお肉をご飯の上に乗せてあります。

「キジ焼き」と呼ばれていますが、実際にキジが使われることはほとんどなく、多くは鶏肉で代用されます。

なーんだそれ?

つまり、焼鳥丼やないか!

その他のメニュー

img_0714

牛丼、カツ丼、天丼、親子丼、海鮮丼、天丼、うな丼、中華丼

うん、他のメニューは問題ない

「キジ焼き丼」ねえ

そりゃ「焼鳥丼」では色気ないかなあ?

でも、これはキジ肉ぢゃないんでしょ?

それって詐欺ぢゃないですか?

いやいや・・・・

キジだけにサギではないんですねーー

って・・・

面白ないぞーーー(*_ _)