野菜だしで焼き飯

先日、しゃべくり007にバイオリニストの葉加瀬太郎氏がゲスト出演していた

本人曰く、料理は「音楽より少し上手い」とのこと

「奥様と比べて?」の問いには迷わず「レベルが違う」とオカダカズチカ風?

「オレのチャーハンはうまい」と、葉加瀬氏はスタジオでチャーハンを作った

葉加瀬氏の方法

チャーシューでも、ハムでもよいので刻む、長ネギはみじん切り

フライパンを熱くして、サラダ油とラードを半々に入れ、油を熱したら、溶いた卵を入れる

すぐにご飯を入れる

卵に油を吸わせたものとご飯を混ぜる

煽らずに、混ぜながら返す

茅乃舎の野菜だしを粉末のまま入れる

チャーシュー、長ネギを加える

長ネギは水分が出るので、できるだけ後ろの方がよい

しょう油を香りづけ程度に加える

お酒を回し入れる

葉加瀬氏によると「日焼けした肌にアロエを塗るように」お酒を加えるのだそう

コショウで調味

f:id:ipo_beginner:20161017224419p:plain

TVでは編集かも知れないけど、手際も素晴らしく、美味しそうでした

茅乃舎の野菜だし

IMG_6283

原材料:野菜チップ(玉ねぎ、にんにく、人参)、食 塩、酵母エキス、でん粉分解物、野菜エキスパウダー(セロリ、キャベツ)

この「野菜だし」で「オムライス」は作ったことがあるが、チャーハン(焼き飯)はいつも創味シャンタンだった

やってみよう

でも、作り方はいつものやり方(というか、最近はもっと簡便な方法にしている)

作り方

いつもは具材のすべてを先ず炒めるのだが

最近はそれもすっ飛ばすことが多い

タマネギのみじん切り、油を切ったシーチキン、ご飯、卵をボールなどで混ぜてしまう

隠し味にきゅうりのキューちゃんを細かく切って加え、「茅乃舎の野菜だし」で調味

フライパンで丁寧に炒め、いつも通り隠し味に砂糖をほーんの少しパラパラパラ

そして醤油で焦がすように味付け

フライパンのどこかにスペースを作って醤油をたらしてじゅわーんてしておいて

そこにご飯にからめて、味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

出来上がり

img_1186

うん、これも美味い

茅乃舎のだしは値段も張るが、美味いんだよなあ

バクバクいってしまう!

いつもの創味シャンタンで味付けするのと比べると、あっさり、上品な感じかなあ

今日はシーチキンで肉系の味がなかったから・・また機会を見つけて焼き豚とかで試してみなくては!

ごちそうさまでした

 

手羽先のやわらか炒め02

先日作った手羽先のやわらか炒め(というか、やわらか煮かな)が美味かったので再びの巻

今日は豆板醤を加えてみた

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割

圧力鍋に手羽先と(切り落とした羽根部分も)ひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置した

(先日は15分加熱で柔らかすぎると感じたので10分加熱にした)

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液に豆板醤を少し加え、そこに茹で上った手羽先を漬け込んで10分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

出来上がり

img_1115

うわーーーー

豆板醤!やるなーーー

ピリッとめっちゃ美味ーい

ビールがめっっちゃすすみまっす!

ばくばく食えるし、ごくごく飲んでしまう!

白髪ネギも合う!

次回は切り落とした羽根もいっしょに炒めよおっと

もーーっと食べたいもん

 

ラズベリーカスタード

ハーゲンのクランチークランチシリーズの期間限定商品

うわあ、久しぶりのハーゲンだ!

「最近、ハーゲンの記事がないですが、お元気ですか?」といった激励?のメールなど頂いたりして・・・

ご心配をおかけして申し訳ない!

漬け物食ったり、ビール飲んだり、エフェクター改造したり、よよおっし!ハーゲンも食べよう

ラズベリーカスタード

img_1179

これも期間限定

期間限定に弱いんだよ

メーカーのHPより

クランチークランチ『ラズベリーカスタード』

滑らかなカスタードアイスクリームにラズベリーソースを加え、

サ クサクとした食感が楽しいフィアンティーヌと乾燥ラズベリーを散りばめたラズベリーチョコレートでコーティングしました。

卵とミルクのコクが豊かなカス タードと甘酸っぱいラズベリーのハーモニーに加え、

クランチークランチならではの食感のアクセントが楽しめます。

※フィアンティーヌ…薄く焼き上げたクレープ生地を細かく砕いたもの。

img_1181

 食レポ

ファーストインプレッション=ぱりっと甘酸っぱい

サクサクぱりっとのコーチングはラズベリーの酸っぱさのあとにチョコレートの甘さが来て美味い!絶妙!

若い女性はこれ絶対好きやろうな!って味

おっさんが何言うとんねん?!すみません_ _))

アイスの部分は濃厚なカスタードアイスクリーム

中に甘酸っぱいラズベリーソースが入っいて素晴らしいアクセントになっている

甘さと酸っぱさが絶妙のバランスで美味い

いつものことながら絶妙のバランスで、さすがはハーゲン!

