レッドビーも生まれた!

やったーーヾ(@^▽^@)ノ

生まれてました!!

昨日、水槽の掃除をしていたら・・

めっちゃちっちゃいレッドビーが・・・

生まれてた

うまく撮れた

やったーーヾ(@^▽^@)ノ

3〜4mmくらいかな

すごくちっちゃいけど、親と同じ、赤と白ですごく綺麗

か・わ・い・い❤️

数匹いると思う

やったね!

それにしても、抱卵に全く気がつかなかったなあ

そして、おとといの記事で発表できなかった

ミナミヌマエビのベイビーの写真も撮れた

祝膳

アルゼンチン赤海老(生食用)をニンニクと唐辛子、塩胡椒でささっと炒めた

もちろん、背ワタは取り除いたが、

あえて殻付きで炒めた

手がすごく汚れるが・・・

その指がめちゃめちゃ美味い

ピリ辛の指で一杯飲めるくらい美味い

めでたくて美味いのだ

 

ナポリ・デラックス

ナポリタンをデラックスにしたら、すごくうまかった

ナポリ・デラックス

細かく刻んだニンニクをオリーブオイルで炒めた

細かく刻んだベーコン、玉ねぎをくし切りにして加えて炒め

トマトをサイコロに刻んで加えて更に炒めた

茹で上がったパスタを加えたら、ケチャップで調味

茹で汁を少し加えてソースを調節

ほんの少し「昆布茶」で調味(隠し味?)

パルメザンチーズをかけたら

出来上がり

ニンニクと生のトマトが入って、すごく美味くなっている

うんまーーい

玉ねぎを多く入れたのは大正解だと思う

ちなみに、私はピーマンを入れないほうが好き

昆布茶

隠し味に入れたらすごく美味しいから是非用意して!

すごく安いし

私はこんな風にしている

ささっと、パラパラっと

後書き

マッシュルームとか、きのこが入ったら、エクストラデラックスになりそう・・とか

バジルや香草を加えたら・・・とか考えていたら

本場イタリアの料理でこんなものが

スパゲッティ・アッラ・ナポレターナ

スパゲッティ・アッラ・ナポレターナ(Spaghetti alla Napoletana)は、ニンニクの香りを移したオリーブ油にトマトとバジルを加えて煮込み裏ごししたソースをスパゲッティに絡めた料理である

ナポレターナのソースは、トマトソースまたはポモドーロソースとは異なる(トマトソースは刻みタマネギ、セロリ、ローリエが入り、バジルは必ずしも入らない)

ニンニクとトマトを入れるのは正しかったんだな

面白いな

 

生まれてた

昨日は「湘南ゴスペルストリートライブ」=通称「春コン」であった

私のミス(多分)でオケのファイルが取り違っていて、一瞬、心が凍りついたが・・・

すごくいい感じで歌えたと思う

みんなありがとう

写真がまだないので、この話題はまた次の機会に

生まれてた

この写真は1ケ月ほど前のもの

ミナミヌマエビが抱卵している

その後、すぐに見えなくなってしまっていたから

脱卵しちゃったのかなあ・・・

なんて思っていたのだが

ちっちゃーーいミナミヌマエビがちょこちょこ泳いでいるのを見つけた

嬉しい

No Picture

Sorry! ちっちゃくて写真に撮れなかった

レッドビーシュリンプ

マウント?

レッドビーシュリンプも抱卵しないかなあ?

「抱卵の舞」も見られるし、

(多分)メスを追いかけ回すオス(多分)も居るというか、そんな行動も見るんだけどなあ

抱卵しないかなあ

 

オレンジピールのさわやかビール

一昨日紹介した、サントリーの新しいビール

「海の向こうのビアレシピ」の

もう1本

オレンジピールのさわやかビール

カリフォルニアで楽しまれている、ビールにオレンジを添えるスタイルにヒントを得ました。

オレンジピールとコリアンダーシードに加え、

柑橘系の香りが特長のホップを使用することで

オレンジを添えたようなフレッシュで爽やかな香りを実現するとともに、

小麦麦芽を一部使用し上面発酵酵母で醸造することで

やわらかい味わいに仕上げました。

レポ

あ、これ、好きかも

一昨日のカシスより、断然こっちがいい

苦味が少なく、オレンジの香りがすごく爽やかで

ゴクゴクいけます

後味、キレも大変よろしい

ビール臭いのが苦手な人にもぴったり

オレンジの香りがあるけど、決して甘くはないので、どんな料理でも大丈夫な気がする

女子会ごはんにピッタンコ?かも?

 

サクレスイーツ抹茶

ふたば食品、という知らないメーカーのアイス

「ひょっとして?」と買ってみた

サクレスイーツ抹茶

氷粒入りで後味さっぱり

2種類の宇治抹茶使用

期待は高まる

レポ

期待しすぎた

氷粒がちょっと安っぽい

見た目はすごくいいんだけど

まあアンダー100円という値段からすると

こんなものかな

やわもちは偉大なのだな、と

改めて実感!

 

芳醇カシスのまろやかビール

サントリーから発売された新しいビール

「海の向こうのビアレシピ」の

芳醇カシスのまろやかビール

ベルギーで親しまれている、フルーツビールにヒントを得ました。

カシスを使用し、麦芽の配合をバランスよく調整することにより、

まろやかな口当たりと鮮やかな赤の色合いを実現しました

レポ

赤い=カクテルみたいな感じ?

