gakko のすべての投稿

LINE6 POD XT

ものすごく暖かい

東京も20℃を超えているらしいが

午前11時までに日本各地で気温が25℃以上を記録したらしい

小春日和?

晩秋から冬にかけての暖かい日を「小春日和」と呼ぶが

それって寒い日が続いた後の「ホッとする暖かい日」を示すような気がする

まだそんなに寒い日が来てないし、

25℃以上は夏日と呼ばれるらしいし

小夏日和?

まあ、寒いより暖かい日がいいけどね

LINE6 POD XT

アンプシュミレーターと呼ばれる機材

米国では色と形から「ビーンズ」なんて愛称もあったようだが

私は「お相撲さんの弁当箱」と呼んでいる(ウソ)

アンプシュミレーター

エレキギターはギターアンプがあって初めてあの音?になる

特にロックギターは

でかいアンプで、でかい音を出す

という特徴があって

ギターを普通のオーディオ機器などにつなぐと

めっちゃしょぼい音しか出ない

なのでこの機材で

でかいアンプで、でかい音を出している状態

をシュミレートする

古い機材?

もう10年以上使っている機材で・・・

これに出会った時はすごくびっくりした覚えがある

初代POD、2代目POD2も試してみたが・・・

音は悪くないのだが

デジタルのレイテンシー(音が遅れて出てくる)が気になって

買う気にはなれなかった

が、このPOD XTはすごく早く音が出てくる

迷わず購入し

一時はLiveでも重宝していた

今はもっといい機材がいっぱい出ているのだが

慣れている、というのもあるし

ギターアンプを触るような自然な感覚の操作感が好き

録音

何しろ録音のときに便利

波形上段が思い切り歪んだ音

波形下段が歪んでいないジャカジャカストローク

クリーンな音も歪んだ音もその中間も

いろんな音をささっと作れてすごく便利

アンプとキャビネットのモデリングも多彩

今、気づいたこと

USB接続ができる

直接デジタルで録音できるみたいだな

今頃、気がついた

はははは

オケ作り、頑張ってます

 

赤い実はじけた恋の味

昨日の「M-1グランプリ2018」

面白かったあ!

でも、

その話題は、もう少し検証してからということで・・・

 

買ってきた

赤い実はじけた恋の味

 ~マスカルポーネ&ベリー~

“初恋”をテーマに、「赤い実はじけた」の物語に着想を得て生まれたクリスピーサンドです。

甘く華やかな香りが楽しめるタヒチバニラを加えたマスカルポーネアイスクリームに、

甘酸っぱいベリーソースを入れ、

マスカルポーネチョコレートコーティングで包み込み、

サクサクとしたホワイトウエハースでサンドしました。

恋に気付く前の真っさらな気持ちを表現した白いアイスクリームの中から、

恋心に気付いてキュンとした瞬間を表現した真っ赤なベリーソースが現れます。

あの頃の”甘酸っぱい初恋”をイメージした味わいが楽しめます。

また、パッケージには初恋の世界観を伝えるデザインをあしらいました。

パッケージが真四角ぢゃなくて

曲線がついている

これも初恋なのか?(違います!)

レポ

真っ白なホワイトウエハースが美しい

ホワイトウエハースはサクサク!

ウエハースとアイスの間にマスカルポーネチョココーティング

このコーティングでウエハースのサクサク食感をキープしてるんだな

コーティングはたいへん甘いのだが

中身のタヒチバニラを加えたマスカルポーネバニラアイスクリームがコクがありながらすっきりしているかも?

そして中央には甘酸っぱいベリーソース

すごくすっきり味変させてくれて・・・

抜群のアレンジ!

不味いわけがないよな

女子は絶対好きだと思う(決めつけるな!)

初恋の味かどうか?は別にしても

大変美味しいので

是非!

 

ぼんじり

ぼんじりは、鶏肉の尻尾(テール)にあたる部分

尻尾の骨の付け根についているわずかな肉で

「ぼんじり」「ぼんぼち」などと呼ばれるが

三角形の形状をしている肉なので「さんかく」と呼んでいる焼き鳥屋もある

1羽の鶏から少量しかとれない部位なので希少価値が高く(?)、スーパーなどではほとんど見られない

見つけた

そんな「ぼんじり」をスーパーで見つけてしまった

「解凍品」と表示されているが、ハリがあって、結構な大きさがあるし、旨そう

勇気を出して(ダメでもいいやあ、と)買ってしまった

下処理

必ずやっておかなくてはいけない下処理がある

中骨に沿って包丁を入れると、黄色い球状の脂の塊がある

油壺というものらしいが、いかにもマズそうで、これを取り除いておかなくてはいけない

包丁でこそげて、丁寧にしっかり取り除く

あとは、面倒だが、中骨を肉から外しておくと食べやすく、旨さも増すと思う

フライパンに下処理したぼんじりを並べ

塩をして

上から水を入れた鍋をプレスをするように置いて

ゆっくりと焼いた

出来上がり

ゆっくり焼くと、すんげー油が出て

揚げたみたいになる

ごっつ美味い

専門店のあれ!とはちょっと違うけれど

カリッカリですごく美味い

居酒屋のより、こっちの方が好き

これはビールです

まっちがいない!

