揚げさん、お豆さん、飴ちゃん

前回の記事での「揚げさん」という言葉であるが

皆さんの間でいろいろの見解違いがあるようだ

スーパーに売っている商品は「揚げ」で、料理されたものを「揚げさん」と呼ぶと思っていたり

関西では、どんな食べ物にも「さん」や「ちゃん」を付けて擬人化すると思っていたり

大阪のおばちゃんはみんな常に「飴」を持っていて「飴ちゃん、あげよか?」と言って飴をくれると思っていたり

といった誤解があるようだ(飴ちゃんの件は誤解ではないかも知れないが)

この「さん」や「ちゃん」を付けた言葉

元々は室町時代くらいに古く、京都の宮中にいた女官たちが使っていた「女房言葉」に由来するらしい

はっきりとは言わない、婉曲(えんきょく)な表現や女性らしい表現が上品とされたとも言われているが、

ただ「かわいいから」といった理由で使った流行言葉であったともされる

「お」を頭につけたり、最後に「さん」や「もじ」をつけたり、いくつかのパターンがある

main_006

「お豆さん」はフジッコのおかげで全国区の言葉になっているし、「お揚げ」も普通に使うと思う

そんな例は多い

芋→おいもさん
茄子→おなす
座布団→おざぶ
たくわん→おこうこ(香の物)
粥→おかいさん
かき餅→おかき

「おでん」も元は「田楽」であったようだ

「もじ」をつけた例は少ないけど、しゃもじ(杓子)とか、ほのじ(惚れている)がそうかな?

「ひもじい」とか「お目もじ」もその類いらしい

「ちゃん」がつくのの代表は「飴ちゃん」で、なかなか少ないのだけれど・・・

書いておきたいのは、私がめっちゃ小さい頃に使っていたのが飲み物のことを示す「ぶーちゃん」

元はお茶のことで、「ぶぶ漬け」の「ぶぶ」の部分だけを取り出して「ぶーちゃん」

ハチミツをお湯に溶かした飲み物を「あまいぶーちゃん」と呼んでいたと記憶する

もうひとつ、例外的に食べ物ではない例として、仏様のことは「まんまんちゃん」

やすきよの漫才ネタのギャグで「感謝の気持ち、まんまんちゃん、あん」というのがあったなあ

もうひとつ、例外中の例外で「うんこさん」

失礼しました

なんだか話が変わってしまった

すまぬ

 

きつね丼?

外国人観光客向けの雑誌に、またまたこんな記事を見つけてしまった

1ヶ月ほど前に書いた「雉焼き丼」と同様なのだが・・・

ちょっとこれは書いておきたい

Kitsune-Don

kitunedon

勝手な和訳

揚げ(豆腐を薄くスライスして揚げたもの)と九条ネギと卵であえたもの

親子丼と似ているが鶏肉が入っていない

関西地方で食べられ、ベジタリアンにぴったりです

kitune02

その下の「ひゅうが丼」も気になるけど

木の葉丼

オカンはこれを「木の葉(このは)丼」と呼んでいた

ネットの情報では

細切りの揚げとねぎを出汁で炊いて、ご飯に乗せると「きつね丼」

それを卵でとじたものは「衣笠丼」

お揚げの代わりに蒲鉾とねぎの卵とじが「木の葉丼」

などと書いてあるが・・・

私の認識とは大きく異なる

オカンによると・・・

「お肉やと思て食べたら、揚げさんやった、
あ、だまされた
キツネにつままれた!
よう見たら木の葉やった!
だから『木の葉丼』なんちゃうか?」

という説明だった

甘く煮た揚げは細かくは刻まず、卵で綴じるかどうか、ネギをどうするか?も関係なく

甘い揚げさんの丼をうちでは「木の葉丼」と呼んでいた

私はオカンが煮てくれる「揚げさん」が大好きだった

きつねうどんの時も「うどんが見えなくなるくらいに揚げを乗せて欲しい」と頼んだ

揚げさん、煮てみようかなあ?

