「真空管」タグアーカイブ

Tube Driverの製作その5

本物の真空管を使ったOverDrive

いろいろと欲張りすぎて「上手く収まるか?」と心配だったが、なんとか完成を見た。

IMG_5462

真空管の放熱のために側面と上面に穴を開けてみた。

実はこういうのが一番難しいんだよな。

穴の間隔がなかなか揃わない。

完成

IMG_0092

いつものようにシールをデザインして張り付けた。

なかなかいいんじゃないの?

完成回路図

TubeDriver2015

前々回からの説明通り、オリジナル機と一番違うところは電圧。

それも12Vと15Vの2種類の電圧を使い分けているところ。

ここのアイデアはすごいと思う。めんどくさいので、メーカーには無理だな。

オリジナル機は、かなりHigh上がりで低音の足りないサウンドだったのでいろいろ定数を変えた。

出力のコンデンサーの0.01μは一度0.47μくらいまで上げるとめっちゃいい感じの低音が出て「おおっ」となった。

が、すると今度は、High成分、1.2弦が抜けなくなる。

途中の音声経路の定数をいろいろと変えて試したがどうにも気に入らない。

かなり悩んだが0.1μあたりに落ち着いた。(プチ妥協かな?)

オペアンプ前でも少しローカットして、ブーミーな感じを押さえてみた。

IMG_5463

入力のアースに落とした33pセラコンや2段目のオペアンプ帰還に入っている270pもめっちゃ微妙な感じ。

でかい音で試したり、バンドアンサンブルでどうなるか?は分らない。

さらにはトーン周りも、まだ検討の余地もあるかも知れない。

が、ひとまずこれで完成とする。

自作の道のりは長い。ふう。

Tube Driverの製作その4

本物の真空管を使ったOverDrive

本体に直流15Vを入力して、OPアンプにはそのまま15Vを供給

真空管のカソードにも同じく15Vを供給

エフェクター内で12Vに変換して、真空管のヒーターに は12Vの電圧をかけてみることになった。

真空管まわり

IMG_6746

真空管ホルダーのおかげで、簡単に真空管を抜き差しできる。

今回使用した真空管はBugera(ブゲラ)12AX7A、サウンドハウスで購入 1300円くらい

IMG_6748

真空管が不用意にソケットから抜けないように針金でバネを作って装着した。

電源ユニット

IMG_6751

出力ジャックと真空管スペースの間に電源ユニットを置いた。

電源レギュレーターIC、NJM7812の放熱を考え、一応絶縁してシャーシーに樹脂製のネジで固定した。

トーンまわり

IMG_6755

思ったよりスペースが足りない。

トーン部分のコンデンサーはボリュームポットに直接配線

ルビコン

IMG_6757

ルビコンがでかすぎて基板に装着したままだと、本体に収まらなくなった。

仕方ないので、基板から外して空中配線。最初のレイアウトなどが甘かったな。

基板

IMG_6758

電解コンデンサーも高さがあるので、本体に収まらないことが判明。

横に寝かせて再配線。

全部収まるか、どこもギリギリの状態。

でっかい部品ばっかり、ちょっと欲張りすぎたなあ。

今日はここまでかな。

 

Tube Driverの製作その3

本物の真空管を使ったOverDrive

もうほとんど完成していたのだが、記事にするのを忘れていた。

前の記事から時間が経過しているので、ちょっと反芻しながら進むことにする。

Tube WorksのTube Driverを元に真空管を使ったOverDrive自作した。

IMG_5426

音出し

音の出た瞬間はいつも感動するが、今回はいつも以上に強力であった。

今までの「歪みもの」とは違う音だ。真空管のねばっこい歪みと言うべきか。これはすごい。

ピッキング ニュアンスもバッチリ出るし、ギターのボリュームを絞ればクリーンサウンドが出る。

それでいて、歪まそうと思えば思い切り(私には十分過ぎるくらい)歪 む。すごい。

音域がHigh寄りであることはもうちょっと修正すべきであるが、これは面白い。

サウンド調整

ポイントとなりそうな部分をソケットにしてパーツを取っ替え引っ替えしながらサウンドチェックを繰り返した。

特に信号経路のコンデンサーの定数で、音はコロコロと変わる。

しかし今回、面白かったのは

電圧

オリジナルの回路図では(全体に)DC9Vで駆動している。

が、回路図にも(全体に)DC12Vを推奨しているようだ。

真空管12AX7のヒーター電源は通常12.6Vであるか ら当たり前のようである。

しかし、12AX7のB電源(カソード電源)は通常200〜400V程もあるらしいから通常どうりの使い方ではない。

かといって、サンレコの「土日で作るエフェク ター」の記事の中では、B電源(カソード電源)を9V~24Vあたりに設定する方法があり、必ずしも高い電圧が必要でもないらしい。

