gakko のすべての投稿

ストラトのピックガードの製作04

昨日からの続き

多難の作業をしている

が、たいへんに楽しい

これって”M”か?

なんかちょっと違う気がするな

スライドスイッチの穴

細ーい溝をあけなければならない

マスキングテープで養生して、地道な作業を行う

これもヤスリの手作業で仕上げる

ああ、たいへん

ちょっと曲がってるな

もうちょっと修正しよう

出来上がりか?

ボディに装着

仮止めしてみた

ボディのネジ穴も開け直した

ドリルで下穴を開けて、慎重に

22フレット問題

オリジナルのストラトキャスターは21フレット仕様であったが

このギターは22フレット仕様になっている

前にも書いたが、

そのために

ピックガードの一部がネックの指板下に位置する

この部分を削るかどうか???

と、いうのも

今のままだと、ピックガードを外すには、ネックを外さなければいけない

ピックガード下、キャビティー内にバッファーアンプと電池を内蔵するつもりなので

電池交換の度に(頻繁ではないが)いちいちネックを外すのは大変面倒

以前の記事で

いやいや、引っかかる場合は削ってみせるぜ!

と、偉そうに書いているし

この部分、上手!に削りたいなあーー

と、計画、思案中

最後まで、ありがとうございました

 

ストラトのピックガードの製作03

十分に覚悟して開始した作業であるが

綺麗に仕上げるのは思った以上に多難

ストラトのピックガードの製作

ピックアップ部分の穴あけである

直線部分はアクリルカッターで

曲線部分をマスキングしておいて

アクリルカッターでしつこくこする?

曲線部分は・・・

ドリルで穴を開けて

リーマーで広げる

カッターで切断

ドーン!

新兵器

電動ドリル用の工具

少しは作業効率も上がったか?

それでも最終的には手作業のヤスリで仕上げるのは変わらず

まだまだ作業は続くのですよ

もー、たーいへん

 

鮭とじゃがいものペペロンチーノ02

鮭とじゃがいものペペロンチーノは

3月にも備忘録として記事にしているが

さらにうまくできたので

再び記録しておきたい

パスタ

茹で時間11分、1.8mmの「マ・マー」製を好んでいる

「元祖スパゲッティー」のような太めで

もちもちした食感が好きだ

1パーセントの塩分でパスタを湯がく(実際には味を見て決める)

10分にタイマーをセットし、硬さを確認する

ソースの出来上がりとパスタの茹で上がりを合わせるのが難しいが、両方とも熱々である必要がある

鮭とじゃがいものペペロンチーノ

(今回も冷凍してあった)鮭の切り身をフライパンでゆっくりと加熱して溶かした

塩コショウ少々

じゃがいもは2〜3mm圧に切り、一度水にくぐらす

鮭をフライパンのあちら側に寄せたら

こちら側に少し油を引いて

水分を拭き取ったじゃがいもを並べ

塩をパラパラパラ

鮭に焼き目がついて焼きあがったら、一旦取り出し

鮭の皮や骨を取り除いて、ほぐしておく

じゃがいもも焼けたら一旦取り出し

ニンニクのみじん切りと鷹の爪をオリーブ油で炒める

麺が茹で上がる1分前に鮭とじゃがいもをフライパンに戻し

麺が茹で上がったらそのフライパンにぶち込む

茹で汁を少し入れて固さを調節し

昆布茶で味を整える

出来上がり

前回は玉ねぎやキノコを加えたし、

茅野屋の「野菜だし」で調味したが

今日のレシピの方が、断然美味い

必ずしも足し算が正解とは限らない好例だろう

シンプルでストレート

すごくうまくできた

100gなんてペロリだ

ご造作!

