エレアコプリアンプ製作編02

回路・仕様など、ほぼ決定

回路図

In1〜A1までがプリアンプ部分

B1〜HotとColdとなっているのはD.I.(外来ノイズなどに強いアンバランスアウト)

それぞれ2ch作って、左中の回路でMixしてTuner Outへ

左下は、大好きな「バイアス低インピーダンス化」回路

多分大丈夫だと思う

こんな外観でどうかな

D.I.の「キャノンOut(右上)」はサイドの方がいいかなあ?

悩ましいなあ

楽しいのでござる

悩ましいのでござるのだよ

 

スプーンで食べる生チョコアイス

またもリセッター発見

スプーンで食べる生チョコアイス

冷凍庫から出して直ぐはカチンカチンなので

ちょっと待った方がいいと思う

レポ

うわっ!生チョコ!

濃厚で美味い

ココア、生チョコ、バニラアイスのバランスが良い

チョコが好きなら絶対!行っといた方がいい!

サンデーカップも美味いし

やるな!Morinaga!

この味はハーゲンを脅かしてます

是非!

 

サッポロラガー2017

あるレッスン会場でのこと

スタッフから、こう話しかけられた

ス「先生、サッポロラガーは、もう飲まれましたか?」

私「えっ、サッポロラガー?」

ス「先生、いろいろ飲まれてるんで、もう、飲まれたかな?と、思ったんですけど・・私はすごくうまいと思うんですよお」

すぐにガックラの過去記事を検索!

私「あ、飲んでます。あれ、これだいぶ前に限定だったような」

ス「そうです。限定で、今年も出てるんですよお」

私「わかりました。飲みます」

サッポロラガー2017

通称「赤星」という呼び名で親しまれている「サッポロラガービール」は、

熱処理ビールならではのしっかりとした厚みのある味わいが特長で、

現存する日本で最も歴史あるビールブランドです。

通常は業務用市場を中心に大びん・中びんで販売されていますが、

家庭でも楽しめるよう、缶となって全国で発売されます。

幌札製冷麦酒

レポ

しっかり!ビールの味、美味い!

「昔のビールの味」とか「懐かしい味」と表現されることもあるが・・

誤解を恐れずに書きます

ラガーと言えば

ラガーと言えば、キリンラガーが一番有名なのは異論のないものとして、

キリンラガーには独特の香りがあって、私は「ラガー臭」だと思っていた

多くの人がそう思っていると思う

ところが、この「サッポロラガー」には、その「ラガー臭」が感じられない

そうなのだ。私が「ラガー臭」だと思っていたのは「キリン臭」だったのだ

キリンラガーから、「あの独特の香り」を除いたのだから・・

そりゃ美味いよなあ

昨年版は、今年2月に「ルービ幌札」という題で記事を書いている

2016年のサッポロラガー

「ルービロポッサ」も飲みたいなあ

楽しいぞお

 

ポテトサラダ02

ポテトサラダは2015年9月にも記事にしているが

今日はニンジンとリンゴを混ぜ込んだ

作り方

じゃがいもは皮をむき、適当な大きさに切って水から茹でる

その中に卵をひとつ、殻のまま入れてゆで卵を作る

茹でる水の中に少しのコンソメ顆粒と少しのセロリの葉っぱを入れた

ニンジンも2mmくらいの厚さに切って加えた

じゃがいもがちょうど良い固さになったら、ニンジンとゆで卵を取り出し、

湯を捨てて、さらに加熱し、粉ふきにしてからつぶす

私はじゃがいもの形が残っているのが好みなので、全部つぶさない

きゅうりは薄切りにしてひとつまみの塩を振ってしばらく置く

ゆで卵の白身部分は細かく刻んでジャガイモに加える

味付け(ソース作り)

ゆで卵の黄身部分は潰して、砂糖小1、酢大1、練りからし少々、マヨネーズを加えてソースを作る

ソースが美味しければ出来たも同然

きゅうりは水洗いをして水気をしっかり切ること

リンゴも2mmぐらいの薄切りにした

すべてを混ぜ合わせ、塩とマヨネーズで味を整えて

出来上がり

ニンジンはなくてもいいけど、入れると見た目が綺麗になるな

時々現れるリンゴが爽やか

昨日のローストビーフとポテトサラダがあれば

いーーっぱい呑めるぜ!

