「Music」タグアーカイブ

Digital Performer

たまには音楽の話

それも個人的防備録的記事

PCでの音楽の作業についてはこちらで書いている

自宅での録音作業やオケの制作作業には

Digital Performerというソフトを使っている

主には、YAMAHA MOTIF RACK ESという音源を使っているのだが

ちゃんと音も出るし、

Digital Performerが、MOTIF RACK ESを認識しているのは間違いないのだが、

「Patch」と呼ばれる音の名前が食い違っていて

例えばPatchの名前が「brass」とかになっているのに

出ている音は「ピアノ」みたいだったり

またはその逆だったり

もう、ややこしいことこの上なかった

今までは、いちいちメモに残していたり、面倒くさい工夫をしながら作業をしていた

実は

かなり前だが、YAMAHA のサイトで

「Digital Performer4.5用 MOTIF-RACK ESパッチリスト」がDLできることを知り

指示に従って試してみたが、完璧ではなく

Digital Performerのバージョン違いから「ダメなんだろうな」と諦めていた

でもでも、

あまりの面倒くささに

この度、どうにも納得ができず、

浜松のヤマハデジタルインフォメーションセンターにまで電話をしてみたが

解決しなかった

うーーーん

何かおかしい気がする・・・

確信はないけれど、何かが違っている気がする

エディターで開いてみた

上述の「MOTIF-RACK ESパッチリスト」をエディターで開いてみると

パッチネームはMOTIF-RACK ESの内部とちゃんと合っている

でも、Digital Performerでの表示が違う

これは絶対におかしい!

と、確信!

実力行使

MOTIF RACK ESには存在しない、でもDigital Performerの画面に現れるパッチの名前がPCのどこかにあるなら

それを探して排除すればいいんぢゃないのか?

で、

「このMacを検索」でPC全体を検索し、

かたっぱしから確かめていたら・・・

・・・・・

見つけた!

Digital Performerは、MOTIF RACK ESではなく

もうひとつ古いMOTIF RACKとして認識している様子

よっしゃあ!

「MOTIF=RACK ES.midnam」と「Yamaha.middev」の2つのファイルを

MacintoshHD/Library/Audio/Midi Devices/MOTU/YAMAHA/

に、コピーし直し、

MOTIF RACK ES以外のMOTIFの名前がつくmidnamファイルをすべてゴミ箱に移し

Audio MIDI設定をし直して

再起動すると・・・

大成功!

思い切ったぜ!

正しく表示されるようになった

これで作業効率も上がるに違いない

大成功!

やったね!

フルスイングで振り切ってやるぜ!

へへへへ

 

PCでの音楽の作業

録音作業はMacで行う

どこから説明したらいいかな?

主要な機材

IMG_6573

上から

1.Midi音源 

Yamaha MOTIF-RACK ES

特別な場合を除いて、生楽器以外の音はこいつが発音している。

すべての音がすごく自然。特にピアノの音がすごくいい感じだと思う。

Yamahaの MOTIFはよく出来た音源だと思う。バージョンが進んで「ES」になって急に良くなった。高望みするときりがないが、気に入っている。

実は、ドラム、パーカッションなどは、この音源ではなく、ソフト音源を使うことが多い。

が、その話はちょっとややこしい?ので、またそのうちに。

2.パッチベイ

機材の後ろのケーブルを抜き刺しするのはとても面倒。なので機材の入出力をここに立ち上げている。自作ケーブルで結線する。

3.オーディオインターフェイス

MOTU社/ UltraLite mk3 Hybrid

アナログーデジタルの変換機

アナログ音声をデジタルデータにしてPCに録音したり、また逆にデジタルデータをアナログの音にして再生する。

この機材はホントに優れている。めっちゃいい音で録れる。

Digital Performer

IMG_6527

使っているDAWソフトウェアの画面

Digital PerformerもMOTU社製

コンピューター上での、録音、編集、ミックスなどの作業をこれで行っている。

CueMix FX ミキシングソフトウェア

IMG_6526

オーディオインターフェイス  UltraLite mk3 Hybrid に付属のミキシングソフトウェア

アナログの録音の際にちょっとコンプをかけたり、EQしたり、特に歌の録音で重宝する。

歌を録音すると

IMG_6528

歌をマイクで録音するとこんな風に波形になって現れる。

コーラスを録っている場面、よく見るとちょっとずれているけど・・・画面で修正するより、歌い直した方が早いな。

Midiデータ

IMG_6530

いわゆる「打ち込み」というやつ。

画面はデータを機械的にべたに打ち込んだだけの例

実際には

IMG_6574

マジに打ち込むと、すぐこのぐらいになってしまう。

データーも人間が演奏したっぽく、ずれているのが分る。

ミキシング画面

IMG_6532

これも単純に分りやすい例

実際にはすぐに10chから、もっと多くのチャンネル数になってしまう。

なので、ミキサーのフェーダーを動かしたデーターも記録する。

ボリュームデータ

IMG_6578

画面下、黒い天と線で示されているのはボリューム

これに従ってミキサーのフェーダーが自動的に動く

すごく手間のかかる作業であるが、画面上で複数のフェーダーが自動で動くその様は壮観だ。

まだまだ作業はあるけど、今日はこの辺で。