カポタスト03

週末に書いたカポの話の

番外編

カポはギターなどの弦楽器用アクセサリー、演奏補助器具のひとつで

弦の長さを任意に短くすることで、楽器全体を移調することができる

というのが本来であるが

全体を移調しない=変態的なものが存在する

Kyzer Drop D Capo

商品名は正しくないかも知れない

「パーシャル5カポ」と書いてあるサイトもあった

1〜5弦は普通に押さえるが、6弦だけが解放になっていて押さえない構造

日曜の記事のKyzerと一緒で、海外のアーチストが使っているのを見て!米国から個人輸入した

ギターのチューニングは6弦(一番太い音の低い弦)から

E-A-D-G-B-Eが通常?であるが、

6弦だけを全音低くチューニングした

ドロップDチューニングという変則チューニングがある

ドロップDチューニング

6弦から、D-A-D-G-B-E

レギュラーチューニングで、このカポを2フレットに装着すれば

ドロップDチューニングの全音上の「擬似ドロップEチューニング」になる上に、さらに!

基本レギュラーチューニングなので

「普通に6弦をレギュラーコードで押さえても全く問題ない」

という幸せな状態?になる

私の場合はもっともっと超変態なチューニングで使用していたが・・

今は日本でも2000円くらいで売っている

PLANET WAVES  PW-CP-06

日曜の記事でも書いたが

現在のお気に入りのカポはPLANET WAVES製のものであるが

PLANET WAVES製のDrop-Dカポはないか?と探したら・・

なんと、あるではないか!

すぐに注文

やはり海外からの取り寄せ品で、少々時間がかかったが

届いた

すごくちっちゃくて、軽い

サウンドをスポイルすることなく、Drop-Dカポの役目を果たしてくれる

カポよりヘッド側の6弦を抑えようとすると、ダイヤルが邪魔になるところがちょっぴり欠点

このカポをデザインしたNED STEINBERGER氏は、大変優れたデザイナーだと思うが

まさか、カポをまたいでヘッド側の弦を押さえる変態がいることは想像できなかったのかも知れない

STEINBERGERさーん、ここにいますよー

多分、世界中には、いっぱいいますよーー

よろしくねーー

サード・ハンド・カポ

これを持っている人は少ないと思う

これも海外通販で個人輸入した

こんな感じで指定した弦だけ押さえることができる

今は、もうどこにも売ってません

超超マニアックな話、最後までおつきあいありがとうございました

 

LED照明

すごく長く使っていた、部屋の照明器具の調子が悪くなった

いわゆる伝統的な天井から吊り下げられた蛍光灯の照明で

出ている紐を引っ張って付け消しするタイプ

まずそのスイッチがうまく機能しなくなった

スイッチの接点付近にCRC-556を振りかけてしばらくしのいだが、それも次第に限界が来て

ON-OFFをこのようなスイッチでできるように改造して使用を継続した(私はしつこいのだ)

100Vは危険だから良い子は真似をしないでね

ところが、そこにも限界が来たのだろう

最近になって時々勝手に消える、という怪奇現象?(違う!)に見舞われるようになった

仕方がないので?新調することにした

LED照明

逆光になってうまく撮れない

市場のこういうシーリングライトと呼ばれるもののほとんどはLEDになったようだ

値段もこなれていて、選択の余地もほとんどない

ので、LEDにした

まさか私がLED照明なんて使うことになるとは

「そんなもの使うものか」と思っていたけどなあ

日本製

安心の日本製でござる

明るくて快適でござるぞ

 

バルサミコ酢

私は、よく分かっていないが

イタリアでは「バルサミコ酢」はやはり伝統的なものなので

製法などに関して、細かい法律が定められているらしい

最も厳しい規定をパスしたものが「アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ」と呼ばれるのだそう

熟成期間が12年以上など、様々な規定があって

バルサミコ酢の中でも最高ランクとされる

大変高価で普段使いには好ましくない

なので

オリタリア アチェート バルサミコ

「ACETO BALSAMICO DI MODENA(アチェート・バルサミコ・ディ・モデナ」

モデナ地方で作られたデイリーバルサミコってな意味

酸っぱすぎず、香りも良い

何しろ安くて、使いやすいと思う

これでソースを作ると、肉も魚もグレードが格段に上がる

500円くらいで買えるから、まだの方は是非チャレンジを!

アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ

実は持っている

もったいなくて、開けられません

見る人が見たら「なんでこんなの持ってるの?」だと思う

ふっふっふ

 

カポタスト02

昨日の続きの話

カポ

私がギターを始めたのは中学1年生だった

カポはゴム式のものがスタンダードだった

数百円で手に入ったが、つけるのに力が必要で、

さらには無駄な力が加わるとチューニングが狂って

ゴムがすぐにボロボロになって・・・

大変厄介なものだった

ビル・ラッセル

国産の低価格なゴム式のカポが数百円の時代に、

「ビル・ラッセル」というアメリカ製は2800円だったと記憶する

プロが使う「大変良いもの」という評判だったので、いつだったか、小遣いを貯めて、思い切って購入した

締め付けるゴムが2重になっていてつけやすく、弦を押さえる部分の柔らかさやカーブも抜群

大変お気に入りだった記憶がある

ゴム製なので、数年で朽ちてしまい、次も「ビル・ラッセル」を購入したが、

製造が「ジム・ダンロップ」に移行していて違うものになっていた

そうこうするうち、アコギからエレキの比重が多くなり、だんだんとカポの使用頻度が少なくなっていった

アコースティックのライブがしたくなって、エレアコを購入したのは東京に来てから

カポが必要になって昨日紹介した「シャブ」を購入した

「シャブ」ってカタカナで書くとすごくヤバそうな雰囲気になるな

つけたり、外したりがすごく簡単で、今までのストレスはなんだったんだ?と思った

さらにカイザーはワンタッチでつけられる

海外のアーティストが使っているのを見て

すげえ!と、個人輸入で購入した

懐かしい

でも・・・

どれも金属製なので、ある程度の重量があるから・・・

ギターの本来の音質をほんの少しではあるが変化させてしまう

それは時によっては「サスティーン(音の余韻)」が伸びるといった長所として働くこともなくはないが・・・

できれば「そのまんま」の音でいてほしい

そういう意味でゴム製の「ビルラッセル」は優秀だったなあー

と、思い出していた

そんな時に発見

PLANET WAVES ( プラネットウェイブズ )

NS Capo Lite

弦メーカーとして有名な「ダダリオ」から出ているカポ

ABS樹脂でできていて超軽い

ダイヤルを回すと、ネックの真裏から力がかかる構造になっていて

それでいて1000円程度で手にはいる

抜群!

軽いので音色をスポイルすることもほとんど無いし

押さえる力を「装着してから調整できる」昨日のヤマハ製の最大長所を有している

現在はこれが一番のお気に入り!

これの上位機種でアルミ製のものも発売されていて・・・

試してみたいな

このカポ

スタインバーガーという超不思議なギター

この変態ギターをデザインしたNED STEINBERGER氏とダダリオのコラボでできたカポなんだとか

NED STEINBERGER氏、すごいです

感謝いたします

まだまだ話は尽きないのだが、今日はこの辺で

 

カポタスト01

珍しく音楽の話

それもギターのこと

ギターに装着するcapo=カポ=カポタスト

カポタスト(capotasto)

ギターなどの弦楽器用アクセサリー、演奏補助器具のひとつ

略してカポと言われる

弦の長さを任意に短くすることで、楽器全体を移調することができる

演奏を容易にしたり、キーを上げて、きらびやかな響きにすることもできる

SHUBB(シャブ)

現在のcapoのスタンダード?かな?

ワンタッチのクランプ方式は超定番!

アルミニウム製のC1を使っている人が多いと思う

これはブラス製のC1b

ほんの少し重いのかな?

超定番で使いやすい

2000円〜2500円くらい

KYSER (カイザー)

バネ式のワンタッチ装着を売り!とするカイザー

片手で操作できるので、ライブでは重宝する

曲の途中での転調にも(工夫すれば)対応出来る

弦を押さえる強さは調節できない

2000円くらい

YAMAHA(ヤマハ)

ダイキャスト製のCP-100

ネジ式

2000円くらい

ネックの真裏(完全に真後ろ)からネジで押さえる力を調節できるという点は100点満点

押さえる力も微妙に調節できることも100点満点

ただ、装着がやや面倒くさいことと、重量が重い点がマイナス

この商品の上位にブラス製のCP-200があるが、さらに重いからマイナス点しか考えられない

JIm Dumlop(ジム・ダンロップ)