美味く煮るのは、すごく難しいんだよなあ

 

アサヒ ザ・ドリーム

先日、スーパードライを飲んで美味かったので

今度はこれ!を買ってみた

アサヒ ザ・ドリーム

img_1210

麦芽使用比率を通常の1.2倍に高め、しっかりとしたコクのある味わいをお楽しみいただけるとともに、

高度な酵母管理技術を採用し発酵度を極限まで高めることで、爽快なキレ味を実現しました

また、近年の健康志向の高まりを受け、“糖質50%オフ”の機能を備えたレギュラー価格帯のビールです

img_1213

アルコール分:5%
原材料:麦芽、ホップ、スターチ

銀賞受賞

ワールドビアカップ2016
Light Lager部門 銀賞受賞

金賞受賞

ブリュッセルビアチャレンジ2016
Light Lager部門 金賞受賞

すごいねえ

食レポ?

ブリュッセルビアチャレンジ2016では部門別で「スーパードライ」も「アサヒザドリーム」も金賞を受賞したらしい

期待して飲んでみた

ーー究極のキレコクーーと書いてあるけど

スーパードライの方がキレはすごかった

コクは・・・これもちょっと中途半端か?

糖質50%オフ

もっとこちらを押し出した方がいいんじゃないかな?

糖質を半分にしたなどとは全く思わない、ちゃんとしたビールの味

そういう意味も含めた「Light Lager部門」のメダリストなのかな?

いろんなビールを飲んでみないといけないね

 

 

ペペロンチーノ

「ペペロンチーニ」という料理名で呼ばれることもあるが

このパスタの名前として正しくは

スパゲッティ・アッラーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ(Spaghetti all’aglio, oglio e peperoncino)と言うのだそう

アーリオaglio(ニンニク)、オーリオoglio(油)、ペペロンチーノpeperoncino(唐辛子)という3つの単語をつないだだけの名前

ご存知のようにペペロンチーノ(peperoncino)はイタリア語で唐辛子を意味する

その複数形がペペロンチーニ(peperoncini)なので単数の方が料理名としては良さそう?とも思うが・・・

Spaghetti(スパゲティ)が前につくと複数形のspaghettiに数を合わせて Spaghetti peperoncini(ペペロンチーニ)になるらしい

難しい

料理も難しい

シンプルなだけに、たいへん難しい

塩加減がめっちゃ大切

出来上がりで0.8%の塩分になるのが理想だというが、これが難しい

作り方

湯がく湯に対して1%程度の塩が良いと思う

正確に量って、さらに湯の味を見て確かめておくこと

にんにくは弱火で多めのオリーブオイルで唐辛子と共に炒めるが、決して焦がさないこと

熱々のフライパンのオイルに、熱々の茹で上った麺を入れて、ソースが乳化すれば成功なんだけれど・・・

ゆで汁をほんの少し加えて、これがなかなか難しいんだよなあ

パセリがあった方がよろしい

img_1246

ズルをします

最終的に、昆布茶で味を整えると何とかなります

あはは、ズルですね

でも、ある有名店でもやっていることだそうなので・・・

この料理はホント難しいです

 

ミキサー付きヘッドホンアンプの製作完成編

編集再稿の記事

ミキサー付きヘッドホンアンプの製作

第2話完成編

製作

kiban01

Soramimiさんから購入した『SAITAMA HA-1改」の基板に部品を半田付けした。

作例と大きく違うところはオペアンプのプラス入力からアースにつながっている10kΩ抵抗を半固定抵抗にしたこと

ミキサー機能を持たせた時にオペアンプのオフセット量も変わるだろうから、

それをこのヴォリュームで最小に調整することが出来るんじゃないか?と考えたからだ。

チャンネルごとに写真奥に見える黄色いヴォリュームをドライバーで回して調整する

うまくいくかな?