誤解を恐れずにレポすると・・・

クランチークランチシリーズは同じハーゲンのカップなどに比べると、ほーーんの少し「ジャンク」な感じがあって

そこがまた美味いんだよなあ

アイスバーだからそういう味付け?も加味しているのかも知れない

さすがはハーゲン!の期間限定!美味いです

若い女性は必ず好きな味?

 

村上重本店胡瓜のしば漬け

漬け物の記事、久しぶりだな

村上重本店の漬け物は「ちりめんすぐき」「胡瓜の京高瀬」「京高瀬」、「さくら漬」「小かぶら風味漬」に次いで6つ目

カミングアウトします

ある日、しば漬けが食べたくなった

スーパーで適当だと思われるしば漬けを買って帰った

ところが!

決して不味いわけではないのだが・・・

うーーん、味が濃すぎるのもあって・・箸が進まない

そのまま冷蔵庫の肥やし?になってしまった

舌が肥えたのかなあ・・・

リセットしなくてはいけないのだが、こういう嗜好品?に限っては好みがあるから仕方ないよなあ

そして、ある日、デパ地下に寄って買い直した

村上重本店胡瓜のしば漬け

img_1141

この漬け物は初級者?向きかも

漬け物初心者でもめっちゃいけると思う

img_1153

調味液に漬けた現代的な漬け物

しば漬けの本来は「なす」の乳酸発酵だと思うが、こちらは胡瓜のみを梅酢で調味されている

しば漬けは、これまで「土井」「志ば久」を食べて記事にしたが、それらとはコンセプトが異なる

あちらをトラディショナルとすれば、こちらはコンテンポラリー

ぽりぽりぽり、と食感がすごく美味い

ご飯わっさわっさいけます

村上重本店

村上重本店の商品はおしなべてコンテンポラリー色が濃い印象

色々意見はあると思うが、私はゴスも含めて、トラディショナルもコンテンポラリーもどっちもいけます

なんのこっちゃ

 

Suhr Riotの製作09

ハイゲインディストーション、Suhr Riot(サー・ライオット)の自作改造

その第9話

なかなか作業が進まない・・・

歪みボード、やっと決定

img_1159

Red Channel

img_1057

赤色LED2個の対称型

Blue Channel

img_1055

47Vツェナーダイオード2個と青色LEDの非対称型

Green Channel

img_1056

整流用ダイオード1N4001-2個とスイッチングダイオード4148−2個の対称型に変更

音量が上がって実用的になった

とりあえず、クリッピングダイオードは決定ということにしておこう

全体的にもう少しLowの成分が欲しいし、トーンの効き方も全然気に入らない

トーンは現在Bカーブのボリュームを使っているが、Cカーブにすることでスムーズになると思う

まだまだ自作改造の長い旅は続くのだな

いろいろとパーツも購入してあるのだが

img_0498

Ratの改造も途中だし、なかなか時間がない

img_1168

もっといっぱいいじりたい

ゆっくり時間が欲しいなあ

トランキーロ!

あっせんなよお!(焦るなよ)

 

Suhr Riotの製作08

ハイゲインディストーション、Suhr Riot(サー・ライオット)の自作改造

その第8話

3種類選べるクリッピングのダイオードは別基板にしてスライドスイッチで選択

第7話では、何度もサウンドチェックを繰り返してクリッピングダイオードを選択して音量まで揃えたのが裏目!

再び実験君を繰り返して・・・

img_0982

クリッピングの回路を再決定

1:赤色LED2個の対称型

「甘い感じ」の歪み。スムーズで安心出来る

2:47Vツェナーダイオード2個と青色LEDの非対称型

一番音量が出る。1よりちょっとクールな感じ

3:整流用ダイオード1N4001-2個とスイッチングダイオード4148−1個の非対称

がくんと出力音量が下がるが、サスティンは一番良い

歪みボード

img_1158

実際に組み込んで試してみると・・・

3の音量が足りなくて実用的ではない・・・

suhrriot

元回路の歪み部分をもう一度見てみると・・・

音量を合わせるのが目的じゃなくて、音質とかも含めて実用的になるように抵抗が入れてあるのかあ

うーーーん

回路は奥が深い!

またやり直しかあ・・・・

img_1056

3色のLEDの色が変わったりするのは気に入ってるんだけど・・

ふう

 