特に歪ませたい場合は低い電圧でも十分に 動作するようで、そのあたりもいろいろ試行錯誤した。

オペアンプの電源電圧を9Vから12V、さらには15Vに上げる事によってより歪まない方向に進む。

オペアンプでは歪ませたくないので、15Vに上げたい。

ところが真空管のヒーターに15Vを供給するのはちょっと可哀相な感じがする。

できれば定格ぼ12.6V程度以下に留めたい。9Vも試してみたがヒーターは圧倒的に12Vがよい。

結論

OPアンプと真空管のカソードに15V、ヒーターに12Vの電圧をかけてみると・・・

めっちゃいい感じになることが判明

仕方がない、ひとつのエフェクターで2つの電源を用意することにした。

電源ユニット

IMG_5444

NJM7812を使った電源ユニットを作った。

直流15Vを入力すれば、きれいな12Vを取り出せる。

本体にアダプターで直流15Vを入力し、そのままオペアンプと真空管カソードに入力。

電源ユニットで変換した12Vを真空管のヒーターに入力する。

簡単な回路であるが、さてこのユニットをどこに納めるか?も考えながらレイアウトしなければならない。

回路図は全体に公表する予定。

アルミケース

IMG_5439

レイアウトを考えながら。

左下に真空管を納めよう。

穴あけ

IMG_5440

電気ドリルでバリバリと穴を開けて、リーマーで広げる。

今日はここまでかな。

Tube Driverの製作その2

本物の真空管を使ったOverDrive

Tube WorksのTube Driverを自作することにした。

いろんなパーツをチェックする

IMG_5427

パーツをユニバーサル基板で配線を済ませたらすぐに音が出た。
やったね。

主に信号経路のコンデンサーを換えながらサウンドチェック。音もなかなか良いと思う。結構歪む。

いろいろ試したが、真空管に達する前のOPアンプの時点でもうかなり歪んでいる。

OPアンプの歪みと真空管の歪みとがミックスされて、このエフェクターのサウンドになっているようだ。

電圧

回路図では、一般的なエフェクターと同じ9Vを供給するようになっている。

が、回路図の下に書かれているように12Vにすることを推奨するらしい。多くのジサッカーも「その方がいい」と報告している。

実験的に9Vから12Vに上げてみると、すごくいい感じになる。

OPアンプの歪みが押さえられているのが分る。

めっちゃいい。もっと電圧上げたい。

OPアンプを歪まないようにするには、OPアンプへの電圧を上げてやれば良いんじゃないかと考えたからなのだが・・・

この時点での電圧の12Vというのは、真空管のヒーター電圧に合わせた12Vである。

真空管のカソードには300Vとかかかっているものがたくさんあるが、ヒーターに12.6V以上かけてはいけない(らしい)。

そこで試したこと

OPアンプと真空管のカソードに15V、ヒーターに12Vの電圧をかけてみた。

別々に手持ちの15V、12Vのアダプターをつないでみたのだ。

すると・・・

めっちゃいい感じ

すごいいい感じ。ざらざらしたOPアンプの歪み?がさらに押さえられたのか、粘っこい感じで歪む。

気持ちいい。いつまでも弾いていたい。

さらにすごいことに、ギター側のボリュームを下げると、めっちゃクリーンなサウンドになる。

すごく上質な真空管アンプを弾いている感じだ。

これは困ったことになって来たぞ

これは困った「めんどくさいこと」になってきたぞ。

ひとつのエフェクターで2つの電源を用意しなくてないけないのか?

