じゃがいもの蓑揚げ

料理

揚げ物はほとんど作らない

が、

時々、食べたくなることもある

そういう時は外食でもいいのだが・・・

作りたいんだよなあ

蓑(みの)

蓑(みの)は、イネ科植物の藁(わら)を編んで作られた雨具の一種で、

雨を防ぐために衣服の上からまとう外衣の一種である。

なお、下半身を覆うような短いものを腰蓑(こしみの)という

じゃがいもの蓑揚げ(みのあげ)

じゃがいもは皮をむいて細く棒状に切り、

水にくぐらせて、その後、しっかり水気を取る

昭和の天ぷら粉と冷水をさっくり混ぜ、

説明通りに衣を作っておく

じゃがいものに天ぷら粉を打ち粉してから

衣をまぶし、適当な大きさにまとめて、バットなどに並べる

フライパンに少量の油を入れ、バットに並べた具を投入

ゆっくり、しっかり加熱する

塩をふれば

出来上がり

パリッパリ!

でも、ホクホク感も残っていて、

美味〜い!

ビールがたまりません

こういうのも工夫すれば、少ない油でもできます

是非!

料理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガックラ.com
タイトルとURLをコピーしました