飲んでみると、甘くないのでどんな料理にも合うと思う

カシスが香っておしゃれ?

まんま「ベルギービール」だと思う

完全に若い女性ターゲットな感じ

辛口で言うと「もっと振り切って欲しかった」かも?

たまにはいいかな?くらいのビール、かな?

でも、おしゃれな感じはとってもいいと思います

皆さん、お試しあれ!

 

茶粥

時々、粥(かゆ)が食べたくなる

中華粥などの、具が入り、しっかり味の付いたものもいいが、

白粥、茶粥といった、具の入っていないものもたいへん美味い

今日は茶粥にしてみた

粥は米から炊くのが本来である(最近の炊飯器の「粥モード?」は優れている)

茶粥は、木綿の茶袋に焙じた粉茶を入れて、米を炊くのが正しいとする説もあるが、

冷やご飯をお茶で煮るのが元祖とする説もある

今日はご飯から作った(それももっとズルで)

茶粥

ご飯をひたひたの水でゆっくりと煮た

ほんの少し塩

出来上がった白粥に濃いめの緑茶をかければ

出来上がり

おかずは・・・

大根とみょうがのぬか漬け

すっげえ美味い

って、

粥と漬け物!

お前、禅寺の僧侶か?!

 

横浜づくり2018

「9工場の一番搾り」

~2018年のテーマは「出荷祭!地元産の一番搾り」~

本日4/17初出荷!と、あるが、

昨日、発見!即購入!

横浜づくり2018

商品コンセプトは「神奈川うまれですから、神奈川で楽しむのが一番」

カラメル麦芽による豊潤な味わいで、ニュージーランド産ホップ、アメリカ産ホップをホッピングした

柑橘系のさわやかな香りに仕上がっている

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:6%

レポ

パッケージも爽やかな青色が強調されているように感じるが、

一つ前の横浜づくりはこちら

昨年の横浜づくりはこちら

味も大きく変えてきてます

前まで、すごく「濃い」印象であったが、

すごく爽やかな香りに仕上がっていて

これ、好きです。

「柑橘系」というより「マスカットような?」香りがして

これは必ずリピートするでしょう

海老のチリソース?

横浜はやっぱり中華のイメージなんだよなあ

ピリ辛の海老に

爽やか〜なマスカットの香りのビール!

っぷはーー!

 

手羽先のワイン煮

最近、食べ物の話題ばかりで・・・

4月だから、まあいいかあ(意味不明)

手羽先のワイン煮

作り方は「手羽先のやわらか炒め」に準ずるが・・

記しておく

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割

圧力鍋に手羽先(切り落とした羽根部分も)に、ひたひたの水を加えて

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置

みりん1、豆豉醤1、
オイスターソース0.5、塩麹0.5、砂糖0.5くらいの調味液に

残り物の赤ワインをドバドバっと加えて

茹で上った手羽先を浸して10分以上放置

途中で少し返すなり、調味液を上からかけると柔らかくなる効果大

その後、フライパンで調味液が半量になるくらいまで煮詰める

味を見て、醤油、みりん、唐辛子調味料少量で調整、照りをつけて

出来上がり

淡白質分解酵素の働きで

お肉がほろほろと崩れるくらい柔らかい

醤油・塩麹・ワイン・豆豉醤

和と洋と中の、正にそのど真ん中?

複雑ですごく美味い

いくらでも食べられる

ビールでもいいけど、ワインでいっときますかあ

 

大根の葉っぱのぬか漬けの焼き飯

ぬか漬けにはまっていることは、すでに書いた

今日はそれをさらにディープに行こう

ぬか漬けで焼き飯?!

最近のスーパーで売られている大根は、ほとんどの場合、葉っぱが切り落とされている

鮮度を落とさないように切り取られてしまっているようだが

炒めて食べても美味しいし、

塩漬けにして、細かく刻んでご飯と混ぜ、「菜めし」にしても美味いんだよなあ

貧乏くさい?

いえいえ、本当にすっごく美味しいんだよ

で、スーパーで買った大根だけど、数センチ葉っぱの部分が付いていた

すぐにその部分をカットして「ぬか床」に放り込んだ

24時間ほど漬けたものを細かく刻んで、焼き飯にしようと思う

大根の葉っぱのぬか漬けの焼き飯

大根の葉っぱのぬか漬け、玉ねぎ、残り物のソーセージを全て、細かく刻んで炒めた

(水を出すためにほんの少し塩)

ボールにご飯、卵を割り入れ、炒めたものをさっくりと混ぜた

生のたらこも賞味期限が切れて、少し残っていたので刻んで入れた

干しエビも少し

フライパンで、混ぜすぎないように気をつけて炒めて

味を見て、創味シャンタンを少し

隠し味に砂糖を少し

最後に醤油をジョワン!と焦がして

出来上がり

和風しっとりチャーハン?

ぬか漬けって味が複雑なんだなあ

すごく美味いと思う

ぬか漬けも

どんどんグレードアップしていくぜ

はっはっはー

 

歌とギターと・・・ガッコのホームページ