続きはまた日をあらためて。

Tube Driverの製作その1

本物の真空管を使ったOverDrive

Tube WorksのTube Driver

Tube-Driver3

この機種は個体差が非常に激しい。

エリック・ジョンソン氏の使用でたいへん有名であるが、たいへん優れた個体とダメなのがあるようだ。

真空管をつかったエフェクターは、ちょっと流行った時期があって、以前から気になっていた。
ネット上に多くの作例やデーターも十分あり、ジサッカーでは有名な「松美庵氏」も製作されていて、評価も高い。

真空管ホルダー

holder

7〜8年も前のことかな?その「松美庵氏」のホームページで販売された真空管ホルダー。 いつかは作りたい!と購入しておいた。

これのおかげで簡単に真空管をエフェクター化できる。

やっと陽の目を見るのだな。

そして、これ!

オイルコンデンサー Rubycon 0.047μF

IMG_5446

デッドストックのオイルコンデンサー、かなり古いと思う。

秋葉原の桜屋の親父さんに勧められて数個買っておいたもの。

隣のフィルムコンと比べるといかにでかいか?が分ると思う。

昔の真空管アンプとかにはこういうでかい部品が使われていたようだから、今回はこれを使ってみる。

このオイルコンもやっと陽の目を見るのだ。

回路図

TubedriverBig

ネット上にも数種類の回路図が存在するようだが、これ!を基本に製作することにした。

ユニバーサル基板で製作

IMG_5419

後ろに見えているのは実体配線図

製作の前に何度も書き直した。

IMG_5421

でかいRybyconがかっこいいな。

今日はここまで。

Fender Vibro Champ 7

前回までに、平滑コンデンサー、ボリュームポット、スピーカーケーブルなどを交換して、すっかりご機嫌になったFender Vibro Champである。

今回はその番外編である。

真空管のリテイナーを作る

パワー管が結構重くて、時々外れて落ちてしまう。真空管はガラスでできているので、割れることも考えられる。

真空管のリテイナーは専門店に行けば売っていると思うが、いろんな規格やサイズがあってややこしい。

そこで私は、こんなことを考えた。

シャンパンコルクのストッパー

IMG_5985

シャンパンという名前は、フランスのシャンパーニュ地方のものだけが名乗れる。この金具はスペインのカヴァのものだったかな?そんなのどうでもいいな。

スパークリングワインのコルクを留めている金具で、真空管のリテイナーを作ってみようと考えた。

Groove Tubeのパワー管、GT6V6-Sにぴったりではないか!

整流管もついでに

IMG_5989

ストッパーの金具は柔らかいので、いくらでも整形することができる。

以前の記事で、整流管5Y3GTを中国Sovtek製と書いてしまったが、間違っている。Sovtekはロシア製、こちらもGroove Tubeのセレクト品だった。

真空管は現在、需要がたいへん少なくなって、中国、ロシア、スロバキアなどで生産されているだけである。Groove Tubeは米国の会社であるが、真空管を製造するのではなく、測定、選別して売っている会社である。こういう商売もあるのだ。いわゆるセレクトシャップというヤツか。

IMG_5991

めっちゃ細い銅線(LANケーブルを剥いたもの)でソケットの留めネジに引っ掛けた。

IMG_5993

バッチリやんかあ

IMG_5997

またまた大成功なのでした。

Fender Vibro Champ 6

前回までに平滑コンデンサーを交換して、ノイズは大幅に軽減できた。

今度はボリュームのガリが気になる。

IMG_5805

内側の写真。こいつを交換したい。普通のボリュームじゃダメなのか?特殊な部品なのかな?

いろいろ調べて行くうち、ギャレットオーディオで適切な部品を発見。400円、許せる金額。早速発注。

ボリューム交換

IMG_5815

左が新品、CTS製。右が外したオリジナル。

シャフトが金属ではなく、ナイロンでできている。感電防止なのかも知れない。

新しい部品を元どうりに配線すればよろしい。間違わないように作業をすればいいだけなので難しくはないだろう。

スピーカーケーブル交換

IMG_5810

いかにもダメそうなスピーカーケーブル。

写真では分りにくいが、スピーカーにつながる接続端子が経年変化で割れてしまっている。

これも新しく交換することにした。

新しく作ったスピーカーケーブル

IMG_5807

ケーブルはPA用の日本製CANAREのもの。何となくねじってみた。ピンプラグも接続端子もすべて手持ちのもの。

IMG_5818

見栄えも良くなったんじゃないかな?