ジム・ダンはすごく多くの音楽商品を扱っている商社で

カポもたくさんあると思う

これは11CDとかいう伝統的?な商品

とにかく軽く、価格も安い

数年に1度くらいの確率で訪れる「緊急カポ必要時」に備えて常時携帯用として購入

1000円以下

装着がやや面倒なのと、工夫と慣れ!が必要であるが

何しろ軽い!ので音質の変化が少なく、コスパは最高と思われる

カポは奥が深い

カポはまだまだいっぱい持っているし、話もあるのだが・・

長くなってしまったので、今日はここまで

最後まで、ありがとうございました

 

豚肉ソテーのレタス炒飯

これ、やばいです

豚肉

豚肉はステーキ用を使う

サーロインとか?リブロースとか?

ロインよりリブの方が高級とされているらしいが・・

適当な厚みの美味そうなヤツを選んで買った

先ずは豚肉のソテーを作って

それもラードチップで

豚肉の脂の部分を切り取って、コマ切れにする

それをフライパンでゆっくりと加熱し、出て来た油でニンニクのスライスを炒める

ニンニクとラードチップは焦げる前に取り出しておく

香りの移った油で豚肉をソテーする

少しだけ塩コショウした

加熱し過ぎないように充分に気をつけること

こんな感じに出来上がる

 

もちろんこのまま食べても美味い

そしてここから

豚肉ソテーのレタス炒飯

豚肉をソテーしたフライパンの余分な油を捨てて

玉ねぎのみじん切りを炒めて

創味シャンタンをほんの少し

別のボウルに、ご飯と卵を割り入れ、炒めた玉ねぎときゅうりのキューちゃんのみじん切り

冷蔵庫の余り物のコーンも加えた

そして、豚肉のソテーをカットして加え、全てをさっくりと混ぜた

元のフライパンにボウルの中身を全て空けて、

混ぜすぎないように丁寧に炒めた

全体がふわっとしたら、いつものように、隠し味に砂糖をパラパラパラ

そして味付け香り付けに醤油をジュワンと焦がして

そして最後に刻んだレタス

ペーパーで水を十分に切って加えて、しんなりする程度に加熱した

出来上がり

薬味ネギを少し

ラードチップと炒めたニンニクをトッピング

これ、やばいです

ラードの力!すげえ!

写真では分かりにくいかも?

ソテーした豚肉がゴロゴロゴロ

めっちゃ美味い

やばい

大成功!

 

洋服お直し

ズボンの裾の長さを直したり、ウエストを調整するお直しではない

お気に入りの洋服を再生させるのだ

お気に入りのジャケット(アウターシャツ?)があって

お気に入りだから、そればっかり着ていたのかなあ?

襟の部分が擦り切れてしまった

柔らかい生地ですごく着やすかったのになあ・・

大昔、オカンが擦り切れたシャツの襟を外して、表裏をひっくり返して縫い直して

また着れるようにしてくれたことを思い出した

お直しできないかなあ?

いくらぐらいかかるのかなあ?

と、(だいぶ前だが)家の近所の「洋服お直しの店」で相談してみた

が、「うちではそういう『お直し』は、していません」

と、むげもなく断られた

「私のオカンができたことが、プロにできないわけないのになあ・・」

「残念だけど、そんな時代じゃないのかなあ」と諦めていたが・・

ある日のTV「ヒルナンデス」で・・・

「洋服お直し工場潜入!脅威の職人技連発」と題して!

正に私が欲する「擦り切れた襟の表裏ひっくり返し」を紹介していた

TV番組で紹介された「シャツの襟をひっくり返しお直し料金」

4000円

これだー!

その「ママのリフォーム」という洋服お直し店にすぐに電話

「ヒルナンデスで観たのですが・・・」

「ありがとうございます」

話が早い

私が要望する「お直し」ができるかどうか?や、料金についても洋服を見てみないとわからない

実物を見せていだかないと・・

と、いうことだったが、

その電話の対応も前述のお直し屋とは一線を画していたので

すぐに目的のジャケットを持ち込んだ

ビフォアー写真を撮っておけばよかったなあ

出来上がり

元は表で、ボロボロになっていた部分に細かくミシンがかけてある

「ミシン刺し」というらしい

今はこれが裏側

表側(数日前まで裏だった部分)

