「ひよこ」タグアーカイブ

ピーコの思い出2

昨日からの続きの話

小学生の頃、ひよこを飼っていた

「黄色いひよこ」2羽と「黒いひよこ」2羽

黄色いひよこは「白色レグホン」、黒いひよこは「黒色ブリモス」と説明されていたが

少し違ったようだ

ピーコ

4羽のひよこは、1羽死んだり、1羽どこかいなくなったりして・・・

「黒いひよこ」が1羽だけになってしまった

メスだと思っていたから、「ピーコ」と名付けた

これも違ったようだ

ピーコはすくすくと?育った

黒からゼブラへ

黒いひよこはだんだん大きくなり、しっかりとした羽毛に生え換わってくる

そうすると、黒色に白の羽毛が混じったゼブラに変化していった

鳴き声?も「ピーピー」から「クックッ」という風に変化していった

イメージ画像

buri05

ピーコとの暮らし

ピーコとは毎日遊んだ

普段はケージ(のようなもの)の中で飼っていたが、私が学校から帰ると、必ずケージから出して遊んだ

餌も「粟(あわ)」などではなく、家族と同じものを与えて、その反応なども楽しんだ

いろんな遊びがあったが、私が好んだのは飛ぶ練習であった

飛ぶ練習

鶏であるから、基本飛べないのが当然であろう

最初は少しの高さから落としても「ボトリ」と落ちるだけであったが、

練習を重ねるうち、大きく羽を広げてスムーズに着地できるようになった

そのうちに、階段5〜6段の高さから投げると、羽ばたいて少し飛ぶような姿勢をとるようになった

やはり元は鳥だったんだな

近所

頻繁に屋外を散歩したわけでもなかったが、外に連れ出しても逃げたりすることはなかった

そのうちに「何だかめずらしい鶏を飼っている?」ということで、近所でも有名になっっていった

そしてある日の出来事

ある日、家の近所の「うどん屋」の「おか持ち」を持った兄ちゃんが訪ねて来た

「お客さんが箸もつけないで残していった『親子丼』があるのだが、鶏にやってもいいか?」

みたいなことを言って「おか持ち」から『親子丼』を出した

私は断る理由もなかったので「いいですよ」と答えたと思う

 親子丼

その近所の「うどん屋」はたいへん評判が良かった

その親子丼も、きっとかなり美味かったに違いない

ピーコにとったら、かなりのごちそうだったのだろう。正に「ばくばく」という感じでついばんでいた

すると、その「おか持ち」を持った兄ちゃん

その様子を見て、

「ホンマ、親も子も、って、めっちゃ共食いやな」

と、ニコニコしながら満足そうに言ったのである

これってシャレ?

この兄ちゃん、シャレだったのか、マジだったのか?

親子丼にまつわる思い出のひとつ

ピーコの思い出

昨日、親子丼の記事を書いた

小学生だった頃のある日のことを思い出していた

ひよこ

小学生の頃、ひよこを飼っていたことがある

ある日、小学校の前にひよこを売る「出店」が出ていた

たまたま家にいた(のかな?)オトン(父)に話すと、「買ってやろう」と小遣いをくれた

黒いひよこ

その出店のひよこ屋には普通の「黄色いひよこ」の他に「黒いひよこ」も売っていた

値段は忘れたが、黄色いひよこが1羽40円くらいだったのに対して黒いひよこは1羽140円くらいしたと思う

黄色いひよこは「白色レグホン」、黒いひよこは「黒色ブリモス」と説明されていた

オスとメスでも、当然値段が違ったと思う

すべてをオトン(父)に話すと、黄色と黒を2羽ずつ、4匹買って来い、てなことを言われたと記憶している

イメージ画像

burihiyo03

閑話休題

三谷幸喜作品の「王様のレストラン」に「カラーひよこで一儲けしよう」とした話があったな

どうでもいい話

飼育

さて、4羽のひよこを飼い始めたのだが、飼い方が全く分らない

とりあえずは段ボール箱で飼い始めた

まだ小さいひよこなので「ぬか」などを与えればいいと聞いたが、うまく食べてくれなかった記憶がある

オカン

オカン(母)が乾物屋で「粟(あわ)」を買ってくれた

それは好んで食べてくれたように記憶する

おかん、すごいなと思った

夜間

季節は春だったと思うが、夜はまだ冷え込んだのだろう

4羽のひよこは身体を寄せ合い、くっついてピイピイと力なく鳴いていて、いかにも寒そうだった

オカンが「親鳥がいてへんから寒いねんで」と言って、もう使ってなかった「豆炭を使ったアンカ」を引っ張り出して入れてくれた

今考えると、一酸化中毒の危険もあったろうが、ひよこ達は暖かいアンカにくっついて眠っていた

オカン、すごいなと思った

続く・・