秋の抱卵

久しぶりのエビちゃん登場

この子はミナミヌマエビだが

色素が薄いようだ

幸せの黄色い卵

合掌

 

ダブルチーズケーキ02

こんなに頻繁にアイスクリームを口にするようになるとは・・・

やはり未来は予想できないものなんだね

5月にも記事にしているこのダブルチーズケーキ

その時も期間限定だったようだが・・

スーパーで見つけて・・・

期間限定で、再発売だ!と思って買ったが

ハーゲンサイトにもそのような告知はなく、

どうやら期間限定発売の売れ残り?だったようだ

あまり人気がなかったのかもしれない

ネット上にも「中評価」という文字が見つかる

かなり美味いと思うんだけどなあ

ダブルチーズケーキ

香ばしいバタークッキーを混ぜ込んだ

濃厚でコクのあるベイクドチーズケーキアイスクリームに、

程よいレモンの酸味が利いた

爽やかなレアチーズケーキアイスクリームを重ねた、

層構造のアイスクリームです。

食べ進めるにつれ味わいと食感の変化を感じ、

2種類のアイスクリームのコントラストを楽しめる

ぜいたくな味わいです。

レポ

以前の記事でも書いているが

クリームチーズとレモンの酸味が絶妙!で

「なんじゃこれ?」ってくらい美味い

2層目の「ベイクドチーズケーキアイスクリーム」が現れると味変して

濃厚なバタークッキーが、またまた美味い

私的には、ハーゲンのトップグループに加えたいんだけどなあ

リセッターではなく

前回のハーゲン「黒みつ & きなこ」の後、

味を確かめるため?

やわもち・わらびもちを挟んだ?

やっぱし、美味いなあ

きな粉勝負だったら、井村屋 ≫ ハーゲンだな

そして、今日のハーゲンのダブルチーズケーキが

さらに美味しく食べられるのだ!

ははははー

 

湯豆腐

豆腐ってすごい食品だと思う

煮ても焼いても、揚げても、生でも

いろんな調理法があって

どんな具材とも仲良く合わせられるし

高タンパクで、低カロリーらしいし、

美味いよなあ

豆腐の起源は中国らしいが、

その発展は日本の精進料理だと聞く

で、ご飯にもお酒にもいける、湯豆腐の提案である

鍋物なら、ポン酢がいいと思うが、

豆腐オンリーならば「醤油」が合うと思う

このやり方なら確実に美味い

作り方

豆腐は適切な大きさに切り、出汁昆布を入れた鍋で温める

酒3・醤油2・みりん1を別の鍋で沸かし、アルコールが飛んだら長ネギのみじん切りを加え

鰹節を加える(さしがつお、という)

タレができたら、ぐい飲みや蕎麦猪口などの容器に入れ、鍋に入れて湯煎にする

出来上がり

鍋からすくった豆腐をタレの方へ移し入れ、ちょっと置いてから引き上げて頂く

タレが濃すぎるなら、豆腐の入った湯で薄めればいいし、

薄いと感じたら、醤油を指す

長ネギを随時加えたり、さしがつおをしながら

ぐびぐびやるなり、ちびちびやれば、たいへん楽しい

レモンでさっぱりさせてもいいだろう

このやり方だと、ずーっと熱々の豆腐がいただける

鍋のポン酢と赤ワインはどうにも合わないが

これは大変に美味い

赤ワインのポリフェノール、アントシアニンと

豆腐のポリフェノール、イソフラボンが、ダブルで摂取できるぜい(どーでもいいけどね)

大山豆腐

今日は頂き物

東学坊湧水工房(とうがくぼうゆうすいこうぼう)の大山豆腐

むちゃくちゃ柔らかくて、丁寧に扱わないとすぐに崩れる

スプーンですくって、ちゅるんと頂く

美味い!

このレシピ、簡単ですごくお美味いから

是非!

 

