「ビール」タグアーカイブ

名古屋づくり

オリンピックが始まって・・

忙しくなるなあ

落ち着いて行きやー

名古屋づくり

ものの価値を見極める愛知の人たちに楽しんでほしい、

麦のうまみがぎっしり詰まった濃い味わいと色の、

冬の愛知を盛りあげる特別な一杯。

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5.5%

2015年の名古屋づくりはこちら

レポ

2015年と全く同じ印象

めっちゃ濃厚

すごいコクでほんのり甘さがある

「なごやめし」に合いそうだ

焼きしめん

麺食い!の我が割烹の食糧貯蔵庫には何種類もの乾麺が隠匿されているが

特に好んでは食べない「きしめん」の出番は大変少ない(だったら、なんで買うねん?)

こんな時?とばかりに登板させてみた

ニンニク、ショウガを炒めて、豚肉、固めに湯がいたきしめん、キャベツの順で投入

ナンプラーとオイスターソースで調味

平麺(ピョンメン?)がクイティウっぽい?

なんとなくエスニック感を感じて・・

だからナンプラーを加えてみた

イケてます

濃ゆーい名古屋をぐびり!

うんまーい!

 

横浜づくり

腰痛を訴えて整体に行くと、

ホットパックで温めながらの低周波治療

その後軽くマーサージしてくれた

「今日はこれ以上触らないほうがいいと思います。くれぐれも同じ姿勢を長く続けないように

だからと言って急な運動はしないように、

今日は風呂でゆっくりと温まってください」

言いつけを守り、ゆっくり入浴をして腹巻をした

ぽっかぽかでビールは・・・

横浜づくり

横浜の風を感じるような、すっきりと爽やかな一杯

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:6%

昨年の横浜づくりはこちら

レポ

すごく濃い!

香りも濃厚で苦いが、

アルコール高めでキレを高めている

めっちゃ濃くて、

味の濃いものがたべたくなる

イメージ先行かもしれないが、

横浜づくりは「中華」なんだよなあ

しじみのニンニク炒め

オイスターソースで味付け

作り方はこちらの記事で

今日はちょっとピリ辛にして・・

横浜づくりをゴクゴクいただく!

腰の痛いの、飛んでけーー

 

取手づくり

うう

腰が痛い!

昨日、プリアンプが出来上がって

嬉しくて・・・

オペアンプ選定のサウンドチェックを繰り返した

途中、小さなノイズを発見して

その原因を追究して・・・

全て解決して、さらに突っ込んでサウンドチェックを繰り返した

夢中になって前傾姿勢を続けていたのだと思う

朝起きると、腰に激痛!!

ああ、腰が痛い

取手づくり

いばらきの豊かでぜいたくな食材に合うように、

しっかりとした飲みごたえと味わいに、一番搾り製法で仕上げました。

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5.5%

昨年の取手づくりはこちら

レポ

味がしっかりしている

香りもしっかり

苦味もちょうど良く、

アルコール高めでキレも良い

バランスがたいへんよくて

うまいものが食いたくなる

豚とかぼちゃの豆鼓蒸し

作り方はこちらの記事で

うふふ、美味い

蛇足ながら

茨城県は有数のかぼちゃの産地であるとのこと

ああ、腰が痛い

 

岡山づくり

寒いなあ

こんな時期は熱い風呂に入って・・・

風呂

熱い風呂は危険だとか、体に良くないとか言われるが、

伝統的な銭湯はめっちゃ熱いのが常だから

日本の文化なのかも知れない

一説によると、熱い風呂に浸かることは

ヒートショックの危険もあるが、

免疫細胞の活性化には良いらしい

風邪だけではなく、がん細胞の抑制にも効果があるという

加齢によって新陳代謝が低下してくると、熱い風呂を好むようになるのは、自然なことなんだな

とはいえ、43℃以上の風呂はちょっときついな

なので

40℃くらいに設定しておいた湯船に浸かり

42℃に追い焚きしながら温まるのを好んでいる

風呂のラストに43℃のシャワーを少しだけ浴び

手首、足首に水をかけてから出る

そうすると

長いことぽっかぽかなんだ!