ははは

 

ローストビーフ

3cm以上の厚みのある牛肉だと、ローストビーフ風に仕上げることができる

必ず予め冷蔵庫から出して室温程度にしておくこと!

先ずは少量の油でにんにくチップを作り

そのフライパンで、コショウをした牛肉を弱火で加熱した

強火で周りを固めた後、ジプロックに入れて湯煎する方法もあるが

今回はフライパンだけでゆっくりと加熱した

ローストビーフ

焼きあがった肉はアルミホイルに包んで少し置く

そうすると余熱で中まで温まる効果もあるが、

切り分ける時に、肉汁が流出するのを防ぐことができる

その間にソースを作った

手前にあるのは、ハチミツとリンゴのソース

肉汁が残ったフライパンに、酒、みりんを加え、すりおろしたリンゴと蜂蜜、レモン汁、バルサミコ酢を加えて加熱

フライパンに残った肉の旨みを溶かし

醤油、焼肉のたれで味を調節しながら煮詰めた

切り分けた肉にも、少し隠し包丁を入れると食べやすくなる

お気に入りの塩をパラパラパラ

甘酸っぱいソースがたまらん

 

和牛すごい!

昨日のM-1グランプリ2017

毎年、M-1グランプリは、大変楽しみにしているが、

近年、いや、これまでで一番レベルが高かったかもしれない

毎年、会場は異様な緊張感に包まれ、演者も審査員も、そして観客も緊張感に巻き込まれる

今年も激戦ながら、それほどの緊張感はなく、それが今回のレベルの高さにつながったのかも知れない(私の勝手な感想です)

惜しくも優勝を逃した「和牛」であるが、

和牛

過剰に理屈っぽい水田(左)のボケに、ツッコミの川西(右)が振り回される漫才を主力にしている?が、

多くの漫才パターンを持ち、ネタ数もすごく多い

その技量は、多くの芸人たちからも絶賛されているようだ

和牛の1本目

「ウェディングプランナー」(勝手に題名つけてます)

すごかったーー

こんな漫才見たことない?

決して早口でもないし、テンションが高いわけでもない

前半で細かいボケを散りばめておいて、後半にそれを回収していく

「ゆっくり上がってくるのが恥ずかしかったら、『パーン!』て上がってきても」

前半はゆっくりで、後半に向かってスピードを上げて行く

スティーブジョブズを真似た感謝の言葉

「悲しいこと辛いこと、たくさんありました、それをグラフにしたのが、こちら!です。」

めちゃめちゃレベル高い!

オチも「バチコーン」と決まって!

映画1本観たくらいの痛快感!

私は一人で「スタンディングオベイション」しました

すごーーい

残念ながら優勝は逃したけれど・・・

いやいや、「一番すごいのは和牛なんだよ」

中邑真輔(元新日本プロレス・現在米国WWFで活躍中)氏によれば「一番すごいのはプロレスなんだよ」とのこと

そういうことです

って、どゆこと?

 

エレアコプリアンプ製作編01

前回までは「Tone Stack研究」という題名であったが

今回から、その続編で「エレアコプリアンプ製作編」とした

エレアコのプリアンプを新たに製作するのだ

ギターを2本つなぎ込めるデュアル仕様!で!

今回の目標はTone Stackの長所を活かせるように最適に使用すること!

なので、これまでの記事のように、Tone Stackを十分に研究して?

ブレッドボードで実験

パーツをとっかえ、ひっかえして音を聴きまくる

ToneStack研究07で試したDuncan Tone Stack Calculatorの波形の印象通りに音が変わって感動!

回路図を書き直す

落書きみたいなものですが

基板のパターンを製作する

これが相当難しい

無駄なく美しく!