Digital Performer

たまには音楽の話

それも個人的防備録的記事

PCでの音楽の作業についてはこちらで書いている

自宅での録音作業やオケの制作作業には

Digital Performerというソフトを使っている

主には、YAMAHA MOTIF RACK ESという音源を使っているのだが

ちゃんと音も出るし、

Digital Performerが、MOTIF RACK ESを認識しているのは間違いないのだが、

「Patch」と呼ばれる音の名前が食い違っていて

例えばPatchの名前が「brass」とかになっているのに

出ている音は「ピアノ」みたいだったり

またはその逆だったり

もう、ややこしいことこの上なかった

今までは、いちいちメモに残していたり、面倒くさい工夫をしながら作業をしていた

実は

かなり前だが、YAMAHA のサイトで

「Digital Performer4.5用 MOTIF-RACK ESパッチリスト」がDLできることを知り

指示に従って試してみたが、完璧ではなく

Digital Performerのバージョン違いから「ダメなんだろうな」と諦めていた

でもでも、

あまりの面倒くささに

この度、どうにも納得ができず、

浜松のヤマハデジタルインフォメーションセンターにまで電話をしてみたが

解決しなかった

うーーーん

何かおかしい気がする・・・

確信はないけれど、何かが違っている気がする

エディターで開いてみた

上述の「MOTIF-RACK ESパッチリスト」をエディターで開いてみると

パッチネームはMOTIF-RACK ESの内部とちゃんと合っている

でも、Digital Performerでの表示が違う

これは絶対におかしい!

と、確信!

実力行使

MOTIF RACK ESには存在しない、でもDigital Performerの画面に現れるパッチの名前がPCのどこかにあるなら

それを探して排除すればいいんぢゃないのか?

で、

「このMacを検索」でPC全体を検索し、

かたっぱしから確かめていたら・・・

・・・・・

見つけた!

Digital Performerは、MOTIF RACK ESではなく

もうひとつ古いMOTIF RACKとして認識している様子

よっしゃあ!

「MOTIF=RACK ES.midnam」と「Yamaha.middev」の2つのファイルを

MacintoshHD/Library/Audio/Midi Devices/MOTU/YAMAHA/

に、コピーし直し、

MOTIF RACK ES以外のMOTIFの名前がつくmidnamファイルをすべてゴミ箱に移し

Audio MIDI設定をし直して

再起動すると・・・

大成功!

思い切ったぜ!

正しく表示されるようになった

これで作業効率も上がるに違いない

大成功!

やったね!

フルスイングで振り切ってやるぜ!

へへへへ

 

黒みつ & きなこ 02

日が暮れるのが早くなった

秋の夕暮れは寂しくなる

先日も書いたが、11月はキュンとする季節?なんだなーと

しみじみ感じる

そんな11月も!

アイス食べて、頑張ってこーぜー

ハーゲンダッツ

黒みつ & きなこ

これは9月に食べたばかりなのだが・・

カンブリア宮殿で船橋屋(くず餅)が紹介されていて・・

黒みつっぽいものが食べたくなって・・・

優しい甘さの黒蜜ソルベと、

焙煎(ばいせん)度合いにこだわった香ばしいきな粉を使用したアイスクリームを組み合わせました。

ソルベとアイスクリームを組み合わせることで

濃厚ながらも涼しさを感じる、夏にぴったりの和の味わいです。

ーーーーー

和風だと思って食べると・・

ちょっと裏切られる感じもいいんだよなあ

美味そう

レポ

ハーゲンだというバイアスもかかっているかもしれないが

ハーゲンには、ハーゲンにしか無い?

「ハーゲンの幸せ感」というものがあると思う

黒みつときなこ!という鉄板!をハーゲンがアレンジしたのだから間違いない

黒みつは濃厚でコクがあり

きなこはめっちゃリアル

それでいて、すごくあっさりしている

爽やかでどこか洋風の風味を感じる(ここが裏切りポイント)

すごくしっとりしているのは卵黄の効果かな

どこか奥底の方にキャラメルっぽい感じもある

やわもちの「和」に対して

ハーゲンは「洋」の雰囲気をプッシュしてくる

ーーーーー

さあ、頑張ってこーぜー

 