仮組み

jissoukari

とりあえずは作例通り?に仮組みした

写真にはICがささっていないが、ど真ん中のソケットにICを付ければ完成。

1発で音が出てめっちゃうれしい

仮組状態でも、すごく楽しい音で鳴ってくれた

作例ではOPA2134が推奨されているようだが、

OPA2604、NJM5532、MUSES8820など、いろいろのオペアンプを取っ替え引っ替えしながら聴き比べた

ケース加工

anaake

ケースはタカチ電機工業 YM-150千石電商で800円くらいだったと思う

穴あけ、これが一番面倒くさい

デザインを決めて、センターポンチとハンマーでしるしを付け、電動ドリルで穴をあけるのだが、慎重にやっても必ずずれる

細いドリルで小さな穴を空けてから、だんだん大きな穴にする

ちょうどいい大きさにするのはリーマーと呼ばれる道具で手動で行う

手は痛くなるし、アルミの削りかすできたなくなるし・・

実装

jissou02

穴を空けたケースに実装する

入力部分はコストダウンのためプラグではなく、ケーブルが直接出ている形にした。

ボリュームはすべて10kA2連。ステレオ2ch×4の合計8ch入力の豪華?仕様

入力が4つになったことで、バイアス抵抗は「10kΩ4つと帰還抵抗47kΩの並列抵抗値」で2.37k Ωくらいが適当と思われる

10kΩの半固定抵抗で調整可能だと思われるのだが、 うまくいくのかな?

バイアス可変抵抗作戦成功

8820

ここでもいろいろのオペアンプを取っ替え引っ替えしながら聴き比べた。

オペアンプ推奨されているOPA2134も良かったが、

MUSES8820でのみ、両チャンネルのオフセットを0mVに調節することが出来た

バイアス可変抵抗作戦成功

音も気に入ったのでMUSES8820に決定

オーディオ用と言われるのICは1個50円くらいから上は3000円以上のものも存在するが、だいたいは200円程度が相場かな?

今回のMUSES8820は400円なのでかなり高いものだが、それなりの能力があるのかも

一応の完成

kansei

ステレオミニ出力が2つ付いていて、手前側にヘッドホンをさしておき、

向こう側にはアンプ内蔵スピーカーにつないでおいて、スイッチで切り替えるというやり方

電源

dengen

電源は秋月の15V-0.8Aスイッチング電源。手持ちのもので600円くらいだったと記憶する

スイッチング電源はノイズの酷いものがあるが、秋月の「これ」は大丈夫である

少なくともこの機材ではノイズは感じられない

他のデジタル機材用のスイッチング電源(t.c.Electronic製)12V-0.4Aに変えると、明らかにノイズが聞こえた

9Vのトランス式電源も試してみたが、この15Vの方がいいような印象。

ちなみに間違いが起こらないよう、私が使う電源はすべてセンターマイナスに改造してある

完成

kannsei02

出力をRCAジャックに交換

出力が短絡すると故障する可能性が非常に高いのでその防止にもなるし、カッチョよくなったと思う

めっちゃいい感じで鳴ってくれている

作戦大成功!!

kansei

ミキサー付きヘッドホンアンプの製作準備編

土曜、日曜は特に多くのマニアックさん達が検索で訪れて来てくれる

ガックラトップからは、旧ガックラのページは表示されず、「見つかりません」のlogが出るだけで検索できないのだ

こちらの記事も検索して頂いている様子なので、編集再稿する

ミキサー付きヘッドホンアンプの製作

ヘッドホンアンプの前段にLR各4chのミキサー機能を増設して、いろんな機材を一気に接続して使いたいと考えた

先日紹介したDAコンバーターもこのヘッドホンアンプに接続している

kiban02

Soramimiさんから購入した『SAITAMA HA-1改」の基板 送料込み800円

この基板だけだと優秀なヘッドホンアンプ

回路図

この基板を利用して製作する

部品が込み入ってなくて作業性がよさそう

両面印刷された基板でいいものができそうな予感がする

抵抗など

teikou02

抵抗はTAKMAN(日本製) REYオ-ディオ用金属皮膜抵抗

以前にTAKMANの REXは使ったことがあるが、あっちは炭素皮膜、こっちは金属皮膜

真ん中の青いボックス型は10kΩ半固定抵抗
ちょっと作例と違う作戦があって購入-後述

電解コンデンサーとターミナル

dennkai

電解コンデンサーは大きさと値段との相談でニチコンのFGシリーズを選んだ

うすみどりのBoxはターミナル

ターミナルを使うのも作例通りにした

改造の場合にもターミナルであればドライバーで基板をはずすことが出来る

積層セラミックコンデンサー

sekisousera

積層セラミックコンデンサーは音が悪い?