機材の外観、レイアウトを考え中のメモ

これは結構楽しい

ふふふ、どんな外観にしてやろうか・・・

まだまだ、妄想、模索中である

めちゃくちゃ面倒であるが、楽しいのは事実だなあ

 

ビーフシチュー

先日「お肉やわらかの素」でビーフシチューを作ったが・・

今日は本末転倒篇

赤ワインが冷蔵庫に残っていて・・

飲み残した赤ワイン

次の日は、まあ大丈夫だけど、

その次の日は、もう飲めまシェん

んなことで、残ったワインが結構あって・・・

貧乏性なので、捨てられない

どうしようかなあ・・・

よっし、これでビーフシチューを作ろう!

そのまま捨てれば0円なのに

シチュー用のスネ肉、小ぶりのジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ

それから野菜ジュースなども買い込んだ

シチュー用スネ肉を一口大に切って「お肉やわらかの素」を振りかけて放置

その間に玉ねぎのみじん切りやら、くし切りを作って

フライパンに油を引いてスネ肉を軽く炒めて

取り出したら、そのフライパンで玉ねぎのみじん切りをゆっくりと炒めて

鍋に炒めた肉と玉ねぎを入れたら、ワインをドバドバドバ(300ml以上あったと思う)

野菜ジュースを加えて煮込む・・・ふふふ

そう、水を加えない作戦!なのだ

他の野菜も順番に炒めて鍋に加えていく

冷蔵庫に残っていたセロリも加えた

煮込むこと40分?

ちょこっとウスターソースとケチャップと醤油を加えて

どれどれ・・

あれれ・・お肉が硬いし・・

味もイマイチ?

あれれー困ったなあ

仕方ないので市販のルーを買いに行った・・・

トホホ

ちょっと水を足して、規定の半分くらいのルーを溶かして

玉ねぎがほとんど崩壊してしまったので、さらに増量!

玉ねぎ何個入れただろう?

出来上がり

うん、たいへん美味い!

でも、これだったら始めから普通に作ればよかったんだよなあ

完全に本末転倒?

まあ、美味しくできたからいいんだけど

次回は圧力鍋を使う、キノコ類を導入する、などについてもやってみよう

御造作!

編注

ちょっと調べると、スネ肉は旨味があるけど硬いので

「数時間かけて煮込む」とか「1時間煮て1日寝かす」とかの仕込みが必要らしい

注意されたし!

 

やわもち安納芋

Wonder Rainbow Factoryの相方、「あーよ氏」から

またも!こんなLINEが・・・

やられた!

先を越されてしまった

「やわもち安納芋」

噂には聞いてたんだよなあ

すぐに探しに行きましたとさ

運良く3軒目で?ゲット!

やわもち安納芋

鹿児島県種子島産安納芋を使用し、

はちみつを配合することで

芋のほっくり感や芋の蜜感を再現しました。

ねっとり濃厚な「安納芋あん」に、

やわらかい「おもち」がマッチした期間限定商品です。

香ばしい黒ゴマのトッピングで味の変化をお楽しみいただけます。

限定商品なのかあ

うわあ、美味そう

めっちゃ和テイスト!

どれどれ

ファーストインプレッション=お芋

美味しいぞお

焼き芋とか、和菓子?のイメージ

お餅が美味いし、黒ごまもバッチリ

すごくあっさりしているが、時間が経って、ちょっと溶けてくると、ねっとり感も増す

お餅も柔らかくなってくるので、ゆっくり食べるべし!だな

すごくお芋のイメージだけど、

豆のあんこなんだね

ひよこ饅頭とかの黄身餡にも似ていて、洋菓子に近い和菓子?の感じかな

そういう意味で、ハーゲンの安納いもとは全く違うものです

たいへん美味い

リピートすると思う

和菓子に近い感じ?なので

「饅頭こわい」ぢゃないけれど・・

緑茶が欲しくなる

「今度は濃いお茶が一杯こわい」

お後がよろしいようで・・・