ストラトのピックガードの製作02

先日の記事で買ってきたピックガードであるが、

元のピックガードとほんの少し形(大きさ)が違うのと

ネジ穴の位置が微妙に違うことが判明

ほんのちょっとだけでかい

ブリッジに当たっている

もちろん、ここはヤスリなどで削ろう

ネジ穴に関しては

いろいろ考えたが、

ギターのボディのネジ穴を開け直す

ことに決定

割り箸を穴に合わせて削って

木工ボンドを塗って叩き込む

上部を切って

全部の穴を同様の作業で埋めた

ピックガードのブリッジ部分を削って

ネジ穴

ぴったり合っている穴もあるが

このようにずれている穴もある

なので

ピックアップの穴の位置もやり直し

金属パーツも磨いて

やっとピックアップ部分の穴あけ開始

ピックアップ取り付けビスを穴あけして

裏側から攻める事にした

アクリルカッターで溝をつけ

ドリル、リーマーなどを駆使するも

ガタガタにしか成形できず

ヤスリでゴシゴシ削るしか方法はなく

もう、たーいへん

1個、穴あけが終わったところで

今日の力が尽きた・・

もう、たーいへん

楽しいけど・・・

ホント、たいへん!

 

鶏胸肉のオイスターソース炒め

すごく簡単な美味しい料理

安いしね

昨日の記事と同じやり方で作る

鶏胸肉

鶏胸肉は安価で栄養のある素晴らしい食品のひとつであるが、

加熱し過ぎると、固くなったりパサパサしたり

昨日の記事で書いたように

多くのサイトなどで

繊維に垂直に包丁を入れる=繊維を断ち切るように切る

と、書かれているが・・・

私はその意見には賛成し難い

胸肉のパサパサした感じが強調されて

口当たりが良くないと感じる

鶏胸肉のオイスターソース炒め

胸肉は繊維に沿って一口大にスライスする

少しだけ塩コショウをして酒(紹興酒もよい)と片栗粉を振って混ぜ

水で固さを調整する(とろっとしているくらいに)

フライパンに油をひき、ゆっくりと弱火で加熱

途中で1度ひっくり返して、だいたい火が通ったら

オイスターソースで調味

加熱しすぎないように注意すること

出来上がり

柔らかくてすごく美味い

胸肉ってこんなに美味かったんだな、

と、感じると思う

やってみて!

 

炒め鶏胸肉のサンドイッチ

たまにはサンドイッチの記事もいいだろう

そういえば、現在のガックラのスタイルになった当初

2015年3月ごろ?

サンドイッチの記事とギターアンプの修理の記事が

交互に並んでいて・・?はてはて?なのだが・・

現在ではWonder Rainbow Factoryで一緒に演奏するようになった、A-yo氏から

「むちゃくちゃ面白い!」と、絶賛?されたことを思い出す

まさか?A-yo氏と組む?ことになるとは、あの時は夢にも想像できなかったが

何かの前触れか?シンクロニシティだったのかも知れない

(大げさだ!)

鶏胸肉の切り方

胸肉の繊維

胸肉は3つのパーツでできている

パーツごとに繊維の方向が違う

多くのサイトなどで

繊維に垂直に包丁を入れる=繊維を断ち切るように切る

と、書かれているが・・・

私はその意見には疑問を持っている

確かに筋肉繊維を細かく断ち切ることによって、

柔らかくなるというか・・・

ほろほろと崩れる感じにはなるが

胸肉のパサパサした感じが強調されて

口当たりが良くない

今日のやり方

胸肉は繊維の方向を見極めて、3つのパーツに分け

繊維に沿って薄くスライスする

塩コショウをして酒(紹興酒もよい)と片栗粉を振って混ぜ

水で固さを調整する(水が大事)

フライパンに油をひき、ゆっくりと弱火で加熱

途中で1度ひっくり返して、だいたい火が通ったら

加熱を止めて、放置する

味が足りなかったら、醤油やみりん、中華調味料などで調整すれば良い

この方法だと胸肉がパサっとならず、ジューシーに美味しく仕上がる

炒め鶏胸肉のサンドイッチ

トーストしたパン

一番好きな10枚切り

こっち側にマヨネーズ

あっち側にスライスチーズ

サンドイッチ革命以降、このスタイルになった

キャベツたっぷり

炒めた胸肉のスライス

ケチャ

トマト

出来上がり

野菜たっぷり

がぶりとかぶりつくと、

胸肉ちゅるん

ボリュームがあって、かつ

あっさり、すっきり

アイスティーをごくごく

うんまーーい