料金は5000円ほど

これでまた着れるぜい

洋服受け取った時の店員さんとの会話

店員「これで間違いないでしょうか?ご確認ください」

私「完璧です」

店員「ありがとうございます(ニコっ)」

人を幸せにしたり、喜びを与えてくれる

こういう仕事こそ、プロ!というものです

ありがとうございました

 

豚コマのもやし炒め

野菜が高騰している

そんな時に助けてくれるのが「もやし」だな

安い値段で売られているので、軽視しがちな食品であるが、うまく調理すると大変美味い

もやしの種類

もやしの種類は、原材料の豆によって異なる

もやし=スプラウトとするならば、貝割れ大根や、ブロッコリーなども含まれるが

本日は、いわゆる「もやし」ということに論じるなら

主な豆は、緑豆、ブラックマッペ、子大豆、大豆の4種類ということになる

緑豆もやし=「青小豆」とも呼ばれているもので、一番多く売っている

軸は太めでシャキシャキとみずみずしい食感

黒豆もやし=「ブラックマッペ」という黒い豆が原料で細めの軸で豆の甘みが感じられるのが特徴

ブラックマッペの方がほんの少し高価で、売っているスーパーも限られる印象

両方あれば私は「ブラックマッペ」を選ぶ

大豆もやしについてはまた機会を見て・・・

新鮮なものを水にさらす

必ず新鮮なものを購入し、その日のうちに調理すること

必ず水にさらすこと、少なくとも水洗いをすること

しばらく流水にさらしたいくらい

袋から出してそのまま調理?などということは言語道断

本日の作り方

ニンニク、ショウガ、長ネギのみじん切りと少量の豆板醤を炒めて香りを出し

そこに豚肉のコマ切れを加えて塩コショウ、さらに炒めてオイスターソースで味付ける

ひき肉でもいいけど、ゴロゴロしてる方が美味いと思う

豚肉を一旦取り出して、そのフライパンでもやしを手早く炒める

ほんの少しの塩とオイスターソースで調味

ロジカルクッキングの水島弘史氏によると「もやし炒めは弱火で作ると冷めてもシャキシャキ」とのこと

厳守すべし

シャキシャキ感を残したもやしを皿に移し、取り出してあった豚肉をフライパンに戻して炒め直す

最後に胡麻油で風味をつけるも良し

さらに中華っぽくしたいなら、五香粉を加えれるも良し

みりんで照りとコクを加えるも良し

出来上がり

濃い味の豚肉と、薄い味でシャキシャキのもやしで

美味しいよお

きっと今夜のおかずが決まった人もいるね

是非!

 

鶏手羽元の赤ワイン煮02

今日も暖かい

この季節は花粉もあって、なんだか眠いね

「鶏手羽元の赤ワイン煮」は2015年7月にも記事にしているが、

今回、ものすごく上手くできたので備忘録として記しておく

鶏手羽元の赤ワイン煮

何度も書いているが、飲み残しのワインが捨てられない

豚もワインで煮込むと美味いが、今日は鶏手羽元を煮込むことにした

圧力鍋に鶏手羽元とワインをドバドバドバ

豆鼓醤(トウチージャン)、オイスターソース、塩麹を各小1

酒、みりん、醤油を各大1

豆板醤をほんの少し

ハチミツをぐるりと回し掛けて

いろんなプロテアーゼがタンパク質をアミノ酸に分解してくれることを期待しつつ30分放置

ひたひたに水を加えてから加熱

圧がかかってから15分加熱して、冷めるまで放置

食べる前に味を見て、フライパンで、酒、みりん、醤油を加えてあおった

出来上がり

すっげー美味い

軟骨まで柔らかくて、いくらでも食べられる

キャベツ食べると、またいける

やばい

食べすぎる

 

スーパードライ春限定SP

春ですな

今日は15.9℃と、4月上旬の気温だとか

お出かけしたくなりますが・・

花粉症の私は、花粉メガネとマスクが必要で、めんどくさいし

メガネが曇って・・うっとおしい

杉の木、全部切ってしまってくれないかなあ

スーパードライ春限定SP

中身は普通のスーパードライ

飲んでみると、すごく美味いんだよなあ

なんでスーパードライは印象が悪いんだろう

私だけかな?

鰯のニンニク焼き

生でも十分に食べられるフレッシュな鰯をさばいて骨を抜き

オリーブオイル、ニンニクでレアにソテーする

味付けは塩のみ

パセリを少し

鰯って美味いなあ

ピンクのスーパードライをゴクリ

春だな