ボリュームを交換して、少し音が小さくなったように感じたが、いろいろ試して行くうち、ボリュームのカーブの違いであろうことが分った。

今までよりボリュームを大きめに設定できるようになり、使いやすくなった。

ボリュームのガリも全くなくなったし、ノイズもなくなったし、気のせいかも知れないが、サウンドも大きく向上したように感じる。

大成功なのだ。やったね。

Fender Vibro Champ 5

いよいよ平滑コンデンサーを取り付ける

IMG_5783

元の集合コンデンサーのすぐ近くにドリルで穴を空けて

IMG_5784

新しいコンデンサーをラグ板にハンダ付けして配線

47μF/耐圧450Vが1個
22μF/耐圧450Vが2個

漏電が怖いのでラグ板の下にゴムシートを敷いた。

電解コンデンサーの極性を間違ったりすると、爆発することもあるそう。耐圧には十分注意すること。通電する前に何度も確かめる。

知識のない良い子はマネしないでね。

何度も確認してからスイッチを入れる

IMG_5801

電圧を測ってみると、368Vであった。(怖いな)

回路図には410Vとか書かれているから、ちょっと低い。が、このアンプは米国117V仕様で作られている。日本は100Vであるから85%の電圧である。

368Vもあれば良し、なのでは、と勝手に考える。

そして音を出してみる

ハムノイズがほとんどなくなった!!!!

大成功!!!

1000円ちょっとの支出でめっちゃ良くなった。だーいせーいこー!

すると今度はボリュームのガリが気になる。他の電解コンデンサーも交換したくなって来た。

どうしようかなあ?

Fender Vibro Champ 4

平滑コンデンサー交換計画

こちらに集合コンデンサーの缶をぶった切って中身を入れ替えるというすげえことをやっている人を見つけた。コンデンサーの容量も私と同じ。

この人も「缶のコンデンサーは高いから」と書いている。同じこと考える人がいるんだな。ちなみに、この人のVibro Champは1978年製とのこと。

この記事で確信した。バカ高い缶の集合コンデンサーでなくても、適切なコンデンサーに交換すればいいということだ。

集合コンデンサーの容量を計ってみた

IMG_5777

集合コンデンサーの配線を外し、テスターで容量を計測する。こちらは23.61μF

IMG_5778

こちらは50.04μF。容量も十分あるし、導通テストでもおかしな様子はなかった。本当にハムノイズの原因はこのコンデンサーなのか?これ以上の計測器も知識は持ち合わせていないから、よく分らない。ここまで来たら行くしかない。迷わず行けよ。行けば分るさ。1・2・3・ダー

平滑コンデンサーなのでもっと大きな容量の方がいいかも?とも考えたが、「容量を守らないと整流管を壊してしまう」と言っている人もいる。やっぱし、だいたい同じ値でいくことにする。

日本製のコンデンサー

IMG_5781

日本ケミコン製の電解コンデンサーを秋葉原の千石電商からネット購入。

22μF/450Vが2個(210円×2)、47μF/450Vが1個(263円)、右側のラグ板(63円)にハンダ付けしてシャーシー内に立てようと計画

送料を入れても1000円ちょっとですんだ。

うまくいきますように。

Fender Vibro Champ 3

前回までに、平滑コンデンサーにたいへん特殊なものが使われていることが解った。

コンデンサー

IMG_5614

調べて行くと、Multi Section Can Capacitorというのが本名で、集合コンデンサーとか、ツイストロックコンデンサーなどと呼ばれたりしているようだ。

vibrochamp-schematic

しかしながら見つけた回路図とは容量が違う。回路図では20μ/450Vが3個であったが、実機のものには40μ/450V、20μ/450V、 20μ/450Vと表記されている。

調べていくうちに、私と同じことで迷っている米国人(らしき人)がいた。それなりの知識を持った技術者が答えている。この記事で謎が解けた。

Fender Bronco

bronco_ab764_schem

私の所持するVibro Champであるが、AA764という一般に知られている?回路ではなく、AB764であるようだ。つまり外観はVibro Champで、回路はBroncoということだ。平滑コンデンサー部分以外はほとんど同じであるが、各部の電圧が通常のVibro Champより高い。一番高いところでは420Vと書いてある。怖いな。

ツイストロックコンデンサー

こちらで見つけたけど、5,640円(税別)もする。たっかーい。

こんな高い、得体の知れない?コンデンサーは買えない。日本製の優秀なコンデンサーを組み合わせて安価に仕上げたいと思う。

今日はここまで。うまくいくかな?