 

Drummer故障?

クリスマスライブに向けて、

オケの制作作業に忙しいのだが・・・

EZ Drummer

ドラムの打ち込みにはソフト音源を使うことがある

EZdrummer (イージードラマー)』は、巨大ドラム音源『dfh SUPERIOR』が誇る機能性を更に発展させ、

即戦力となる動作性能を実現させた軽量簡単なドラム音源です。

実際に人間が叩いたフレーズが数多く収録されていて、

それをパズルのように組み立てていくことで演奏を完成させる

フレーズを組むと、上のように、PCの画面にドラムが現れ、

人はいないけれど、実祭に叩いたみたいに演奏してくれる

たいへん重宝していた

のだけれど・・・

実際に音を出しているハードの音源ではなく、

PCの中で鳴っているソフト音源なので・・・

CDなどの別の機材で鳴らすには工夫がいる

故障?

PCだと鳴っているのだが・・・

別のファイルにしようとすると、

鳴らなくなってしまう

うーーーん

困ったぞお

何言ってるか、分からんよねえ

何しろ上手くいかなくて困っているのだ

うーーん

どうしよう

Midiで打ち込みし直すのはたいへんだぞお

治れーーーーーーーー!

 

エビチリ

今日で11月が終わる

クリスマスLiveに向けての準備でたいへん忙しい

やること!が、いっぱいあって・・・

もう、ぱっつんぱっつん?

ガンバレー

海老のチリソース

えびは皮をむいて背わたを取って

ちょっぴり塩と紹興酒、片栗粉を振っておく

フライパンで、ニンニク、ショウガ、ネギのみじん切り、豆板醤を油で炒める

香りが出たら、エビを投入

エビをあっち側に寄せておいて、こっち側で玉ねぎのみじん切りを炒める

創味シャンタンを少し加えたら

ケチャップを鍋肌に入れてすべてを混ぜて一緒に炒め

味を見てちょっぴり砂糖

最後に醤油を鍋底でジョワンと焦がして香りをつける

出来上がり

忙しくてもビールは美味い

ガンバレーーー

 

手羽先のトロトロ煮02

今日は機材のトラブルなどがあって・・・

かかりっきりになっていたら

更新が遅れてしまった

昨日、久しぶりに作った料理

手羽先のトロトロ煮

2015年5月に記事にしている

大きな鍋に適当な量の水を入れ

最近は水から手羽先を投入している

ショウガと長ネギの青いところをつぶして入れ

今回はニンニク1片も1ちょっとつぶして潰して入れた

味付けは得意の

茅乃舎(かやのや)の野菜だし

1パック入れた

なくてもできる

IMG_6283

加熱をすると、脂やアクが浮いてくるので

数分ごとにそのアクを取り続け

ゆらゆら、ふつふつと50分程煮る

鍋のふたは微妙に開けておくこと

50分くらい煮たら

バラバラにならないように芯を残したタマネギは投入して

さらにふつふつ30分煮る

できあがり

ほんの少しの塩!だけでいただく

手羽先は軟骨の部分も全部トロットロ

時間はかかるが、むちゃくちゃ美味い

更に1日置くと・・・

タマネギが別物に美味くなる!

蛇足ながら1時間半以上煮ると崩壊してしまうので

適当なところで加熱は中止すること

ビールでもいいが、

白ワインサイコー!

と叫ぶことができる

 

ワンレフリハーサル

昨日は日記ぢゃの更新を休んでしまった

実はワンレフのリハーサルがあって・・

なんだかんだで更新できなかった

毎日ご覧いただいている方々には

ごめんなさいm(_ _)m

新しいギター

「しろ吉(シロキチ)」という源氏名になりそうだな

新しいギターも試してみたり

新しい曲?も試してみたり

なかなか充実したリハーサルだったと思う

iPadの譜面

iPadにスキャンした譜面を取り込んで使っている

Mr.Lyricという奥田民生氏が考案したというアプリを使っているが

ライブに特化されていて

大変便利にできているのだが

譜面の変更やメモ書きができない!

手書きでメモ

何が書いてあるのか

さっぱりわからん!

次回ライブ

次のライブは・・・

3月くらいの予定?かな?

ワックワクするぜい!

ご期待ください

 

レタス炒め

近くの商店街?(みたいなところ?)に

すごく賑わっている八百屋があって

普段はあまり行かないところだったのだが・・・

覗いてみたら・・・

めちゃくちゃ安い!