作例では高級なOSコンが使用されているようだが、

電源関係は個人的には100μFなど、でかめの電解コンと0.1〜1.0の小さめのセラミックコンデンサーを並列にするのが好きだ

積層セラミックは10個で100円とか安いし

トランジスタ

tr

トランジスタは音声部?にチャンネルごとに

2SC2240と2SA970のコンプリメンタリペアが2組×2chと、

2SC1815と2SA1015のペアが1組×2ch使われている

電源部のレーススプリッターには2SC2120と 2SA950のペアが1組

作例通りである

全部で14個必要になる

どのトランジスタも秋月電子で購入可能

10個パックが150円から200円とどれも安価だ

オペアンプ

opa

作例ではバーブラウンのOPA2134が推奨されているようだ

同社のOPA2604、日本製の古参NJM5532

新日本無線の新製品MUSES8820、8920など

いろいろのオペアンプを聴き比べようと思う

右のボリュームはボリュームは10kΩAカーブ2連

オーディオ屋さんは「アルプスのミニデテント」などを推奨する場合が多いが800円程もする

今回は4個必要なので見送り、マルツの1個157円で我慢することにした

マルツのボリュームはトルクも音もまあまあで好んで使っている

アルミケース

img_5330

タカチ電機工業 YM−150 150W 100D 40H

千石電商で800円くらいだったかな?

電源は秋月のスイッチングACアダプタ15V(0.8A)を使う

その入力端子に2.1mmのACジャックが必要

音声入力はRCA端子などを使わず、ケーブルを直で出すことでコストダウンをはかろうと思う

出力はヘッドホン用ステレオミニジャックとRCA端子、その切り替えスイッチやボリュームつまみも必要

ブルーのLEDも付けよう

部品よりケースとか端子とかボリュームつまみにお金がかかる

その他、配線材やはんだなども必要

線材は適材適所で手持ちのものを使う

アースには単線のIVを使いことが多い。ぶっとくて固い。ビーメックスの単線もいい音がする印象

撚り線はBeldenの8503あたりをよく使う
柔らかすぎず固すぎず、値段も高すぎないので

日本製で安くていいのはないのかな?

あと、半田はKenter44を使っている
単に使いやすいからだが、音も問題ないと思う

さて、製作にかかりましょうかあ

 

砂肝のやわらか炒め02

砂肝の料理については、ずいぶん研究して自分勝手な記事にして来た

安くて美味い食材である「鶏の砂肝」を何とか柔らかく食べられないか?と「砂肝の圧力煮炒め」を作ったことに始まり

「砂肝のコンフィ」などという上級編にも挑戦した

「砂肝の銀皮の唐揚げ」は廃物利用で作ったが、思いの外、美味くて何度も作った

「砂肝のやわらか煮」は水からコトコト煮ることで柔らかく出来ることが分った

「砂肝のやわらか炒め」は、上の「砂肝のやわらか煮」を圧力鍋を利用して時間短縮を図った

それを使った「砂肝やわらか炒めの焼き飯」もすごく美味かった

そして今回、中華だし等を使わず、豆板醤を加える「手羽先のやわらか炒め02」の手法を取り入れてみたら

かなりの完成度に出来上がったので紹介したい

砂肝のやわらか炒め02

img_1174

作り方

砂肝は、食べやすい大きさに切る

このやり方だと、今までのように銀皮を取る必要もなければ、隠し包丁の必要もない

圧力鍋に、砂肝とひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置した

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液に豆板醤を少し加え、そこに茹で上った砂肝を漬け込んで10分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

白髪ネギをそえて

出来上がり

img_1174

やわらかーーい

ビールにバチコーーン

ちょいピリ!うんまーーい

これはかなりの完成度ですぜ

 