鰹の納豆ソース

春の初鰹より、秋の戻り鰹が好きだ

以前に鰹のバルサミコソースを記事にしたことがあるが、この料理でも鰹の懐の深さをひしひしと感じる

洋風でもない、和風でもない、納豆の個性を生かしながらしっかり鰹の美味さを感じる

ちなみに、上沼恵美子のおしゃべりクッキングで紹介されたレシピが元になっている

鰹は表面を焼いてたたきにする

皮付きの鰹の方が皮の焦げたいい香りに仕上がる

作り方

フライパンに少量の油をひき、薄くスライスしたニンニクを炒めてニンニクチップを作る

ニンニクチップを引き上げたら、かつおの皮目に塩をふり、そのニンニクの香りが移った脂で焼く

皮目はしっかり焼くが、その他の面はさっとでよい

ソースを作る

しょうゆ大さじ1.5 みりん大さじ0.5 酢大さじ2 粒マスタード大さじ1 を混ぜておく

表面を炙った鰹を7~8mm厚さに切ってソースを約半量ほどかけ、ラップに包んで冷蔵庫で15分程度置く

玉ねぎ(あれば新玉)をスライサーで薄切りにして水にさらし、オニオンスライスを作っておく

納豆ソース

ひき割り納豆1パック(さらに包丁で細かくたたいた方が美味い)を良く混ぜ、残ったソースと混ぜておく

出来上がり

img_1072

皿にオニオンスライスを敷いて、トマトをかざり、鰹を並べてニンニクチップを飾る

納豆ソースは別盛りにしておいて

薬味にミョウガとしそを用意した

こんな感じで頂きます

オニオンスライス、鰹一切れ、ニンニクとミョウガ、納豆ソースをかけて、パクリ!

img_1076

鰹とタマネギの相性がいいのは想像がつくが、そこに納豆を合わせるなんて?

いやいや、これはかなりの「ごちそう」です。

食べたことない味

お酒がすすみます

もし高級店で(もっと上手くディスプレイして)提供されたら「さすがは〇〇だねー」って言われる様な料理だと思う

お酒のつまみにたまりません!

 

鶏もも肉の皮パリパリ焼き03

鶏もも肉の皮パリパリ焼き、生わさびソース

7月13日に記事にした鶏もも肉の皮パリパリ焼きは焼いただけ

7月26日に記事にした鶏もも肉の皮パリパリ焼きはそのソースバージョン

今日のは「わさびソース」で仕上げる

先日の生わさびの残りが冷凍保存してあったのでそれを使ってしまおう!

皮をパリパリに焼き上げる方法

鶏もも肉の皮をパリパリに焼き上げる最適な方法が分った

ポイント1:フライパンはコールドスタートでOKすること、決して強火にしないこと、もちろん蓋はしない

ポイント2:皮目からじっくり焼くこと(当たり前)

ポイント3:皮目がフライパンの面にしっかり触れるようにすること(ターナーなどで軽く押さえるなど工夫)

ポイント4:重要!焼き始めに出て来る油や水分をペーパーなどで拭き取ること!

ポイント5:B面も同様にして焼いたら最後にもう一度A面を軽く焼いてパリパリに仕上げる

今日の作り方

もも肉は丁寧に脂を取り除いておいた

筋も切っておいた方がいいと思う

フライパンに少量の油を入れ、ニンニクのスライスを炒めた

一旦火からおろし、ニンニクを取り出したら、そのフライパンに!塩を振り、そこに鶏もも肉を皮目から投入

上記の「皮をパリパリに焼き上げる方法」で焼く

鶏もも肉の皮パリパリ焼き、生わさびソース

img_0987

生わさびを細かいおろし金でおろし、マヨネーズとレモンで調味してソースにした

ニンニクチップを添えて

生わさびソース美味い!

 

手羽先スープのラーメン

昨日の手羽先を煮たスープ

冷蔵庫にしまっておくと表面の脂が真っ白に固まっている

そのあらかたをスプーンですくって捨てたら、湯沸かし器の熱い湯を流しかければ良い

表面の脂がきれいに流される

そのスープストック?を温めると・・・

すげえ、めっちゃガラスープや!

ラーメンにしてやる!!!

ふっふっふ

作り方

スープストック?は水でのばした

砂糖を少し加えてから塩で調味(これでめっちゃ充分)

創味シャンタンとそばつゆを少しずつ加えた

(いずれも少し加えるだけでいい意味でも悪い意味でも劇的に味が変わる〜慎重に加えるべきだと思う)

いつもの乾麺を湯がく

業務スーパーで売っている安い中華麺

IMG_6467

湯がいた麺はそのままでもいいが、私は一度水で良く洗ってから使っている(しゃきっと感が違う)

(出来上がったスープで)一瞬温め直して丼に入れ、その上から熱々にしたスープを入れるイメージ

出来上がり

img_1042

手羽のガラもトッピングで!

ほら見て!透き通ったスープ!めっちゃ美味い!

大成功の巻!

 

手羽先のやわらか炒め

すっかり秋だなあ

ビールがますます美味い

「手羽先のトロトロ煮」も大好きなのだが、今日はビールにバチコン!と合う手羽先を食べたい

そして今日は、さらに手っ取り早く!圧力鍋を使った

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割した

圧力鍋に手羽先と(切り落とした羽根部分も)ひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから15分加熱、その後15分放置した

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液を作り、そこに茹で上った手羽先を漬け込んで5分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

出来上がり

img_0995

かぶりつくとお肉がホロホロとくずれる

めっちゃ柔らかい!

ちょっと柔らかすぎるくらいなので、圧力鍋10分加熱くらいでも丁度いいかも知れない

七味をはらりと散らしたりするとたまらんぜよ

ばくばく食える、ごくごくビールが進む

めっちゃ美味い!

あ、ご飯でも食べたい!

マスター、あとでご飯ちょうだい!

ご飯にこのタレかけて↗