そして、ビールなのだ

「9工場の一番搾り飲みくらべセット」

2本目

岡山づくり

岡山産の雄町米と麦芽から引き出したやわらかい旨み・甘みと

桐や檜の香りを連想するホップの香りが調和した、

冬の旬に舌鼓を打ちながらゆったりと楽しめる、飲み飽きないおいしさ。

岡山県産雄町米使用

原材料:麦芽、ホップ、米

アルコール度数:5%

昨年の岡山づくりはこちら

レポ

めっちゃ爽やか

きりり!

香りがすごく爽やかで美味い!

りんごの香り?

ああ!美味い!

風呂上がりのぽっかぽかでビール!

冬もビールなのだ!

 

プレモル初仕込み2018

寒いなあ

昨日の東京の最低気温はマイナス4℃で48年ぶりの寒さを記録したという

ヒートアイランド現象(都市部温暖化)を考慮すると、これは確実に寒冷化!しているのではないか?

プレモル初仕込み2018

今回は、収穫・製麦後に空輸で初入荷したダイヤモンド麦芽を加えた

“今だけの”「ザ・プレミアム・モルツ〈初仕込〉」を限定発売するものです。

パッケージは、缶全体に黄金色に輝く雄大な大麦畑のイラストを配し、麦芽へのこだわりを表現しました。

この季節にしか楽しめない数量限定の「ザ・プレミアム・モルツ」をお楽しみください。

はい!楽しみます

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5.5%

レポ

昨日の「スーパードライ」とは全くの別ジャンル

同じモルツ系(麦芽・ホップンのみ)でも、一昨日の「福岡づくり」とも異なる

すごく濃い!

ふくよかで、濃厚で、甘くて?、

もあっーとしている

美味い!

キレはよくないかもしれないが、後味も悪くない

ビール好きにはたまらんです

お値段が少し高いことも、プラシーボ効果(使い方間違ってる)で、美味しく感じる?

で、昨日作って美味かったので

今日もリピ

牡蠣の豚肉巻き

昨日と同じだけど、今日は豆板醤をちょっぴり加えてみた

ピリ辛なのだ

大人なのだ

プレモルなのだーー

 

スーパードライ特別限定醸造

何度も書いているが

「限定」に弱い

さらに「特別」が付いたりしてるからなあ

アサヒスーパードライ特別限定醸造

「スーパードライ」ならではの“洗練されたクリアな味”はそのままに、

さらに雑味のないクリアな味わいを実現しました。

世界生産量1%未満の希少ホップ「スロベニア産ボベック」を一部使用するとともに、

キレの良いすっきりした後味を実現するためにホップの配合比率を見直しました。

原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ

アルコール度数:5.5%

レポ

前にスーパードライを飲んだ時にも書いたけれど

飲んでみると「たいへん美味い」のだ

イメージがなぜか?悪くなっているのは、きっと味が落ちた時期があったからだと思う

今回の「特別限定醸造」もふくよかで、苦くなく

キレ!抜群!で、

たいへん美味い

缶の上部に「KARAKUCHI」とあるが、

これはマイナスになっていないかな?

これ、辛くないよ

どちらかというとまろやか?

そこまでぢゃないけど・・・

たいへん美味い

牡蠣の豚肉巻き

豚肉に少し片栗粉をうって

牡蠣に巻いて

豚肉の油(豚肉の脂部分を細かく刻んでチップにして)で焼いた

ちょこっと塩胡椒、ニンニクのみじん切り

最後に、酒、みりん、醤油、ほんの少しオイスターソース

出来上がり

豚肉に守られて、牡蠣が縮まないし、

自然にとろみがついて、

めっちゃ美味い

ラードチップもたまらんぞ

キレ抜群のビール!

ぐいぐいいけます

 

福岡づくり

年末に買った「9工場の一番搾り飲みくらべセット」

始めました

「冷やし中華か?!」(独りツッコミ)

福岡づくり

福岡の冬のうまかもんをつつきながら、

仲間と語らい時間も忘れて酌み交わすのにぴったりの、うま味がありながら、

気持ちよく飲みほせる後味の良い、

すっきりとしたおいしさ。

福岡県産大麦麦芽100%使用

前飲んだ「47都道府県」は屋台のイラストだったけど

今回の「9工場」は祇園山笠が描かれている

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5%

レポ

ファーストインプレッション=コクがある

でも、キレ!抜群!