Gospel Together 2016

昨日はヤマハゴスペル教室の講師によるコンサート

Gospel Together 2016に参加した

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99

朝早くから集まってリハーサルを繰り返し

本番は19:00〜

3月のSUPER CHOIR CONCERTの時もそうだったけど

こういうマスクワイヤで歌うと、すごく不思議?なエネルギーが降りて?来て、歌いながら泣きそうになる

together02

会場に足を運んでくれた皆さん、ありがとうございました

閑話休題

この日のお昼ご飯は仲間と一緒に大戸屋へ

長い一日なのでエネルギーが必要だ!と、焼き魚の定食で五穀米の大盛りご飯を食べた

みんなから「(ちっちゃいのに)よく食べるねー」と褒められた

なんだかちょっとうれしかった

すごく小食だと思われているらしい

決して大食いではないんだけどね

打ち上げで

打ち上げでキムチ鍋?みたいなのが出たが、何だか味がうすい?ってことになった

フライドポテトについていたケチャップをぶち込んで、ちょこっと醤油で味を整えたら・・・

洋風の鍋になって・・・

〆のうどんが冗談みたいに美味かった・・・

みんなでめっちゃ笑った

仲間との交流

仕事で頻繁に会う機会のある人もいれば、あまり交流もなく、名前さえ曖昧な(ごめんなさい)人達もいる

でも音楽があれば、そんなの関係ないし

すぐに仲良くなれる

楽屋などでバカなことを言い合うのもすごく楽しい

練習は大変だし、つらいときもある

上手くいかないときもある

その時は「もうやだ」と思うけれど

終わってしまうと「またやりたいなー」と思う

音楽って不思議

あ、いろんなものがそうかもね

頑張って行きましょう

 

ビール税、26年10月に一本化へ?

ビール税が下がる?

政府・与党は、3つに分かれているビール類の酒税について、

2020年度から3段階で見直し、2026年10月に一本化する方向で調整に入ったそう

ビールは減税となる一方、発泡酒や第3のビールは増税となる

12月にまとめる17年度税制改正大綱に具体的な税額などを盛り込み、必要な法改正などに着手する方針だそうだ

現在の税率

350mm缶当たりの税額は現在、

ビール 77円
発泡酒 47円
第3のビール 28円

この3種類に関しては、単純に税率だけで販売価格が違っていて、その本体は全部100円くらい?ということか?

全部が同じ値段になったら、誰も発泡酒やら第3のビールなんて買わないと思うけどなあ・・・

a004

消費動向やメーカーの商品戦略に与える影響を緩和するため、 税額変更まで猶予期間を設けた上で、段階的に行う

19年は消費税率10%への引き上げが予定されているため、翌年の20年10月にビールの小幅減税と発泡酒・第3のビールの小幅増税に着手、

23年10月と26年10月にも見直し、最終的に55円程度に統一する、としている

他の酒類の税額も見直す方針だそう

日本酒を減税してワインを増税し、税額を統一する

チューハイも増税する

これってどういうことなの?

どうやら発泡酒や第3のビールが多く飲まれていて、

その分ビールの売り上げが伸びず、徴収する税額が下がってしまったからなのだろう

メーカーは必至で「安くて美味しいものを」と開発しているのに、やりきれないだろう、と想像する

税率のごまかしについて

ビールの税金が350mm缶あたり77円としているのを

ビールの販売価格の180円のうち77円が税金だとすると、約43%が税金などと書かれているものを目にするが・・・

ビール本体は180-77=103円

103円に約75%の77円が課税されているということだ

もっと正確に計算しよう

販売価格が180円のビール

消費税抜きだと167円

ビール本体は167-77=90円

90円に約86%の77円の酒税がが課税されて167円になり

その酒税分に対しても消費税の8%が課税されて180円の販売価格となっている

本体90円のビールにちょうど100%の90円が課税されているというのが正しいんだよなあ

なんだか話が変わってしまった

すまぬ

ビールが安くなるのは単純にうれしいけど

ちょっと「なんだかなあ」と感じてしまう話でもある

 

群馬づくり

またまた頂きました

ありがとーーー

群馬づくり

img_1401

今、冷蔵庫にはいくつものいただきものの「づくり」が冷えているが

もったいなくて飲めない

img_1406

関西生まれの私は群馬のことを良く知らない

群馬の言葉って荒いのかあ

情に厚いんだね

img_1409

上毛三山

上毛三山(じょうもうさんざん)は、日本の群馬県内にある赤城山・榛名山・妙義山の三つの山の総称

街中からもこれらの山が見えるらしい

景色のきれいな県なんだね

あとね

日本で販売されているハーゲンダッツは、群馬にある工場がライセンス生産で製造している

 

歌とギターと・・・ガッコのホームページ