キュウリ袋入り3本組╳3パック=98円

3つ98円と書いてあって・・・

安すぎるので、どういう意味なのか?と、

しばらく考えてしまった

その他にも

レタス3個=98円

これは買わざるをえない

よし、あれ!を作ろう

レタス炒め

レタスは全部を外して水で洗う

大きめにちぎって、よく水を切っておく

ニンニク、ショウガ、長ネギのみじん切りと

少量の豆板醤をオリーブオイルで丁寧に炒め

香りが出たら、レタスを投入

(ここで塩などで味付けをすると水が出てしまうので加えない)

手早く炒めてオイスターソースで味付け

レタスは生でも食べられるので、炒めすぎないこと

味付けも薄めがオススメ

味を見て昆布茶で仕上げた

出来上がり

シャキシャキですごくうまい

こういうのが1品あると

食事もお酒も進むんだよなあ

レタス1個分

贅沢!

 

また買っちゃった、それも!

エレキギター用のエフェクター

ハマると止まらない

自作モノも含めて、マジ「アホほど」所有しているが・・

また買ってしまった

それも!オークションで!

さらには、それも!自作エフェクター製作者のもの!

いわゆるジサッカーの作ったディストーションを購入してしまった

なんて危険なことをしてしまったんだろう?!

これ

黄色い外見はJHSのCBのクローンにも見えるが

説明によるとACV3であるらしい

ACV3は以前に楽器店で試奏したことがあって・・・

歪み方が大変好みだったのだが、

大変高価なので、即購入というわけにはいかなかった

が、機会があったら是非作ってみようと思っていたもの

適価でオークションに出品されていたので買ってしまった

うわあ!

楽器店で試奏したACV3の音は、もう覚えていないが

好みの音!

よかった!

ほんの少しノイズが多いかも?とも思うが、

大変ゲインが高いので、仕方ないかな

ノイズ対策をしたいのと、ボリュームを絞った時の音を改善したい

中身

LM833とNE5532の二つのオペアンプで構成されている

配線が大変複雑だが、全部手作業で半田付けされているし

パーツも標準的なオーディオ用にも適した部品で作られていて

良心的なつくりと言える

回路

回路を追っていくと・・(信用しないように)

LM833で初段2倍から最大100倍、2段目固定100倍に増幅して

赤色LEDでクリップさせ、

その後にNE5532の1回路を使用してBax型の3BandEQを構成し

2回路目は電源のバイアスに使用している模様

(くれぐれも信用しないこと)

LM833はJHSのお得意とする石なので、このままにしておいて・・

私がこれまで勉強してきた大塚明氏の本によると、

「5532はインピーダンスが低いので、バイアスの低インピーダンス化には向かない」とされている

なので、NE5532を交換してみよう

手持ちの石の中なら

072、4588、4580、8820、8920など、

なるべく入力インピーダンスの高い石を差し替えてみて

MUSES8920

やはり「好み」というのがあるんだなと思う

過去に「8920の誘惑」という記事でも書いているなあ

072、4588、4580、が25〜50円に対して

8820は400円、8920は500円

値段からくるプラシーボ効果も否めないが、

いや、ギターのボリューム絞った時の感じ?が

好みに近づくんだ!

ホントなんだよお

秋の大公開

Distortion・Overdrive・Fuzzなど

歪みモノだけ並べてみた

購入モノ

探せばもっと出てくると思う

めっちゃ気にいると、予備?にもう一つ買ったりするから

自作モノ

歪みだけで25台ある!

びっくり!

でも、決して収集癖などではなく

サウンド追求の結果なのだ!

と、言っておく

 

上質カレーライス福神漬

以前にキューちゃんの福神漬という記事で

東海漬物の

「キューちゃんカレーライス福神漬」と

「キューちゃん特級福神漬」を

比較している

その記事の中で

サイトを見て「国産野菜100%カレーライス福神漬」というのがあるのも見つけた

探しに行こう!

と、書いているが・・・

やっと見つけだぜ

上質カレーライス福神漬

ちょっと名前が違うが・・・

東海漬物のサイトにはこの商品は掲載されていなかったが

決して違法コピー商品ではない

多分、中身は同じだと想像される(確信はない)

すべて国産です

食べ比べてみよう

カレーありきだからな

U-100 CCS 2018ファイナリストハチ食品「インド風カレー」

手前が「キューちゃんカレーライス福神漬」

向こう側が「上質カレーライス福神漬」

レポ

味はすごく似ている

言われなければわからない

裏の原材料名を見ても、野菜が国産だという以外、順番も変わらず、

ただ、上質の方には、砂糖が加えられているあたりがポイントになるのかな

でも、味はすごく似ている

が、

堅さ、歯ざわりが違う

「上質、国産」の方が断然硬い

カレーがどろっとした飲み物?なのに対して

すっごく咀嚼することを要求される

この辺り、好みの分かれるところかもしれない

 

アップにしてもほとんど同じ

何れにしてもカレーにピッタンコですごくうまいから

皆さんの舌で確かめてみて!