うまーーい

甘い香りもあるが、男らしい?というか

キレ良く、さっぱりしていて、大変美味い

直球で美味いぞ!

1本しかないと思うと・・・

ああ、寂しい

毎日でも飲みたい

手羽元のやわらか炒め

何度か紹介している「手羽先のやわらか炒め」を手羽元でやってみた

作り方

今日は圧力鍋は使用せず

手羽元をひたひたの水のみで30分茹でて

酒2、みりん1、豆豉醤1、
オイスターソース0.5、塩麹0.5、砂糖0.5くらいの調味液に

茹で上った手羽先を漬け込んで10分放置

その後、フライパンで調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

味を見て、醤油、みりんで調整、照りをつけた

出来上がり

豆豉醤と塩麹の発酵調味料の効果で、柔らかく出来上がる

軟骨部分も美味しくいただける

ふっふっふ

ビールがぐびぐび、美味かばい

 

9工場の一番搾り飲みくらべセット

見つけたなりーー

コロ助か☆θ_(・_・  )

売ってたなり

9工場の一番搾り飲みくらべセット

やったね

「づくり」9本と「レギュラー」3本

ゆっくり楽しんで飲む

サービスしておくね

冬季限定醸造

缶パッケージも変えてある様子

味も違うのかな?

また記事にして報告する!

うふふふ

 

絶対もらえるキャンペーン

ご存知?のように?・・

キリンのキャンペーンには、ことごとく敗れている

皆様のご協力も虚しく・・

か・た・じ・け・な・い;

本日届いたのは

絶対もらえるやつ!

キリン・新・一番搾り

絶対もらえるキャンペーン

48点のシールで3本もらえる

つまりは48本、つまりは2ケース飲んだら3本あげますってこと

冷静に考えると「なんだかなあ?」であるが

ことごとく敗れている私には

ちょっとした・・

「毎度ありがとうございます」的なサービス品

こういう内容

デザイン特別な缶がうれしいけど・・

なかなか飲めないんだよなあ

 

サッポロラガー2017

あるレッスン会場でのこと

スタッフから、こう話しかけられた

ス「先生、サッポロラガーは、もう飲まれましたか?」

私「えっ、サッポロラガー?」

ス「先生、いろいろ飲まれてるんで、もう、飲まれたかな?と、思ったんですけど・・私はすごくうまいと思うんですよお」

すぐにガックラの過去記事を検索!

私「あ、飲んでます。あれ、これだいぶ前に限定だったような」

ス「そうです。限定で、今年も出てるんですよお」

私「わかりました。飲みます」

サッポロラガー2017

通称「赤星」という呼び名で親しまれている「サッポロラガービール」は、

熱処理ビールならではのしっかりとした厚みのある味わいが特長で、

現存する日本で最も歴史あるビールブランドです。

通常は業務用市場を中心に大びん・中びんで販売されていますが、

家庭でも楽しめるよう、缶となって全国で発売されます。

幌札製冷麦酒

レポ

しっかり!ビールの味、美味い!

「昔のビールの味」とか「懐かしい味」と表現されることもあるが・・

誤解を恐れずに書きます

ラガーと言えば

ラガーと言えば、キリンラガーが一番有名なのは異論のないものとして、

キリンラガーには独特の香りがあって、私は「ラガー臭」だと思っていた

多くの人がそう思っていると思う

ところが、この「サッポロラガー」には、その「ラガー臭」が感じられない

そうなのだ。私が「ラガー臭」だと思っていたのは「キリン臭」だったのだ

キリンラガーから、「あの独特の香り」を除いたのだから・・

そりゃ美味いよなあ

昨年版は、今年2月に「ルービ幌札」という題で記事を書いている

2016年のサッポロラガー

「ルービロポッサ」も飲みたいなあ

楽しいぞお